親が老いるということ

いつかテレビで知った「親が老いるということ」の詩をご紹介したことがありました。

こちら


その内容の一つ一つを分かっているつもりでも、その一つ一つにまた苛立ったり戸惑ったりするのです。


四日ぶりに母に電話をしました。
気管支炎はだいぶ良くなったようで、声も普通に戻っていました。

相変わらず耳が遠くて、私が聞いたことには答えません。
喘息が出てから、それは酷くなったように思います。

調子はどうか?
薬は飲んだか?
聞くことはだいたい同じことです。

いつも私が帰ると言うと、何か煮炊きしたおかずがあったのですが、この前は何もありませんでした。
熱もあり、体調が悪かったせいと思いますが、喘息の発作が出るので駅前のイオンにさえ歩いて買い物に行けないと言うのです。

アナゴさんはコープの高齢者用のお弁当を宅配しています。
同じような宅配が私の故郷にもあり、母はそれを取ってみたいと言っていました。
その話を聞いた時、いよいよ母もそんなことになったかと、正直悲しい気持ちになりました。

先日、新聞に折り込みが入ったので早速来週の月曜から金曜までお試しで注文したそうです。
一応栄養管理もされたものでしょうから、買い物や調理の母の負担が減るなら仕方ないことです。

いろいろ考えることはありますが、なんとか11月まで頑張って欲しいと思っています。



☆今日のまかない
鯖の生姜煮
ちぢみホウレンソウと卵の炒め物
節麺のにゅうめん
b0327247_15380049.jpg




先日泊まったホテルのショップで、めかぶを練り込んだ節麺を買って来ました。
b0327247_13282061.jpg

めかぶやモズクなどのネバネバに含まれるフコイダンという成分は、喘息や咳に良いそうです。
母はモズクが好きでよく食べますが、ちゅるっと吸ってはむせるので、咳に良いのかどうかわかりません(笑)


[PR]
Commented by komiti15 at 2017-01-11 16:21
吸ってむせるというのは誤嚥が心配ですね
私もむせることが無いようゆっくりマイペースを心がけています
親が老いると言う事は、理解しつつも戸惑うものなのでしょう
考えさせられますが・・・お母さんは1人暮らしなのですか?
私も以前は、食事支度が煩わしくなれば宅配にするつもりでパンフを取り寄せたり
コープでのネットでお買い物会員を考えたりしていたことが有ります
親子でも考えの違いや時代の違いによるズレはあるでしょうがストレスを溜めないようにね
まず自分の家庭を保って平穏が一番かも・・・
Commented by aloha-lokomoko at 2017-01-11 16:27
雌株の練り込んであるの、体にもよさそうです。

時間は、振り返ってみると早くすぎますが、先の時間へは、なかなかですね。
気持ちだけが先走ったり、考えて不安になったり。

いつかの、「しまい」は、「終い」ではなく「仕舞い」
自分もそうなることを見据えて、将来の設計をしたいと思います。
一人で旅立つ準備を、きちんとしておかなくては・・・
Commented by ukico32744 at 2017-01-11 16:58
うちの両親も家を手放す前の半年くらい、コープのお弁当の宅配を頼んでましたけど、二人とも偏食の上、おかずにも飽きがきて、結局止めました。
食事のことやその他諸々の生活に関することは訪ねるたびに、親の状態が刻々変わっていき、話を聞き、ケアマネさんと連絡とりつつ、手を変え品を変え対応していくのはけっこう気が疲れました。
ゆうさんは、今そのような状態なのかと思います。
お疲れでしょうが、毎日の電話でお母さんの不安を包んであげてくださいね。
Commented by anatatoyu at 2017-01-11 17:00
komitiさん

喘息さえなければ、足も丈夫だし、口も達者なんですよ(笑)
父が2年少し前に亡くなり、母は一人です。
大阪に来ることを決心するまでに、いろいろ考えたと思います。
それでも一人で暮らすのが不安になったのでしょう。
お互いにストレスは溜まるでしょうが、私のほうが折れるしかないと思っています。
私達夫婦は平穏ですよ(笑)
Commented by anatatoyu at 2017-01-11 17:03
ロコモコさん

以外と美味しい麺でした。

そうですね、先のことは長いです。
考えても仕方ないのわかっているのに、考えてしまいます。

夫婦でいても最後は一人、どちらが先かもわかりません。
ロコモコさんは、まだ一人と決めるのは早過ぎますよ。
Commented by anatatoyu at 2017-01-11 17:09
ukicoさん

お弁当の件は、たぶん同じようなことになると思います。
ただ自分で煮炊きしたものを何回も食べたくないのは、私も同じです。
人が作ってくれるものは美味しいもの(笑)
離れて暮らして大変な思いをするのは、私のほう。
大阪に来ると母は知り合いと会えなくなるのはかわいそうだけど、私は精神的に楽になると思います。
今は気持ちの準備段階です。
いろいろ参考になります。
ありがとうございます。
Commented by o-rudohime at 2017-01-11 18:46
年老いた親を持っているのでゆうさんの気持ち手に取るようにわかります。
知人は旅好き しかし老いた親がいるので海外旅行が出来ない亡くなれば行きたい と言っていますが「それって親が亡くなるのを待っているのかい」
明日うどん県へ母に会いに行きます。
Commented by anatatoyu at 2017-01-11 18:55
o-rudohimeさん

まあ、私と同じようなことを言うお友達がいらっしゃる(笑)
私達も親が亡くなると旅行に行きますよ。
この秋に母が来る前に、もう一度沖縄に行こうと思っています。

一番寒いときに行かれるのですね。
お気をつけて。
Commented by momoseke at 2017-01-12 12:16
ほんとに親のことを思うと哀しくなるわね。
痴呆の父は益々なんにもしなくなっていて、、、
暖房のファンヒーターに欠かせない灯油
母の力だと18リットルのタンクに入った
その重い灯油を運ぶのでさえ難儀になってます。
痴呆になる以前は全部父がしてた仕事です。
Commented by anatatoyu at 2017-01-12 12:32
モモセさん

認知症があっても他人に迷惑かけなきゃいいと思います。
うちの父はそうじゃなかったから。
おたくはヘルパーさん入ってもらってないの?
うちもどうなるのか不安やけど、仕方ない仕方ないと思ってます。
Commented by nendobu at 2017-01-12 14:05
ゆうさん♪
すぐに駆け付けられる距離なら、もっと安心できたかも知れませんね(^^;
うちも義母が体調を崩す度、色んなことが頭を巡ります。
冷えてきましたね。温かくしてお過ごし下さいね(^^)
Commented by anatatoyu at 2017-01-12 14:17
nendobuさん

ああ、そういうことですねえ。
それなら引っ越しもしなくてすむかもしれません。
ほんとはね、自分から施設に入ると言ってくれたらと思います。
そのほうがお互いのためではないかと。
ありがとうございます。
nendobuさんも。
by anatatoyu | 2017-01-11 15:40 | 母のこと | Comments(12)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう