ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。

by ゆう

来る者 去る者

オットがサラリーマン時代に、同じ店でアルバイトをしていた女の子Mちゃんから葉書が届いた。

「いろいろありまして、大阪に帰ってきました。
落ち着いたらお店に顔を出します。」と書かれてあった。

Mちゃんは結婚してすぐに旦那さんの転勤で埼玉に行き、もう十年くらいになると思う。
昔はメールのやり取りもしたが、今では年賀状だけのお付き合い。
子供ができたとは聞いてないので、今でも夫婦二人なんだと思う。

Mちゃんがうちの店によく出入りしていた頃は、同じ時期にアルバイトをしていた他の女の子も数人来ていた。
もう二十年近く前の話。
彼女らもみんな四十路になって、それぞれの人生を歩んでいるようで、今では誰も顔を出さなくなった。

私達が結婚式に出席したのに離婚した子もいるし、当時シングルマザーだった子はその娘が結婚する年齢になってる。

店に来なくなったのは、何らかの理由があるのだろうが「どうしてるの?元気にしてる?」と私達から連絡することはない。
その辺り薄情だと思われていると思うが、いろいろあるのはお互い様で、昔みたいに若い子達の面倒をみれる状況じゃなくなったのだ。

Mちゃんの「いろいろありまして」も気にならないことはないが、「顔を出します」を真に受けて待ち焦がれることもせずに居ようと思う。
人に期待し過ぎると疲れることは学習済み。
来る者は拒まず 去る者は追わずで行かなきゃ。


☆今日のまかない
中華丼
肉味噌豆腐
b0327247_15383509.jpg



これがお客さんとの関係になると「来る者は拒めず 去る者は追えず」となる。
「拒まず」と「拒めず」、「追わず」と「追えず」は違う。

お金を払わないとか、他のお客さんに迷惑を掛ける以外は、扉を開ける人を拒めない。
そして、何かの事情で来なくなった人を無理矢理呼び戻すこともできない。

親しいお客さんがしばらく来ないなあと思って「お元気ですか?」とメールすると「元気ですよ。また近いうちに店に寄りますよ。」と返信される。
私は何かあったかと心配してても、営業メールに思われてしまうようで、ますます追えなくなる。(たまには完璧な営業メールもあるけど(笑))

そして、私はどんどん薄情な人間になっていくのだ。


★ただいま茄子の辛子漬け中。
b0327247_14255479.jpg

連休明けが食べ頃かな。



[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-16 15:40 | 友人 | Comments(10)

認知症

月曜日に今年2度目の徳兵衛さんご来店。
開店当初から座る席は決まっているのに
「どこに座ったらいいの?」とおっしゃる。

あらら、もしかして認知症が進んでる?と思いお顔を正面から見ると、やはり目が虚ろ。
胃を全摘されて以来、ほんの少しの量しか食べなかったのに、火曜日には
「餌をおくれ。」と言って、黙々と食べる。

これは後になってわかったことだが、私の父の認知症が始まった頃の写真は、父の目はカメラの方を見てはいるものの虚ろだった。
また、菓子パンを何個か買って置いたら、一晩のうちに全部食べたりしていたと、母から聞いたこともある。

私とあんみつ姫が喋っていたら、耳の遠い徳兵衛さんが
「俺の悪口言ってるの?」と聞く。
これも認知症の症状と思うが、被害妄想になったり、急に怒ったり。
うちの父にもあった。

徳兵衛さんは会社でも、他の人の靴を履いて出掛けたとか、電話の話がわからないとか、毎年やって来たことを忘れていたりするそうだ。

認知症は徐々に進行するものだから、一緒に住む家族にはわかりにくいし、家族には認めたくない気持ちがある。
でも、ただの物忘れで済ませない時が必ずやって来る。

こういう状況を離れて住む息子に時々知らせる。
息子は、この前会った時はそんなことはなかったと言うが、たまに会う息子の前では父親は頑張るのだと思う。

徳兵衛さんはどうなっていくのだろう。


☆今日のまかない
アジの南蛮漬け
筍ご飯
粕汁
b0327247_15432811.jpg


風が強くて寒い大阪。
この三連休はうどん県。
第2弾の荷物を作る。
母には今の所認知症の兆候は見られないけど、この先はわからない。

子供のところに引き取られる親を「呼び寄せ老人」と言うらしい。
あまり良い呼び方ではない。
何よりも、そうすることで親の認知症が発症する可能性があると、書いてあることが多い。
母には頑張って貰いたい。




[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-15 15:45 | 暮らし | Comments(8)

朝ドラ

いつからか、朝食は朝ドラとともにとなっている我が家。
高齢なのに朝寝坊の母にも、そこは合わせてもらうことになる。

その母のことで忙しくしていて、気がつけば3月も半ば。
「ぺっぴんさん」も今月いっぱいで終わってしまう。
半年などあっという間。

大阪万博も終わり、四十代のすみれもおばあちゃんになった。
実際のヒロインは八十代で亡くなるまで仕事をしていたようだが、ドラマの中では何歳までだろう。
史実と比べながら見るのが面白い。


☆今日のまかない
カキフライカレー
ほうれん草おひたし
b0327247_15404006.jpg



大阪に来て間もない頃、母が自分が生まれた辺りへ行ってみたいと言うので、神戸に行ったことがある。
三ノ宮の隣りの二ノ宮というところだった。

その時点で母が神戸を離れて45年ほど経っていた。
記憶に残る家があった辺り、友達の家があった辺りを少し歩き、数人に尋ねてみたが、母の家のことも友達のことも知る人は誰もいなかった。

母はまた行きたいと言うだろうか。







[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-14 15:40 | 暮らし | Comments(16)

旅の楽しみ

飛行機は10時40分発なのに、10時に部屋に帰ったら、荷物は散らばったまま。
オットは居るけど、荷造りしてる様子はない。

とりあえずスーツケースを広げて、荷物をどんどん入れていく。
服をたたむ間もない。
重い物、軽い物を考える余裕もない。
とにかく入れるだけ入れて、無理矢理蓋をする感じ。

テーブルの上には、まだ何かあるけれど、鞄に詰めて機内持ち込みにするしかないかとか考える。
と言うか、スーツケースを預ける時間もないし、出発の時間までにゲートに到着できるかどうか…

日曜日の夜は普段より早く寝るので、月曜日の明け方は時計を見ながら、うとうとする。
そして二度寝か三度寝の果てに、訳の分からない夢を見ることになる。


一時期、よく海外旅行に行っていた頃があったけど、こんな夢のようなことは一度もない。
それどころか、旅先でスーツケースをかき回すことがないように、綿密に計画して荷造りをした。

例えば6泊8日の旅行なら、行程に合わせて8日間に着る物をイラストに書き、スーツケースの中蓋に貼る。
飛行機やバスの移動が多い日は、皺にならず楽な服装とか、町歩きが多い日はパンツに脱ぎ着の楽なジャケットとか。

そうすれば旅先で服の組み合わせを悩まずに済む。
そして一泊ごとの下着とアウターを一つの袋に入れて番号を付けるという念の入りよう。
旅先では脱いだ物を、その空いた袋に入れていけば、いちいち洗濯物を分ける必要もない。
もちろん、それを二人分作るのも私の仕事だった。

旅の楽しみは、こんなことからも始まったものだった。
遠い昔のことになってしまったが…。


☆今日のまかない
豚肉とピーマンの生姜焼き
卵とキャベツのサラダ
かぶらの酢漬け
菜飯
b0327247_15360817.jpg


母が来たら、私達は二人だけの旅行に行けなくなる。
それはあきらめたけれど、母を連れてどこまで出掛けられるかと考える。

幸いまだ母の足は丈夫だが、海外旅行の経験はないし、飛行機にも乗りたがらないと思う。
でも、何かの弾みに「沖縄くらい行くよ。」って言うかもしれないと、密かに企んでいる。
夢ではなく。


★今日のおまけ
先日、百均のダイソーに行った一番の目的はこちら。
b0327247_13324340.jpg

この壁掛けポケットが欲しかった。
あちこちの百均で探したけど、どこもなかった。
ても、ダイソーでも100円じゃなく150円だった。
ついでに、母の部屋にも。
b0327247_13324317.jpg

値札は取りましたよ(笑)



[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-13 15:40 | 旅行 | Comments(14)

で?

どこからか「コロコロ…」と聞こえる。
あれ?と思い、隣のベッドを見ると頭がない。
ああ、あの音は執事が結露を取る音か…

スマホの時計は午前7時前。
休みと言うと、早く起き出す執事。
次は血圧を測る音。
やれやれ、彼も年を取ったものだ。


今日は懸案の場所の片付けをするらしい。
パソコンの足元。
ビフォーがないので、どれだけ片付けたかわかりづらいけど、アフター。
b0327247_16331481.jpg

まあまあ、ですな。

「で、ここを俺にどうしろと?」
洗面所横の棚の前で執事が言う。
「捨てるのよ。何年も置いたまま、どうせ使えないでしょ。」
昔の趣味だったプラモデルの塗料が入ったプラスチックケースなど。
b0327247_16331401.jpg

これだけ捨てるそうです。
プラスチックケースは綺麗に洗って使うそうです。
b0327247_16384128.jpg



よく働いたので、お昼はお肉をご馳走してあげました。
私はローストビーフ丼
b0327247_16351209.jpg


執事はハラミステーキ
b0327247_16350991.jpg



これからも、頑張るように。


[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-12 16:38 | 暮らし | Comments(8)