母からの暑中見舞い

母の話、なかなか出て来ないでしょう?
出て来ないということは、今、特に問題はないということなのです(笑)


私から母への電話は、ほぼ週一。
ここのところ、母も私に特別な用事がないらしく、いつも短い電話で終わっている。
母からは用事がなければかかって来ない。

父が亡くなってもうすぐ二年、一人暮らしにも慣れ、精神的にも落ち着いて、娘に甘える術も少し学習したのかもしれない。

私のほうも、一時期は母を大阪に呼び寄せることで頭がいっぱいで、一生懸命部屋を片付けたりしたけど、まだその時期ではないと気付いた。

今なら冷静に考えることができるが、母の事故後は先のことなど考える余裕がなかった。
母がどのような形で退院できるか想像もつかなかったが、私は私なりに全力で母を助けるつもりだった。
私は母の人生を自分の中に取り込む勢いだった。

退院した母は、娘に迷惑をかけてはいけないという気持ちと、娘を頼りにしたい気持ちとの葛藤だったのではないかと思う。
そんな時期は、何度か母とぶつかった。
親子だから当たりはきつい。

実家で一人で食事をしている母を想像しても、胸が詰まる思いだった私は、何かと母に世話を焼き過ぎたのかもしれない。
母はそんな私に抵抗したのだと思う。

実家に何度も帰るようになってから、私は私の知らない母がいることに気付いた。
考えたら、実家に居た年月より、実家を離れた時間のほうが長いのだ。
親だから子だからといって、何もかも知り尽くしている訳がない。
むしろ、知らない部分のほうが多いのだと気付いた。

子供の分際で、親の人生を取り込もうなど、勘違いも甚だしい。
母には母の人生がある。
間違っていたのは私だと気付いた。


私と母は歩み寄ったのではなく、歩み引いたのだと思う。
近寄り過ぎれば見えないこともある。

そんな母から暑中見舞いが届いた。
事故後始めてのことと思う。
b0327247_12583341.jpg


どこかからうちわを切り抜いて貼ってある。
こんな千社札も、どこで作ってもらったのだろうか。
小さな背中を丸めて書いている、母の姿が目に浮かぶ。
b0327247_13043998.jpg

差出人のところに、自分一人の名前だけ書くのも慣れただろうか。
それもまた可哀相に思えてくる。



☆今日のまかない
豚冷しゃぶサラダ
揚げと大根の煮物
b0327247_15385539.jpg


葉書を見たオットが
「お母さん、ぼつぼつって書いてるけど、ぼちぼちの間違いやない?」と聞く。

いいえ、私の故郷では
「ぼちぼちやりなさいよ」は
「ぼつぼつやりまいよ。」と言うのです。














[PR]
Commented by hiromama2015 at 2016-07-28 16:56
母上 達筆でおられますね。
字を書く機会が少なくなると中々上手に書けないものです。
私も今年 暑中見舞いを書いたので そう思った次第です(笑)

今日のブログを読んで安心しました。
母と娘と言っても それぞれの生き方があっても良いですよね。
助け合わないといけなくなった時にそうすればいいだけの事であって・・・

私も娘とそういった関係で居たいと思うのです。
Commented by anatatoyu at 2016-07-28 18:10
ちゃちゃさん

昔はもっと達筆でした。
昨日葉書を見たとき、下手くそになったなと思いました。
ほんと、字って書かないと書けなくなりますね。
もう、自分の名前くらいしか書けません(笑)

母には母の生き方と、それにまつわる人たちがいます。
それを取り上げる権利は、娘にはないと思いました。
事が起きた時に動けるようにしておくだけです。
Commented by nobuyuuta at 2016-07-28 18:23
こんばんは!

素敵なお母様ですね。(^-^)

思っていても、なかなか態度に出せない駄目な娘です。(私)
後悔しないようにしなきゃ。
(反省会になってすみません。)

Commented by ei5184 at 2016-07-28 18:34
つい、泣いてしまいましたよ~
Commented by wateyade at 2016-07-28 20:28
やだ・・・お母様からの暑中見舞いを読んで泣いてしもたよ
ええな~こんなんもろてええな~

考えてみたら母から手紙やらハガキやらは一度ももらったことないかも
というワテも父あてに印刷の年賀状を出してたくらいやもんね

ゆうさんの宝物やね
Commented by u831203 at 2016-07-28 20:59
ぼつぼつで心が通じますね。
暖かい母の愛、感じますね。
じ~ん
Commented by nendobu at 2016-07-28 21:57
ちょっぴり羨ましい(*^^*)
いい距離感が掴めたのですね。
良かったです(^∇^)
Commented by 962515 at 2016-07-28 22:14
ゆうさん、こんばんわん

お母様の字、とても好きでつよ♪
ゆうさんも、お母様も要らない力が抜けたんでつね
お母様も感謝してるのがわかって良かったでつ
他人事ながらとても嬉しいでつ(^∇^)

団扇を張ってるとこがまた可愛いでつ♪
Commented by anatatoyu at 2016-07-28 22:24
ごまめさん

コメントありがとうございます。
「素敵」という言葉は縁遠いように思いますが(笑)
私は昔から母は天敵のような存在でした。
それでも、世界に一人の母親です。
親孝行も自己満足だと思いますが、力入れ過ぎないように、ぼつぼつやります。
Commented by anatatoyu at 2016-07-28 22:25
eiさん

あら、涙脆いのですね。
親子って不思議ですねえ。
Commented by anatatoyu at 2016-07-28 22:29
ワテさん

泣かせてごめんね。
早くに亡くされた方は、それはそれで思うところがおありでしょうね。
親離れ子離れ、難しいです。
父がいなくなって、私と母との関係も変わってきました。
残りの時間、少しでも楽しく過ごしたいと思っています。
Commented by anatatoyu at 2016-07-28 22:30
がちゃぴん秀子さん

通じるでしょう。
ぼつぼつやってね、と言いたいのは私のほうなんですがね(笑)
Commented by anatatoyu at 2016-07-28 22:32
nendobuさん

そうですか。
ありがとうございます。
これが終点かどうかわかりません。
まだまだ、いろんなことがあると思います。
Commented by anatatoyu at 2016-07-28 22:35
ぜんざいさん

こんばんは。
いつも上手く慰めてくださって、ありがとう。
ぜんざいさんちは、皆さん仲良くて羨ましいですよ。

団扇を貼るの、夏休みの宿題みたいでしょ(笑)
Commented by 0t0516 at 2016-07-28 22:40
♪う~暑中お見舞い申し上げます~♪目新しいコメントも出来ないので(笑)
皆さんと同じコメントですが、お母様達筆で驚きました。
Commented by yoppyhyakka at 2016-07-29 00:21
お母様のゆうさんへのお気遣いが
感じられますね。
お葉書の文面にじいんときます。
うちなんて電話でのやり取りしかしないから
尚のこと感じ入ります。
Commented by aloha-lokomoko at 2016-07-29 05:59
そうですね、ぼつぼつやりまいよですね。
しっかりされた文字を書かれ、うちわも貼って、娘への夏のご挨拶。
何となく、じぃーんときました。
親子だからこそ、きつくなることもある。
余計な腹立たしさ、苛立ち。
心配。
歩み寄りだと思うことが、距離を置いていたりすることも。
気づくと、父がいないなりに生活して、いないことも日常になりました。
Commented by anatatoyu at 2016-07-29 06:57
わさお君

文字は綺麗に書きます。
これが書けなくなったら、あかんなあ。
Commented by anatatoyu at 2016-07-29 06:58
モモセさん

そうですかね。
うちも電話のやりとりは憎たらしいですよ(笑)
母も私も年取ったということでしょう。
Commented by anatatoyu at 2016-07-29 07:05
ロコモコさん

なかなか、気性の激しい人です。
やっぱり似てるから腹が立つのでしょうね。
口先で優しいこと言えませんから。
みんな死んでいくんだなあと、当たり前のことを感じます。

by anatatoyu | 2016-07-28 15:40 | 母のこと | Comments(20)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう