障害者手帳

父の右足が骨腫瘍で人工骨になった時、まだまだ気丈だった母は、父の車椅子を押して地元を歩くなんて絶対嫌だと言いました。
平成20年の年末のことでした。

父を好きだった私は、なんと薄情な母親かと思いました。
でも、若い時から父の酒癖の悪さで泣かされて来た母の反逆かも知れません。

先日の耳鼻咽喉科の聴力の検査で、あと少しで4級の障害者になるレベルと言われました。
もう一つ、言語の理解力の検査も受ければわかると言われましたが、それは次回という事にして帰って来ました。

障害者手帳を貰えば、補聴器を買う時に補助金が出るそうです。

さて、その話を母にどのように切り出そうかと考えました。
私の知ってる母の性格なら「私は障害者じゃない!そんなもん貰わんでも、補聴器くらい自分で買う!」と言いかねない。

耳鼻咽喉科での医師と私の会話は、もちろん母には聞こえてません。
帰宅してから、やんわりと話してみました。
「ふ〜ん。それなら今度検査するわ。
新しい補聴器も欲しいし。」と。
何のことはない、すんなりと受け入れました。

シルバーカーを押して歩くことを嫌がらない母も不思議でしたが、自分の老いを認めたか、回りはみんな知らない人ばかりだからか、私にしたら素直な母は気持ち悪いのです。

もう一つ、その障害者手帳の申請とやらが、どうもめんどくさそうなのです。
これから暑くなるのに、区役所と病院とを行ったり来たりするのかと思うと、できれば4級のラインに達しませんようにと、心の中で願う私です。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
牛丼
b0327247_16150057.jpg

朝ごはんのあと、母にメモ書きで
「お昼はカレーか牛丼、どっち?」と見せると
「牛丼」と言いました。
それからしばらくして
「カレーライスでもいいよ。」と。
もう牛丼の用意をした後でした。

今日の幸コレ

b0327247_16160650.jpg

しっかりした足取りになりました。
自分で「口と足は達者ですから。」と言うだけのことはあります(笑)



[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-08 16:17 | 母のこと | Comments(14)

母の居場所

店で居る間に、今頃母は何をしてるだろう?と思うことがある。
そう思う時の母は、大阪の自分の部屋に居る。

かと思えば、うどん県のあの家の物が溢れた自分の部屋の定位置で座っている母を思い出すこともある。

うどん県の母の部屋は、退院が早まった母の為に急拵えした部屋だった。
そこで母は、四年と少し一人暮らしをしたことになる。

考えたら、うどん県の部屋も大阪の部屋も、私が整えた部屋。
大阪に来てひと月ちょい、今はまだ両方の部屋に母が居るように思えて不思議。
母が私くらいの年齢の時は、まさか自分が大阪で暮らすようになるとは、夢にも思わなかっただろう。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
鶏団子甘酢あんかけ
ほうれん草胡麻和え
揚げとワカメの味噌汁
b0327247_13101623.jpg


ほうれん草が固かったのですって。
気をつけて、長めに茹でて短めに切るのだけど。

今日、幸子さんがお風呂から上がったとき、いつものように私が頭を拭こうとしたら
「自分でする。」と幸子さん。
頑張って足も拭き、自分の部屋に戻った。

そうそう、自分のことは自分でね。


[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-07 15:35 | 母のこと | Comments(10)

幸子さんの仕事

昨日の朝、私とオットとで母の部屋の掃除をした。
ふと気付くと、母がキッチンで洗い物をしようとしている。
何も手伝わず悪いとでも思ったか。

私はちょうど母が手に持っていた包丁を取り上げた。
「いいから、いいから。」
母は「いいの?」と言い、そのまま手を拭いて、キッチンから出て行った。

最近、洗濯物を干す時や取り込む時は手伝ってくれるようになった。
掃除機をかけていると、邪魔なものはどけてもくれる。
それはいいが、洗い物はして欲しくない。
なぜか?
二度洗いが必要になるから。

実家の食器がそうだった。
洗って水切りカゴに置いてあっても、お皿やコップは汚れが綺麗に落ちてないものが多かった。
ざっと洗うからか、目がよく見えてないかはわからない。
実家の食器棚から食器を出して使おうと思っても、汚れが残っていて洗い直すこともあった。

二度洗いするくらいなら自分で洗う。
それに、私に二度洗いされるくらいなら、母も最初から断られるほうが良いだろうと思った。
これが姑さんなら難しいだろうなあ。
今はとにかく、自分のことをして欲しい。


今朝は耳鼻咽喉科に8時半に到着。
初診なので問診に時間がかかったけれど、薬局でお薬を貰ったのは10時前。
まずまずでした。

火曜日なので、耳鼻咽喉科からも近いいつものシルバーエイジデーのスーパーでお買い物。
お昼はにぎり寿司を食べると幸子さん。

写真がないので、2度目の豆苗。
b0327247_16004677.jpg

お味噌汁に入れても、豆くささが気になります。
またしばらく買わないでしょう。





[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-06 16:00 | 母のこと | Comments(8)

出番待ち

日曜の夕方は、三人が順番にゆっくりとお風呂に入れます。
オット〜幸子さん〜わたし。。

幸子さんに「お風呂〜」と言うと、必ず
「あんた先に入って。」と言います。
私が最後じゃないと、誰がお風呂掃除するの?

幸子さんのお風呂は一日置き。
私達はシャワーだけてもいいけど、幸子さんが入る日は湯船にお湯を入れます。
心配なのは、湯船の出入り。
浴槽の高さがけっこうあります。
時々、様子を伺いながら、幸子さんの出番待ち。
b0327247_10111302.jpg

ほおって置いたら、バスタオルを巻いて、ベチャベチャのまま、自分の部屋まで行くのです。
自分で背中は拭けても、立ったまま足まで拭けないのです。
年をとるとはこういうことか、幸子さんから学ぶことも多いです。

昨日は久しぶりにたこ焼きをしました。
以前に三人でたこ焼きをしたのは、忘れもしないあの時です。
それは幸子さんもよく覚えているようで
「あの時は大変やったなあ。」と言いました。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
高野豆腐
山芋とろろ
蓮根の甘酢漬け
b0327247_15144861.jpg


明日は幸子さん初の耳鼻咽喉科に行きます。
私が鼻血でお世話になったところ。
ここはいつも超満員。
明日は早めに出掛ける予定ですが、何時に終わるのかなあ。







[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-05 15:15 | 母のこと | Comments(6)

病院巡り

カラッと爽やかな土曜日なのに、幸子さんの病院巡りです。

整形外科までは幸子さんの足で20分弱です。
最近は腰痛も楽なようで、歩くスピードも上がりました。

整形外科の先生は初対面からの印象が良いので、その先生の言うことは絶対の効き目があり、私もとても助かります。
カルシウムの注射はいつも看護師さんなのに、前回は先生でした。
先生のほうが痛くて、おまけに注射の跡が青くなってても、信頼してるお気に入りの先生なら許せるんですねえ。

内科と喘息のお薬が残り少なくなって来たので、2回目の内科にも行きました。

うどん県で貰った薬は同じ日にち分貰ってるのに、残りにバラつきがあるのは高齢者あるあるでしょうか。
本人はちゃんと飲んでる、薬局の人が数を読み間違えてるとまでおっしゃる強気の幸子さん。

内科の先生は前にも書きましたが、地味な顔立ちで声に抑揚がありません。
最初に幸子さんの耳が遠いので私が代わりにお話聞きますとは言いましたが、もうちょっとはきはきと喋れんか!と、この私でも言いたくなりますが言いませんけどね。

残りの薬の数に合わせて、新しいお薬を貰いました。
お薬は変わります。
これが幸子さんにどう作用するか、飲んでみてのお楽しみです。
高齢者はいつもと違うを嫌がります。
自分の何かが具合悪くなると「新しい薬のせい」って絶対言います。
間違いないです。

おまけに「あの先生、ちっちゃい声。なんも聞こえん。」と待合室で受付の人に聞こえる声で二度もおっしゃる。
よく効くお薬も効かなくなりそうです。

二つの病院はどちらも空いてて、早く帰宅できました。
帰りには例の如くスーパーに寄ってお買い物。
幸子さんが見つけたのはこれ。
b0327247_17450975.jpg

出前一丁のカップです。
今晩はこれを食べるそうです…

少し前に、確かカップ麺はもういらんと言ったはず…
お忘れでしょうか。




[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-03 17:45 | 母のこと | Comments(12)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう