隣りのユミコさん

毎度 母ネタで申し訳ありません。

実家は古い借家です。
大きな建物で、私が生まれる前に両親が入居し、最大で六軒の家族が住んでいました。
そのうちの一軒は大家さんですが、そこも多いときは二世帯六人でしたが、今はお嫁さん一人しか残っていません。

誰かが引っ越した場所を順に借り増やしたので、実家は物置がどんどん増えていき、母のメンクイが進んだのです(笑)

お嫁さんと言っても母より二つ年下、同じ屋根の下でお婆さんが二人で暮らしている訳です。
二階へ上がる階段と洗濯干し場は共用。
階段下の扉一枚向こうは大家さんの家です。
お互いに用がある時は、その扉を開けて話をします。

古い建物は段差だらけで、母の事故後には真剣に引っ越しさせようと思いました。
母が嫌がったため断念しましたが、今となっては一つ屋根の下に暮らす人の気配を感じながら居るのも良いかと思います。

隣りのお嫁さんを母も私もずっと「ユミコさん」と呼んでいます。
ユミコさんはNTTを定年まで勤め上げ悠々自適な年金暮らし。
娘さんが二人、うどん県と大阪で所帯を持っていて、一時期は海外旅行も頻繁に行っていたようですが、最近のお出かけは娘さんのところか趣味の卓球など。
行動的な人で母いわく、ほとんど家に居ないそうです。

先日、母とユミコさんが表で立ち話をしていた時、母がユミコさんの家のサッシにたくさんの斑点を見つけました。
大工さんに頼めばお金がかかりますが、ホームセンターで塗料を買って来て塗ってあげようかと母が言ったそうです。

そこでユミコさんが言いました。
「ゆうこちゃんのオットさんが来た時に、いっぺん見てもらおうかしら。」
母がオットが家のあちこち修理してくれると、自慢気に話しているからでしょう。
母の返事。
「ああ、オットさんとこのお父さんが脳梗塞で入院してるから、とうぶん来ませんよ。」
その後の会話は知りません。

それぞれが実家から帰った日曜の夜、オットにその話をしたら苦笑しておりました。

今日のまかない
鰆味噌漬け、エノキ豚肉巻き、納豆
久しぶりにエノキの肉巻き作りました。
こんなにたくさんエノキを巻いたら噛み切れないことがわかりました(汗)
b0327247_1556362.jpg

★今日は言うまい_φ( ̄ー ̄ )
[PR]
Commented by わさお at 2014-04-24 18:44 x
隣の御方はスゴく元気なんですね、その年で卓球をされるとは素晴らしい!
Commented by 所長 at 2014-04-24 20:09 x
オットさんへの期待度120%
それに比べて自分は、、、
今度の黄金週間、嫁さんの実家に行ってこようかな。
Commented by anatatoyu at 2014-04-25 01:09
>わさお君
ええ、この方、自転車で走ってても、とても八十前とは思えません。
どうやったらあんなに元気なのかしらね。
Commented by anatatoyu at 2014-04-25 01:28
>所長さん
そんなこと考えないでいいと思います。
普通の親が普通に子供を育てれば、必要な時には子供は親の面倒をみます。
親が重い存在であることは親もわかっているでしょうし、できれば子供に迷惑をかけたくはないでしょう。
必要な時に力になれればいいと思いますよ。
by anatatoyu | 2014-04-24 15:56 | 母のこと | Comments(4)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう