「ご安心ください。」

本日はJR西日本をご利用くださいまして、ありがとうございます。 
この列車は、新大阪発さくら549号鹿児島行きです。
本日は東海道線が雪のため遅れが出ており、そのため前の列車も遅れております。
この列車も途中徐行運転をしますので、岡山到着が8分程度遅れます。
なお接続のマリンライナーにご乗車のお客様は、皆様のご到着をお待ちしてからの発車をいたしますので、どうぞご安心ください。


ああ、安心しました。

冷たい風の強いうどん県でしたが、快晴。
母も風邪気味ではなく喘息も落ち着き元気でした。

いつになく部屋も片付いていました。
早速ですが、引っ越しの打ち合わせを…

「ええ?9月やないの?」
私は9月のくの字も言ってません。
義父の一周忌が終わったあとの11月でと言ったのに。
これだから耳の悪い人は困ります。

でもとりあえず5月の引っ越しを了解しました。

皆さん、第一段階クリアです。

ご安心ください。




あ、お寿司ね。
食べて来ましたよ。
私、つぶ貝が大好きなんです。
b0327247_07335538.jpg


今日はいくつかの荷造りをして発送する予定です。
寒いです。



[PR]
Commented by o-rudohime at 2017-02-12 08:43
お母様なりに心の準備は出来ていたのですね。
9月と思っていたのが5月になっただけ 順調に進んでいますね こちらも一安心しました。
鮨は貝類とマグロしか食べません もしご馳走して頂けるチャンスがあった時のために・・・
Commented by aloha-lokomoko at 2017-02-12 14:20
なんでか、5月になったことを伺い、ほっとしています。
なぜでしょうか・・・・

お寿司、食べてこられましたか・・
つぶ貝は、私も大好きです。
そこのつぶ貝を食べたら、ほかの回転すしのつぶ貝は、しょぼくて食べられません(^^)。
Commented by ei5184 at 2017-02-12 16:49
私は貝は牡蠣だけで好いです。
魚は何でも大丈夫ですので!
あれっ、何か話が逸れていますかね(笑)

寒い中お疲れ様でした。
Commented by setu2425 at 2017-02-12 17:14
お疲れ様です
「案ずるより産むが易し」とは今日の様な事ですね
この調子でゴー!
応援してます
Commented by asahino443 at 2017-02-12 17:33
今晩は眠れるといいですね。
Commented by anatatoyu at 2017-02-12 18:41
o- rudohime さん

ありがとうございます。
そのようです。
すぐに何人かに電話してました。
私たちが行く回転寿司で良ければ、お安いご用です。
本マグロの大トロなんてないと思いますけど(笑)
Commented by anatatoyu at 2017-02-12 18:44
ロコモコさん

いろいろお気遣いいただき、ありがとうございました。
夏以降はマリンライナーに乗ることもなくなりそうです。

母が支払いするので、たっぷり食べて来ました。
全然ものが違いますね。
Commented by anatatoyu at 2017-02-12 18:46
ei さん

あら、貝類は苦手ですか?
美味しいのに~
富山で美味しいお魚たくさん召し上がったでしょ。

ありがとうございます。
疲れますね。
Commented by anatatoyu at 2017-02-12 18:48
せつさん

ありがとうございます。
それはちょっと不思議なくらい(笑)
頑張ります!!
Commented by anatatoyu at 2017-02-12 18:48
asahi さん

ありがとうございます。
昨日もあまり眠れなかったので、今晩は爆睡すると思います。
Commented by komiti15 at 2017-02-12 20:22
お母さんは四国の方なのですか
私は香川県出身です
マリンライナーで四国と本州が繋がり便利になりましたが
宇高連絡船が無くなり思い出が1つ消えました
引越しが5月に決定で皆が目標に向かって動き出しましたね
引越しは大変です。 お疲れの出ませんように・・・
Commented by anatatoyu at 2017-02-13 06:48
komitiさん

そうです。
私の実家はうどん県です。
連絡船の頃は時間がかかりましたが、今は早いですよ。
60年以上住んだ家の荷物は大変です。
ありがとうございます。
頑張ります。
by anatatoyu | 2017-02-12 07:32 | 帰省 | Comments(12)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう