ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。

by ゆう

眼鏡も忘れる春

お昼過ぎ、オットは店から市場方面へ買い物に行きます。
その間に酒屋が来たりするので、オットは出がけに
「お願いします。」と言って出掛けます。

今日もそう言って出て行ったと思ったらすぐに帰って来たので、私が
「どうしたん?」と聞くと
「眼鏡忘れた。」と言うのです。

はあ?どのタイミングで何をどうしたら眼鏡を忘れられるのか、私にはわかりません。
自転車の鍵を忘れるのとは訳が違うと思います。
おそらく何か小さな文字を読む時に、眼鏡を外したのでしょう。
あの境目の無い額に乗ってなかっただけ、マシでしょうか。


昨日の日曜日。
いつもなら店のトイレやエアコンの掃除に一度は店に行くオットが「行かない。」と言いました。
理由は「家の用事をするから。」

オットが言う「家の用事」とは、パソコンの足元と洗面所近くの棚の下段の片付けのはず。
あのガラクタの工具が入っているところです。

ところが、何一つ片付けずに夕方になったのに、オットはパソコンの前に座ったまま動きません。
それも、どうも何かに困っている様子。
一応、同居のよしみで聞いてみると、ネットバンキングのパスワードがわからないと言うのです。
しかも登録したばかりのもの。

普通、どこかにメモするでしょう。
しかも登録したばかりなら、まだ覚えているでしょう。
パソコンで何かをやると、確かにI.D.やらパスワードばかり決めなければいけません。
同じものを使ってはいけないと言われても、全部違うものにしたら困るのは自分です。

結局、一晩経ってもパスワードを思い出せず、再びその銀行に足を運ぶことになりました。
もちろん「家の用事」も何一つできてません。



☆今日のまかない
野菜炒め
こんにゃくの煮物
b0327247_15355155.jpg



陽射しも暖かく春めいて来ました。
皆さんも、いろいろとお気をつけくださいね(笑)





[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-06 15:35 | オット | Comments(10)

惰眠を貪る

何か疲れる一週間でした。

毎朝同じくらいの時間に目覚めますが、今日が日曜とわかった時は、よし、今日は時間を気にせず、次に目覚めるまで寝てみよう。
と、思うけど、結局そのまま起きてしまう。
下手すれば平日より早く起きたりする。

若い時には、日曜日にお昼まで寝てると
「目が腐る!」と母に起こされていたのに、眠るというのはエネルギーの要るものだとよくわかります。

まあ、そのうち、それこそ永遠の眠りに入る訳ですから、慌てて寝溜めしなくても良いということですかね。


☆日曜日の夕飯
お造りやレバーの照り焼きや筍の煮物。
全部買って来たもの。
休日は何にも作りたくないです。
b0327247_19372365.jpg


一時期は日曜と言えど気の休まらないことが多かったけど、最近は穏やかな日曜日が続きます。
それも永遠でないと、学習したはずです。

皆さんは、良い日曜日でしたか?





[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-05 07:28 | 暮らし | Comments(10)

一日に二度

昨日のまかない直後、電話がありました。
また母かと思って私が出たのですが、アナゴさんからでした。

「あれ?誰?えらい婆さんの声やな。
幸子か?」とアナゴさんが言うのです。
「ば〜か!」

もともと私の声は低いだみ声です。
母からかと思う電話に、よそ行きの声を出す訳がありません。


夜…相変わらずヒマな店です。
自分でもよ〜やってると思いますわ。

そんなところにやって来た人が
「ゆうさん、元気?」と聞かれました。
「まあまあね。」と厨房からお返事すると
「声が死んでるよ。」と言われました。
えっ?そう?


同じ日に二人から、声が「婆さん」だの「死んでる」だの言われると、かすかに凹みます。
もしかして私、何かが減ってる?
怖っ。
きっと母のせいだわ。




☆土曜日のまかない
手作り焼き豚入りラーメン
菜飯のおにぎり
b0327247_15415912.jpg


今夜はりんごちゃんの送別会。
ご夫婦でアメリカに行きます。
お二人共、大学で味覚の研究をされていて、今回アメリカの大学から招かれたそうです。
いろんな人生がありますねえ。

皆さんも良い週末を🍀






[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-04 15:40 | 私のこと | Comments(6)

母と姉

「姉さん、今帰った。」と母から電話があった。
1時間ほど二人であれこれ喋ったそうだ。

叔母は私の父の葬儀の時には足腰が立たず、どうなることかと思うほどだったが、その後に手術をして今は何とか歩けるまでに回復しているそうだ。

細かった叔母は足が悪いせいかふっくらと太り、とても86歳には見えぬほど綺麗だったと母が言う。
「もう会えないかも知れない。」と叔母が言い、母に小遣いをくれたらしい。

う〜ん、それも言うなら「お餞別」だと思うけど、やっぱりお姉ちゃんはお姉ちゃんなんだな。

肝心の「ぶんぶく茶釜」と「くるくる時計」は両方ともいらないと言われた。
あちゃー、それは私にとっては残念なお知らせ。
自分の物も片付けてるくらいだから、もう何もいらないと。

「な、みんなそうなんよ。片付けていかないといかんのよ。」
「そうやなあ。」と母。
どこまでわかってるのか?

「ぶんぶく茶釜」と「くるくる時計」の次の貰い手探してや〜。


☆今日のまかない
ベーコンとほうれん草のクリームスパゲティ
b0327247_15312163.jpg



今日は桃の節句。
そろそろ春の日差しも気になるので、ビタミンCの補給を。
ケースが可愛いでしょ。
b0327247_13232601.jpg

ムーミンに出てくるミムラ姉さんです。
リトル ミィのお姉さん。
スナフキンの異父姉だそうです。
ムーミン谷の住人も複雑な家庭のようです。













[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-03 15:40 | 母のこと | Comments(10)

男同士の好き嫌い

女は口煩い生きものです。
済んだことをネチネチ言います。
虫の好かない人とは喋りたくもないです。
それでも、腹の中が煮えくり返ってても、街角で出くわしたら挨拶くらいはします。
だから、口角が上がっても目は笑いません。


ヘビースモーカーでお髭のOさんが時たま連れて来る人がいる。
仮にAさんとしよう。
私達にとっては、可もなく不可もなく普通のおじさん。
て言うか、Oさんはもともと特殊なお仕事だったので、Oさんの周りには個性的な人ばかりだから、Aさんはその中では普通に近いと思うだけかもしれない。

そのOさんとAさんが飲んでるところに、Oさんの大学の後輩のKさんが数人で来られた。
KさんはOさんに挨拶をしたが、一番離れた席に座った。
あら?二人が会うのは久しぶりなのに…と、その時思った。

やがて先に飲んでた二人が帰った。
Kさんが「俺、Aとは気が合わない。俺が嫌いなAと飲んでるOさんまで嫌いになりそうだ。」と言った。

それで思い出した。
以前にOさんから、AさんとKさんは仲が悪いと聞いたことがあった。
三人は同じ大学だったのだ。
何があったか知らないが、いい年をしたおじさんがわざわざ口にすることか。
そこは大人同士、サラッと挨拶できないものか。

男同士の方が根が深いと言うこと?


☆今日のまかない
秋刀魚の開き
菜の花の辛子和え
ひじきご飯
なめこの味噌汁
b0327247_15404536.jpg



昔、まだ同窓会熱が高かった頃、一人の男子同窓生がやってきて、別の男子同窓生の悪口を延々喋って帰った。
その殆どが妬みだった。
あの時も後味が悪かったのを思い出した。

「女々しい」とか「女の腐ったような」とか言うのは、男に言うことだもんねえ。
え、女の腐ったとは失礼な!!






[PR]
# by anatatoyu | 2017-03-02 15:40 | 店のこと | Comments(6)