たこ焼き屋始めます。

Mちゃんがほんとにやって来ました。
10年ぶりくらいになるそうです。

「私、覚えてくれてます〜?」って。
覚えてますよ、まだそこまでボケてません。

「いろいろあって大阪に帰って来ました。」の「いろいろ」。
旦那さんが大手不動産会社にお勤めだったのに、ストレスから鬱になり退職してしまったようです。

旦那さんは50歳、子供はいません。
大阪には関東に行く前に購入していたマンションがあり他人に貸していました。
そこを退居してもらい住んでいますが、まだローンが残っているそうです。

なのに旦那さん、次の仕事は「たこ焼き屋」だそうで。
しかも単身徳島に渡り開業するそうです。
たこ焼きの激戦区大阪では太刀打ちできないと判断して。

うちもたいてい客単価の低い店ですが、たこ焼き屋で一人で何人前も食べる人はいないでしょ。
毎日いくらたこ焼きを売ったら、アパートと店舗の家賃を払えて、なおかつ自分の取り分があるのでしょうか。

たこ焼きは好きやけど、Mちゃんの前途は多難そうです。


☆今日のまかない
チャプチェ
冷奴
b0327247_15400790.jpg


母の腰はずっと調子が悪いようです。
あまり悪いようなら、明日明後日とまた帰ろうかと思っていましたが、今朝電話をすると帰って来なくて良いと言うので、来週の帰省まで頑張ってもらうことにしました。

母が大阪に来る日まで、あと25日です。

[PR]
Commented by ukico32744 at 2017-04-07 17:12
ゆうさんが、たこ焼き屋さん始めるのかと思いましたよ~
(^^;

Commented at 2017-04-07 17:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anatatoyu at 2017-04-07 17:38
ukicoさん

う〜ん、たこ焼きねえ(笑)
流行ると腱鞘炎になるそうですよ。
Commented by anatatoyu at 2017-04-07 17:43
鍵コメさん

Mちゃんの旦那さんも、たこ焼き屋にお酒を置くらしいです。
ただ本人が酔っぱらいになるのではないかと心配してました。

鬱病で障害年金って貰えるのですか?
全く知りませんでした。
失業保険もどうしてるのかわからないと言ってました。
この旦那さん、前妻さんに子供が居て、そこの家のローンもあるらしいのです。
それで、たこ焼き屋って?と思うけど、旦那さんとは面識がないのです。
Commented by asahino443 at 2017-04-07 19:05
まあ( ̄◇ ̄;)
としか言いようが、、、。

お母さんの腰、心配ですね。
大事に至りませんように。
ずっと以前の新聞に日本人の腰痛の多くは精神的なものからだという記事がありました。
えっそうなん?と思いましたが、あながち根拠のないものでもなさそうな真面目な記事でした。
いよいよカウントダウンが始まって、ゆうそんもおつかれでしょうが、お母さんも心身ともに、お疲れも出たのかも。
年寄りは、物より「優しい言葉やねん」と母がよく言っていました、これが難しいのですが参考までに(^_−)−☆

Commented by 0t0516 at 2017-04-07 19:07
たこ焼き屋さんですか、確かに家のロ―ンと店の家賃があって、払えそうに無いですね。心機一転のたこ焼きと思いますが、激戦区で勝ってこそ活路が見出だせるのではないでしょうか。負のスパイラルに入りそうですね。
Commented by 所長 at 2017-04-07 19:44 x
「うつ病を患った夫が徳島でたこ焼きを売る。それも単身で!」
どんなドラマよりも刺激的な展開です。
その後どうなったか、またお店で聞かせてください。
Commented by anatatoyu at 2017-04-07 19:58
asahiさん

ねえ、私もそう思います。

母の腰痛は、咳をし過ぎてなったらしいです。
ヒマなもんで、私もいろいろ検索して見ていますが、確かに精神的なものもあると書いてるとこがありました。
整形の先生から痛みどめを貰って飲んでいます。
他に方法がないと言われてるみたいですが、痛いとまた病院へ行くのです。
本人は大阪に来るのに、腰痛を治さなくてはいけないと思ってるかもしれませんね。
優しい言葉…ですか。
私に一番欠けてるものです(*´-`)
Commented by anatatoyu at 2017-04-07 20:00
わさお君

そう思うけど、本人は言い出したら聞かないタイプらしいよ。
焼き方を教えるところがあって、暖簾分けみたいな形らしい。
でも、どう考えても、奥さんは苦労するわね。
Commented by anatatoyu at 2017-04-07 20:03
所長さん

昨日、いくらかお聞きになってましたよね。
どうなるのか?誰が聞いても成功するとは思わないでしょうね。
それよりも、所長さんが彼女を見つけるほうがあり得る話ですね〜
Commented by komiti15 at 2017-04-07 23:13
ホントに大変そう・・・
それでも鬱で家でぶらぶら気ままにされるより
意欲的に自分で行動出来るのはもしかして良い事かも・・・?
と思ったり、もしかして赤字経営にでもなれば奥さんは
更に窮地に追い込まれるかしら?
難しいですね~ 奥さんの立場もお気の毒。
Commented by anatatoyu at 2017-04-08 07:06
komitiさん

>鬱で家で居られるより
それはそうですね。
そんな状態、想像しただけで気が重くなります。
失敗した時にどうなるのか、それも想像すると怖いですけどね。
奥さんは反対もできないし…
たこ焼き屋が徳島では、私たちも応援もできません。
Commented by aloha-lokomoko at 2017-04-08 13:34
カウントダウンに入りましたね。
雨も降ってじめじめするし、腰が痛いと大変です。
お母様、頑張れ。
知らない土地でお店を始めるなんて、すごい勇気だとわたしは思います。
Commented by anatatoyu at 2017-04-08 18:30
ロコモコさん

母の腰痛は精神的なものもあるのかもしれませんね。
荷物の整理も捗らないし。

その勇気は凄いけど、妻の覚悟も凄いですよね。
Commented by eriko929e at 2017-04-11 09:16
おはようございます!
タコ焼きは自宅ですればパート代位には
成るそうです!
こちらでもあちこち見かけます!
ただし自宅です(≧ω≦)

じゃんほが出来てから時々利用しています!
Commented by anatatoyu at 2017-04-11 15:42
えり子さん

そうですか。
それは家賃がいらないからですね、
徳島でやる方は、いきなり店舗と住まいの両方の家賃がいるのです。

ジャンボって、チャプチェの?
二人では食べられませんね。
Commented by eriko929e at 2017-04-11 16:32
ゆうさんじゃんほしりません?

こちらでは大はやりです!
by anatatoyu | 2017-04-07 15:40 | 友人 | Comments(17)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう