昼下がりの…

お昼ご飯のときに缶ビール一つ飲んだのね。
私だけ。

私はサッカーが始まる10時前に買い物に出掛けて、試合が終わる少し前に帰宅したのよ。
テンションの低いオットが居たわ。
b0327247_13313194.jpg


オットはお昼から店へ行って掃除するからというのもあるけど、ビール飲む気にもならなかったみたいでね
「一人で飲んでいいよ。」って言うから、お言葉に甘えたの。
だって私は朝から三回の洗濯を済ませて買い物にも行って、テンションが下がる理由もないもの。

昼食後、オットは荷物を背負って店に行ったわ。
心なしか肩を落として。
私はもう一回、洗濯機を回しながらベットにごろん。
見えるのはこんな景色。
b0327247_13313025.jpg


暑くもなく気持ちの良い天気。
風も心地よい〜
心の中の悲しいことはちょっと忘れて、しばしのお昼寝タイム…

悲しいのはサッカーが負けたことじゃないよ。
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-15 13:20 | 私のこと | Comments(6)

梅雨の晴れ間

昨日の宵の口の雨は凄かった。
ドサーッと降ってはスッと止みを繰り返したので、店の裏口の扉を開けたり閉めたり忙しかった。

でも今日から数日間の天気予報には珍しく傘マークがない。
梅雨も中休みということかな。

実家に電話してみたら母が居た。
イオンの広告が出てるのでいないかもと思ったのに、母がイオンに行くのは明日らしい。
今日は叔母の誕生日なので夕飯は叔母夫婦と三人で回転寿司に行くのだとか。
来週の私の帰省の打ち合わせをして電話を切った。

私がうどん県の駅に着くと母が迎えに来ていて、駅の近辺でお昼ご飯を食べる。
それから知り合いの運転手さんのタクシーに乗って父の居る老健まで行ってもらうというのが、ここ数ヶ月のやり方。

30分ほど老健で待ってもらって、そのタクシーで今度は実家まで行ってもらう。
待ってもらっている間はメーターを倒してくれて、トータルで五千円で何百円かお釣りがあるが、いつもお釣りは貰わずに降りる。

この知り合いの運転手さんじゃなければ、待つ間の料金も加算される。
そうじゃなければ帰りはまたタクシーを呼ぶことになるので、私は老健で無駄な時間を過ごすことになる。
それくらい不便な場所にあるということ。

だからこの運転手さんを前もって予約しておく。
でもこの人もあまり若くない。
いつまでお願いできるだろうかと思う。

☆今日のまかない
胡麻だれ冷麺
b0327247_15452683.jpg


★来週末、私達夫婦はまた別々に帰省。
明日は特に予定もなく、ゆっくり過ごす予定。
オットは午前中はテレビの前から動かないだろうから、私はゆっくり買い物でもしようと思う。
明日の夜は焼肉でもするかな。
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-14 15:45 | 暮らし | Comments(4)

ココナッツオイル

私の母から、次に帰る時にと頼まれたもの三つ。

ココナッツオイル、プロポリス、胡桃。
プロポリスはいつものドラッグストアで購入し、うどん県のスーパーでは売り切れと言っていた胡桃はあちこちで何種類か買えた。

ココナッツオイルは私が普段行くスーパーには置いてなかったが、オットが行く輸入品を売る店にはあったようで今日オットが買って来た。
b0327247_15553956.jpg


ネットでも少し調べたがあまり安いものではないし、実家にはオリーブオイルがたくさん買い置きしてあるので、私は買わないでおこうと思っていたのにと言うと
「先が短いんだから欲しいものは買えばいいやん。」とオット。

ココナッツオイルを使い始めるとオリーブオイルを使わなくなるのはわかっている。
テレビで体に良いと言ったものが実家には溢れている。
しかも、どう見ても生きている間には消費できない量で。
片付けるのはこの私なのだ。

☆今日のまかない
中華丼、にゅうめん、ぬか漬け
b0327247_15554110.jpg


★昨日まかないの後、オットが岐阜に電話をすると、義父は張り切ってデイサービスに行ったと義母が言ったそうだ。
いつまで続くかなあ。
そのうちデイサービスでのお昼ご飯に缶ビールが飲みたいとか言い出しそうだけど(笑)
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-13 15:55 | 母のこと | Comments(6)

デイサービス

義父は昨日 デイサービスの体験に行っているはず。
義姉の話では行く前日には行く気満々と言っていたが、結果はどうだろう。

実家の父の場合は最初はとても嫌がった。
「あんな年寄りばっかりのところ」と言っていたが、親しい人も行くことになってからは黙って行くようになった。

誕生会をしてもらったり自分で塗った塗り絵を持って帰ったり、それはさながら幼稚園のようで、娘としては複雑な思いで見守るしかないデイサービス。
それでも家で引きこもり認知症を進行させることのないようにと願ったが、父の場合は残念な結果になってしまった。

義父は社交的な性格で、チヤホヤしてもらうのが大好きなので、何とかデイサービスに元気に通って欲しいと思う。
それが義母にとっても良いことだと思うから。
そうやってあと何年かを穏やかに過ごせればいい。

ここ数年で私達の親の生活はがらっと変わってしまった。
事故や病気や思いがけないことが誰の身にも起こり得るという当たり前のことを経験し、私達の生活も親中心になった。

やがて明日は我が身になるのに、今はまだ自分たちの老後まで頭が回らない。
生きて行くってどういうことなんだろう。
幸せな結末って何だろうと考えるだけ。


☆今日のまかない
鳥の唐揚げ、青梗菜と卵のスープ、冷奴
b0327247_15481596.jpg



★店のトイレの絵葉書を気まぐれに替えるが、わかってくれる人はたった一人。
趣味の旅行や美術館巡りで思い出に買って帰る絵葉書。
その時のことをしっかり思い出す訓練も大事かもしれない。
梅雨時なので睡蓮…
フランスのジヴェルニーのクロード・モネの庭園の池。
ツアーでなくて自力で行ったので思い出もひとしお。
空さんご夫婦とパリで待ち合わせという快挙を成し遂げた思い出深い旅行だった(笑)
b0327247_15481614.jpg

[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-12 15:48 | 暮らし | Comments(6)

味噌汁

私自身が年齢と共に朝目覚めるのが早くくなったのに、岐阜では寝るのも早いのでもっと早起きすることになる。

両親も早くに夕食を済ませて床に就くので、お腹も空いているだろうと勝手に想像して、すぐに朝食の準備をする。
そして私は岐阜での時間の大半を台所で過ごす。

我が家では朝はパン食だけど岐阜ではご飯なので味噌汁を作る。
味噌は赤い八丁味噌。
色は濃いが塩分は少なめな気がする。
あとは鮭や卵を焼いたりの簡単な朝食。

「そう言えばヨウコ(義姉)の所では味噌汁が出なかったわ。」と義母が味噌汁を飲みながら呟いた。
検査入院をしていた義母は、自宅改装中だったので、検査が終わったあともしばらく病院に置いてもらい、退院した後は義姉の家で一週間ほど過ごした。
その時の話だが、旅館じゃあるまいし、味噌汁が出なかったという言い方も面白い。

息子夫婦である私達同様、岐阜の両親が夫婦でずっとやってきた商売は昨年末で閉店した。
子供を三人育てあげ、どこから見ても節約な地味な暮らしをしてきた。
私の実家のように外食の習慣もなく、三度の食事は粗末な物で、息子が帰って来るからと言って用意してくれる食事も決してご馳走ではなかった。

私が料理する時、年寄りに食べ易いように小さく切ったり柔らかく煮たり薄味にしたりと少しばかり気をつける。
自分が三度三度ご飯ではしんどいこともあって、お昼に麺類を作ると、これが毎回好評。
前回は肉うどん、今回は冷麺にしたが、この冷麺が特に義父には気に入ったらしく「うみゃあ、うみゃあ」と食べてくれた。
次回も冷麺にしよう。

☆今日のまかない
カレー、野菜の酢漬け
b0327247_1545342.jpg


★ところがこの義父、自分がお腹が空いた時がご飯を食べる時で、待ったがきかない。
義父が台所にやって来て「腹減った。」と言われると私は焦る。
そのためにおにぎりやサンドイッチを作り食卓に置いておくのだが、私もいい加減キレそうになる。
冷麺の麺を茹でている最中に急かされた時、私が「もうちょっと待って!」と言うと義母も私に合わせて同じように言った。
でも義母のほうが私よりうんと高圧的だったのが面白かった(笑)
[PR]
# by anatatoyu | 2014-06-11 15:45 | 暮らし | Comments(4)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう