お役所仕事

朝から風の強い大阪です。
台風のせいだと思います。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
チキンカレー
ブロッコリーのサラダ
b0327247_17142276.jpg


朝のネクタリンらしい果物をデザートにいただきました。
b0327247_17142295.jpg

切る時期が早かったのか、酸っぱいし硬い。
残念!
自分で買うことはないでしょう。


◯区役所の福祉課から電話がありました。
幸子さんの補聴器購入補助申請をしてあり、許可がおりそうなんだけど、昨年の所得証明書が必要と言うのです。
後期高齢者で年金暮らしですから、所得なんてある訳ないのですけどね。

その申請書は身体障害者手帳交付申請の時に一緒に提出していました。
耳鼻科の先生が、どうせ時間がかかるだろうから早めに申請しておいたほうが良いと言ってくださったからです。

その申請の時と、手帳の受け取りの時、すでに二度◯区役所の福祉課に出向いています。
前にも書きましたが、我が家は◯区の西の端、◯区役所は東の端ほど離れています。
この炎天下に何度も行きたくないのです。

しかも、幸子さんの昨年の所得証明書は、うどん県の◯市に申請書を郵送し、また向こうから郵送してもらうしかありません。
これに何日かかるのでしょう。

せめて、手帳の受け取りの時に教えて貰っていたら、今頃にはうどん県の◯市から所得証明書が届いているはず。
所得証明書はまた◯区役所の福祉課に持って行かねばなりません。

まあね、自分の親のことですから仕方ないのですけど、なんか腹が立つのです。


[PR]
# by anatatoyu | 2017-08-03 17:15 | 暮らし | Comments(16)
長野の親戚から送って来たと、いただきました。
「すもも」だと言うのですが、すももにしては身が硬い。
形からして桃の親戚には違いないと思いますが、名前、食べ頃、食べ方など、ご存知の方、教えてください。
b0327247_09213412.jpg


[PR]
# by anatatoyu | 2017-08-03 09:18 | 暮らし | Comments(4)

94歳と84歳

昨日の内科で幸子さんの隣りに座った方のお話です。

自宅から内科までは、幸子さんの足でも10分足らず。
診察時間の9時ちょうど頃に着いたのに、けっこうな待ち人数でした。

私達が座ってほどなく、一人のご婦人が入って来られました。
小綺麗で上品そうでしたが、物腰から幸子さんよりは年上かと思いながら見ていました。
病院の待合室なんて、ほかにすることありませんから。

来られてすぐに検尿でトイレに入られましたが、ほどなく出て来て
「今は出ません。」と看護師さんに言っておられました。
ふと見ると、ワンピースの後裾が下着に引っかかったまま下りていません。
母もよくそうなります。
私はそっと教えてあげました。

その方は「ありがとう。」と言われ、母の隣りに座られて、それから話をし始めました。
自分は94歳だとおっしゃったので、母にも通訳(聞こえないので)すると、母も「まあ!」と驚きました。

母は自分からは年齢を言いません。
何歳が境界かわかりませんが、ある程度の年齢になると
「まあ!信じられない!」とか「へえ、そんなお年には見えない。」とか言われるのが嬉しいのではないかと思うほど、聞きもしないのに自分から年齢を言います。
オットが行く病院でも、90歳越えの方が何人かいて、同じように年齢を自白しては、周りの人から「へえ〜」と言われているようです。

今度は母が聞かれもしないのに、5月にうどん県から娘のところに越して来たことを話しました。
94歳の方は「今時、親を引き取ろうなんて子供はそうそういない。」とか「私には息子しかいないから、娘さんが居て羨ましい」とか「娘さんに感謝しないといけませんよ」とか。
半分も聞こえてないと思いますが、母はニコニコ笑って聞いてました。

その方は耳も目も良くて、歯も全部自分のものだとおっしゃいました。
シミも皺も少なくて綺麗な色白。
今も十分お綺麗ですが、若い頃は人が振り返るほどの美人であったと想像されます。
標準語に近い言葉で、おそらく良いお家の方でしょう。
息子さんはお二人で、それぞれの二人の孫も男の子。
お一人暮らしで全部自分でされるそうです。
お住まいは片道20分くらいとおっしゃったので、うちよりは遠い。
帰りには、うちと同じようにシルバーエイジデーのスーパーで買い物をして帰るとおっしゃいました。

やがて、母の会計が終わり、母とその方はお互いに「お元気で。」「またお会いしましょう。」と挨拶を交わして病院をあとにしました。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
アジのムニエル ゴーヤ炒め添え
冷奴
長芋とろろ
b0327247_17475926.jpg



昨日そのスーパーで買い物を済ませ、私達がすぐ前の交差点で信号待ちをしていると、ひとつ向こうの横断歩道を渡って来る94歳の方が見えました。

母のような押すタイプのシルバーカーではなく、体のサイドで杖も兼ねるタイプの車を引いておられる姿は、やはりしんどそうに見えました。

東京に住む長男さんが一緒に住もうと言うが、自分は嫌だとおっしゃってました。
もう長生きはしたくないとも。
お家の中のことはわからないけど、あまり意地を張らずに子供に甘えればいいのに。

またお会いすることがあるかな。



[PR]
# by anatatoyu | 2017-08-02 17:50 | 暮らし | Comments(10)

一円玉

数日前から、幸子さんが
「風邪を引いた。」と言うので、朝一番で内科に行って来ました。

行く道々で、私が先生に症状を言うために、幸子さんから詳しく聞きました。
鼻水、咳、痰。

名前を呼ばれて診察室に入るなり、私が喋る前に幸子さんが言いました。
「夏風邪を引きました。」

おいおい、それは先生が判断することじゃないの?
患者が自分で病名を言うのは、おかしくない?

風邪薬を貰って帰って来ました。

茄子のぬか漬けが良い色で美味しくできました。
ご飯がすすみます。
b0327247_17502644.jpg


火曜日はシルバーエイジデーのスーパーへ行く日です。
病院の帰りに寄りました。

レジで並んでいる時に、レジとレジとの中間に一円玉が落ちているのを見つけました。
みんな気がつかないのか、誰も拾いません。

私の番になったとき、一円を拾ってレジの人に
「これ、落ちてましたよ。」と言って渡しました。

レジの女性は、私よりいくつか年上に見えました。
「ありがとうございます。」と言ったあと
「ここに入れときますね。」と言って、レジの横にある募金箱に一円を入れました。

そして、こう言いました。
「一円を拾うとね、人の不幸も拾うのですって。」
「え?なら拾わなければ良かったわね。」と私が言うと
「募金したので、幸せが帰って来ますよ。」と言うのです。

普通、そんなこと言います?レジの人。
先日の怖い事件だけでも気が滅入るのに、スーパーで一円拾ったばっかりに、また災難が降りかかるの?
嫌ですよ。

しかも、募金箱に入れたのはアナタじゃないの!!
[PR]
# by anatatoyu | 2017-08-01 17:50 | 暮らし | Comments(8)

本日貸し切り

ほんとの貸し切りです(笑)

退職される方の、送別会の送別会みたいな(笑)
有志の方は退職される上司のために、今日はお昼から半休を取ってまで準備されます。
そんなに部下に慕われる上司はお幸せですね。
これからは奥様とお二人で仲睦まじく楽しい老後を送られることでしょう。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
かれいの煮付け
茄子と揚げの味噌にゅうめん
ひじきのおにぎり
b0327247_13571760.jpg



7月も終わりです。
この一週間も猛暑の予想の大阪。
栄養と睡眠を十分に取って、皆さん夏を乗り切りましょう!





[PR]
# by anatatoyu | 2017-07-31 14:00 | 店のこと | Comments(2)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう