ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。

by ゆう

認知症

月曜日に今年2度目の徳兵衛さんご来店。
開店当初から座る席は決まっているのに
「どこに座ったらいいの?」とおっしゃる。

あらら、もしかして認知症が進んでる?と思いお顔を正面から見ると、やはり目が虚ろ。
胃を全摘されて以来、ほんの少しの量しか食べなかったのに、火曜日には
「餌をおくれ。」と言って、黙々と食べる。

これは後になってわかったことだが、私の父の認知症が始まった頃の写真は、父の目はカメラの方を見てはいるものの虚ろだった。
また、菓子パンを何個か買って置いたら、一晩のうちに全部食べたりしていたと、母から聞いたこともある。

私とあんみつ姫が喋っていたら、耳の遠い徳兵衛さんが
「俺の悪口言ってるの?」と聞く。
これも認知症の症状と思うが、被害妄想になったり、急に怒ったり。
うちの父にもあった。

徳兵衛さんは会社でも、他の人の靴を履いて出掛けたとか、電話の話がわからないとか、毎年やって来たことを忘れていたりするそうだ。

認知症は徐々に進行するものだから、一緒に住む家族にはわかりにくいし、家族には認めたくない気持ちがある。
でも、ただの物忘れで済ませない時が必ずやって来る。

こういう状況を離れて住む息子に時々知らせる。
息子は、この前会った時はそんなことはなかったと言うが、たまに会う息子の前では父親は頑張るのだと思う。

徳兵衛さんはどうなっていくのだろう。


☆今日のまかない
アジの南蛮漬け
筍ご飯
粕汁
b0327247_15432811.jpg


風が強くて寒い大阪。
この三連休はうどん県。
第2弾の荷物を作る。
母には今の所認知症の兆候は見られないけど、この先はわからない。

子供のところに引き取られる親を「呼び寄せ老人」と言うらしい。
あまり良い呼び方ではない。
何よりも、そうすることで親の認知症が発症する可能性があると、書いてあることが多い。
母には頑張って貰いたい。




[PR]
by anatatoyu | 2017-03-15 15:45 | 暮らし | Comments(8)
Commented by aloha-lokomoko at 2017-03-15 16:03
高齢社会になると、認知症は隣り合わせの病気ですね。

三連休、お疲れになりませんように。
Commented by hiromama2015 at 2017-03-15 17:22
粕汁が登場しましたね(笑)

認知症 明日は我が身ですわ・・・
Commented by anatatoyu at 2017-03-15 17:26
ロコモコさん

そうですね。
大事に至らないようにしなくちゃやね。

ありがとうございます。
それはまず無理ですね(笑)
Commented by anatatoyu at 2017-03-15 17:28
ちゃちゃさん

スーパーで酒粕少量パックを見つけたので、作ってみました。
砂糖を入れて飲むのは好きなんですけどね(笑)

ブログを通してでは、お互いにわかりませんものね(笑)
Commented by setu2425 at 2017-03-15 18:12
一緒に暮らすと、どうしても頼ってしまうので
認知になりやすい様です
ゆうさんご夫婦が、お母様にある程度頼ったら良いですよ
朝ごはんの支度とか、洗濯とか・・・
私も、土曜日から岡山です
お互い、頑張りましょう
Commented by anatatoyu at 2017-03-15 21:40
せつさん

そうかもしれませんね。
母に用事をさせるようにと、皆さん言われます。
まだ元気なんでしてもらわなくちゃね。
岡山ですか、パン焼きましたか?
お父様、待っておられますね。
お気をつけて。
Commented by komiti15 at 2017-03-16 22:55
認知症予防は切実な事ですね
誰にでも起こり得ることですから、私も気に為ってはいますが・・・
なのに私は、朝の洗濯と自分の部屋のお掃除くらいなのです
お洗濯も、頼まれてはいないのですが、私の意志で朝の雑事は
娘も大変だろうと手伝っていますが娘がお仕事がお休みの時は
お洗濯もしませんね。
皆さんのコメントを読んでいるとチョット複雑です
Commented by anatatoyu at 2017-03-17 09:33
komitiさん

私も母どころではなく、自分のことも心配なんですけどね。
お客さんのお家でも、高知のお母さんを引き取ってて、そのお母さんも三食昼寝付きだけど、全然呆けてないそうです。
人によるのでしょう。
komitiさんは、これだけパソコンが使いこなせて、プールにも行かれるし、全く大丈夫ですよ。
好きなことをするのが一番ですよ。