頭痛の種

今の所、母を大阪に呼び寄せるのは11月ということになっているが、オットはもっと早くが良いのではないかと言う。
すぐに寒くなるので、もっと気候の良い時にと言うのだ。

今年は祝日が日曜と重なることが少なくて、例年より休みの少ない一年になっている。
あのゴミ屋敷の片付けをしながら引っ越しの用意をするのは、月一の帰省ではおぼつかないと思う。

母を連れて来て翌日から夜は一人というのではあまりに可哀想に思い、どの日に連れて来たら数日は一緒に居てやれるかをカレンダーを見ては考えるが、今だにそんな日は見つからない。
母は私がそんな風に思ってるなんて思ってないと思うけど。

一番頭が痛いのは、母が持って来る荷物をいかに最小限にするか。
どれだけ母を説得できるかだが、それがどんなに困難であるかは、誰よりも私が一番よくわかっている。

最近は、夜中や明け方にふとそれを考え始めると寝られなくなるほどなのだが、そんな私の気苦労も知らず、母は何一つ片付けずに居るのだろう。

四年前の年末に母が交通事故で入院した時、私は何かに取り憑かれたように実家の片付けをした。
それは母が退院後に暮らしやすくするためだった。


でもそれは母には通用しなかった。
私は自分が何を捨てたかなどいちいち覚えちゃいない。
だが捨てられたほうの母は覚えているのだ。
挙げ句の果てに、自分が置き忘れ終い忘れしたものまで、私が捨てたと言って責められた。
それで大喧嘩したこともある。
その頃は帰るのも苦痛だった。

それがようやくおさまって来たら、今度は引っ越し。
60年以上も住み続けた家には、母が捨てられなかった物が溢れている。
使っているなら良い。
いくら母の為に片付けしたとは言え、使ってない物まで大阪に持って来られたら、小さな我が家はまた物が溢れる。
その様子を想像しただけで、大阪に来いと言ったことを後悔さえするのだ。


オットが言う。
「ええやないか。
お母さんが要ると言うものは全部持って来たら。
あの部屋に詰め込むだけ詰め込んで、入り切らないものはトランクルームにでも入れとけば。
お母さんを説得するなんて無理なんやから、そんなエネルギーを考えたら、はいはいと言うたほうがいい。」
まあ、ようできた人やこと。。

私が眠れなくなる原因はそこなのだが、それを受け入れることにすれば、私の頭痛の種は無くなる訳だ。
それもそうかと思うが、私の神経がどこまで耐えられるか、それが問題だ。

そうなって来ると、何を置いても母を一番という考えも少し捨てた方が良いのかと思い始める。
10ヶ月かけて荷造りと片付けをして、残ったゴミは業者に片付けてもらうか。
そうこうしているうちに、また何かが変わるかも知れない。
変わったら変わった時のこと、それくらいの気持ちでいないと身が、いや気が持たんということか。

離れて暮らすと心配で仕方ないが、ゴミを持って来て大阪で一緒に暮らすと思うと熱が出そうになる。
ああ、母娘って嫌っ!!

やっぱり引っ越しは11月でいい。
それまでしっかり遊んでおこう!

☆今日のまかない
サワラの味噌漬け
肉じゃが
白菜の浅漬け
b0327247_15362540.jpg



母の引っ越しのためにしなくてはならないことを書き出してみると、役所関係の手続きのほか、結構たくさんのことがある。
電話で済むことは良いが、役所関係は平日でなければいけないし、いろいろめんどくさいこともある。

オットは仕方ないと言うが、どうも母の感謝が伝わって来ないのが腹立たしい。


[PR]
Commented by asahino443 at 2017-01-26 15:54
こんにちは。
ご実家は、片付けてしまうわなければいけないのですか?
取り敢えずそのままにして、当面要るものだけ持ってきて、少しづつ少しづつ持ってくるようにしたらお母様も徐々に「要る物だけ」という感覚になっていきませんかね。
身近になくても、あそこにあると思えばあきらめがつきませんかね。
一度に片付けてしまうのは無理なような気がしますが、、、。
それにしても、御主人優しいですね。
Commented by anatatoyu at 2017-01-26 16:06
asahiさん

なるほど、そういうやり方もありますね。
頭が凝り固まって、そんな考えも浮かびませんでした。
実は実家は借家なんです。
だからとにかくゼロにしないと、となるのです。
でも家賃を払いながら、光熱費もそのままにして、全部片付いた時点で解約する方法もありますね。
目から鱗の感じです。
考えてみます。
ありがとうございます。
Commented at 2017-01-26 20:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-01-26 20:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anatatoyu at 2017-01-26 21:16
鍵コメさん

コメントありがとうございます。
難しいお話ですね。
うちとは立場が違うので、このケースについては何ともコメントできません。
うちは母がこちらに来ると言うので始まった話です。
私が人の話を聞いてないということでしょうね。
頑張って聞くようにしましょう。
Commented at 2017-01-26 21:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by u831203 at 2017-01-26 21:38
父が亡くなった時、部屋のかたずけをしたことがあります。
ついでに掃除もしたんだけど
ゆうさんと一緒
あれはどこやった、秀子が捨てた・・
捨ててへんし・・・
母が亡くなってから思いっきり捨てようと思った経験です。
Commented by anatatoyu at 2017-01-26 21:39
鍵コメさん

あれはいいですよ〜
あとのは、お返事なしでお願いしますね(笑)
Commented by anatatoyu at 2017-01-26 21:42
がちゃぴん秀子さん

そうでしたか。
私も最初に実家を片付けたあと、あちこちでその難しさを知りました。
秀子さんの経験談を先に聞いておけば…
でも交通事故なんて、まさかあるとは思いもしなかったものでね。
まだまだ先が長いです。
Commented by aloha-lokomoko at 2017-01-27 10:41
大変なこと・・・・・多いですね。
お役所の手続きは本当に大変です。
なくなったときもそうですたけれど、引っ越すとなると、引っ越し先でもいろいろありますからね。
ゆうさん、大変ですけど頑張ってください。
旦那様、お優しいです。
ゆうさんのお気持ち、私は少しわかります。。。
Commented by anatatoyu at 2017-01-27 12:19
ロコモコさん

あれこれ考えると眠れなくなるのですよ(笑)
母娘って似てるから腹が立つのかな。
お互いに言いたいこと言いますからねえ。
ありがとうございます。
頑張ります。
Commented by setu2425 at 2017-01-27 13:58
ご実家の片づけ、大変ですね
私の実家も沢山の物があります
父には父の思い出があるようで
娘の私でも、簡単に処分出来ません
実家も家は持ち家ですが、土地が借地なので
父に何かあれば、家を倒して地主にお返しします
その時に、すべて業者にお任せになると思います
ゆうさんのお宅とは事情が違いますが
いま出来る事をコツコツ頑張って下さい
ご主人様、お優しいですね
なかなか、そこまで考えて下さって言って下さる方は居ません
Commented by anatatoyu at 2017-01-27 14:43
せつさん

ありがとうございます。
愚痴を言い始めたら止まらないのですが、なかなか思うように捗りません。
母が老いては子に従える人なら、母の身の回りのものだけ持って大阪に来させて、あとは業者に丸投げしたかったです。
それくらい荷物があるのです。
しかもその荷物を捨てることを承諾しない母がいます。
どうするつもりなの!って叫びたくなります。
それをこらえるのがしんどくてね。
オットがそうまで言ってくれて、我儘な母を引き取ると言ってくれているのに、もう少し素直になってくれないものかと、そこも頭の痛いところです。
Commented by momoseke at 2017-01-28 08:19
ゆうさんのご主人やさしいよ~
ポチさんなんて名前つけるのかわいそやわ。

うちの親もそうやけど
まあ物が捨てられん!
タッパーとか変色してんのでもとってあるもん。
私とか弟が使ってた弁当箱まであるもんね。
Commented by anatatoyu at 2017-01-28 08:47
モモセさん

だってうち動物飼ってないもん(笑)

変色してるタッパーとか欠けてるお皿を使ってるのは岐阜。
そんな弁当箱、大阪に持って来てたけど、この前全部捨てた(笑)
Commented at 2017-01-29 21:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anatatoyu at 2017-01-30 13:26
鍵コメさん

そんのことないですよ。
ありがとうございます。
これからもご贔屓に〜。
by anatatoyu | 2017-01-26 15:40 | 母のこと | Comments(17)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう