小雨の朝

うどん県の朝。

夕べは母と二人で散々喋った。
昔話の繰り返しが多いけど、年寄りってどうしてあんなに昔のことを覚えているんだろう。
結局「私はだいぶ苦労した」で終わる。

父は想像していたより元気だった。
いつからか「すみません」と「ありがとう」と繰り返すおじいさんになっていた。

ちょうどお昼ご飯の片付けをしている介護士の女の子と喋ることができた。
額に汗をかきながら父の様子を丁寧に話してくれて、こんな女の子が父の世話をしてくれているんだと思うと何だか嬉しかった。
こんなちょっとしたことでも、自分の心の中のしこりが少し軽くなる。

一人暮らしの叔母の入院は、母達姉妹の何かを変えるかも知れない。
大事に至らずには済んだが、退院後は元の家に帰るのは難しいと思う。
叔母は病院のベッドでどう考えているのだろうか。
いつかは私も辿る道かも知れない。


★実家の朝食
私が朝ごはんの用意をしてたら「おはよう」と言って7時半ごろ起きてきた母。
トイレに行ってベッドに戻り、また寝てる。
仕方ないので一人の朝食。
どっちが年寄りかわからんね。
b0327247_7512954.jpg



★の部分、最初の投稿を書き直しました。
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-21 23:27 | 暮らし | Comments(4)

これはスパムです

いや確かに、これは迷惑なブログかもしれませんが、今日のまかないのメインはこちら。
b0327247_15434271.jpg

昨年沖縄に行った時に買ったもの、ようやく陽の目を見る日がやってきました。

さて迷惑メールのことをスパムと言いますが、これはこの缶詰のスパムからきている言葉とは、今日まで知りませんでした。
ブログに書くにあたり検索していてわかったことです。
http://sp.e-words.jp/w/E382B9E38391E383A0.html



明日から私はうどん県、オットは岐阜です。
岐阜は洗面所も完成し、今週は床の工事をしているはずです。
オットは両親がやっていた喫茶店の跡地をどうするか、数社からの査定結果と資料を持ち帰り両親と相談します。

私は父の居る老健と叔母の見舞い、老健では始めて要望を出してみようと思っています。
父には少しでも楽に暮らして欲しいから、言いにくいことも言わなければなりません。

☆今日のまかない
ゴーヤとスパムのチャンプル あとは残り物
b0327247_15434315.jpg


★昨日の最初のお客さんは午後4時38分。開店前です。
転勤で職場が遠くなったので滅多に来られないけど、今日はたまたま大阪に来る機会があったので…と言われれば仕方ない。
そのお二人は4時間以上も飲み続け電車で一時間以上かかる所へ帰って行かれたけど、たぶん寝過ごしているでしょう。
自己責任でお願いします★
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-20 15:43 | 暮らし | Comments(6)

鼻返事

子供の頃、鼻歌を歌っていて母に叱られた記憶がある。
それがたった一度のことか何度もあったことかは覚えていないが、とにかく叱れられことだけを覚えている。
叱れられるくらいだから、その前から母に何か小言を言われていた時かも知れない。

そのせいか、オットが鼻歌を歌っていたら私はムッとする。
ムッとするくらいだから、その前に私がすでに不機嫌な訳で…
オットが鼻歌を歌うのはたいていお風呂に入っている時。
なんと能天気な奴だと思う。
今の私には、そんな気持ちの余裕がない。


叔母が倒れる前の話だが、母と電話でこの週末の帰省の打ち合わせをしている時
、ひょっと思い付いて
「たくさん買い物をしないでよ。」と母に言った。

母「ふはぁー」
耳が遠い人なので念のためもう一度
「今度は私一人だから、冷蔵庫にたくさん買い置きしないでよ。」と言うと
またも母「ふはぁ〜」と言う。
「はあ」でも「へえ」でもない、微妙な中間の返事なのだ。
「わかってんの⁈」と言いたい気持ちを抑えながら気が付いた。

はは〜ん、たぶん、もう手遅れなんだ。
すでに冷蔵庫はいっぱいなんだと鼻返事の理由の想像がついた。
実家の冷蔵庫はビックリ箱だ。


☆今日のまかない
牛丼、ぬか漬け、豆腐と茗荷の味噌汁
b0327247_1549166.jpg


★午後は知り合いの事務所の引越しのお手伝いに行っていたオット。
その引越し先には私達も知り合いの人がたくさんおられる。
ご本人は楽しくなるだろうが、うちの店までの距離が今までの倍はあるのが難点だと二人で話をした。
★新生姜の甘酢漬けを作ったけど、今日の牛丼には間に合わなかった(⌒-⌒; )
b0327247_1549242.jpg

[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-19 15:48 | 母のこと | Comments(6)

氷屋

一般の家庭では、まずお付き合いのない氷屋という業種。
我々の業界、特にお酒メインの店には今でも無くてはならない存在。
製氷機のある店も多いが、やはりあの手割りの氷が美味しいという人は多い。

これも一般の人はあまりお目にかからない光景としては、昼間の飲み屋街では氷屋が軽トラの荷台で氷をノコギリて切ったりしている。
それを手鍵に引っ掛けて店まで配達するのが昔のやり方だったが、今はたいていビニール袋に入れて配達してくる。

さて、うちはその氷屋とはどうも縁が無いとオットが嘆く。
店を始めてもうすぐ18年、現在の氷屋は二軒目、その数が多いか少ないかわからないがその氷屋とも今日でお別れした。
注文した氷が来ないのだ。

酒類もそうだが、氷も店が閉店した深夜に相手の留守番電話に翌日の配達分を注文して置く。
それが届かないことが何回かあり、ぎりぎりまで待って催促の電話をすると慌てて持って来るということが多くなった。

それなら当日の朝に電話をすれば忘れないかと発注を変えてみたが、結果は同じだった。
どういう受注体制かはわからないが、聞いた人が受注伝票に書き忘れるか、受注伝票はあっても配達し忘れるか。
いずれにしても、この氷屋は駄目だとオットが判断した。

今回は催促の電話もしない。
オットは業務用スーパーに氷を買いに走った。
あまりに頻繁過ぎ呆れ返って腹も立たないらしい。

開店して最初の氷屋も全く同じだった。
氷なんて酒に比べたら単価はうんと低い。
でも氷屋という以上、注文した氷が届かないというのは話にならないし、うちは商売にならない。
とりあえず当分オットが買いに行くことにした。

☆今日のまかない
鱈のハーブ焼き、ピーマンの肉詰め、青梗菜と揚げの煮浸し
b0327247_15571926.jpg



★第三火曜日の昨日はたった一人のお客さん。
何気無く先月のカレンダーを見ていたら、先月の第三火曜もたった一人、それも同じ人。
これはいったい何の偶然だろう。
来月の第三火曜が楽しみになってきた。
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-18 15:56 | 店のこと | Comments(6)

あっちもこっちも

父がお世話になっている老健から電話が入る時間帯は、だいたい私がスーパーにいる午前11時前後が多い。
推測するに医師の回診が終わる時間ではないかと思う。
今日はイオンの駐輪場で電話が鳴った。

先日の件は落ち着き、今度はまた違う症状の話。
向こうにとっては日常茶飯事なのだろうが、こちらには一つ一つが始めてのことであり、電話のたびに悩んだり意気消沈したりする。
身が持たない。


朝からイオンの火曜市へ行っているだろうと思っていた母から午後2時過ぎに電話。
叔母のことで奔走して今帰宅して「疲れた〜」のだそうだ。

叔母は自宅で倒れていたのを隣家の人が見つけて、今朝救急車で運ばれていた。
この叔母は母の五人姉妹の真ん中、73歳。
若い頃に仕事上の事故で左手が不自由になり、ずっと一人暮らし。
うちの実家とは駅を挟んだ反対側で年寄りが歩いて行くには遠い。

詳しくはわからないが、自宅で三日ほど倒れていたらしい。
現在は意識があり数日は検査が必要とのこと。
身の回りの物を取りに叔母の家に入ったら、中はぐちゃぐちゃだったそうだ。

週末のうどん県で行く所が一つ増えた。


☆今日のまかない
串じゃが、鳥からとキャベツのカレーサラダ、胡瓜ぬか漬け
b0327247_16114128.jpg


★最近よく使う言葉
介護、病院、高齢者、施設、老後…
在宅介護をされている方に比べたら、ずっと楽させてもらってるのは重々承知しておりますが、私の中には天使と悪魔が同居しているようです。
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-17 16:11 | 暮らし | Comments(6)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう