ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。

by ゆう

カテゴリ:店のこと( 217 )

どこ行くの?

絶賛人見知り中のあかりちゃん。
ママにくっ付いたまま、なかなか離れません。
おうちではたくさんお喋りするそうですが、慣れない場所では声も出ません。
静か〜にお菓子を食べてました。

ようやくちょっと笑顔が出るようになり、クマさんのリュックを背負って貰いました。
b0327247_19565530.jpg

b0327247_19565504.jpg


ここで、クイズです。
帰る頃になって、やっと声が出ました。
さて、あかりちゃんの第一声はなんと言ったでしょう?
答えは一番最後にありますが、だれも正解しないと思います。



予約もなくのんびりした土曜日の、楽しい時間はここまででした。

商売をしていたら、いろんな人が来られます。
思わぬ事件も起きたりします。
そんなことも学習しているはずなのに、私自身の何かが緩んでいたのでしょう。

ある人が連れて来たお客さんの琴線にふれてしまったようで、会話の途中から、その人が急に怒り始めました。
息子くらいの年齢なので、私がついつい偉そうに喋った結果だと思います。

内容を簡単に言えば、その人は今時珍しく家族愛の強い人で、自分はこんな風に奥さんや子供を愛していて、こんな風に頑張って生きていると力説していました。
でも奥さんは隣りで座って、一言も喋らないのです。

そこで私は奥さんの援護射撃をしたつもりでした。
それが仇になり、その人は怒り始めました。
ほおっておけば良かった…。
客商売の難しいところです。

おかげで今日は楽しくない日曜日。
自業自得です。




★リュックを背負ったあかりちゃん。
小さい声でしたが、確かにこう言いました。

「飲み会行く。」

え?の、飲み会?
あかりちゃんのママいわく。
最近時々そう言うそうです。
パパとママの会話を聞いているのでしょうね。
パパはどんだけ飲み会行ってるのと思われますね(笑)




[PR]
by anatatoyu | 2017-03-26 07:20 | 店のこと | Comments(14)

男同士の好き嫌い

女は口煩い生きものです。
済んだことをネチネチ言います。
虫の好かない人とは喋りたくもないです。
それでも、腹の中が煮えくり返ってても、街角で出くわしたら挨拶くらいはします。
だから、口角が上がっても目は笑いません。


ヘビースモーカーでお髭のOさんが時たま連れて来る人がいる。
仮にAさんとしよう。
私達にとっては、可もなく不可もなく普通のおじさん。
て言うか、Oさんはもともと特殊なお仕事だったので、Oさんの周りには個性的な人ばかりだから、Aさんはその中では普通に近いと思うだけかもしれない。

そのOさんとAさんが飲んでるところに、Oさんの大学の後輩のKさんが数人で来られた。
KさんはOさんに挨拶をしたが、一番離れた席に座った。
あら?二人が会うのは久しぶりなのに…と、その時思った。

やがて先に飲んでた二人が帰った。
Kさんが「俺、Aとは気が合わない。俺が嫌いなAと飲んでるOさんまで嫌いになりそうだ。」と言った。

それで思い出した。
以前にOさんから、AさんとKさんは仲が悪いと聞いたことがあった。
三人は同じ大学だったのだ。
何があったか知らないが、いい年をしたおじさんがわざわざ口にすることか。
そこは大人同士、サラッと挨拶できないものか。

男同士の方が根が深いと言うこと?


☆今日のまかない
秋刀魚の開き
菜の花の辛子和え
ひじきご飯
なめこの味噌汁
b0327247_15404536.jpg



昔、まだ同窓会熱が高かった頃、一人の男子同窓生がやってきて、別の男子同窓生の悪口を延々喋って帰った。
その殆どが妬みだった。
あの時も後味が悪かったのを思い出した。

「女々しい」とか「女の腐ったような」とか言うのは、男に言うことだもんねえ。
え、女の腐ったとは失礼な!!






[PR]
by anatatoyu | 2017-03-02 15:40 | 店のこと | Comments(6)

私立探偵

春〜は名〜のみ〜の〜風〜の寒さよ〜♪

★今日のオヤツ
先日から気になっていた白い桜餅を買って来ました。
b0327247_13073387.jpg


おいち♡


お客さんに、最近転職されて私立探偵をしておられる方がいます。
私立探偵なんてドラマの中のお話のように思いますが、時々電柱に看板が掛かってたりするので、あるのですねえ。

浮気調査とか素行調査とかするのでしょうね。
尾行とかして証拠写真とか撮るのでしょうか。
時には変装もするのかな?
想像してもドキドキしますね。


☆今日のまかない
鱈とほうれん草のチーズ焼き
鳥の唐揚げ
胡瓜ともやしの胡麻酢
b0327247_15395658.jpg




あるお客さんが、先週の金曜日の夜、うちの店で顔馴染みになったある方を見かけたそうです。
日本で一番長い商店街と言われる筋の7丁目あたりで、午後9時頃だったとか。

見かけられた方は、そのあたりにお住まいではないのですが、食事に行かれてもおかしくない場所ではあります。

ただ、女性と二人連れでした。
年恰好、背格好を聞いてみましたが、私には心当たりがありません。
怪しいですねえ。

その方が来られて、意味ありげに聞いてみるのがすごく楽しみ。
私も性格悪いかしら(笑)
顔に出るので探偵には不向きですね。



[PR]
by anatatoyu | 2017-02-27 15:40 | 店のこと | Comments(6)
最近、中国の方をあちこちで見かけますが、実際は韓国や台湾や東南アジアの国の人との見分けがつかないと、私は思っていました。

でも、わかる時はわかるものですねえ。
おととい入って来た男の子二人の顔を見た時、すぐに韓国の人ってわかりました。
男の子って言っても、お酒の飲める年齢ですよ。

それがまた、まあ可愛い二人なのです。
イケメン好きな私の目は、絶対ピンクのハートになってたでしょう。

アルコールは英語のメニューがありますが、食べる物は日本語しかないのです。
ご苦労なことに、マスターが一つずつ怪しい英語で説明していました。

「フライド トーフ ジンジャー ソテー」?
ああ、厚揚げの生姜焼きね。
ほんとに通じてるのかな。
そんなもん食べる?

ご注文は「フライド オイスター」カキフライでした。
ほんとは頭に「ディープ」がいるみたいですが、通じたようです。

カキフライが出来上がり、お出ししました。
「ベリー ホット。ビ ケアフル。」と、私が言うと、オーケーと言ってくれました。
そして「オイシイ」と食べてくれましたよ。

二人はタイプは違えど、ほんとにイケメン。
韓国のアイドルと言われれば、信じるくらいね。
背の高いほうの子は、私の大好きな坂口健太郎君にそっくり♡
b0327247_21093542.jpg

写真はお借りしました。

その子がね、急に席を立って外に行こうとしたので、私は思わず日本語で
「どこに行くの?」って聞いたら、手に持ってる煙草を見せてくれたのです。
たぶん、彼らは日本語を喋れないけど、だいたいの意味はわかるのでしょうね。

煙草なら「スモーキング オーケーよ。」
彼は「ノー、ノー。」と手を振って外に出て行きました。

まあ、なんとお行儀の良いイケメンかしら。
おじいさん達の煙草はけむいけど、あの子の煙草ならきっとけむくないわ。
でも、あとで冷静に考えたら、あんな可愛い男の子に煙草は似合わない、注意するべきだったかしら。
なあ〜んちゃって。


☆今日のまかない
ししゃもの天ぷら
牛すじ大根
ブロッコリーのカレーマヨネーズ
b0327247_15390395.jpg



今日から「プレミアム フライデー」とやらが始まるそうです。
ひと昔前は「ハナキン」だったのに。
午後3時に会社を出て飲みに行く人は少ないと思います。
飲食店に取って、こんな迷惑な話はないですよ。
いったいどこが得するのでしょうね。





[PR]
by anatatoyu | 2017-02-24 15:40 | 店のこと | Comments(16)

不運な大工さん

店を作ってくれた大工さんは、伊勢地方の出身でイケメンで独身。

昨年の年始に友人と来たきり、とんと姿を見ない。

9月の20周年の時は案内の葉書を出したら、お祝いのお花が届いたが本人は顔を見せなかった。

大阪にも部屋を借りているが、ここ数年は地元の伊勢での仕事が多いとは聞いていた。
それにしても一年以上も顔を見せないことはないので、伊勢のご両親に何かあったのかと心配していた。

もうボウズかとあきらめかけていた水曜日の遅くに、その大工さんがやって来た。

昨年の夏には仕事中に肩を脱臼、年末には車が廃車になるほどの交通事故に遭っていた。

高校時代に相撲部だった彼は身長も高く骨格も大きい。
でも私達が知ってるだけでも、結構な怪我を何度もしている。
ただ今回の交通事故で、相手の車の運転手は入院したが、彼はほとんど無傷だった。

事故としては相手の方が悪かったのだが、無傷だったばっかりに相手の親からは責められたそうだ。

伊勢の実家はパン屋さん。
長年学校給食のパンを焼くお父さんは87歳、10歳下のお母さんはパンと一緒に日用雑貨を売る店の店番。
話を聞くだけで、懐かしい田舎のよろず屋の絵が目に浮かぶ。

さすがにお父さんはヨボヨボしてると彼は言うが、まだ車の運転もするそうで、そこは少し心配らしい。

昨年はマスターのお父さんが亡くなったこと、マスターのお母さんはお姉さんと暮らすようになったこと、私は今年母を引き取ること。
そんな話をしていたら
「もう僕もそんな話をするようになったんですねえ。」と言う彼は今年48歳。

知り合った頃はお互いに若かったし、こんな話をする日が来るなんて思いもしなかったわねえ。

「でも、僕はまだ結婚したいと思ってますよ。」

それはいいけど、そんなに怪我が多いのじゃ、お嫁さんも心配が絶えないわ。
何が悪いんだろ?
お嫁さんが来ないのも、怪我が多いのも。


☆昨日のお昼ご飯
いつかのシチューの残りでドリア
刻んだトマトと辛子明太子を散らして。
b0327247_13125096.jpg


☆今日のお昼
自家製焼き豚の残りで醤油らーめん
b0327247_13125062.jpg


☆今日のまかないは、休み前なので簡単なもの。
b0327247_15371002.jpg




さて、いよいよ明日はうどん県。
雪の知らせがあちこちから届いていますが、新幹線やマリンライナーに影響がないことを祈りつつ。

母をうまく説得できれば、日曜日にはいくつかの荷物を大阪に送りたいと思ってる。
その為に「クロネコメンバーズ」にも登録してあったのが、うまい具合に今朝届きました。
b0327247_13125128.jpg


クロネコなのに、なぜシロネコも?(笑)
一匹よりは二匹のほうが心強い?
猫の手も借りたいが、絵に描いた猫では話になりませんね。


皆さんは良い週末を〜☆




[PR]
by anatatoyu | 2017-02-10 15:40 | 店のこと | Comments(14)
昨晩は久々にアナゴ節を聞いてあげました。

アナゴさんは前日にも来たけれど、あんみつ姫がいたので、心ゆくまで自分のトークをできなかったのです。
あんみつ姫には勝てません。


本業の高齢者にお弁当を配る仕事の途中、ある交差点で二番目に信号待ちをしました。
ふと前の車を見ると「初心者マーク」と「もみじマーク」の両方が貼ってある。

「あれ、怖いで〜。」とアナゴさん。

その交差点は狭い道と広い道が交差していて、アナゴさんの車は狭い道に停車していました。
それなのに前の車は停止線越えで止まっていました。
そんな所に止まっていたら、大きな車が曲がって来ても入れません。
アナゴさんはいつも通る道なので、何度もそんな光景を見て来たのです。

アナゴさんは車を降りて、前の車の運転手に注意をしてあげました。
運転していたのは、おばさんでした。
「もっとバックしたほうがいいですよ。」
おばさんは「はいはい。」と言ったそうです。

ところがアナゴさんが自分の車に帰っても、前の車はバックしませんでした。
案の定、そこに大型トラックが曲がってきて、思い切りクラクションを鳴らされました。
おばさんは慌ててバックしました。

今度はアナゴさんがクラクションを鳴らす番です。
「俺は始めから前の車とは距離を開けてたからいいけど、そうやなかったら当たってるわ。」

「俺も長い間車の運転してるけど、やっぱり年には勝てへんねん。
咄嗟にいろんなことできへんようになるのが、自分でもわかってきた。
昔はな、黄色は進め、赤は注意して進めで運転してたけどな、今は黄色で止まるようになったわ。」

黄色は進め、赤は注意して進め…??
なんか根本的に間違ってる気がするけど。

アナゴさんは、本日69歳になられます。
「明日は婆さんの三回忌をするって嫁はんが言うねん。
明日は俺の誕生日やで。
なんでそんな日に三回忌すんねん!」

…子供かっ!!


今朝は牛乳がなかったので、あんみつ姫が持って来たココナッツミルクを飲んでみました。
b0327247_13400066.jpg

一口目は意外と飲めると思いましたが、コップ一杯がすっと飲めるとようになるまでは時間がかかるなあ。

朝から雨の大阪でしたが、この時間上がって来ました。
イオンへ牛乳を買いに行って来ます。


[PR]
by anatatoyu | 2017-02-05 13:40 | 店のこと | Comments(12)

昨日のいろいろ

あ、そう言えば、ヘビースモーカーでお髭のOさん、お元気でした。

先週一度も来られなかったので、また具合悪いかと思ってましたが、この辺で飲んではいたけど時間が遅くなったので来られなかっただけでした。
でもね、こんなこと言っちゃなんですが、お顔が小さくなって顔色も悪くなってたんです。
三月で78歳ですからねえ、歳には勝てませんよ。

そう言えば、昨日久しぶりに来た人も顔色が悪かったなあ。
また痩せてたし、大丈夫かなあ。


昨夜は今年初めての方も来られました。
どうしたんやろ?ってマスターとも噂してたんです。
たいていは高齢の親御さんがいらっしゃるので、もしかしたらお母さんの具合が悪いとか?ってね。

そしたら、そうだったのです。
今月4日の早朝、お母さんから電話があり右目が見えないと言われたんですって。
すぐに車を走らせて主治医の指示で救急車を呼んで、対応のできる眼科に行くと「急性緑内障」と診断されたそうです。
緑内障に急性ってあるのですね。
今は良くなられたそうです。

昔、マスターの後輩がバイクの事故で亡くなったのですが、その3日前にうちで飲んでたし、まだ若かったので本当に辛かったですね。
いつ何があるかわからないってあの時すごく思いました。

若くてもそんなことがありますから、高齢の方とはいつお別れになるかわからない。
一緒に居る時間を大切にしなければと思うのですが、煙草の煙はしんどいのですよ。




☆今日のまかない
きつねうどん
鮭のおにぎり
れんこんのきんぴら
b0327247_15371370.jpg


明日は中学の同級生が10人ほどやって来ます。
ちょうど一年前に来てくれた人が発起人です。
ミニ同窓会になりますね。

[PR]
by anatatoyu | 2017-01-27 15:40 | 店のこと | Comments(8)

まかないと確定申告

毎日、どこの料亭か、どこのフレンチかと思うようなお料理がずらっと並び、そのお料理に合わせてお酒とグラスが出されるお家のブログを見てると、こんな平凡で安い定食屋の料理みたいなまかないの写真などアップしていいものかと何度も悩みます。

でも、そうだ、うちは「まかない」だから「まかない」にそんな豪華な料理が並んだらおかしいじゃないかと思い、また粗食をアップする毎日です。

飲食店の「まかない」は家事消費として損益計算書に計上されます。
うちの場合は一人一食180円…実際は180円でできる訳がなく、店の残り物を使い回す訳ですから、豪華なものになるはずがないのです。

そして、今年も確定申告の時期。
今やパソコンで確定申告できる時代ですが、ま、うちなんかたいした数字じゃないので、ちょちょいのちょいで終わるはずです。
って、いつもオットがやるんですけどね。
頑張れ、オット!!


☆今日のまかない
鰯の生姜煮
たこの酢の物
豚汁
b0327247_15363909.jpg



縁起でもない話ですが、万が一オットが先に亡くなったら…
うちはこの確定申告どころか、オット個人や店の口座がどうなっているかも、私にはさっぱりわからないのです。
どうしよう…
その時はその時で、なんとかなるもんでしょうかね。






[PR]
by anatatoyu | 2017-01-25 15:40 | 店のこと | Comments(6)
もう亡くなったあるお方の部下さんは、空気の悪い大国の生まれ育ち。
そんな人が四、五人もやって来て、みんなで煙草を吸われたら、大国がどうのこうの言う前に、早く受動喫煙防止法が施行されないかと思う今日この頃。

そう言えば、ヘビースモーカーでお髭のOさんが先週一度も顔を見せなかった。
腸閉塞のその後が悪いのかも知れない。
だいたい大腸がんを患って肺気腫を持ってる人が、めちゃくちゃな食生活でヘビースモーカーと来たら、どこに文句も言えないはず。

いつか、このOさんに
「もし、受動喫煙防止法が施行されたらどうします?」と聞いたら、そんなことはどうでもいいとはぐらかされた。

もう20年以上も煙草の煙を辛抱して来たが、あまりひどい時は本当に「禁煙バー」にしたいと何度も思った。
その度に、お客さんと売り上げが減ることと辛抱を計りにかけて来た。
でももう今やそんなことより自分達の健康が大事、それに数少ないお客さんの中から数少ないヘビースモーカーが来なくなっても、痛くも痒くもないという所に来ている。

堂々と禁煙ですと言える日が待ち遠しい。
店から灰皿が消える日がほんとに来るのだろうか。


☆今日のまかない
鳥から
じゃこおろし
納豆
b0327247_15391641.jpg




最近、マスターがお客さんと話をしている中で、いつまで店をやるかという話になることが多い。

私は還暦引退のチャンスを逃したが、マスターは6つ年下なので、あと数年したら還暦になる。
男の60なんて引退するにはまだ早い。
ましてや何の趣味もない人が、仕事を辞めて何をするの?と思う。

私の何となくの希望では、私が引退したあともオットは小さな店に引っ越して70くらいまでは一人でやればいいと思ってた。
母が寝込めば、私も店に出られなくなるだろうから。

ところが、お客さんが「あと10年は絶対やるよね。」と言うと
マスターは大きく手を振って「とんでもない!」と言い切るのだ。

おいおい、10年やってもまだ65だよ。
オットは自分の10年後、どんな絵を描いているのだろうか。
親不孝な話だが、その時に母が生きているかどうかでも私達の老後は変わってくる。

沖縄で暮らせる日が来るのだろうか。













[PR]
by anatatoyu | 2017-01-24 15:40 | 店のこと | Comments(8)

大女

昨日、最後に残ったお客さんがヘビースモーカーだったので、帰られたあと入口の扉を開けて空気の入れ替えをした。

もういいかなと扉を閉めた時、ガラスの向こうを2メートルほどもあるような、真っ黒の縦長い物体が通った。

ギョッとして、透明ガラスの部分からその後ろ姿を見たら、髪の毛と思しきものが腰の辺りまであり風になびいていた。

なに〜?あれ〜∑(゚Д゚)

「怖っ!なんか男か女かわからんけど、真っ黒な大きいの通った!」と、マスターに言うと同時に、その黒いのが扉の向こうに立ってノブに手を掛けようとしている。
ぎょえっ?入ってくるの?

マスターが内側から扉を開けた。
うちの扉は硬いのだ。

扉に引っ張られるようにして入って来たのは、身長が190センチはあろうかと思うほどの大女だった。
しかもモデル並みの美人。
妖怪人間ベラだったら、どうしようと思ったけど、普通の日本人だった。

焼酎のお湯割りと板わさ。
風貌と真逆なオーダーにガクンとなった。
座るなりスマホで誰かに電話を掛けた。
他にお客さんはいないが小声で。

人間は不思議なもので、誰かが小声で喋ると、どうでもいい話でも耳を澄ませてしまう。
さすがに厨房に居る私には聞き取れにくい。
その人が帰ったあとに、マスターから仕入れたネタによると、電話の話から聞き取れたキーワードは「別荘」「お金」「こんな時間まで」。

私はなんとなく子供に電話してるのではないかと想像していた。
諭すような口調に聞こえたからだ。
男の子か女の子か年齢もわからないが、その人は五十過ぎくらいと思うので、子供もそんな小さな子供ではないと推測する。

ナイトクラブに行ったのか?
朝ドラの影響か(笑)

マスターが関西弁ではないので出身はどこか?と聞かれたそうで、岐阜と答えると、昔岐阜の◯◯病院で仕事をしたことがあると言われたそうだ。
そして新地で飲んだ帰りと。

「別荘」ってどこ?病院の仕事って看護師?
こんなモデルみたいな看護師さんいる?
いるかもしれんな。
新地の帰りって家はどこ?

まあ、どうでもいいけど。。


☆今日のまかない
ポトフ
かぶらの甘酢漬け
かぶらの葉の菜飯
b0327247_15352842.jpg



先週の土曜日お休みしたので、明日が休みとピンと来てませんでした。

高齢の親御さんを抱えるブロ友さんがたくさんいらっしゃいます。
皆さんそれぞれに悩みを抱えておられます。
そこからは逃れることができません。
愚痴や悩みを少しでも吐き出して、一緒に頑張って行きましょう。
子供としての仕事をやり遂げたら、きっと楽しいことが待ってると信じて。


★今日のおまけ
今日も今日とて、鞄を二つ捨てようと思い立ちました。
一つはリュックサックです。
そのポケットからこれが出て来ました。
b0327247_15352861.jpg


昔愛用していたエコバッグ。
食パンのシールで貰ったやつですが、色と形が気に入っていて、よく海外にも持って行きました。
でもある時から探しても見当たらなくなり、どこかで落として来たのだと諦めていたのです。
最後の海外旅行からなら6年ぶり。
結構探していたので、オットも
「出てきて良かったなあ。」と言うのですが、実はエコバッグはたくさんあります。
明日はエコバッグの断捨離をします。






[PR]
by anatatoyu | 2017-01-20 15:35 | 店のこと | Comments(14)