タグ:うちご飯 ( 88 ) タグの人気記事

お盆休み

11日が山の日なんて祝日になってしまったもんだから、私達商売人は大迷惑を被りますよ。
ほんとなら、明日の12日からお盆休みに入れば良かったのに、この祝日のおかげで一日長くなってしまいました。
店の家賃は開けても閉めても同じですからね。

今日も猛暑日の大阪ですが、新幹線も道路も混んでいるようですね。
私のほうはあの混雑の中、汗を拭きふき帰省することもなくなり、いつもと変わらない休日を過ごしています。
でもオットは明日明後日と岐阜。
ご苦労様です。

☆今日の夕飯
ブリの塩焼き
こてっちゃんと野菜炒めなど
b0327247_21263396.jpg

幸子さんの手が映ってますが、今日も食欲旺盛です。
三人の夕食の時は、オールフリーを一本飲みます。
明日は何をしようかなぁ。





[PR]
by anatatoyu | 2017-08-11 21:25 | 休日の夕飯 | Comments(6)

私の夢

それは老後を暖かいところで過ごすこと。

随分前に、老後をマレーシアやインドネシアで暮らす人々のことをテレビでやっていた。
そんな日本人もたくさん居て物価も安いらしいが、私はやっぱり沖縄がいい。
言葉が通じて、諸手続きにも困らない国内がいい。

でも、夫婦が元気で沖縄に行けても、いつかどこかが弱り、そのうちに介護が必要になり、やがて一人になる日が来る。
そうなると、どこかの施設に入らなくてはいけない。
だけど、私達にはいろんな手続きをやってくれる子供もいない。
一人になった時に、頭と体がどれだけ動くかもわからない。

そうだ!
沖縄で住むなら、最初から施設に入ればいい。
そう思ったのは、テレビの「やすらぎの郷」や、先日放送されていた油壺の「高級老人ホーム「エデンの園」の影響かも知れない。

「やすらぎの郷」は無料で入れるけど、それはテレビドラマの話(笑)
「エデンの園」の入居費用をチラッと見ると恐ろしく高くて無理。
他に最近ではパナソニックやベネッセなども、有料老人ホームを運営しているが、どちらも私達夫婦が入れる金額ではなさそうだ。

店が暇なので(笑)沖縄で、そんなところがあるか調べてみた。
老人ホームは一般的には、介護認定を受けて要支援か要介護の人が入居する。
でも「自立」と言って、元気なうちに入れるところが少ないがあるのだ。
そして夫婦で入居できるところ。

沖縄にもあった!
しかも、目玉が飛び出るほどの費用もかからない。
写真で見るだけだが、ロケーションも設備も良い。

よし!老後の楽しみができた!
できれば下見に行きたい!

でも…
問題は幸子さんだ。
私達が沖縄に行ける頃に幸子さんが生きていて、幸子さんが行くと言えば三人で行けば、それは最高だ。
もちろん、二人部屋と一人部屋。

そんなことを考えるのは楽しいが、家に帰って幸子さんの顔を見ると、夢も希望も消えて無くなる。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
焼きそば
冷奴
b0327247_15142717.jpg


今朝、幸子さんに内科に行くか?と聞くと「行かない。」と言う返事。
お好きになさいませ。

お気に入りの整形外科の先生の前で、精一杯のお愛想笑いをして、家に帰ってから腰が痛いと言うのやめて欲しいなあ。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-10 15:25 | 暮らし | Comments(12)

お盆前

昨日、家を出る午後2時頃、ざっと降った雨が小康状態になった。
「空が明るくなってきたから、雨も上がるわ。」と言う母の言葉を鵜呑みにした訳ではないが、母の顔を見ながら雨が上がるのを待つのも気が滅入るので、家を出た。

最寄り駅が近くなったら雨足が強まり、すぐに土砂降りになったので、駅前で雨宿りをした。
同じように雨宿りをする人で駅前はごった返していた。
20分近く居て、ようやく小降りになったので、再び出発。

私が家を出たあとすぐに、土砂降りの空を見て「あら、ゆうこ、大変!」と母は思ってるだろうと思い、今朝聞いたら、土砂降りになったことも知らないと言う。

駅と我が家は500メートルと離れていないので、天気が違うはずはない。
やっぱりこの人に、家事を頼んだり、天候によって窓の開け閉めを頼んでも無理なんだと、なんだかすごくガッカリした。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
茄子と豚肉味噌炒め
そうめん
b0327247_12150436.jpg


夏風邪を引いたと自己申告をして、内科で風邪薬を貰って飲んだが、ちっとも効かない。
それどころか新しい喘息の吸引薬が咳の原因になってると言い始めた幸子さん。
そんなことがある訳がない。

昔から、この人がこんなことを言い始めたら、他人の話を聞く耳を持たない。
お盆前だからと、少し早めの先週受診して一月分のお薬も貰い、これで一月は内科に付き添わずに済むと胸を撫で下ろしたのもつかのま。

母はお盆の間様子を見ると言うが、お盆の間そんな話ばかり聞かされるのはうんざりなので、明日整形外科のついでに内科にも連れて行くことにしている。

長い休みの前に、旅行の計画を立てていた頃がものすごく懐かしい。






[PR]
by anatatoyu | 2017-08-09 13:00 | 母のこと | Comments(8)

嘘も方便

昔から思ってた。

スルっと嘘が言える口が欲しいと。
嘘と言っても、人を困らせたり怒らせたり騙す嘘じゃなく「お世辞」とか「おべんちゃら」とかのこと。

それができたら、うちの店ももうちょっと繁盛して、店の寿命ももうちょっと延びるだろうな。
理屈ではわかっていても、この口が全然わかってない。
今更…。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
焼肉
切り干し大根
じゃこおろし
b0327247_12271873.jpg


昨日、台風の中来られたお客さんが
「ゆうさん、昨日でいくつになったん?」と。

はい、58になりました。スルっ。
時々できるようになったみたい♪(´ε` )



今日は幸子さんの耳鼻咽喉科の日でした。
まだ、うどん県から所得証明書が届かないので、補聴器は買えません。
来月になりそうです。

耳鼻咽喉科の帰りに、火曜日はシルバーエイジデーのスーパーでお買い物。
ほとんどが幸子さんのオヤツなど。
帰宅してから、一人で自転車で毎日の買い物に。

また帰宅して、汗をかいたので着ていた服を洗って干してたら
「さっき着てた服もう洗ったん?」と幸子さんの余計な一言にカチン!

私が自分の服を自分でいつ洗おうが勝手でしょ!
聞こえないので反論できます。
新しい補聴器か…よく聞こえるようになるのかな。。





[PR]
by anatatoyu | 2017-08-08 13:20 | 私のこと | Comments(8)

深夜の幸子さん その2

幸子さんが大阪に来た頃は、深夜の帰宅で目を覚ますことのないよう、私達はとても気をつかった。
自分の家に入るのに、ひそひそ声に忍び足。
他人が見たら泥棒に見えるかも。
しかし、それは必要ないとすぐに判明。
幸子さんには聞こえないのだ。

先週の金曜の深夜、私達が帰宅したのは日付けが変わって午前0時20分ごろ。
これは早いほう。

最近はずっと冷房が入ったままなので、リビングの扉は閉まっている。
玄関で荷物を降ろしリビングの扉を開け、冷房のスイッチを切るのが深夜の日課。
それから、幸子さんの様子を伺いながら、一つずつ窓を開けていくのだが…

あれ、幸子さんがベッドに寝てない。
もしかして反対向きに寝てるかと覗いても寝てない。
ベッドから落ちてもいない。

ベランダは?
と言うのは、金曜の夕方、大阪市内に豪雨注意報が出たので、干してある洗濯物を幸子さんが取り込もうとしてベランダで転ばないかと心配していたからだ。
でも洗濯物は干したまま、ベランダに変わりはない。

オットが「トイレ?」と言う。
水を流す音がして、幸子さんが出て来た。
頭にはカーラーがいくつか、サザエさんになってる。
「おかえり。」と言って歩いて来た幸子さんの頭を指差し、二人で笑ってると
「巻いてるんや。」
そう、土曜は整形外科の日でした。
病院行くのにお洒落するのです。
まあ、他に行くとこないからしゃあないか。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
チャーハン
ミニラーメン
胡瓜ぬか漬け
b0327247_12231117.jpg



昨夜はこんな綺麗なお月さまが見えたのに
b0327247_11032517.jpg


明け方、土砂降りに気付き、寝る前に干した洗濯物を慌てて取り込んだ。
窓を開けて寝たので、東の窓からは雨が振り込みソファも床もびしょ濡れ。

バタバタしてると幸子さんが起きて来て
「なに?雨?降ってないやろ?」
このざあざあが聞こえないから、何の対処もできない。
たとえ最新の補聴器があっても、寝る時は外すだろうから役に立たないだろう。

あ〜あ。。

今晩は台風かなあ。
金曜もボウズだったのに、またボウズ?
勘弁してよ〜。


[PR]
by anatatoyu | 2017-08-07 13:20 | 母のこと | Comments(10)

二の丑に一人買い物

ようやく鰻を食べることができました。
幸子さんの希望通り国産ですが、今年は例年に比べて値段が安いようで助かりました。
お昼にうな丼にして、いただきました。
b0327247_15453302.jpg


今日は買い物に「暑いので行かない。」と言った幸子さん。
この時とばかり、一人でイオンに行き買いたかった物を速攻で買い、食料品も急いで買い物して帰ったのに
「遅かったな。」と言われ、カチン!

遅いも早いも、自分はテレビ見て寝てるだけ。
行く前にクーラーも入れて、オヤツまで出して出掛けたのにカチン!

オットはこの週末、義父の一周忌のため岐阜に帰るので、新しい靴下やリュックも買いたかったし、私だって洋服も見たい買いたいのでカチン!

だから、今日は「なんか食べに行こう。」と幸子さんが言ったけど、行かない!

ただいまの気温36度。
台風はどうなるだろう。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-06 15:45 | 暮らし | Comments(8)

花火

淀川花火は午後7時40分から1時間。
それまでに夕食はとっくに終わり、幸子さんとスタンバイしてました。
b0327247_21474203.jpg

今日の夕食は、鰹のたたき、味噌カツ、ホタテグリル焼き、巻き寿司など。

開催時刻になると、花火の音がお腹に響くほど。
幸子さんとマンションの踊り場まで行きました。

もっと大勢の人かと思いきや、小さい私達二人ならどこでも入れました。
最初の15分ほどと、フィナーレを楽しむことができました。
b0327247_21474399.jpg


故郷の花火大会は、父とよく港の近くまで見に言ったそうです。

私と見た淀川の花火も、また思い出になることでしょう。


[PR]
by anatatoyu | 2017-08-05 21:50 | 休日の夕飯 | Comments(14)

ある父親

その人は50歳、4人の娘さんがいる。
奥さんはいない。
数年前に離婚した。

長女は高校を出てすぐに家を出て、交際していた男の子の家に住み着いた。
もちろん男の子の両親も同居。
やがて妊娠して入籍。
男の子を2人産んだが、子供を連れて実家に帰って来た。
長女はまだ26歳。
半年ほど前に親子で住む家が見つかり、やっと出て行ってくれたと、その人は言っていた。

次女は高校を卒業してからも、アルバイトをしながら家に居て、奥さんが居なくなったあとの家の用事をしてくれているそうだ。

三女と四女は双子。
来年春、高校を卒業。
親の放任主義で育った双子は、父親に相談もなく進路も勝手に決めていて、一人は専門学校、一人四年生大学。

親にお金が無いのも承知で、二人とも奨学金の申し込み用紙を貰って来ているそうだ。
とは言え、保証人は父親。
そうでなくてもローンを抱える父親は、このままいけば二人分の奨学金一千万も抱えることになるも知れないと、昨日、頭を抱えていた。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
冷麺
b0327247_16150550.jpg


子供の居ない私達は、そんな苦労も知らないまま年老いた。
でも娘さんが4人、お孫さんが2人、羨ましいわあ。

「賑やかでいいじゃないですか。
年取っても、絶対寂しい思いはしませんよ。」
ほかに慰めの言葉が見つからず…。


★明日の土曜日は臨時休業させていただきます。
淀川の花火を幸子さんに見せてやりたくて。
2年前までは通路から見えていたのですが、マンションが建って見える位置が極端に狭まったので、どこまで見えるかわかりません。
でも、来年はわかりませんからね。




[PR]
by anatatoyu | 2017-08-04 16:15 | 暮らし | Comments(6)

お役所仕事

朝から風の強い大阪です。
台風のせいだと思います。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
チキンカレー
ブロッコリーのサラダ
b0327247_17142276.jpg


朝のネクタリンらしい果物をデザートにいただきました。
b0327247_17142295.jpg

切る時期が早かったのか、酸っぱいし硬い。
残念!
自分で買うことはないでしょう。


◯区役所の福祉課から電話がありました。
幸子さんの補聴器購入補助申請をしてあり、許可がおりそうなんだけど、昨年の所得証明書が必要と言うのです。
後期高齢者で年金暮らしですから、所得なんてある訳ないのですけどね。

その申請書は身体障害者手帳交付申請の時に一緒に提出していました。
耳鼻科の先生が、どうせ時間がかかるだろうから早めに申請しておいたほうが良いと言ってくださったからです。

その申請の時と、手帳の受け取りの時、すでに二度◯区役所の福祉課に出向いています。
前にも書きましたが、我が家は◯区の西の端、◯区役所は東の端ほど離れています。
この炎天下に何度も行きたくないのです。

しかも、幸子さんの昨年の所得証明書は、うどん県の◯市に申請書を郵送し、また向こうから郵送してもらうしかありません。
これに何日かかるのでしょう。

せめて、手帳の受け取りの時に教えて貰っていたら、今頃にはうどん県の◯市から所得証明書が届いているはず。
所得証明書はまた◯区役所の福祉課に持って行かねばなりません。

まあね、自分の親のことですから仕方ないのですけど、なんか腹が立つのです。


[PR]
by anatatoyu | 2017-08-03 17:15 | 暮らし | Comments(16)

94歳と84歳

昨日の内科で幸子さんの隣りに座った方のお話です。

自宅から内科までは、幸子さんの足でも10分足らず。
診察時間の9時ちょうど頃に着いたのに、けっこうな待ち人数でした。

私達が座ってほどなく、一人のご婦人が入って来られました。
小綺麗で上品そうでしたが、物腰から幸子さんよりは年上かと思いながら見ていました。
病院の待合室なんて、ほかにすることありませんから。

来られてすぐに検尿でトイレに入られましたが、ほどなく出て来て
「今は出ません。」と看護師さんに言っておられました。
ふと見ると、ワンピースの後裾が下着に引っかかったまま下りていません。
母もよくそうなります。
私はそっと教えてあげました。

その方は「ありがとう。」と言われ、母の隣りに座られて、それから話をし始めました。
自分は94歳だとおっしゃったので、母にも通訳(聞こえないので)すると、母も「まあ!」と驚きました。

母は自分からは年齢を言いません。
何歳が境界かわかりませんが、ある程度の年齢になると
「まあ!信じられない!」とか「へえ、そんなお年には見えない。」とか言われるのが嬉しいのではないかと思うほど、聞きもしないのに自分から年齢を言います。
オットが行く病院でも、90歳越えの方が何人かいて、同じように年齢を自白しては、周りの人から「へえ〜」と言われているようです。

今度は母が聞かれもしないのに、5月にうどん県から娘のところに越して来たことを話しました。
94歳の方は「今時、親を引き取ろうなんて子供はそうそういない。」とか「私には息子しかいないから、娘さんが居て羨ましい」とか「娘さんに感謝しないといけませんよ」とか。
半分も聞こえてないと思いますが、母はニコニコ笑って聞いてました。

その方は耳も目も良くて、歯も全部自分のものだとおっしゃいました。
シミも皺も少なくて綺麗な色白。
今も十分お綺麗ですが、若い頃は人が振り返るほどの美人であったと想像されます。
標準語に近い言葉で、おそらく良いお家の方でしょう。
息子さんはお二人で、それぞれの二人の孫も男の子。
お一人暮らしで全部自分でされるそうです。
お住まいは片道20分くらいとおっしゃったので、うちよりは遠い。
帰りには、うちと同じようにシルバーエイジデーのスーパーで買い物をして帰るとおっしゃいました。

やがて、母の会計が終わり、母とその方はお互いに「お元気で。」「またお会いしましょう。」と挨拶を交わして病院をあとにしました。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
アジのムニエル ゴーヤ炒め添え
冷奴
長芋とろろ
b0327247_17475926.jpg



昨日そのスーパーで買い物を済ませ、私達がすぐ前の交差点で信号待ちをしていると、ひとつ向こうの横断歩道を渡って来る94歳の方が見えました。

母のような押すタイプのシルバーカーではなく、体のサイドで杖も兼ねるタイプの車を引いておられる姿は、やはりしんどそうに見えました。

東京に住む長男さんが一緒に住もうと言うが、自分は嫌だとおっしゃってました。
もう長生きはしたくないとも。
お家の中のことはわからないけど、あまり意地を張らずに子供に甘えればいいのに。

またお会いすることがあるかな。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-02 17:50 | 暮らし | Comments(10)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう