最後のお休み

数えてみると、母が大阪に来るまでにちょうど10日となっていた

あれこれ考えると今だに眠れぬ時があるが、今までだって何とかなって来たのだから、これからも何とかなると思わないと身が持たない。

母は相変わらず腰痛が酷いらしく、電話に出るのもやっとらしい。
呼吸器科の先生が言うには、腰痛は喘息の薬でもあるステロイドの副作用。
年齢が年齢だけに骨粗しょう症だと言う。

明日また、とんぼがえりをするかどうか悩んでいた。

叔父に頼んで母の様子を見て貰い、買い物にも連れて行って貰ったので、明日の日曜日は心を鬼にして帰らないでおこうと決めた。
次の土曜日に帰ってから、母とはずっと一緒の暮らしになる。
最後のお休みを貰っても、バチが当たらないだろう。

☆土曜日のまかない
豚肉の生姜焼き
b0327247_16131285.jpg


本日は営業です。
[PR]
# by anatatoyu | 2017-04-22 16:13 | 母のこと | Comments(12)

愛より急ぐものが〜♪

平日の朝は、朝ドラを見るために午前8時から朝食と決まっていたのに、知らぬ間に「やすらぎの郷」を見るのが日課になり、7時40分にはテレビをつけてテーブルに着いているオット。

オットはそれまでに血圧を測るので、当然起きる時間も早くなってる。
太陽が昇るのが早くなったせいもあると思うが、年をとったせいもある。

私は起きる時間は変わってないが「やすらぎの郷」が始まる頃には朝食の用意をしながらテレビを見ることになるので、台詞の細かい言い回しは聞こえないことがある。
そこのところをオットに聞くのは何だか癪に触るので、あえて聞かない。

最初の頃はスマホのアプリで見直したこともあるが、実のところはドラマの展開が期待していたこととは掛け離れて来たから、だんだん面白くなくなってきた。

ドラマのように俳優や脚本家に知り合いは居ないし、あんな老人ホームには、間違えても自分が入ることはない。

中島みゆきの主題歌は好きだけど、ドラマのために書き下ろした歌詞の内容とはまた違う方向にドラマが進んでいるようにも思う。

最近頭の中で絶えず回っているこの歌。
いつかカラオケで歌うことがあるかしら?


中島みゆき 作詞 作曲
「やすらぎの郷」主題歌
「慕情」

愛より急ぐものが どこにあったのだろう
愛を後回しにして 何を急いだのだろう

甘えてはいけない 時に情けはない
手放してならぬはずの 何かを間違えるな

振り向く景色は あまりに遠い

も一度はじめから もしも あなたと歩き出せるなら
も一度はじめから ただ あなたに尽くしたい


注)この歌詞と私個人の意思とは、何ら関係がございません。


☆今日のまかない
焼き鳥丼
b0327247_15371371.jpg


母を大阪に連れて来たあとの実家の片付けは、専門の業者に任せようと思っていた。
その前に見積もりをしてもらうが、あの実家の片付けなら大きなトラックと数人の人手が必要。
数人いれば半日で片付くと思う。

ところが昨日になって、叔父(母の妹の旦那さん)が片付けすると言って来た。
義姉さんには世話になったので、最後のご奉公をさせて貰いたいと言うのだ。

今までにも私の引っ越しのたびに世話になり、小柄ながら荷物を運ぶコツは熟知してると思う。
でも今、叔父は75歳、年齢も年齢だし、一人でやると言うのは、何日もかかる。

家賃は5月分を払うので、月末までにやってくれて良いのだが、私の計算では母を出したあと、私が立ち会って一日で仕事が終わる計算だったので、月末までダラダラと気を揉むのが一番嫌なこと。

しかし、叔父のそんな申し出を断る訳にもいかず…
それにタダでは済まないでしょう。
お金を払う業者なら文句も言えるが、叔父がやることには文句も言いにくい。
何だか気が重い。




[PR]
# by anatatoyu | 2017-04-21 15:40 | 暮らし | Comments(8)

毎日が日曜日のお客さん

昨日、久しぶりに徳兵衛さんが来られた。
午後4時35分。
店は5時から…

いつもは5時5分前に来ては、私に「早い!」と叱られていたのに、こんな時間に平気で来るようになったら、ますます認知症を疑わずにいられない。


今日は5時に6人の予約がある。
こちらも「毎日が日曜日」軍団。
早く飲んで早く帰る、が基本。
このグループの平均年齢は、徳兵衛さんよりも10歳くらい若い。

数年前に、やはり同じようなグループの定例会みたいな飲み会があった。
ここも予約は5時。
でも、たいてい誰かが30分前には来てたので、今日も覚悟はしてる。

覚悟はしてるが、けっこう疲れる。


☆今日のまかない
おろしハンバーグ
たけのこの土佐煮
b0327247_15373344.jpg



火曜日のとんぼがえりがあったりで、第4弾の母の荷物がなかなか片付かない。
磁気マット入りの敷布団も玄関に置いたまま。
先に入れた荷物を片付けないと、敷布団をセットできない。
この大仕事を、次の日曜日にはどうしてもやっておきたい。
だから、急なとんぼがえりはしたくない。

そのためには、母には穏やかにゴールデンウィークを迎えてもらうこと。
喘息の発作が起きませんようにと願うのみ。







[PR]
# by anatatoyu | 2017-04-20 15:40 | 店のこと | Comments(6)

診療情報提供書

ちょっと風がきついですが、お天気良くて気持ちの良い大阪です。

さて「診療情報提供書」とは聞き慣れない言葉ではありませんか?

今回、母を転医させるにあたり、現在のかかりつけの病院で、どのような症状でどのような治療を受け、どんな薬を処方されているかが書かれています。
よく聞く「紹介状」と同じですが、紹介状の場合は今の医師が別の特定の医師宛に書くことが多く、母が書いて貰った「診療情報提供書」には特定の宛名がありません。

今回は母が一番しんどい喘息の治療をしていただいている、地元の市立病院の呼吸器科の医師と会い、今の母の状況を直接お聞きして、診療情報提供書を書いていただくことが目的でした。

母はこの市立病院で、内科、呼吸器科、整形外科、眼科にかかっています。
今回ですべての科の診療情報提供書が揃いました。

あと一つの耳鼻咽喉科は別の所で、そこは先週の土曜日に私が出向いて、最後の薬と診療情報提供書をいただいて、お礼を言って帰って来ました。
耳鼻咽喉科の女医さんは、私の同級生の妹さんでした。
50年以上ぶりに会いましたが、昔の面影が残り懐かしかったです。

☆今日のまかない
鮭塩焼き
厚揚げと小松菜の煮浸し
胡瓜ぬか漬け
b0327247_15534127.jpg



母が大阪で通う病院はそれぞれに目星をつけています。
私達が行ったことのあるところです。
肝心の呼吸器科へは前以てお願いしてあります。
喘息の発作が軽減されれば、母ももう少し元気になれると思います。



[PR]
# by anatatoyu | 2017-04-19 15:55 | 母のこと | Comments(8)
目覚ましは「5:50」にしてあったのに、目が覚めたのは「5:30」
昨日(深夜)寝たのは「1:30」でした。

7:35の新幹線に乗り、タクシーで実家到着したのが9:30。
そのまま母を連れて市立病院。
診察終わり、お薬貰ったのが12:20。

歩けると言うので、ヨチヨチ歩きの母と実家に向かう。
私の足でも、市立病院から自宅までは10分とかからない。
母が居たら倍以上かかる。

途中、地元では美味しいと評判のうどん屋の前を通る。
母からは三月末で営業を終わると聞いていたのに、なぜか営業中。
母が食べると言うので、ほんとは早く帰りたいのに付き合う。
b0327247_17143412.jpg

さっさと食べて、とっとと帰る。

今日の診察の結果とお薬の説明をして、実家を飛び出た13:07。
13:24のマリンライナーに間に合うか?
走った、走った…
走ったと思ってるのは私だけで、見ている人にはそうではないかも。

間に合いました。
店に着いたのは15:30分くらい。
朝、自宅を出てから8時間半経過。
今日も疲れました。

今晩はもちろん営業です。
店で居るのが一番楽ちん。
ヒマな店で良かったあ(笑)


[PR]
# by anatatoyu | 2017-04-18 17:15 | 帰省 | Comments(12)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう