実家なう

良いお天気でした。

駅まで迎えに来ていた母とイオン経由で、途中でランチを食べて帰りました。
お米屋さんがやってる食堂「こめや」でチキンカツ定食290円(税別)
心なしか以前に比べて手抜きなような感じがしました。
お客さん減りますよ。


実家に帰ってすぐに今回の大仕事をやっつけました。
母の部屋のコタツを一度全部どかして掃除機をかけて、絨毯の下のダニ防止シートを取り替えること。
古い古い家なのでいろんな虫さんが住んでいます。
昨年の今頃に敷いたシートの取り替え時期です。

オットがいたらもっと完璧に掃除するのですが、私と母では力が足りず手抜きです。
冷蔵庫の中も想像を絶するほどではありませんでした(笑)

残念なのは夕食です。
冷蔵庫にも冷凍庫にもご馳走はありませんでした(笑)
古い食材を整理することが目的ではありますが、冷凍焼けした鮭と母が炊いた大根と大豆と昆布の煮物だけ。
これではビールも進みませんわ(笑)
今晩は缶ビール一つでした。


そんな訳で写真はありませんので、前にも見たとおっしゃる方、すみません。
☆昔の写真でまた出ています。
b0327247_2246562.jpg

カバンをブンブン振るのは2歳くらいの私です。
母とお揃いの生地の服は母の手作りです。
現在の母はこの倍くらい太いです。


037.gif023.gif
[PR]
Commented by aloha-ohana-kei at 2015-04-19 07:27
ぱっつんが、かわいい~~~~
ぶんぶんふっているんですか?
私は、足をぶんぶんしていました。
おそろいの洋服、かわいいです。
Commented by anatatoyu at 2015-04-19 07:39
??ロコモコさん
前髪?
誰が切ったんだろ(笑)
写真屋さんで撮ってるのにカバンが動いてるのに、昨日気づきました。
顔も不機嫌だから辛抱の限界かな?(笑)
足をぶるんぶるん?
昔から元気な子供だったんですねえ(^。^)
Commented by yoppyhyakka at 2015-04-19 08:17
「昔の写真でまた出ています」シリーズ
いいですね~^^
写真館で撮ったものって、なんか違いますよね。
そして2歳のゆうさんのお顔、しっかりしてはる!
眼ぢからがある!
私のその頃の写真といえば
ぼ~ぉっとしてるのばっか^^
Commented by anatatoyu at 2015-04-19 20:35
??モモセさん
そうですか?
この年になり帰省するたびに母と衝突し、たぶん似た者同士だからと思うほどに嫌になります。
二歳にして目力と言うよりは、目で文句言ってますよね(笑)
Commented by わさお at 2015-04-19 21:53 x
290円のチキンカツなんてあるんですか?無茶苦茶安いじゃないですか!
Commented by time2022 at 2015-04-20 04:50
ゆうさん、めちゃ可愛い!
きちっと意思を持った利発な感じ 。◠‿◠。✿
お母さんも鼻筋が通った凛とした綺麗な方ですね
ゆうさん、うどん県ですよね
美味しい饂飩をまず一杯!じゃないんですか
チキンカツ定食ですか…290円?థ౪థ…や、安い!
Commented by anatatoyu at 2015-04-20 07:15
??わさお君
あるんですねえ、それが(笑)
この店のオープン記念の目玉ですが、オープンして何年もなります。
これを注文する人が多いからメニューから下ろせなくなったんだろうけど、採算が合わなくなったのか貧弱になってきました。
Commented by anatatoyu at 2015-04-20 07:20
??timeさん
ありがとうございます。
私の顔、機嫌の良い顔ではありませんね。
しかも私はカメラ、母はどこを見てるんでしょう?
日に日に元気になり、この写真のように私とは目線も意見も合わぬ母。
昨日も朝から急に不機嫌になり、私も早々に帰って来ました。
親も故郷も遠くにありて思うものだと実感しました。
チキンカツ定食については↑のとおりです(笑)
Commented by anatatoyu at 2015-04-20 11:43
??timeさん
追伸です。
なぜうどんを食べないか?です。
最寄り駅近くにはうどん屋さんはそんなに多くありません。
それは行き尽くしました。
ガイドブックに載るような有名どころは車がないと行けないのです。
私が生まれた町はすっかり寂れて名ばかりの商店街とイオンしかありません。
私と母の足では外食できる店はほとんどないのです。
悲しいです(^^;;
by anatatoyu | 2015-04-18 22:18 | 母のこと | Comments(9)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう