カテゴリ:休日の夕飯( 27 )

二月最後の日曜日

昨夜の帰宅時間は久々に午前2時越え。
さすがに老体にはこたえました。

チャールズ会はわさお君の転勤が数日前に決まり、送別会も兼ねて。
私より10歳年下のみんな、そろそろ親の問題も出て来て「ダブルケア」のお家もあります。
誰もがたどる道、それぞれに頑張ってください。

朝から快晴の大阪、でも風は冷たかったです。
母が来ることで家の中のあちこち考えることがたくさん。
母の目線、母の手の届く高さ、あれこれ考えます。

そんなことで便利グッズを探しに、スーパーや百均をはしごして日曜が終わりました。

休みはいつもに増して手抜きの夕飯。
冷凍のムール貝のトマト煮とアボカドとトマトのサラダ。
b0327247_21462805.jpg


b0327247_21462954.jpg


ムール貝のスープが余ったので、冷凍庫にあったうどんと牛肉を煮てみました。
b0327247_21462965.jpg


これはこれで美味しかったです。

穏やかな日曜が終わろうとしています。




[PR]
by anatatoyu | 2017-02-26 21:45 | 休日の夕飯 | Comments(8)

どんな子豚?

毎日寒いですねえ。
こんな日はお鍋です。

昨夜は、イベリコ豚と鶏のつみれのお鍋にしました。
b0327247_07480964.jpg


他は鶏の手羽中の塩焼き
b0327247_07480956.jpg

私の好物です。

お鍋の最後はお餅。
ツマミにしていたキムチの器に入れて。
b0327247_07481029.jpg


前にも書きましたが、お鍋があんまり好きじゃない私。
まず同じ味でずっとが嫌なんです。
それが昨日はキムチのおかげか、味に変化があって、最後まで美味しく食べられました。

それと程良い量が大切ですね。
まだある、ではなく、もうない、くらいの量。
初老の夫婦二人なら、小さい鍋で十分です。

さて、このイベリコ豚を買うたびに思い出すエピソードがあります。
b0327247_07481046.jpg


昔「ヤマモトヨウコ」さんというお客さんがいました。
あの芸能人と同じ名前のね。

そのヨウコさんとイベリコ豚の話をしていると
「イベリコブタって、どんな子豚?」と聞かれ、大笑いしたこと。
昨日はイベリ子豚を食べたのでした(笑)


寒い日は、家の中での片付けが捗ります。
昨日も大きなゴミ袋一つ分、捨てる物ができました。
写真を撮り忘れたのですが、その中にオットのラグビーボールがありました。

うどん県時代にラグビーの社会人チームに入っていたオットが、送別会で皆に寄せ書きをしてもらったラグビーボールでした。
捨てる前に、今一度寄せ書きを読んでから、チーン。
思い出は目に焼き付けて、形はさようならです。

今日はお昼からお出かけします。
お客さんのバンドのコンテスト?があります。
そのあとは、もちろん飲み会です(笑)
ほどほどに帰って来ます。


[PR]
by anatatoyu | 2017-01-22 07:50 | 休日の夕飯 | Comments(10)

都会の夕食事情

昨日訪れた六甲アイランドは人口島。
カラフルでお洒落に見えるマンションが林立する。

島の対岸のJRや阪神電車の駅からは無人運転の六甲ライナーで繋がれ、島の中心部にはホテルが二軒、専門学校や小さな美術館もある。

六甲ライナーに沿って人口の川が流れ、その両サイドに飲食や物販の入るお洒落な「リバーサイドモール」という建物がある。

私達が最初に訪れた20数年前は、この近辺もとても賑やかで、この都会的でお洒落な雰囲気に憧れて、ここで住んでみたいと思ったものだが、とても手の出る値段ではなかった。

そして震災後には液状化現象が問題になり、私達の選択肢からは外れた。
それがこの辺りが寂れた原因かどうかはわからないが、今回私達が目にした閑散ぶりは酷かった。


夕食の場所に困った。
ホテルの中には一揃いのレストランがあるが、私達にはお高いし、そんなに量も食べられない。

悩んだあげく、ホテルの一階の広場(屋内)にあるイタリアンにした。
イタリアンと言ってもファミレスのような店だが、お安いのもあってか、ここだけは繁盛していた。

私達の右隣りでは、初老の男性が一人。
左隣りは私くらいの年齢のおばさんが二人。

男性は一人で夕食らしく、生ビールやデキャンタのワインに、おつまみくらいの量のフライドチキンとボンゴレのスパゲティ。
酒のあては人間ウオッチングのようにも見えて、定年後の独り身かと思った。

おばさん二人は食事のあとのコーヒーのようで、二人は顔をくっつけては誰かの悪口(たぶん)を言い、二人で同時にのけぞっては身をよじって笑う。
陽はすっかり落ちているのに、家族の夕食の準備はどうなってるのかと心配になった。

やがておばさん二人は帰って行った。
入れ替わりに席に座ったのは親子三人。
夫婦は四十代、子供は小学一年生くらい。
遅い子供だなと思った。

父親は色白で太っていて頭頂部は気の毒なほど(私の斜め前なのでよく見える)。
カラフェのワインにほうれん草のソテーをつまみに、あと何か食べていたが忘れた。

母親も背が高いがこちらはスマートで美人なほうだと思う。
コーヒーしか頼まず、最後まで食べ物は口にしなかった。

子供は母親の隣りに座り、何かのスパゲティを食べ、食べ終わると外に出て行った。
やがて父親も食べ終わったが、二人は向かい合って座ったまま会話もなく、それぞれのスマホを見ている。

それを見ている私も私だが、
「不思議な光景やね。」とオットと目配せをしながらワインを飲んでいた。

やがて、独り身らしいおじさんが帰り、私達も食べて飲んで終わった。
長居をする習慣はないので、とっとと会計を済ませて外に出た。

その広場の真ん中には小高い山がある。
柵もなく誰でもその山に登れるようになっていて、一人の男の子が遊んでいた。

昔は広場を囲んでいろんな店があったが、今は薄暗い中に百均の店が一軒あるだけ。
そんなところで、一人で山を登ったり下りたりしてる男の子は、さっきの夫婦の子供だった。


六甲アイランドには、わざわざ県外から来て住んでる人は少ないだろうと思う。
だけど作った島だから、みんなよそから来た人の集まりだろう。
そこを都会と呼んでいいかどうかわからないが、休日の夕食にしては寂しい光景を見てしまった。


☆今日のまかない
カレー
ほうれん草とゆで卵のサラダ
b0327247_15380408.jpg




向かい合ってスマホをしてる会話のない夫婦を見てて、ある言葉を思い出した。
「一人で居るより、二人で居るほうが寂しい」
これは長渕剛と離婚する時の石野真子の言葉だったと思う。

あの夫婦が寂しいかどうか知ったこっちゃないが、子供はかわいそうだと思った。
これも大きなお世話かな。











[PR]
by anatatoyu | 2017-01-10 15:40 | 休日の夕飯 | Comments(12)

クリスマス…

らしいですね。
ちーとも、そんな気分じゃないけど。

先日片付けた押入れの天井に、これを取り付けてもらいました。
b0327247_19023509.jpg

b0327247_19023666.jpg


洋服ハンガー、スライド式です。
母は最低限の荷物しか持って来られませんから、洋服タンス代わりです。
コーナンで1300円ほど。
試験的に取り付けてみましたが、一つでは足りない感じですね。
また考えましょう。

夕食は関西らしくお好み焼きに焼きそば。
b0327247_19023698.jpg


く〜〜。
これがビールに最高ですわ。

今年の営業もあと三日。
頑張ろ。



[PR]
by anatatoyu | 2016-12-25 19:10 | 休日の夕飯 | Comments(12)

雨の夜は鍋

朝から冷たい雨の降り続いた日曜日。
この冬始めてエアコンの暖房を入れた。

お昼は久しぶりにイオンに行った。
でも品数が多いけど、やっぱり全般的に高い。
結局、激安のサンディに寄って夕食の買い物。

山ほどの洗濯ができたのは、ようやく雨が上がったすっかり暗くなってから。

日曜の夕飯は鍋の出番が多くなる時期だけど、私は本当は好きじゃない。
すぐにお腹がいっぱいになってしまうから。

今日は、鶏肉と牡蠣。
b0327247_03540319.jpg


鍋に鶏肉を入れるのも久しぶり。
子供の頃、実家ではしょっちゅう鶏肉の水炊きだった。
父が好きだったからだ。

夕飯が鶏肉の水炊きのたびに、私はがっくりきていたのを思い出した。
私の鍋嫌いは、その辺に原因があると思う。





[PR]
by anatatoyu | 2016-11-27 23:40 | 休日の夕飯 | Comments(14)

初鍋

めっきり秋めいてきた今日この頃。

お野菜も高値が続きますが、思いきって鍋の夕食です。

蠣とイベリコ豚の鍋。
b0327247_21245938.jpg


〆は水餃子。
この写真の人、あまり好きじゃないけど、水餃子は美味しかった。
b0327247_21250239.jpg


お腹いっぱいになると、眠くなるのは当たり前。

おやすみなさい。



[PR]
by anatatoyu | 2016-10-30 21:25 | 休日の夕飯 | Comments(8)
蒸し暑ぅ〜〜

蒸し暑いけどお彼岸も過ぎたので、ぼちぼち衣替えですねえ。

今日は靴の整理をしました。
夏のサンダルもお片付け。
b0327247_21004204.jpg

私の靴は安物ばかり、実用重視。
数も少ないけど、一度全部箱を降ろしてみた。
b0327247_21004330.jpg


今回捨てる靴なし。
古い空き箱を二つ捨てて、秋物を出して元の位置に。
b0327247_21004993.jpg

靴箱(下駄箱?)はないので、靴の収納はここだけ。
オットのは、冠婚葬祭用とブーツがここにあり、あとは玄関に三足出てるだけ。
あっさり終わり(笑)


頭痛は続く。
買い物に一度出ただけで、家でゆっくりの一日。
お天気良かったので、洗濯は6回。


お昼は買って来たもの。
こってりがっつり食べたくて…
チキンの甘辛揚げ丼。
b0327247_21005086.jpg

カロリー見てびっくり。

b0327247_21005767.jpg


夜は冷凍室にあった鰻と枝豆ともずく。
b0327247_21010328.jpg


ビールで始まり、オットは日本酒に。
それに合わせて明太子に胡瓜を添えて出すが、写真なし。

私はワインを一杯。
食パンに溶けるスライスチーズをのせて。
b0327247_21010449.jpg


これでは痩せるはずもなし(汗)

呑んべえ夫婦の夜はこんなもの。
オットはとっくに大イビキ(笑)





[PR]
by anatatoyu | 2016-09-25 21:00 | 休日の夕飯 | Comments(14)

お疲れ会

自宅の最寄り駅には、ちょっと注目の飲食店が集まっている。
ある人のブログで見たお店に、お疲れ会を兼ねて行ってみた。

名物はこのお造り。
b0327247_20171258.jpg

9種類で500円なり。
奥の升には甘エビと蟹も入ってる。

あとは鮑のステーキ、生牡蠣など。
b0327247_20433639.jpg


外食すると、多勢で賑やかに飲み食いしてる人々が羨ましい。
夫婦二人、ましてや四六時中一緒の夫婦では改めて会話もなく、あっと言う間に食べて終わる。

食べられる量は減ったが、その分飲むので、小一時間で飲んだ量に店の人が驚かれた(笑)

昨日はちょっとしたイレギュラーもあったけど、これで20周年も終わったかな。

昨年の記憶も曖昧だが、今年は疲れたなあ。






[PR]
by anatatoyu | 2016-09-11 20:45 | 休日の夕飯 | Comments(14)

雨の月曜日

お金が有り余ってる訳でもないのに、滅多に行かないスーパーで珍しいものを見つけたら、つい買ってしまう。
これくらいの贅沢、いいじゃないの、他に楽しみがあるわけじゃなし。
b0327247_12334713.jpg

生のパクチーが好きだから買ったけど、いろいろな香辛料が混ざって、想像していた味ではなかった。
やっぱり生春巻きとかが良いのかも。

★昨夜のご飯
GWに温泉に行けなかったし、うどん県お疲れ様もこじつけて(笑)
半額だったステーキ。
上が近江牛、下は讃岐牛。
b0327247_12334746.jpg

初そら豆はグリル焼き。
b0327247_12334756.jpg

b0327247_12334807.jpg

好きなもの食べられる幸せ、安いワインでも美味しい♪
美味しいは健康。


★今日のたなくじ
b0327247_12334821.jpg


他にはないような「大吉」?
そんなたいそうなもんはいらんのよ。
日曜日に好きなもん食べられるくらいでいいのよ(笑)


☆今日のまかない
チキンカツ
マカロニサラダ
水菜と揚げの焚いたん
b0327247_15391785.jpg



雨の月曜日。
小吉くらいのお客さんは欲しいところ(笑)
[PR]
by anatatoyu | 2016-05-09 15:45 | 休日の夕飯 | Comments(12)

春 0.9番?

昨日はアナゴさん一人でした。
ある会の後の二軒目でしたが、そんなに酔ってるふうもなく、特別珍しい話もなく、そこそこに帰って行きました。

閉店後に夜食を食べている時、急に雨音が強くなり、しばらく待機かと言っている間に小降りになったので、大慌てで帰り、雨具なしにセーフ。
オット「日頃の行いがいいからなあ。」って、自分で言うな。。

夜中にもう一雨降ったようですが、今朝は暖かくて目覚めれば8時!ォィォィ。
温い風が吹き洗濯物もよく乾いたのに、関西は春一番がまだなんですって!


☆日曜日の夕飯
b0327247_19354124.jpg

久〜しぶりにホットプレートを出してサイコロステーキのあとお好み焼き。

暖房の要らない夜も久しぶり〜〜
ただいま、オットに早く寝るまじないをかけているところ(笑)

明日からはまた寒くなる。
まだ二月ですもんね。




[PR]
by anatatoyu | 2016-02-14 19:40 | 休日の夕飯 | Comments(12)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう