<   2017年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

「よく焼き」

スマホを替えた時、マイネオで貰った緑のティッシュが使いにくい。
b0327247_15404482.jpg


鼻をかむのも、口を拭くのも。
ティッシュはやっぱり白よねえ。


オットがいつも行く床屋さんの近くに回転寿司がある。

いつからか、オットが床屋に行く日曜日のお昼は、そこの回転寿司に行くのが恒例になった。

だいたい同じ時間に行くのに、日によって混んでいたりガラ空きだったりするが、おとといは月末の日曜ということもあってか、床屋も回転寿司もすでに結構なお客さんがいた。

それでもいつもと同じ辺りの席に座ることができた。
お寿司を握っている人の前。
そこで注文すると握りたてが貰えるからだ。
海苔巻きならパリパリッとした海苔を噛める。

私達の対面に女の人と5歳くらいの男の子が座った。
最初親子かと思ったが、男の子が女の人に「ばあば」と言ってる。
派手めな化粧と服装の女の人は四十代と思われるけど、四十代ならあれくらいの孫がいても不思議ではないわね。

男の子が食べるものはいつも決まっているようで、ばあばが大きな声で注文した。

「ゲソとタラコを『よく焼き』で〜。」と。

「はい!」と返事した目の前の店員さんがバーナーを取り出した。
ゲソとタラコを焼いている。
それも長い時間、芳ばしい匂いがしてくる。
やがてよく焼かれたタラコが見えた。
ほとんど黒い。

牛丼の「つゆだく」は聞いたことがあるが、回転寿司の「よく焼き」とは初耳。
おそらく男の子は生物が食べられないか、それともノロウィルスを心配してか。
でも、あのコゲたもののほうが、よほど体に悪そうだけど。
よその子だからいいけどね。



☆今日のまかない
小海老のフライ
おでん風煮物
b0327247_15404416.jpg




そそっかしい性格のせいか、年齢のせいで目が悪くなってるか、ボケて来たかわからないけど、最近読み間違いが多い。

また、耳の遠い母や叔母と電話で話すのが苦痛だ。
話がちんぷんかんぷんで、それも耳が遠いからかボケてるのかもわからない。

こちらから大事な話は電話ではできないのに、向こうからは言いたい放題で言われるのがむかつく。。
はあ、疲れるわあ。。





[PR]
by anatatoyu | 2017-01-31 15:40 | 暮らし | Comments(10)

同級生の置き土産

b0327247_15453718.jpg




彼女は私に「珍しくないけど」と言って、故郷のうどんをお土産にくれました。
そして「その横にちょっと入ってるから。」と言うので、手紙でも入ってるのかと思いましたが、彼女らが帰った後うどんが入った袋から出て来たのは、これです。
b0327247_15453704.jpg



一冊の本、あとでわかったことですが、彼女の自叙伝でした。

出版社を検索すると自費出版で有名なところのようです。
著者の名前は彼女と同じ音読みですが別の漢字を使い、本の中の主人公は全く別名になっています。

この出版社で著者名を入れて検索すると、一発で本のタイトルも大まかな内容もわかるのですが、彼女がどういう意図で私にくれたかわからないので、私からは公表を控えたいと思います。


そんなこととは夢にも思わず、まずその本の第一印象としては、表紙や帯に書いてあることは私の興味を引くものではありませんでした。
私はもともと、人から本を貰ったり勧められたりするのが好きではありません。

でも彼女がわざわざ私に持って来たからには、何らかのか感想を言わないといけないとその時は思いました。

中をチラッと見ると大きな文字だったので、これならすぐに読み終えられると思いながら、パラパラめくっているうちに、あれ?これもしかしたら彼女のこと?と思う箇所がありました。
でも、まさかと思いました。

その後オットがぱらっとめくって
「これ、あの人のことじゃないの?横浜でいたんやろ?故郷のS市とかM市とか出てくるよ。」と言うのです。
もうホテルに着いているだろう彼女にお礼を兼ねてメールをして「これ、あなたのこと?」と聞いてみました。

彼女の返事は「恥ずかしながら還暦の記念に書いた」と、そして「ノンフィクションです」とありました。

片付けをしながら拾い読みをしました。
申し訳ないけど、そのくらいで読める内容だったのです。
オットに「よくこんなことが書けるよね。」と言うと、「ブログ書くとの同じやろ。」と言われました。
それはそうかも知れないけれど…。


昔…
私にもいろんなことがあった頃、もともと文章を書くのが好きだったので、記録に残したいと思った時期がありました。

でも土曜日の夜、彼女の自叙伝を少し読んだ時、私は書かなくて良かったと思いました。
そんなことは彼女には言いませんが、それが私の感想です。
そして彼女も私に感想を求めてはいないと思いました。


☆今日のまかない
子持ちガレイの煮付け
ほうれん草の卵炒め
b0327247_15453844.jpg




中学の一時期に彼女と仲良いことがあったけれど、クラスが変われば離れてしまいました。
高校でも顔が合えば少し話をする程度だったのでしょう。
彼女が県外の大学に行ってからは会うこともなく、数十年が過ぎました。

15年ほど前の同窓会がきっかけで、年賀状やたまにメールをやり取りするようになりましたが、お互いの人生の重要な時に連絡を取るまでには至らず今まで来ました。
お互いに知らないことのほうが多いのは当たり前ですね。

彼女の本を見てから、私は喉の奥に何か小さな棘が刺さったような感じです。
飲み込むたびに引っかかるような…。

それが何かは薄々気づいていますが、どうせつまらぬ事ですから、時間が経てば無くなるでしょう。


★昨日は「肉の日」
和牛の小さなランプ肉をステーキにして、夕飯に食べました。
b0327247_15453859.jpg


デザートは冷蔵庫に一個だけあったチョコレート。
b0327247_15453954.jpg



これは母の引越しのことならいいなあ。








[PR]
by anatatoyu | 2017-01-30 15:40 | 友人 | Comments(8)

終(対)の布団

日曜日なので久々にサンドイッチの朝ごはん。
b0327247_15491979.jpg


ホットサンドにしようと思ってたけど、めんどくさくなって。
パンの耳は食べにくいなあ。


昨日あるお店の広告
「羽毛布団 全品3割引」を見て、急に布団を買い換えようと思い付きました。

ここ数年、冬前に羽毛布団を出すたびに、買い換えたいなあとは思っていましたが、まだ暖かいしなあとか思いながら、やり過ごしていたのです。

私の羽毛布団は結婚当初に新聞広告を見て、確か2枚一万円で出ていたのを買った片割れです。
だから30年近い。
片割れと言うのは、オットの布団は早々にオットが汚してしまったので捨てました。

オットが今まで使っていた布団は、誰かのお祝い返しのカタログギフトから選んだもの。
それとて10年以上になります。
そんなものだがら、私の布団よりうんと薄くて、羽毛布団とは名ばかりのようなものでした。

あと何年生きるかと考えると、30年は無理に決まってるけど、ここらで新しくして、残りの人生気持ち良く寝たいものですから、買いました(笑)
b0327247_15491908.jpg




昨夜に来た中学の同級生同窓生は8人。
うち一人は女子で、これは昨年も今頃に来てくれた人。
昨年の様子
その彼女から大変なお土産をもらいました。
それが凄いのです。
そのお話は明日にでも。

[PR]
by anatatoyu | 2017-01-29 10:15 | 暮らし | Comments(14)

千円のお守り

昨年の11月末に叔母(母の妹)が胃癌の手術をしました。

母より10歳年下で近所に住む叔母は、母からしたら頼みの綱だったと思いますが、その叔母が闘病の身になったことも、大阪に来る気持ちを後押ししたのかもしれません。

私は知り合いが大病をすると、店からほど近いお初天神で病気平癒のお守りをいただき、遠方ならば郵送、近ければ直接お渡しして来ました。
それで皆さん良くなられているのです。
もちろん叔母も今は退院して通院になりました。

現実的なお話で申し訳ないですが、このお守りが千円です。


話は変わります。
オットは毎日銀行に行きます。
強盗ではなく両替です(笑)
両替機で両替するのですが、先日一万円を両替機に入れたら、こんな千円札が出て来たと見せてくれました。
b0327247_15505835.jpg



読めます?
「お守り パチンコ勝ますように! 宜しく」と書かれています。

「宜しく」と書くあたり、そう若くはない人だと想像します。
どんなつもりでこんなことを書くのか、私にはさっぱりわかりません。
ただ「アホなヤツ」としか思えないです。

パチンコするのに千円札をお守りにして、どんなに負けてもこの千円札だけは使わずにお守りにするのでしょうか?
この千円札しか残ってない時点で、何のお守りにもなってないと思います。

どうせなら一万円札をお守りにすれば良いのに、その一万円が無いのでしょうから、そんなヤツは鼻からパチンコなどしたらいかんのです。

ほんまアホやわ〜〜
だいたい「勝ち」の「ち」が抜けてる時点で負けてるし〜〜

千円あったら「必勝」ってお守り買えばいいのにねえ。



☆土曜日のまかない
うなぎ丼
ほうれん草おひたし
b0327247_15505964.jpg




激安スーパー サンディで鰻が特売だったので、思わず買ってしまいました。
ほうれん草も89円。
ほうれん草はおひたしが一番好き。

ほうれん草を洗ってると必ず義母を思い出します。
結婚して間がない頃、岐阜の店で義母が丁寧にほうれん草を洗ってた姿が目に焼き付いているから。
b0327247_15505979.jpg



私が岐阜に行く機会はうんと減るので、そんな義母にあまり会えなくなると思うと少し寂しいです。
ほんとにいい人だったなあ。

一緒に住んだら住んだで文句も出るかも知れないけど、うちの母と義母とを足して2で割ってくれればいいのにと、何度も思います。
世の中、丁度良いのは難しいようです。






[PR]
by anatatoyu | 2017-01-28 15:40 | 暮らし | Comments(12)

昨日のいろいろ

あ、そう言えば、ヘビースモーカーでお髭のOさん、お元気でした。

先週一度も来られなかったので、また具合悪いかと思ってましたが、この辺で飲んではいたけど時間が遅くなったので来られなかっただけでした。
でもね、こんなこと言っちゃなんですが、お顔が小さくなって顔色も悪くなってたんです。
三月で78歳ですからねえ、歳には勝てませんよ。

そう言えば、昨日久しぶりに来た人も顔色が悪かったなあ。
また痩せてたし、大丈夫かなあ。


昨夜は今年初めての方も来られました。
どうしたんやろ?ってマスターとも噂してたんです。
たいていは高齢の親御さんがいらっしゃるので、もしかしたらお母さんの具合が悪いとか?ってね。

そしたら、そうだったのです。
今月4日の早朝、お母さんから電話があり右目が見えないと言われたんですって。
すぐに車を走らせて主治医の指示で救急車を呼んで、対応のできる眼科に行くと「急性緑内障」と診断されたそうです。
緑内障に急性ってあるのですね。
今は良くなられたそうです。

昔、マスターの後輩がバイクの事故で亡くなったのですが、その3日前にうちで飲んでたし、まだ若かったので本当に辛かったですね。
いつ何があるかわからないってあの時すごく思いました。

若くてもそんなことがありますから、高齢の方とはいつお別れになるかわからない。
一緒に居る時間を大切にしなければと思うのですが、煙草の煙はしんどいのですよ。




☆今日のまかない
きつねうどん
鮭のおにぎり
れんこんのきんぴら
b0327247_15371370.jpg


明日は中学の同級生が10人ほどやって来ます。
ちょうど一年前に来てくれた人が発起人です。
ミニ同窓会になりますね。

[PR]
by anatatoyu | 2017-01-27 15:40 | 店のこと | Comments(8)

頭痛の種

今の所、母を大阪に呼び寄せるのは11月ということになっているが、オットはもっと早くが良いのではないかと言う。
すぐに寒くなるので、もっと気候の良い時にと言うのだ。

今年は祝日が日曜と重なることが少なくて、例年より休みの少ない一年になっている。
あのゴミ屋敷の片付けをしながら引っ越しの用意をするのは、月一の帰省ではおぼつかないと思う。

母を連れて来て翌日から夜は一人というのではあまりに可哀想に思い、どの日に連れて来たら数日は一緒に居てやれるかをカレンダーを見ては考えるが、今だにそんな日は見つからない。
母は私がそんな風に思ってるなんて思ってないと思うけど。

一番頭が痛いのは、母が持って来る荷物をいかに最小限にするか。
どれだけ母を説得できるかだが、それがどんなに困難であるかは、誰よりも私が一番よくわかっている。

最近は、夜中や明け方にふとそれを考え始めると寝られなくなるほどなのだが、そんな私の気苦労も知らず、母は何一つ片付けずに居るのだろう。

四年前の年末に母が交通事故で入院した時、私は何かに取り憑かれたように実家の片付けをした。
それは母が退院後に暮らしやすくするためだった。


でもそれは母には通用しなかった。
私は自分が何を捨てたかなどいちいち覚えちゃいない。
だが捨てられたほうの母は覚えているのだ。
挙げ句の果てに、自分が置き忘れ終い忘れしたものまで、私が捨てたと言って責められた。
それで大喧嘩したこともある。
その頃は帰るのも苦痛だった。

それがようやくおさまって来たら、今度は引っ越し。
60年以上も住み続けた家には、母が捨てられなかった物が溢れている。
使っているなら良い。
いくら母の為に片付けしたとは言え、使ってない物まで大阪に持って来られたら、小さな我が家はまた物が溢れる。
その様子を想像しただけで、大阪に来いと言ったことを後悔さえするのだ。


オットが言う。
「ええやないか。
お母さんが要ると言うものは全部持って来たら。
あの部屋に詰め込むだけ詰め込んで、入り切らないものはトランクルームにでも入れとけば。
お母さんを説得するなんて無理なんやから、そんなエネルギーを考えたら、はいはいと言うたほうがいい。」
まあ、ようできた人やこと。。

私が眠れなくなる原因はそこなのだが、それを受け入れることにすれば、私の頭痛の種は無くなる訳だ。
それもそうかと思うが、私の神経がどこまで耐えられるか、それが問題だ。

そうなって来ると、何を置いても母を一番という考えも少し捨てた方が良いのかと思い始める。
10ヶ月かけて荷造りと片付けをして、残ったゴミは業者に片付けてもらうか。
そうこうしているうちに、また何かが変わるかも知れない。
変わったら変わった時のこと、それくらいの気持ちでいないと身が、いや気が持たんということか。

離れて暮らすと心配で仕方ないが、ゴミを持って来て大阪で一緒に暮らすと思うと熱が出そうになる。
ああ、母娘って嫌っ!!

やっぱり引っ越しは11月でいい。
それまでしっかり遊んでおこう!

☆今日のまかない
サワラの味噌漬け
肉じゃが
白菜の浅漬け
b0327247_15362540.jpg



母の引っ越しのためにしなくてはならないことを書き出してみると、役所関係の手続きのほか、結構たくさんのことがある。
電話で済むことは良いが、役所関係は平日でなければいけないし、いろいろめんどくさいこともある。

オットは仕方ないと言うが、どうも母の感謝が伝わって来ないのが腹立たしい。


[PR]
by anatatoyu | 2017-01-26 15:40 | 母のこと | Comments(17)

まかないと確定申告

毎日、どこの料亭か、どこのフレンチかと思うようなお料理がずらっと並び、そのお料理に合わせてお酒とグラスが出されるお家のブログを見てると、こんな平凡で安い定食屋の料理みたいなまかないの写真などアップしていいものかと何度も悩みます。

でも、そうだ、うちは「まかない」だから「まかない」にそんな豪華な料理が並んだらおかしいじゃないかと思い、また粗食をアップする毎日です。

飲食店の「まかない」は家事消費として損益計算書に計上されます。
うちの場合は一人一食180円…実際は180円でできる訳がなく、店の残り物を使い回す訳ですから、豪華なものになるはずがないのです。

そして、今年も確定申告の時期。
今やパソコンで確定申告できる時代ですが、ま、うちなんかたいした数字じゃないので、ちょちょいのちょいで終わるはずです。
って、いつもオットがやるんですけどね。
頑張れ、オット!!


☆今日のまかない
鰯の生姜煮
たこの酢の物
豚汁
b0327247_15363909.jpg



縁起でもない話ですが、万が一オットが先に亡くなったら…
うちはこの確定申告どころか、オット個人や店の口座がどうなっているかも、私にはさっぱりわからないのです。
どうしよう…
その時はその時で、なんとかなるもんでしょうかね。






[PR]
by anatatoyu | 2017-01-25 15:40 | 店のこと | Comments(6)
もう亡くなったあるお方の部下さんは、空気の悪い大国の生まれ育ち。
そんな人が四、五人もやって来て、みんなで煙草を吸われたら、大国がどうのこうの言う前に、早く受動喫煙防止法が施行されないかと思う今日この頃。

そう言えば、ヘビースモーカーでお髭のOさんが先週一度も顔を見せなかった。
腸閉塞のその後が悪いのかも知れない。
だいたい大腸がんを患って肺気腫を持ってる人が、めちゃくちゃな食生活でヘビースモーカーと来たら、どこに文句も言えないはず。

いつか、このOさんに
「もし、受動喫煙防止法が施行されたらどうします?」と聞いたら、そんなことはどうでもいいとはぐらかされた。

もう20年以上も煙草の煙を辛抱して来たが、あまりひどい時は本当に「禁煙バー」にしたいと何度も思った。
その度に、お客さんと売り上げが減ることと辛抱を計りにかけて来た。
でももう今やそんなことより自分達の健康が大事、それに数少ないお客さんの中から数少ないヘビースモーカーが来なくなっても、痛くも痒くもないという所に来ている。

堂々と禁煙ですと言える日が待ち遠しい。
店から灰皿が消える日がほんとに来るのだろうか。


☆今日のまかない
鳥から
じゃこおろし
納豆
b0327247_15391641.jpg




最近、マスターがお客さんと話をしている中で、いつまで店をやるかという話になることが多い。

私は還暦引退のチャンスを逃したが、マスターは6つ年下なので、あと数年したら還暦になる。
男の60なんて引退するにはまだ早い。
ましてや何の趣味もない人が、仕事を辞めて何をするの?と思う。

私の何となくの希望では、私が引退したあともオットは小さな店に引っ越して70くらいまでは一人でやればいいと思ってた。
母が寝込めば、私も店に出られなくなるだろうから。

ところが、お客さんが「あと10年は絶対やるよね。」と言うと
マスターは大きく手を振って「とんでもない!」と言い切るのだ。

おいおい、10年やってもまだ65だよ。
オットは自分の10年後、どんな絵を描いているのだろうか。
親不孝な話だが、その時に母が生きているかどうかでも私達の老後は変わってくる。

沖縄で暮らせる日が来るのだろうか。













[PR]
by anatatoyu | 2017-01-24 15:40 | 店のこと | Comments(8)

オットが動いた!

どうやら、断捨離の神様がオットに降臨したようです。

昨日は午後から出掛けましたが、午前中の僅かな時間にオットがパソコン周りの片付けを始めました。

まず私は、パソコンの位置を動かしたかったのです。
母が来るにあたり、リビングのテーブルを動かせる必要があったので、その為にパソコンが邪魔でした。

テーブルは元はリビングの入り口から見て縦に置いてあったのを横に置きました。
母がテレビを見やすい位置に座らせるため。
オットは見えなくても良いそうです(笑)
b0327247_13313528.jpg


パソコンはテーブルの左側のここにありました。
b0327247_13313636.jpg


それを、この奥の角を曲がった向こうに移しました。
b0327247_13313677.jpg

母は大きな音でテレビをつけるので、このほうがオットも落ち着いて パソコンをできると思います。

母の部屋になる四畳半に置いてあった和ダンスも窓際にありますが、これでこのコーナーはほぼオット専用になりました。
b0327247_13313655.jpg


このパソコンの足元にガラクタがたくさんあります。
昨日は取り敢えず古いビデオテープを全部捨てました。
b0327247_13313755.jpg


そして今朝はまた、コード類や説明書の類いを整理していました。
ラグビーボールを置いてあった洗面所手前の棚の下も、近いうちに片付けて捨てるそうです。
その調子で頑張るように!


☆今日のまかない
チキンカレー
コールスローサラダ
b0327247_15350944.jpg



昨日はライブのあと居酒屋に行き、そして久々のカラオケにも行きました。
b0327247_13313717.jpg


左からオット、私、重鎮、ダイちゃん。
写真を撮ってくださったのは所長さんです。

居酒屋ではそんなに飲んでないのですが、この所長さんと重鎮がはしゃぐはしゃぐ(笑)
思い出にノリノリの二人もアップしましょう(笑)

b0327247_13484741.jpg


楽しい時間でした(笑)



[PR]
by anatatoyu | 2017-01-23 15:35 | オット | Comments(12)

どんな子豚?

毎日寒いですねえ。
こんな日はお鍋です。

昨夜は、イベリコ豚と鶏のつみれのお鍋にしました。
b0327247_07480964.jpg


他は鶏の手羽中の塩焼き
b0327247_07480956.jpg

私の好物です。

お鍋の最後はお餅。
ツマミにしていたキムチの器に入れて。
b0327247_07481029.jpg


前にも書きましたが、お鍋があんまり好きじゃない私。
まず同じ味でずっとが嫌なんです。
それが昨日はキムチのおかげか、味に変化があって、最後まで美味しく食べられました。

それと程良い量が大切ですね。
まだある、ではなく、もうない、くらいの量。
初老の夫婦二人なら、小さい鍋で十分です。

さて、このイベリコ豚を買うたびに思い出すエピソードがあります。
b0327247_07481046.jpg


昔「ヤマモトヨウコ」さんというお客さんがいました。
あの芸能人と同じ名前のね。

そのヨウコさんとイベリコ豚の話をしていると
「イベリコブタって、どんな子豚?」と聞かれ、大笑いしたこと。
昨日はイベリ子豚を食べたのでした(笑)


寒い日は、家の中での片付けが捗ります。
昨日も大きなゴミ袋一つ分、捨てる物ができました。
写真を撮り忘れたのですが、その中にオットのラグビーボールがありました。

うどん県時代にラグビーの社会人チームに入っていたオットが、送別会で皆に寄せ書きをしてもらったラグビーボールでした。
捨てる前に、今一度寄せ書きを読んでから、チーン。
思い出は目に焼き付けて、形はさようならです。

今日はお昼からお出かけします。
お客さんのバンドのコンテスト?があります。
そのあとは、もちろん飲み会です(笑)
ほどほどに帰って来ます。


[PR]
by anatatoyu | 2017-01-22 07:50 | 休日の夕飯 | Comments(10)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう