カテゴリ:店のこと( 247 )

「また」と「オバケ」

昨夜、お客さんが連れて来られた女の子。
北新地のとあるお店の子、34歳。
根っからのプロではなく、お昼はOLと一見したらわかる素人さん。

ちょっと話をしたら、何だかすごく意気投合してしまった。
お客さんだからと変に媚びないところも私に似てる(笑)

「今度一人で来ていいですか?」
ええ、ええ、どうぞ、どうぞ。
うちは安いですから大丈夫よ〜
出勤時間になりました。

まあね、20年から商売やってると、こんなシチュエーションは何十回とありましたとも。
「美味しかった、また来ます。」
「近いので、ちょくちょく寄りますよ。」
「いいお店ですね、また来ます。」

まあ、来ませんね。
私達夫婦も伊達に年食っちゃいないので、そんな言葉鵜呑みにはしませんが、頭の隅に残るのです。
気がつけば月日は流れて、どんな顔の人かも忘れてしまいますがね。

ずいぶん昔に何かのテレビ番組で誰かが言った言葉。
「また」と「オバケ」は出た試しがない。
え?「オバケ」見たことあるって?
そんなお話じゃないのですよ。


☆今日のお昼ご飯
焼き鳥丼
紅白なます
とろろ昆布のお吸い物
b0327247_15154335.jpg

特に最近の若い人はお口がお上手で、おばちゃんころっと騙されます。
何度痛い目に遭ったか(笑)
だいぶ学習しましたよ。


[PR]
by anatatoyu | 2017-10-12 15:20 | 店のこと | Comments(6)

アナゴさんも古希

アナゴさんは偉そうに言っても、スマホもパソコンも使えない。

土曜日にアナゴさんがやって来た。
自転車で走ってるとき、飛び出して来た子供を避けようとして転んだそうだ。
その子は小学校高学年の男の子だった。
アナゴさんが転んだのを見て
「大丈夫ですか?」と聞いたらしいが、アナゴさんはかっこ悪いので
「大丈夫!」と言ったそうだ。
右足の膝から下をどこかにぶつけた。

家に帰りあるたけの湿布を貼ったものの、時間が経つほどに痛くなり病院へ。
詳しく検査をしてもらった結果、靭帯が切れる一歩手前だったらしい。
手術は免れた。

「ちょっと前なら上手く避けれたのに、俺も年を取ったと言うことやな。」
そうやね。
アナゴさんは年が明ければ70歳。

どこかで落としたと思っていたICOCAが、自分の部屋から出て来たと喜んでいた。
この一週間のうちに痛い目に遭ったけど、失くしたと思っていた物が出て来たり「いろんなことがあったなあ。」って。
気ぃつけなはれ。


☆今日のお昼ご飯
酢豚定食
b0327247_15170946.jpg

幸子さんがクイックルワイパーをするの図(笑)
b0327247_15191975.jpg


[PR]
by anatatoyu | 2017-10-10 15:20 | 店のこと | Comments(6)

IT高齢者

うちのお客さんも平均年齢高いけど、飲みに出ようかって後期高齢者は、やっぱすごい。

昨夜の後期高齢者三人組の一人はいつもスマホで検索したりしてるので、へえ〜と思ってたけど、もう一人がタブレットを出してきてWi-Fiに繋げたいからパスワード教えて欲しいなんて言い出して、スマホの人と二人がさっさとWi-Fiを使い始めた。

残る一人はWi-Fiどころかスマホもダメ。
この違いはどこから?と思うが、単純に考えて三人に二人は、今の時代に着いて行けてるってことかな。
う〜ん、私も頑張らねば。


☆今日のお昼ご飯
幸子さんの便秘対策ランチ
b0327247_13130344.jpg


幸子さんの年齢で、メールもすればヒールも履く方もいらっしゃる。
幸子さんはヒールどころかメールにも無縁のまま年老いた。

住んでるところ、していた仕事、まわりの仲間…いくつかの要素があって、自分の老後は形になって行くのだろうと思う。

幸子さんが元気なうちは、私はまだ自分の老後のことまで気が回らない。



[PR]
by anatatoyu | 2017-10-07 13:15 | 店のこと | Comments(10)

お尋ねの件

朝晩が肌寒くなって来て、シャワーでは風邪をひくと幸子さん。
一日置きにお湯をためて入ることにした。

最近は私達が帰宅すると、自分の部屋の襖を閉めて眠ってる。
ついこの間まで暑くて寝苦しかったのが嘘のよう。

着ている服も分厚くなって来て、幸子さんはますます丸くなっている。

お昼前の空
b0327247_15284874.jpg

「すごいなあ。」by 幸子 
今夜は十五夜ですね。


☆今日のお昼ご飯
うどん県定食
b0327247_15281148.jpg


★さて、お尋ねの
「赤字経営と言いながら、なぜ商売を続けているの?」の件(笑)

一つには「良い時のことが忘れられない」からでしょう。
商売をしようする人は、最初は誰でも「一儲けしてやろう」と言う気持ちでしょう。
そして一度は良い時(儲かった時)があるものです。
今月は売り上げが悪かったけど、来月は良くなるかもしれない。
博打と同じで勝った時の快感が忘れられないから、そのうち勝つだろうとお金をつぎ込むのだと思います。

でも、この年の私達が続けているのは、その理由ではありません。
やっぱり「人との繋がり」です。
飲み屋はお客さんと話をたくさんします。
お客さんの嬉しいことも辛いことも聞くし、私達の話も聞いてもらいます。
助けて助けられ、お互いのいろんな時間を共有します。

中には虫の空かない人もいますが、圧倒的に良い人が多いです。
長いお付き合いになります。
そんな方達とお別れするのは辛いものです。

それから、うちのような食べ物も置く飲み屋では、売り上げが少なくても、まず自分達の食べるものに事欠くことはありません。
何かあります。

売り上げで家賃と仕入れを払ってゼロになり、自分達の給料が出なくても、食べるだけなら食べて行けるのです。
もし一ヶ月ボウズが続いたらダメですけどね(笑)

ボーナスもないし年金も少ない。
失業保険も退職金もない。
なんで商売なんてするんでしょ。
それは、商売の面白味みたいなとこでしょうか。
自分の定年は自分で決めなければなりません。



[PR]
by anatatoyu | 2017-10-04 15:50 | 店のこと | Comments(6)

会いたい人

アナゴさんがやって来た。

この人は、店に入って来る時に、自分で出囃子を歌いながら入って来る。
もちろん先客のいない時。
昨夜は
「明日という字は明るい日と書くのね〜♪」だった。

出囃子は懐メロと自分で作詞作曲したものがある。
記憶に残るものは
「鍋焼きうどんはありますか〜♪」
「美味しいビールが飲みたいな〜♪」

そして、3時間のマシンガントークをして帰って行った。

こんなダンナと暮らす奥さんに物凄く興味あるんだけど、いくらアナゴさんに頼んでも会わせてくれない。
でも自宅の住所も電話番号も知っているので、一度突撃してやろうかと思う。
それくらい、奥さんに会ってみたくなるほど能天気なダンナなのだ。


☆今日のお昼ご飯
ぶり大根
カボチャの炊いたん
野菜たっぷり あさりの味噌汁
b0327247_13284272.jpg


午前中の私達の寝室の温度が24℃。
今日はまた湿度も低くて、じっと座ってると足元から冷えてくる。
靴下もくるぶしから普通のソックスに、室内着の丈も少しずつ長くなり枚数も増える。
自分が蓑虫になるこの時期が何となく好き。



[PR]
by anatatoyu | 2017-09-29 13:30 | 店のこと | Comments(8)

におい

年と共にあちこち鈍って来ますが、逆に研ぎ澄まされていく部分があるのか?と思うほど、鼻がよく利くのです。


早い時間に時々来られる熟年カップルの男性が臭いのです。
ほんとの加齢臭ってどんなのかわからないけど、髪の毛に付ける何かが腐ってるような臭いです。
毎日シャンプーしてないのでしょう。
確かめたくもないけど、おそらく着てるもの全部にも染み付いていると思われます。

一緒に来られる女性は、昼間も一緒に働いている人。
その男性が帰ったあと、しばらく臭いが消えないくらい臭いのだから、その男性が一日居る事務所にも臭いが染み付いているでしょう。
女性は鼻が悪いのじゃないかと、いつも不思議でならないカップルです。


夕べ遅くに来られたグループの中に叶姉妹のような女性が二人いました。
うちには二度目のご来店。

一度目と同じように二人とも叶姉妹のような服装に、きつい香水がまとわりついています。
最初は水商売かと思いましたが、どうやら違うようです。
彼女たちの洋服にも香水は染み付いているでしょう。
店の中にも充満しています。
食事をする場所なら、他からクレームがつきそうです。
一緒に食事をされる方は、どなたも注意されないのでしょうか、不思議です。

 
☆今日は幸子さんの眼科と内科に思いの外時間がかかり、お昼ご飯の写真も撮れませんでした。

写真が無いのも寂しいですね。
運動会シーズンなので、私が小学校一年生の時の運動会の写真を。
b0327247_16583669.jpg
白黒写真とブルマーが時代を物語っています。
行進は前から2番目のちびっこでした。
この時代、お弁当はこの席で同級生と食べていました。

[PR]
by anatatoyu | 2017-09-26 17:05 | 店のこと | Comments(10)

だらだら

だらだら、だらだら…と物事が続く状態をナントカと言いますよね。
昨夜はまさにそんなことでした。

「ああ、眠た…」
三連休明けの昨日は睡魔との戦い。
店のスタンバイが終わって、オープンまでにまだ20分あると思うと、カウンターの椅子をくっつけて、また横になった。

何分も寝てないうちにオットがバタバタと入って来て
「Kさん、Kさん!」と言う。
毎日が日曜グループの一人、時計を見たらオープンまでまだ15分もあるのに。
「いやあ、すまんな。時間を持て余してな。」
うちで5時に友人と待ち合わせしたと。
5時でも早いのに…

早く来たら早く帰ると言うか、後期高齢者は早く寝るので早く帰るのか。
Kさんと友人は、6時を過ぎたら帰ってしまった。

やれやれ…と、またカウンターで座って居眠りでもしてやろうと思っていたら、声の大きいHさんがやって来た。
いつも新地のお姉さんと同伴だけど、昨日は一人だと言う。

声の大きい人に悪い人はいないと言うが、この人とは性が合わないので話も合わない。
でも、なぜか店を気に入って来てくれてるようなので、そこはこの私でも話を合わせる努力をする。

昨夜は一人なので仕方なく少し話をしたが、誰よりも本人がつまらなかったのだろう。
結局、北新地の高級クラブのお姉さんにお迎えに来てもらって出て行ったのが8時半過ぎ。

2度目のやれやれ…今度こそは寝てやる…

うう、また話のめんどくさい二人がやって来たぁ。
最初の人が帰る前に誰かが入り、その人が帰る前にまた誰かが来るなら諦めもつく。
表の看板は営業中になってるのだから。

だけど、誰かと誰かの間に充分な時間が空くのが疲れる。
自分をオンとオフに切り替えるのが、年とともにしんどいのだ。

おまけに、この二人はヘビースモーカー。
めんどくさい話と煙に燻されて辛抱した。


☆今日のお昼ご飯
鮭の塩焼き定食
b0327247_15401670.jpg

だらだらと長い文章で失礼しました。



[PR]
by anatatoyu | 2017-09-20 15:40 | 店のこと | Comments(4)

葡萄とカラオケ

この1週間に来られなかった方が何人か来られて、昨夜は賑やかな金曜日となりました。

いつも母のことを聞いてくださる先生(お医者さん)が、今年も立派な葡萄を持って来てくださいました。
b0327247_11181763.png
「お気遣いなくと言ったのに…」と私が言うと「いや、お母さんに。」と、皆さんおっしゃる。

いやあ、こんな高級なものや珍しいものばかり幸子さんの口に入れると、幸子さんは120歳くらいまで生きるやもしれません。
その頃には私はとっくに死んでるので、それはあちこちにご迷惑をかけることになりますね。

幸子さん、朝から目を細めて葡萄を食べていました。


☆今日のお昼ご飯
にゅうめん
ほうれん草卵炒め
昆布おにぎり
b0327247_16324494.png


その先生がカラオケが大好きで、私達も何度かご一緒させていただいたことがありますが、今は幸子さんがいるので、私は行けません。

そしたら先生が「お母さんも一緒に。」と言ってくださったことを、幸子さんに伝えると
「入れ歯になってから、上手く歌えないし、声もガラガラやから。」と。
う〜ん、ほんとは耳が悪くなってからオンチになってることが先だと思うけど。

それからしばらくしたら、幸子さんの鼻歌が聞こえて来ました。
練習してるのかな?(笑)





[PR]
by anatatoyu | 2017-09-09 16:38 | 店のこと | Comments(8)
長い間、店をやってると、店側も退屈して来るので、お客さんにいろんなランキングを勝手に付けていることがある。

誰が見てもわかりやすいのが身長、体重。
お喋りな人とか、ヘビースモーカーとかもわかりやすいと思う。

ちなみに「お喋り」はアナゴさんで、「ヘビースモーカー」はお髭のOさんはご存知の通り。
現在の最高齢は83歳の徳兵衛さん。
年齢の割にお酒が強いのはゴイチさん。

そして一見わかりそうでわからないのは頭の大きさ。
長年の一位はN君。
これは本人も認めるところで、既製品の帽子やヘルメットではまず頭が入らないそうだ。

このN君は一人で来ることが多い。
そして昔から、仕事や家庭の愚痴が多い。
火曜日もそうだった。
奥さんがN君に冷たいと愚痴る。

この奥さんは、N君と恋愛中にはよく一緒に来ていた。
美人で聡明で、二人が結婚前に「他にいくらでもいい人いるでしょう。」と、私が彼女に余計な一言を言ったほど、N君には勿体無いような人だった。

結婚と同時にN君の実家の敷地内に家を建て、一男一女をもうけた。
両親宅とは別棟。
N君は、自分と結婚する女性は自分の両親の世話をしてくれるのが当たり前と思って来たが、奥さんはN君の両親が何か頼まないと用事をしないし、どちらかと言うと無関心だと嘆く。

「それは絶対言ったらあかんよ。
口に出したらお終いやわ。」と私が言うと「わかってる。」とN君。

奥さんは、N君の洗濯物はタオル一枚でも自分たちのと別に洗う。
キッチンはいつもピカピカ、でも料理はイマイチ。
疲れて帰っても、つっけんどんな応対。

でもそれはN君の一方的な話、きっと彼女には彼女の言い分がある。
一度聞いてみたいが、そのチャンスはなかなか無さそうだ。


☆今日のお昼ご飯
焼きそば
冷奴
b0327247_12195512.png

愛とか恋とかトキメキとかとは縁遠い生活が長いけど、ああいうものの賞味期限ってどのくらいなんだろ。
もしかして結婚式まで?


★そして今日のおまけ
b0327247_12202737.png
ひやあ〜〜Σ(゚д゚lll)
「愛するってこわい」




[PR]
by anatatoyu | 2017-09-07 13:00 | 店のこと | Comments(6)

店として

店の21周年記念は静かに進行しています(笑)

例年は百枚ほどの案内状を、郵送もしくは手渡ししていましたが、今年から方針を変えて半分の数にしました。

案内状作りは毎年オットの仕事でした。
オットは年賀状同様、名刺を頂いている方、住所のわかる方全員に出して来ました。

けれど、周年の案内に反応して来てくださる方は毎年五分の一、二割程度の方。
おまけに、この数年、その顔ぶれも決まっていました。

たくさん案内状を出して、あれこれ気を揉むより、ハナから毎年来ていただける方にだけ出したほうが良いと言うのが私の考えでした。
それと、引退された方のご自宅に出すのはやめようと言うことになりました。
案内状をもらったほうもご迷惑と思うからです。

☆今日のお昼ご飯
鮭塩焼き
蒸し鶏と小松菜のサラダ
大根の煮物
b0327247_16222881.png

そんな周年も残すところあと二日。
すでに大御所はご来店いただいています。

結局、うちの店はその案内状の数ほどのお客さんが回っているということで、それは誰が考えても「しんどいやろなあ。」ってことです。

さあ、今日はどなたがいらっしゃいますやら。



[PR]
by anatatoyu | 2017-09-06 16:30 | 店のこと | Comments(10)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう