バイバ〜イ。

幸子さんが大阪に来て1ヶ月になりました。

高齢者を住み慣れた土地から動かすと、認知症を発症しやすくなる。
または認知症が進行すると、よく言われます。

私の知り合いで、うちと同じように親を呼び寄せて、一緒に暮らす(暮らした)人を二人知っています。

二人とも、息子が母親を呼び寄せた形ですが、認知症ではないと聞いています。

私も母親を呼び寄せるにあたり、一番心配なことはそこでした。
気の強い人ですが、本人も不安なことは多かろうと思います。

最近は喘息と腰痛が少し良いようで、洗濯物を畳んだり、自分のことは自分でやってるので、そんな時は手伝いません。

毎日のことも「こうして」「ああして」となるべく言わずに、こうして欲しい形に収めて置くと、そのようにしてくれています。
夕食の時に自分が使った食器も、きちんと洗って水切りカゴに入れてあります。

毎日の暮らしの中の何でもない小さなことですが、その小さなことを見逃さずに注意したいと思います。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
焼きそば
しらす大根おろし
b0327247_16064350.jpg

おにぎりとお漬物は食べきれず、夜に食べるそうです。

私が家を出る時、昨日今日と玄関まで送りに出て来ました。
私は母の顔を見ながらドアを閉めて鍵をかけるのが、母を監禁するようで、本当は見送りに来て欲しくないのです。

おまけに、滅多にない笑顔で
「バイバ〜イ」なんて手を振られると、夜中に帰るのが怖い怖い。
そ〜っと母の部屋を覗いて「ぐあ〜」ってイビキをかいてると、生きてるわとホッとします。

明日は幸子さんの整形外科と内科&呼吸器科です。



[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-02 16:05 | 母のこと | Comments(10)

あの家

あのうどん県の家はどうなったの?と思っておられる方、いらっしゃいますか?

2012年の年末に母が交通事故で入院して退院するまでの二ヶ月間で、私は何かに取り憑かれたように実家を片付けました。
叔父やオットに手伝って貰い、大きなゴミ袋におそらく50個では効かぬほど捨てたと思います。

そのあと本家筋の人が、二階の大型の箪笥やら着物や不用品を軽トラック2台分持ち帰りました。
それでも、60年以上改築を繰り返して広げた家には物が溢れかえっていました。

母が大阪に来ることを決意した昨年末から、母の友人達や親戚にいろんな物を貰ってもらい、ようやく部屋の中に隙間ができたのです。

最後に残った洗剤や食料品の未使用品は叔母に引き取ってもらいましたが、使いかけの洗剤や調味料などはそのまま、台所の鍋釜を含む調理器具もそのまま。

母いわく、四月に入って自分の体調が悪かったので、大阪に持って来たかった物をたくさん残したままになった。
それを毎日悔やむのです。

今現在、大阪の母の四畳半の部屋は、一間半の押入れの襖が閉まらないほど物で溢れ、オットのパソコン周りは母が通販で買い漁った品が山盛り。

私達は自分達の物をたくさん断捨離して母の荷物を入れ、そしてなお溢れる荷物を受け入れたのに、まだその上に母は嘆くのです。
いつまで嘆くのでしょう。

そしてあの家の後始末、私は業者に頼んで一日で片付けて貰おうと思っていたのに、間際になって叔父がやると言ったもので断る訳にもいかず、叔父に任せたのでした。

その叔父から
「ゆうこ、もう全部片付いたから心配いらん。」と電話を貰ったのは、5月23日のことでした。
無料ではありません。
でも業者に払うと、もしかしたら倍くらいの費用がかかったかも知れません。
残した物から叔父が必要なら使ってくれれば良いのです。

少し心残りなことは、できるならあの家が空っぽになったところを、この目で見たかった。
私が生まれ育った家ですが、なぜか私にはあまり良い思いのない家でした。

今、Googleのストリートビューでは、もちろん母が居た頃の植木が並ぶ家です。
何年ごとに更新されるかわかりませんが、いつかあの家が無くなってる写真を見たら、私はその時どんな感情になるのでしょうか。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
ちらし寿司
アジフライ(スーパーの)
b0327247_13341040.jpg


幸子さんはどんな風にあの家を思い出しているのでしょうか。
最近は家の事は話さなくなりました。







[PR]
# by anatatoyu | 2017-06-01 16:00 | 暮らし | Comments(6)

この差はなんだ?

平日、オットはお昼ご飯が終わったらシャワーを浴びて、私より先に家を出ます。

私はそのあと片付けてから、一日置きの母のシャワーかお風呂に付き合い、洗濯をしてから出掛けます。

オットが出掛ける用意を始める午後1時頃になると、母はオットを見送る為にお尻が浮きます。
オットが「お母さん、行って来ます。」と声をかけると、母は椅子から立って玄関まで見送りに行きます。
「気をつけて、行ってらっしゃあい。」と言います。

私が出掛ける午後3時前、幸子さんがシャワーを浴びた後なら起きていますが、そうでないと椅子に腰掛けてテレビを見ながら居眠りしてたり、ベッドで横になっていたりします。

私が暖簾を上げて
「行くからね。」と声をかけると
「もう行くの?気をつけて。」と微動だにせず言うだけ。
まあ、いいですけどね。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
鮭の塩焼き
肉じゃが
豆腐とワカメの味噌汁
b0327247_13103554.jpg


今日は一番近いスーパーに買い物に。
b0327247_15493326.jpg

圧迫骨折で一段と背中が丸くなりました。
[PR]
# by anatatoyu | 2017-05-31 16:00 | 母のこと | Comments(6)

いただきまあす。

うどん県で私が作ったご飯を食べる時も言ってたと思いますが、大阪に来てからも幸子さんは言ってます。
「いただきまあす。」

朝は呼ばなくても食卓の自分の席に座ってますが、お昼や夜は、私かオットが「ご飯。」と呼ぶまで、自分の部屋で座ってます。
暖簾一枚ですから、気配でわかるはずなんですけどね。

朝は幸子さんだけ高級ヨーグルトを食べるので、私がキッチンに入った時に、冷蔵庫からヨーグルトを一つ取り出して、幸子さんの席に置きます。
冷蔵庫から出してすぐは冷たいので、早めに出しておくのです。

幸子さんは誰よりも先に席に着いて、まずヨーグルトを食べます。
その時は「いただきまあす。」は言いません。

やがてオットが座り、コーヒーやらパンやらが並び、私が座り食べ始めると、ヨーグルトを食べ終えた幸子さんが
「いただきまあす。」と言って食べ始めます。
なんか不思議です。

食べてるあいだに、時たまチラッと私やオットのお皿を見ます。
何を見てるんでしょう?
あら、私よりオットさんのほうがハムが多い、なんて思ってるんでしょうか(笑)
働く人が多いの当たり前です。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
イカ天のおろしポン酢
卵豆腐
昆布のお吸い物
b0327247_13153598.jpg

写真はご飯が炊き上がる前です。

今日は近所のスーパーのシルバーエイジデーでした。
梅昆布にクルミ、抹茶のロールケーキにわらび餅、そして西瓜。
クルミは朝イチで放送されてたからです。
好物が買えて嬉しそう。
b0327247_13153564.jpg

冷蔵庫の中はおやつだらけ。

そうそう、昨日の素麺の冷麺風はタレが少なくて混ざらず、食べられなかったと残してました。
今夜はおやつだけで良いそうです。
まあ、動かないのですから、そうそう食べられませんわね。


[PR]
# by anatatoyu | 2017-05-30 16:00 | 母のこと | Comments(8)

麺食い

神戸生まれで、うどん県育ちの幸子さんは麺類が大好き。
うどん県で住んでいた頃、近所に美味しいうどん屋さんがあったので、そこには一人でも食べに行っていた。
最後に二人で行った時には、店の方も名残りを惜しんでくださった。

大阪に来てからまだうどん屋さんには行ってない。
うちの近所には美味しいうどん屋さんはない。

外食に出ると必ず最後にはラーメンを食べたがる。
先日の中華ランチの時のラーメンは良かったが、昨日の焼き鳥屋さんのラーメンはお口に合わなかったらしく、少し食べて
「もう、いらん。」
おかげで私はお腹いっぱい。

お昼も素麺とかうどんとか言うけれど、お昼くらいしっかりおかずを食べて貰いたい。
今日のお昼は、炒飯とかき玉スープ、胡瓜とカニカマの酢の物。
写真は撮り忘れ。

一人の夕飯用に、素麺を冷麺風にしてみた。
素麺は茹でて水にさらしたあと、軽くごま油を和えて、麺がくっつかないようにした。
タレは薄い麺つゆにポン酢と砂糖を少し。
食べる時にかけてね、と言って出て来た。
b0327247_16014451.jpg


作るのが2時頃、食べるのは6時頃。
冷蔵庫の冷たいのを嫌がるので、キッチンに置いておく。
まだこの気温だから良いけど、真夏になると考えなくちゃ。


[PR]
# by anatatoyu | 2017-05-29 16:00 | 母のこと | Comments(4)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう