土日が終わって

疲れてますねえ。
店に着いてまかないのあと、40分ほど爆睡しました。
すっきりしました。

母の足の水膨れは原因はわからずじまいですが、毎日お薬を塗って徐々に治りつつあります。
綺麗になるまでは、まだ時間がかかるでしょうけど。

土曜日は母の病院巡りで終わり、夜には何とか穏やかに三人で夕食を終えました。
日曜よりも豪華なおかずでしたが、写真を撮り忘れ、気付いた時には遅かった…。

日曜日は昨日の記事のように、昼間に3時間ほどのお出掛け。
夜は贅沢せずにあり合わせで夕食です。

店から残り物を持って帰るので使わないといけません。
厚揚げと茄子とピーマン味噌炒め
焼きししゃも
ご飯代わりのミニお好み焼き
b0327247_17101357.jpg

数日前に席替えをして、私の向かいが母の席です。
一人の時は菓子パンやところてんを夕飯にするのですが、三人で居るとしっかり自分のぶんは食べます。
小さなグラスにビール一杯と共に。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
そうめん
梅おにぎり
牛肉とモヤシ炒め
b0327247_17101301.jpg


ほんとはラーメンの予定だったのです。
数日前からラーメンが食べたいと言われてたので、そのつもりの買い物をしてあったのですが
「この暑いのに〜」と直前に言われ、このメニュー。
モヤシは足が早いので使ってしまわないと。

「夏はやっぱりそうめんがいいわあ。」と幸子さん。
そんなことはわかってるけど、ラーメン食べたいって言ったやないの!
この調子で言うことがコロコロ変わるのです。
そりゃ、疲れますわ。。



[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-19 17:10 | 母のこと | Comments(10)

懐かしい場所

昨日は午前中、幸子さんの週一の整形外科と、こちらは先日合わして貰ったお薬では夜にめまいがすると言うので、仕切り直しの内科に行きました。
お昼に血圧のお薬が追加になり、それがまた以前のと同じだったので、一安心の幸子さんです。


今日は、私達が以前に住んでいた天神橋筋にお出かけ。
昔は日曜日は静かな辺りだったのですが、今はたくさんの飲食店ができて、店もほとんど変わっているので、幸子さんの頭の中は混乱気味。
それでも「ここは来たことがある。」なんて言いながら歩きました。

お昼は和食…
でも、この前の休みのランチと良く似たメニュー。
蕎麦と天麩羅好きなのです。
b0327247_14270728.jpg

幸子さんとオットが同じメニュー。

鯛焼きが欲しいとおっしゃるので、私が並び幸子さんは見学中。
b0327247_14270788.jpg


見学の感想は
「あんこが少ない。
テレビで映る東京の店はあんこがたっぷりやのに。」
どこに行っても辛口です。

商店街の入り口までは往復タクシー。
杖で歩くと言うのでそうしましたが、やはり疲れたようで、帰ったらすぐに横になってしまいました。

暑い日、雨の日、そろそろ昼間のお出かけが難しくなります。



[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-18 14:25 | 母のこと | Comments(6)

矢切のワタシ

前の日曜日だったか…
夕方テレビで昔の歌が流れたらしい。
らしいと言うのは、幸子さんが自分の部屋でイヤホンをしてテレビを見ながら、美空ひばりの歌を口ずさみ始めたから、たぶんそうだろうなと思ったのだ。

美空ひばりの歌は、もう何十年も昔、うどん県でカラオケに行ったとき、幸子さんがけっこう上手に歌い、ヘェ〜と思ったことがある。
それから幸子さんの歌を聞いたことはなかった。

その日、美空ひばりの歌は一曲だけで、そのあと「矢切の渡し」を延々と歌う。
本人はイヤホンをしてベッドに横になったまま、壊れたテープレコーダー状態。
知らない人が見たら、認知症かと思うかも。

連れて逃げてよ〜
ついておいでよ〜
夕暮れの雨が降る〜矢切の〜渡し〜
親のこころにそむいてまでも
恋に生きたい二人で〜す〜

と、一番だけ。。

声はガラガラだし、音程はずれてるし、めちゃくちゃ下手くそになっていた。
耳が悪くなると歌も下手になるのかな。

近くに行って「へたくそ」と言うと、イヤホンをしててもわかったようで、ちょっと笑って
「喘息になって声がガラガラになったから、仕方ない。」と言った。

ちなみに、父と幸子さんは駆け落ちではない。
父を恋しがることも一切ない。
悲しい夫婦やわ。


今日は幸子さんの皮膚科でした。
私は帯状疱疹を心配していましたが、先生は症状が違うとおっしゃいました。
赤みの範囲も狭くなり、痛みも引いてるようなので、また飲み薬を頂き、一日一回の塗り薬で様子見です。

今回の湿疹は、やはり免疫力の低下と思われ、そんな話も幸子さんに少ししました。
八十を越えて当たり前と思うのですが、どうやらそれが気に入らなかったようで、お昼ご飯をボイコットしてフテ寝する幸子さん。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
寿司太郎の散らし寿司
鰹のたたき
ひらたけと卵の味噌汁
b0327247_15071166.jpg


おかげで私達は気分の悪いお昼ご飯になりました。

結局、一時間くらいあとに起きて来て完食されましたけどね。
幸子さんは昔からこういう人です。
気に入らないとプイッと横向くのです。
多少の遠慮があり、腹が立っても言い返せないのかも知れないと、情状酌量して甘やかすのは良くないです。
「そんな態度を取ると、オットさんに悪いでしょう。」と言ってやりました。

シャワーから出て来たオットに
「オットさん、ごめんな。」と言ったので、今日のところは許してやるか。

しかし、疲れますよ〜。
明日は第三土曜日なので店は土日連休になります。
嫌やわあ…、私の逃げ場所がない。






[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-16 15:05 | 母のこと | Comments(8)

まだ見ぬ人

幸子さんが大阪に来てから、毎月お菓子をくださる方がいる。

5月は母の日前だったので、幸子さんは
「父の日にお返ししなくちゃ。」なんて言ってる間に6月になった。
b0327247_15561271.jpg



頂いた日に帰宅して、まだ起きていた幸子さんにお菓子を見せた。
「まあ、それは、ほんとにお返ししないといかんねえ。」と。

「若い人?」と聞くので「73歳」と答えると
「私よりはだいぶ若い。」

幸子さんの頭のなかで、どんな妄想が膨らんでいるかわからないが、その方には奥様もいらっしゃる。
しかも、奥様も「幸子さん」とおっしゃることは、まだ話してない。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
焼き餃子
加賀太胡瓜とワカメの酢の物
じゃがいもと玉ねぎの味噌汁
b0327247_15561391.jpg

おやつは大好きな種なしぶどう。
b0327247_15561379.jpg



1日置きくらいに、散歩がてらの買い物に出る。
「どこへ行くん?」と聞くので、「学校のとこ」と「たこ焼き屋の前」と「イオンのスーパー」の3つのスーパーのうちの一つ。
そろそろ店の名前を覚えてもらわないといけないかなあ。


[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-15 16:00 | 母のこと | Comments(12)
幸子さんの喘息は、全くと言っていいほど症状が出なくなりました。
ついひと月前には、ゴホゴホのゲボゲボだったのに。


「植木とか草いじりとかされますか?」
「いいえ、マンションなので。」
「草むらを歩いたとかは?」
「ないです。」
「ペットは?」
「飼ってません。」
母の足の湿疹をめぐって、内科の先生と私との会話です。


「湿疹はここだけ?」
「ここだけです。」
「いつ頃から?」
「一週間くらい前に痛くなって、そのあと蕁麻疹が出て…」
「これは蕁麻疹ではないです。」
「そのあと水膨れができてきて…」
皮膚科の先生と母の会話です。

それから、先生が水膨れを小さいハサミで切りました。
母「痛っ!!」
先生「ちょっと切らせてよ。」
塗り薬をベタッと塗られ、ガーゼを当ててお終いです。
帯状疱疹かヘルペスを疑うなら血液検査が必要ですが、塗り薬と飲み薬を処方され、金曜日まで様子見です。

診察室から出て来て母が
「水膨れでないとこ切ったら痛いわ。年寄り先生やし。」
どうやらお気に召さなかった様子。

実はこの皮膚科、私もあまり信用してません。
と言うのは、いつかファン限定記事に書いた、頭にできたイボを看てもらったのが、このおじいさん先生なのでした。
かいつまんで書くと、私の頭のイボは老人性のイボなので治らないと言われました。
ところが、たまたまネットで見つけたヨクイニンで綺麗に治ってしまったのです。

でも、うちの界隈に内科や歯科は掃いて捨てるほどありますが、皮膚科は少なくて、仕方なく看てもらったのでした。
さて、幸子さんの足はどうなるのでしょうか。

昨晩も湿疹の箇所が熱を持ったので、ただいま冷やし中。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
八宝菜風炒め物
切り干し大根
b0327247_15503975.jpg



私の自転車も調子悪いのです。
もう古いからなあと思って調べたら、まだたった5年しか経ってない。
でも、朝から出掛けて買い換えました。
私の毎日の足ですから。
b0327247_15504028.jpg


あくまで実用優先の自転車。
デザインとか色とかで選べないのです。
サドルが低いように見えるのは、気のせいですから(笑)



[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-14 16:00 | 母のこと | Comments(8)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう