秋の空

朝起きに窓を開けて驚いた。
この空。
b0327247_15474388.jpg

b0327247_15474489.jpg

写真は暗いが、実際はもっと明るくて、空一面に雪が積もっているように見えた。
見たことがないようなうろこ雲。

なんとかと秋の空…ではないが、せっかく決めた父の今後、今朝また変更。
私が心配していたことが一つ解決したことと、朝一に母に確認したことで、私の腹も決まった。

なので、ここに書いたことも書き直さなければいけないと、昨日のブログを読み返した。
ところが細かいことを書いてないので、書き直しても読む人には何が変わったかわからないと思う。
要するにやることは変わらず、なのでそのままにしておく。

☆今日のまかない
チャーハン、サラダ
b0327247_15474527.jpg



★ここ数日食べるものが美味しくない。
実際に味が悪いのかどうかは、作る私にはわからない。
たぶん作る時も食べる時も気がそぞろなんだと思う。
何を食べたいっていうのも無いからメニューに困る。
オットは黙って食べてるけど。
[PR]
# by anatatoyu | 2014-09-08 15:47 | 暮らし | Comments(6)

同類相哀れむ

18周年最終日は予約の1グループ4人で終わった。
アラフォーの面々は独身も多いが、それぞれに気を遣い手土産を持参するようになり、年月の重みを感じさせた。

18周年は無事に終了いたしました。
皆さんのおかげです。
ありがとうございました。



早朝にiPhoneが鳴りFacebookで友達リクエストがあった。
名前を見てもピンと来ないほど、ご無沙汰の小、中学校の同級生女子だった。

久しぶりにメールをすると彼女も自身の親の介護で大変なことがわかった。
不幸自慢のメールをやり取りした。
いつか全てが終わり笑顔で会える日まで元気でいよね。
そんなメールをしてたら涙が出た。
彼女も同じだと言った。
二人でメールしながら泣いた。

誰もが乗り越える道で誰もが苦労している。
そんなことは頭でわかっていたって、みんな心では泣いていたんだ。
それを口に出せない年になり、みんな我慢していたんだね。
涙が出たら癒される。
自分のことでいつ泣いたかもう忘れてしまっていたが、泣けてよかった。


来週、父が褥瘡や壊死の治療のために老健から病院に移る。
ターミナルケアの話までした老健なのに、もう父を看れないと言ってきたから。
言いたいことはたくさんある。
でも今は言わない。
父を治療することが先だから。
そして老健の責任に置いて、病院を探したり父の移動もしてもらう。

移動や次の病院の手続きのために来週は店を休まなければいけない。
それは明日の月曜日にわかるはず。
何日休むかは今のところわからない。

そんなわけで、わかり次第、皆さんには連絡させていただきます。
ブログ、Facebook、メールなどでお知らせします。
よろしくお願いします。

★天気予報はずれ、秋晴れの良いお天気。
この空のようにスカッと物事が進みますように。
b0327247_161381.jpg

[PR]
# by anatatoyu | 2014-09-07 12:13 | Comments(2)

ほぼ予定通り

昨夜はご予約の5組13名と、テーブルが空いてからの2名のお客さんで、心配していた「案内をしていないお客さんが来られて入れない」というようなこと無かった。

料理の仕込みも十分にしてあったので、途中で何かが足りずにバタバタすることもなく。
逆に予想していたほど料理が出なかったので、うちのお客さんも高齢化か?と思ったりした。

今では年に一度もないことだが、カウンターにお客さんがずらっと並ぶ図は、さすがに気分が良い(笑)
と言うことは、私が座る席がないと言うこと。
手の空いた私は、話したい人の後ろに立って肩をツンツンとする訳である(笑)
ビールも立ち飲みになる(笑)(笑)


ああ、無事に終わった…じゃなく今日があった(汗)
今日は、この時期に集まるグループ一組だけの予約。
うちにしたら、まだ若いほうのグループ。
もう15年くらいの人達なので、彼らも昔に比べたら酒量は減ったかな。
周年のご案内をしたら、きちんと反応してくれるので嬉しい。
楽しい夜になればいいな。


☆今日のまかない
チキンのカレーパン粉焼き、ぬか漬け
b0327247_1685519.jpg



★ご案内した方はほとんど来ていただき、有り難い周年でした。

でも、それとは別に週始めの月曜日に父の居る老健からかかってきた電話は、私にはものすごくプレッシャーでした。
なぜ今?なぜこの時期?
たいした仕事をしている訳ではありませんが、店のこと、家のこと、親のこと、私自身の許容量が少な過ぎて精神的に疲れて、電話の怖い一週間でした。

自分一人でいくら考えても、何が最良の策なのかわからないのです。
それでも決断を迫られることのしんどいこと。
誰か助けて!と叫びたい。
でも悩んでばかりはいられない。
ここにきて開き直りました。
これが年を取るということでしょうか?
事が動くのではなく自分で動かして、また新しい事が動くのだと信じて。
頑張ります。
[PR]
# by anatatoyu | 2014-09-06 16:08 | 店のこと | Comments(2)

サイクル

18周年もいよいよ終盤を迎えた。
今日は予約でがっつり満席。
皆さん早い時間からで食事もされる。
冷蔵庫は満タンだ。

おそらく閉店時間近くまで、スタートのメンバーが動かないと思う。
普段の金曜日でも、泣きたいくらいヒマな時が多いけど、こんな時に限って普段来ない人が来るものだ。

そして、そんな時にほとんどの人がこういう。
「なんだあ、ヒマだヒマだって言うけど大繁盛じゃないの!」ってね。
私は言う。
「毎日座っててみろ!」
声に出すか出さないかは相手次第だ。



昨日来られた一組の中に、年に二回ほど来られる人がいた。
そのうちの一回は周年の時。
まさに今がその時なのだが、今年その人には案内状を出していない。

私達にしたら運悪く、その人は18周年のお祝いにいただいた薔薇の前にすわった。
b0327247_15573280.jpg


ところが隣りに座ってるお連れさんも本人も薔薇には全く気付かぬまま帰っていった。
何かのコンサートの帰りだったようで、ご自宅も遠いので、もし案内状を出しても昨日のご来店だった訳だ。
不思議といえば不思議な話。


☆今日のまかない
カツ丼、キャベツの漬物
b0327247_1624391.jpg


★本日は忙しいので、これにて失礼m(_ _)m
[PR]
# by anatatoyu | 2014-09-05 15:56 | 店のこと | Comments(2)

オムレツと相性

店のメニューによく登場する「ひき肉オムレツ」の具は三人前くらいを一度に作り置きする。
お砂糖とニンニク醤油を少しずつ入れて、昔お母さんが作ってくれた少し甘めのオムレツをイメージしている。

国産の豚肉と牛肉のひき肉が売り出しになる週初めに作り冷蔵庫で一週間は十分日持ちする。
食事をするお客さんが週初めからトントンと入ると週半ばで無くなる。
男の人って卵好きが多い。

あまりにヒマな週は週末まで残り、自分達で嫌々処分するか、冷凍してまかないに変化する。
そんな翌週は作りたくもない。

そんな時に限って「ひき肉オムレツ」を気に入ってる人が来て、メニューを見て
「わあ、ひき肉オムレツ無いわあ。」となる。
つくづく私とはタイミングの合わない人なんだわ。

昨日もそんな人が来た。
今週も週初めに作り、昨日はラスト一人前あったのだが、その人の前に入ったカップルがお召し上がりになった。

ある時に来ないで、ない時に来るその人が店に入ってきたときに、私は心の中で「あちゃー!」と叫んだ。
もう10分早ければ、あなたのお口に入っていたのに。

昨日もメニューを見せた時、その人が
「ひき肉オムレツあるー!」と言うのと、私が「無くなったよ。」と言うのが同時だった。
その人は「えーーっ⁈」と叫んだ。
カウンターの端っこのカップルが
「ごめんなさいね。」なんて言うし(笑)

小さい店の小さい冷蔵庫には、そんなにストックできないのですよ。
他にいろんなもの入れないといけないしねえ。
毎週3日ぐらい通ってくれたら食べられるかも。


☆今日のまかない
お好み焼き、おにぎり、胡瓜ぬか漬け
b0327247_15472416.jpg



お好み焼きとご飯を一緒に食べられるか?というような議論はしませんよ。
好むと好まざるに関わらず、人は食べないといけないこともあるのですから。

★昨日はオムレツを食べたカップルと、食べられなかったお姉さん、この二組が周年のご案内をした人達。
もう一組は何も知らないおじさん二人、以上三組でした。
今日も予約はありません。
明日のことを考えると、身震いします(汗)
[PR]
# by anatatoyu | 2014-09-04 15:46 | 店のこと | Comments(6)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう