カテゴリ:暮らし( 503 )

私の夢

それは老後を暖かいところで過ごすこと。

随分前に、老後をマレーシアやインドネシアで暮らす人々のことをテレビでやっていた。
そんな日本人もたくさん居て物価も安いらしいが、私はやっぱり沖縄がいい。
言葉が通じて、諸手続きにも困らない国内がいい。

でも、夫婦が元気で沖縄に行けても、いつかどこかが弱り、そのうちに介護が必要になり、やがて一人になる日が来る。
そうなると、どこかの施設に入らなくてはいけない。
だけど、私達にはいろんな手続きをやってくれる子供もいない。
一人になった時に、頭と体がどれだけ動くかもわからない。

そうだ!
沖縄で住むなら、最初から施設に入ればいい。
そう思ったのは、テレビの「やすらぎの郷」や、先日放送されていた油壺の「高級老人ホーム「エデンの園」の影響かも知れない。

「やすらぎの郷」は無料で入れるけど、それはテレビドラマの話(笑)
「エデンの園」の入居費用をチラッと見ると恐ろしく高くて無理。
他に最近ではパナソニックやベネッセなども、有料老人ホームを運営しているが、どちらも私達夫婦が入れる金額ではなさそうだ。

店が暇なので(笑)沖縄で、そんなところがあるか調べてみた。
老人ホームは一般的には、介護認定を受けて要支援か要介護の人が入居する。
でも「自立」と言って、元気なうちに入れるところが少ないがあるのだ。
そして夫婦で入居できるところ。

沖縄にもあった!
しかも、目玉が飛び出るほどの費用もかからない。
写真で見るだけだが、ロケーションも設備も良い。

よし!老後の楽しみができた!
できれば下見に行きたい!

でも…
問題は幸子さんだ。
私達が沖縄に行ける頃に幸子さんが生きていて、幸子さんが行くと言えば三人で行けば、それは最高だ。
もちろん、二人部屋と一人部屋。

そんなことを考えるのは楽しいが、家に帰って幸子さんの顔を見ると、夢も希望も消えて無くなる。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
焼きそば
冷奴
b0327247_15142717.jpg


今朝、幸子さんに内科に行くか?と聞くと「行かない。」と言う返事。
お好きになさいませ。

お気に入りの整形外科の先生の前で、精一杯のお愛想笑いをして、家に帰ってから腰が痛いと言うのやめて欲しいなあ。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-10 15:25 | 暮らし | Comments(12)

二の丑に一人買い物

ようやく鰻を食べることができました。
幸子さんの希望通り国産ですが、今年は例年に比べて値段が安いようで助かりました。
お昼にうな丼にして、いただきました。
b0327247_15453302.jpg


今日は買い物に「暑いので行かない。」と言った幸子さん。
この時とばかり、一人でイオンに行き買いたかった物を速攻で買い、食料品も急いで買い物して帰ったのに
「遅かったな。」と言われ、カチン!

遅いも早いも、自分はテレビ見て寝てるだけ。
行く前にクーラーも入れて、オヤツまで出して出掛けたのにカチン!

オットはこの週末、義父の一周忌のため岐阜に帰るので、新しい靴下やリュックも買いたかったし、私だって洋服も見たい買いたいのでカチン!

だから、今日は「なんか食べに行こう。」と幸子さんが言ったけど、行かない!

ただいまの気温36度。
台風はどうなるだろう。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-06 15:45 | 暮らし | Comments(8)

ある父親

その人は50歳、4人の娘さんがいる。
奥さんはいない。
数年前に離婚した。

長女は高校を出てすぐに家を出て、交際していた男の子の家に住み着いた。
もちろん男の子の両親も同居。
やがて妊娠して入籍。
男の子を2人産んだが、子供を連れて実家に帰って来た。
長女はまだ26歳。
半年ほど前に親子で住む家が見つかり、やっと出て行ってくれたと、その人は言っていた。

次女は高校を卒業してからも、アルバイトをしながら家に居て、奥さんが居なくなったあとの家の用事をしてくれているそうだ。

三女と四女は双子。
来年春、高校を卒業。
親の放任主義で育った双子は、父親に相談もなく進路も勝手に決めていて、一人は専門学校、一人四年生大学。

親にお金が無いのも承知で、二人とも奨学金の申し込み用紙を貰って来ているそうだ。
とは言え、保証人は父親。
そうでなくてもローンを抱える父親は、このままいけば二人分の奨学金一千万も抱えることになるも知れないと、昨日、頭を抱えていた。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
冷麺
b0327247_16150550.jpg


子供の居ない私達は、そんな苦労も知らないまま年老いた。
でも娘さんが4人、お孫さんが2人、羨ましいわあ。

「賑やかでいいじゃないですか。
年取っても、絶対寂しい思いはしませんよ。」
ほかに慰めの言葉が見つからず…。


★明日の土曜日は臨時休業させていただきます。
淀川の花火を幸子さんに見せてやりたくて。
2年前までは通路から見えていたのですが、マンションが建って見える位置が極端に狭まったので、どこまで見えるかわかりません。
でも、来年はわかりませんからね。




[PR]
by anatatoyu | 2017-08-04 16:15 | 暮らし | Comments(6)

お役所仕事

朝から風の強い大阪です。
台風のせいだと思います。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
チキンカレー
ブロッコリーのサラダ
b0327247_17142276.jpg


朝のネクタリンらしい果物をデザートにいただきました。
b0327247_17142295.jpg

切る時期が早かったのか、酸っぱいし硬い。
残念!
自分で買うことはないでしょう。


◯区役所の福祉課から電話がありました。
幸子さんの補聴器購入補助申請をしてあり、許可がおりそうなんだけど、昨年の所得証明書が必要と言うのです。
後期高齢者で年金暮らしですから、所得なんてある訳ないのですけどね。

その申請書は身体障害者手帳交付申請の時に一緒に提出していました。
耳鼻科の先生が、どうせ時間がかかるだろうから早めに申請しておいたほうが良いと言ってくださったからです。

その申請の時と、手帳の受け取りの時、すでに二度◯区役所の福祉課に出向いています。
前にも書きましたが、我が家は◯区の西の端、◯区役所は東の端ほど離れています。
この炎天下に何度も行きたくないのです。

しかも、幸子さんの昨年の所得証明書は、うどん県の◯市に申請書を郵送し、また向こうから郵送してもらうしかありません。
これに何日かかるのでしょう。

せめて、手帳の受け取りの時に教えて貰っていたら、今頃にはうどん県の◯市から所得証明書が届いているはず。
所得証明書はまた◯区役所の福祉課に持って行かねばなりません。

まあね、自分の親のことですから仕方ないのですけど、なんか腹が立つのです。


[PR]
by anatatoyu | 2017-08-03 17:15 | 暮らし | Comments(16)
長野の親戚から送って来たと、いただきました。
「すもも」だと言うのですが、すももにしては身が硬い。
形からして桃の親戚には違いないと思いますが、名前、食べ頃、食べ方など、ご存知の方、教えてください。
b0327247_09213412.jpg


[PR]
by anatatoyu | 2017-08-03 09:18 | 暮らし | Comments(4)

94歳と84歳

昨日の内科で幸子さんの隣りに座った方のお話です。

自宅から内科までは、幸子さんの足でも10分足らず。
診察時間の9時ちょうど頃に着いたのに、けっこうな待ち人数でした。

私達が座ってほどなく、一人のご婦人が入って来られました。
小綺麗で上品そうでしたが、物腰から幸子さんよりは年上かと思いながら見ていました。
病院の待合室なんて、ほかにすることありませんから。

来られてすぐに検尿でトイレに入られましたが、ほどなく出て来て
「今は出ません。」と看護師さんに言っておられました。
ふと見ると、ワンピースの後裾が下着に引っかかったまま下りていません。
母もよくそうなります。
私はそっと教えてあげました。

その方は「ありがとう。」と言われ、母の隣りに座られて、それから話をし始めました。
自分は94歳だとおっしゃったので、母にも通訳(聞こえないので)すると、母も「まあ!」と驚きました。

母は自分からは年齢を言いません。
何歳が境界かわかりませんが、ある程度の年齢になると
「まあ!信じられない!」とか「へえ、そんなお年には見えない。」とか言われるのが嬉しいのではないかと思うほど、聞きもしないのに自分から年齢を言います。
オットが行く病院でも、90歳越えの方が何人かいて、同じように年齢を自白しては、周りの人から「へえ〜」と言われているようです。

今度は母が聞かれもしないのに、5月にうどん県から娘のところに越して来たことを話しました。
94歳の方は「今時、親を引き取ろうなんて子供はそうそういない。」とか「私には息子しかいないから、娘さんが居て羨ましい」とか「娘さんに感謝しないといけませんよ」とか。
半分も聞こえてないと思いますが、母はニコニコ笑って聞いてました。

その方は耳も目も良くて、歯も全部自分のものだとおっしゃいました。
シミも皺も少なくて綺麗な色白。
今も十分お綺麗ですが、若い頃は人が振り返るほどの美人であったと想像されます。
標準語に近い言葉で、おそらく良いお家の方でしょう。
息子さんはお二人で、それぞれの二人の孫も男の子。
お一人暮らしで全部自分でされるそうです。
お住まいは片道20分くらいとおっしゃったので、うちよりは遠い。
帰りには、うちと同じようにシルバーエイジデーのスーパーで買い物をして帰るとおっしゃいました。

やがて、母の会計が終わり、母とその方はお互いに「お元気で。」「またお会いしましょう。」と挨拶を交わして病院をあとにしました。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
アジのムニエル ゴーヤ炒め添え
冷奴
長芋とろろ
b0327247_17475926.jpg



昨日そのスーパーで買い物を済ませ、私達がすぐ前の交差点で信号待ちをしていると、ひとつ向こうの横断歩道を渡って来る94歳の方が見えました。

母のような押すタイプのシルバーカーではなく、体のサイドで杖も兼ねるタイプの車を引いておられる姿は、やはりしんどそうに見えました。

東京に住む長男さんが一緒に住もうと言うが、自分は嫌だとおっしゃってました。
もう長生きはしたくないとも。
お家の中のことはわからないけど、あまり意地を張らずに子供に甘えればいいのに。

またお会いすることがあるかな。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-02 17:50 | 暮らし | Comments(10)

一円玉

数日前から、幸子さんが
「風邪を引いた。」と言うので、朝一番で内科に行って来ました。

行く道々で、私が先生に症状を言うために、幸子さんから詳しく聞きました。
鼻水、咳、痰。

名前を呼ばれて診察室に入るなり、私が喋る前に幸子さんが言いました。
「夏風邪を引きました。」

おいおい、それは先生が判断することじゃないの?
患者が自分で病名を言うのは、おかしくない?

風邪薬を貰って帰って来ました。

茄子のぬか漬けが良い色で美味しくできました。
ご飯がすすみます。
b0327247_17502644.jpg


火曜日はシルバーエイジデーのスーパーへ行く日です。
病院の帰りに寄りました。

レジで並んでいる時に、レジとレジとの中間に一円玉が落ちているのを見つけました。
みんな気がつかないのか、誰も拾いません。

私の番になったとき、一円を拾ってレジの人に
「これ、落ちてましたよ。」と言って渡しました。

レジの女性は、私よりいくつか年上に見えました。
「ありがとうございます。」と言ったあと
「ここに入れときますね。」と言って、レジの横にある募金箱に一円を入れました。

そして、こう言いました。
「一円を拾うとね、人の不幸も拾うのですって。」
「え?なら拾わなければ良かったわね。」と私が言うと
「募金したので、幸せが帰って来ますよ。」と言うのです。

普通、そんなこと言います?レジの人。
先日の怖い事件だけでも気が滅入るのに、スーパーで一円拾ったばっかりに、また災難が降りかかるの?
嫌ですよ。

しかも、募金箱に入れたのはアナタじゃないの!!
[PR]
by anatatoyu | 2017-08-01 17:50 | 暮らし | Comments(8)

怖い思い

お昼に母と三人で回転寿しに行って来ました。<
b0327247_14570499.jpg

その店は、昔、父の兄夫婦が住んでいた辺りで、母にも懐かしい小さな商店街の中にあります。
昔のような賑わいはなく寂れた感じでしたが、鰻を焼く店の前だけは長い行列ができていました。

ほんとはそこで鰻を買って帰るつもりでしたが、暑い中並ぶ気力がなく、商店街を少し散歩することにしました。

見覚えある金物屋の店先に、モノマネをする犬のおもちゃがあり、母と二人で少し遊んでいると、ふと後ろに気配を感じました。

振り返ると三、四十代の見た目普通の女の人が、こちらに携帯のカメラを向けていました。
私は咄嗟に私達を撮っている?と思いましたが、まさか、たぶんこの犬のおもちゃを撮ってるんだと思い、その場をその女の人に譲る感じで離れました。
その時、私は小さな声で(何を撮ってるんやろ?)と呟きました。

すれ違いざまに、その女の人が小さな声で
「すみません」と言いました。

私達はその先にあるスーパーの方向に歩き始めましたが、オットが
「さっきの女の人、ずっとこっちをガン見してるよ。」と言うのです。
私もその方向をチラッと見ると、まだ携帯のカメラを向けています。

私達は気付かぬふりをして、スーパーに入りました。
すると、その女もスーパーに入って来たのです。
母もおかしいと思い始めたようでしたが
「知らん顔してて。見たらあかんよ。」と言い、買い物してるふりをしましたが、実のところはそれどころではありません。
オットが私達の後ろに着いていました。

母を庇うように歩きながら、ふと気づくと、その女は私の真横にいて近付いて来たのです。
そして、私の耳元で「シネ」と言ったと思います。
そのように聞こえました。
そして、女はどこかに消えました。

オットは
「買い物カゴをわざと俺の足にぶつけようとしたけど、俺は引いたけどね。」と言いました。

私達だけならまだしも、母が居るので余計怖かった。
でも、私達何か悪いことしましたか?
せっかくお休みに出掛けて、こんな思いをしたことが一番悔しい。
そして、あの女の携帯に私達の写真か動画が残ってると思うだけで、気持ち悪いです。

もう、2度とあの辺りに行くのはやめようと思いました。

[PR]
by anatatoyu | 2017-07-30 15:00 | 暮らし | Comments(23)

バテバテ〜

ただいま34度の大阪ですが、今までの暑さとどこか違うのです。
なんか重い〜〜
ずっしり重い〜〜

朝からノンストップで動き続けて、もうヘロヘロのバテバテです。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
冷やしかけうどん
茄子の味噌炒め
スーパーのお寿司
b0327247_14561999.jpg


幸子さんは、今日も食欲旺盛。
オットが家を出る頃は、テレビの歌謡番組に合わせて歌を歌い、私が家を出る頃は居眠りをしてました。
幸せな人やわ〜

私は今から歯医者です。
ふ〜〜。


[PR]
by anatatoyu | 2017-07-29 15:00 | 暮らし | Comments(6)
アナゴさんは、夏は忙しいのです。
伊勢やら和歌山やら、行くところがいっぱいあるそうです。
だから、うちにはあまり来ませんから、同じ話を何度も聞かずに済みます。


「土用の丑に鰻を持ってくるからね」と言った方がおられます。
それは半月以上も前のことですが、幸子さんにも伝えてありました。

でも、幸子さんは昨日が土用の丑とは知らなかったようで、毎週火曜日に行くスーパーで鰻がたくさん並んでいても、鰻が食べたいとは言わなかったので、私は内心ホッとしていました。

酔った上での話であることも、幸子さんには言ってありましたが、昨日はウナギどころかアナゴさえも来ませんでした。
世の中はそんなもんです。
人の言葉を鵜呑みにしてはいけませんね。

今年の土用の丑は2回あるそうで、幸か不幸か2回目は私の誕生日。
その日にでも、自分で買って食べましょう。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
高野豆腐
にんじんシリシリ
カニ棒の卵巻き
そうめん
b0327247_12584828.jpg



明け方に一雨降って、久しぶりに涼しい朝。
でも幸子さんは雨が降ったことを知りませんでした。



[PR]
by anatatoyu | 2017-07-26 13:00 | 暮らし | Comments(10)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう