タグ:お出かけ ( 37 ) タグの人気記事

懐かしい場所

昨日は午前中、幸子さんの週一の整形外科と、こちらは先日合わして貰ったお薬では夜にめまいがすると言うので、仕切り直しの内科に行きました。
お昼に血圧のお薬が追加になり、それがまた以前のと同じだったので、一安心の幸子さんです。


今日は、私達が以前に住んでいた天神橋筋にお出かけ。
昔は日曜日は静かな辺りだったのですが、今はたくさんの飲食店ができて、店もほとんど変わっているので、幸子さんの頭の中は混乱気味。
それでも「ここは来たことがある。」なんて言いながら歩きました。

お昼は和食…
でも、この前の休みのランチと良く似たメニュー。
蕎麦と天麩羅好きなのです。
b0327247_14270728.jpg

幸子さんとオットが同じメニュー。

鯛焼きが欲しいとおっしゃるので、私が並び幸子さんは見学中。
b0327247_14270788.jpg


見学の感想は
「あんこが少ない。
テレビで映る東京の店はあんこがたっぷりやのに。」
どこに行っても辛口です。

商店街の入り口までは往復タクシー。
杖で歩くと言うのでそうしましたが、やはり疲れたようで、帰ったらすぐに横になってしまいました。

暑い日、雨の日、そろそろ昼間のお出かけが難しくなります。



[PR]
by anatatoyu | 2017-06-18 14:25 | 母のこと | Comments(6)

買い物は一人がいい

随分久しぶりにイオンへ行って来ました。
幸子さんと歩いて。
片道20分ちょっとかかります。
往復歩きは無理かと思いましたが、幸子さんが頑張ってくれました。

幸子さんは三年以上ぶりです。
「こんなに広かったかなあ。」なんて言いながら、幸子さんのクレンジングを買ったり、婦人服の売り場を見たりしましたが、服は買いませんでした。

お昼は家族亭で天ざる。
一人前普通に食べます。
b0327247_16085464.jpg


最後に食料品のフロアを見て回りましたが、夜のメニューを何にも考えてなかったし、いつも買うスーパーよりイオンの品が何を見ても高く感じて、結局トマトと幸子さんのおやつだけ買って帰って来ました。

それに幸子さんが居ると、どうも自分の買い物のペースを乱されるのでやりにくいのです。

帰宅して一休みしてから、一人でいつものスーパーへ買い物に行きました。
一人ならスーパーの中を行ったり来たりしながら夕飯のメニューを考えられるけど、幸子さんが居るとそうはいかないのです。

そして家に帰ると、幸子さんが言いました。
「安いからって、あちこち買い物に行かんでいいのに。
あんたもしんどいやろう。」

同じ物を買うなら安い店に行くのは当たり前だし、何より一人で買い物するのは、私のストレス発散なの!
幸子さんに聞こえないように、そう言いました。
[PR]
by anatatoyu | 2017-06-11 16:10 | 暮らし | Comments(8)

病院巡り

カラッと爽やかな土曜日なのに、幸子さんの病院巡りです。

整形外科までは幸子さんの足で20分弱です。
最近は腰痛も楽なようで、歩くスピードも上がりました。

整形外科の先生は初対面からの印象が良いので、その先生の言うことは絶対の効き目があり、私もとても助かります。
カルシウムの注射はいつも看護師さんなのに、前回は先生でした。
先生のほうが痛くて、おまけに注射の跡が青くなってても、信頼してるお気に入りの先生なら許せるんですねえ。

内科と喘息のお薬が残り少なくなって来たので、2回目の内科にも行きました。

うどん県で貰った薬は同じ日にち分貰ってるのに、残りにバラつきがあるのは高齢者あるあるでしょうか。
本人はちゃんと飲んでる、薬局の人が数を読み間違えてるとまでおっしゃる強気の幸子さん。

内科の先生は前にも書きましたが、地味な顔立ちで声に抑揚がありません。
最初に幸子さんの耳が遠いので私が代わりにお話聞きますとは言いましたが、もうちょっとはきはきと喋れんか!と、この私でも言いたくなりますが言いませんけどね。

残りの薬の数に合わせて、新しいお薬を貰いました。
お薬は変わります。
これが幸子さんにどう作用するか、飲んでみてのお楽しみです。
高齢者はいつもと違うを嫌がります。
自分の何かが具合悪くなると「新しい薬のせい」って絶対言います。
間違いないです。

おまけに「あの先生、ちっちゃい声。なんも聞こえん。」と待合室で受付の人に聞こえる声で二度もおっしゃる。
よく効くお薬も効かなくなりそうです。

二つの病院はどちらも空いてて、早く帰宅できました。
帰りには例の如くスーパーに寄ってお買い物。
幸子さんが見つけたのはこれ。
b0327247_17450975.jpg

出前一丁のカップです。
今晩はこれを食べるそうです…

少し前に、確かカップ麺はもういらんと言ったはず…
お忘れでしょうか。




[PR]
by anatatoyu | 2017-06-03 17:45 | 母のこと | Comments(12)

いただきまあす。

うどん県で私が作ったご飯を食べる時も言ってたと思いますが、大阪に来てからも幸子さんは言ってます。
「いただきまあす。」

朝は呼ばなくても食卓の自分の席に座ってますが、お昼や夜は、私かオットが「ご飯。」と呼ぶまで、自分の部屋で座ってます。
暖簾一枚ですから、気配でわかるはずなんですけどね。

朝は幸子さんだけ高級ヨーグルトを食べるので、私がキッチンに入った時に、冷蔵庫からヨーグルトを一つ取り出して、幸子さんの席に置きます。
冷蔵庫から出してすぐは冷たいので、早めに出しておくのです。

幸子さんは誰よりも先に席に着いて、まずヨーグルトを食べます。
その時は「いただきまあす。」は言いません。

やがてオットが座り、コーヒーやらパンやらが並び、私が座り食べ始めると、ヨーグルトを食べ終えた幸子さんが
「いただきまあす。」と言って食べ始めます。
なんか不思議です。

食べてるあいだに、時たまチラッと私やオットのお皿を見ます。
何を見てるんでしょう?
あら、私よりオットさんのほうがハムが多い、なんて思ってるんでしょうか(笑)
働く人が多いの当たり前です。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
イカ天のおろしポン酢
卵豆腐
昆布のお吸い物
b0327247_13153598.jpg

写真はご飯が炊き上がる前です。

今日は近所のスーパーのシルバーエイジデーでした。
梅昆布にクルミ、抹茶のロールケーキにわらび餅、そして西瓜。
クルミは朝イチで放送されてたからです。
好物が買えて嬉しそう。
b0327247_13153564.jpg

冷蔵庫の中はおやつだらけ。

そうそう、昨日の素麺の冷麺風はタレが少なくて混ざらず、食べられなかったと残してました。
今夜はおやつだけで良いそうです。
まあ、動かないのですから、そうそう食べられませんわね。


[PR]
by anatatoyu | 2017-05-30 16:00 | 母のこと | Comments(8)

夜デビュー

カラッとした爽やかな気候が続きます。

昨日は朝一番で、ちょっと遠いスーパーまで歩いてお買い物をして来た幸子さん。
だんだん歩くことにも自信が持てるようになったようです。
腰の痛みが減ってる証拠です。

夜は焼き鳥でも食べに行く?と聞いてみると、行くとおっしゃる。
昔から外食大好きな両親でしたが、父の足が不自由になってからは、それも叶わぬ生活になっていました。

最寄り駅前の焼き鳥屋さんを6時に予約。
幸子さん自身が杖で出掛けると言いました。
b0327247_05415366.jpg

焼き鳥は写ってませんが(笑)
幸子さんもグラス一杯のビールを飲みました。

帰りは商店街を通って帰りましたが、さすがに杖ではしんどかったようです。
でもシルバーカーで入れる飲食店を探すのも難しい。
次回はいつ、どんな所に行けるかな。




[PR]
by anatatoyu | 2017-05-29 05:40 | 母のこと | Comments(10)

病院のハシゴ

今日の午前中、幸子さんを内科(呼吸器科)と整形外科にお連れしました。

整形外科は先週に続き二度目。
人情味のある先生で幸子さんお気に入り。

内科は初診。
地味な顔立ちの物静かな先生で、幸子さんから見ると愛想が無いとの第一印象らしいです。

今日は昨日のシルバーカーを押して、ずっと徒歩での移動。
帰りにスーパーで買い物をして帰宅。
2時間ちょいかかりましたが、幸子さんも頑張りました。

幸子さんの今日のお昼ご飯
スーパーで買ったちらし寿司とぶっかけうどん
b0327247_16471058.jpg

うどん県を思い出す組み合わせですね。
自宅の茄子も綺麗に漬かり、幸子さんも美味しいなあ、と。
b0327247_16471060.jpg


幸子さんの今日の夕飯
b0327247_16471010.jpg

初の二段弁当。

お昼過ぎに「やすらぎの郷」を観る幸子さん。
昨日散髪した頭です。
b0327247_16471165.jpg

「こんな老人ホームは高いやろうなあ。」
ドラマの中では無料の設定ですが、説明するのが面倒なので
「そら、高いわ。」と返事しときました。

夕方4時からは私の歯医者。
今日は病院のハシゴデーでした。


[PR]
by anatatoyu | 2017-05-12 16:45 | 母のこと | Comments(12)

嵐の前の…

昨日は、ブログの更新もできないほど、ゆっくりさせて貰いました。

母が来るための買い物はしましたが、日曜日を自分のペースで動けるのは久しぶり。
今後も、こんな日曜日は当分ないでしょう。

毎週日曜日の午後3時からあるテレビ番組が楽しみ。
それを一生懸命観てるかと言えばそうではなく、1時間番組の半分以上をうつらうつらと居眠りしながら観るのです。
それがほんとに気持ち良い。
昨日も気持ち良く居眠りしました(笑)

夕食は簡単なものを自宅でも良かったのだけど、もうこんなこともないかと、重い腰を上げて梅田に出ました。

お気に入りのビアホールでハッピーアワーを楽しんだあと、馬力を付けるため馬刺しの店に移動。
b0327247_09211144.jpg

b0327247_09211306.jpg

たっぷりにんにくをつけて食べたので、一晩中口の中がにんにくでした。

帰りは、グランフロント、空中庭園あたりを歩いて自宅に戻りました。
b0327247_09211540.jpg

母が元気に大阪に来れば、またこんな夜もあるかも知れませんが、今の所難しいです。


☆今日のまかない
かれいの煮付け
ハムとキャベツのコールスロー
b0327247_15394817.jpg





[PR]
by anatatoyu | 2017-04-24 15:40 | 暮らし | Comments(10)

どんな子豚?

毎日寒いですねえ。
こんな日はお鍋です。

昨夜は、イベリコ豚と鶏のつみれのお鍋にしました。
b0327247_07480964.jpg


他は鶏の手羽中の塩焼き
b0327247_07480956.jpg

私の好物です。

お鍋の最後はお餅。
ツマミにしていたキムチの器に入れて。
b0327247_07481029.jpg


前にも書きましたが、お鍋があんまり好きじゃない私。
まず同じ味でずっとが嫌なんです。
それが昨日はキムチのおかげか、味に変化があって、最後まで美味しく食べられました。

それと程良い量が大切ですね。
まだある、ではなく、もうない、くらいの量。
初老の夫婦二人なら、小さい鍋で十分です。

さて、このイベリコ豚を買うたびに思い出すエピソードがあります。
b0327247_07481046.jpg


昔「ヤマモトヨウコ」さんというお客さんがいました。
あの芸能人と同じ名前のね。

そのヨウコさんとイベリコ豚の話をしていると
「イベリコブタって、どんな子豚?」と聞かれ、大笑いしたこと。
昨日はイベリ子豚を食べたのでした(笑)


寒い日は、家の中での片付けが捗ります。
昨日も大きなゴミ袋一つ分、捨てる物ができました。
写真を撮り忘れたのですが、その中にオットのラグビーボールがありました。

うどん県時代にラグビーの社会人チームに入っていたオットが、送別会で皆に寄せ書きをしてもらったラグビーボールでした。
捨てる前に、今一度寄せ書きを読んでから、チーン。
思い出は目に焼き付けて、形はさようならです。

今日はお昼からお出かけします。
お客さんのバンドのコンテスト?があります。
そのあとは、もちろん飲み会です(笑)
ほどほどに帰って来ます。


[PR]
by anatatoyu | 2017-01-22 07:50 | 休日の夕飯 | Comments(10)

都会の夕食事情

昨日訪れた六甲アイランドは人口島。
カラフルでお洒落に見えるマンションが林立する。

島の対岸のJRや阪神電車の駅からは無人運転の六甲ライナーで繋がれ、島の中心部にはホテルが二軒、専門学校や小さな美術館もある。

六甲ライナーに沿って人口の川が流れ、その両サイドに飲食や物販の入るお洒落な「リバーサイドモール」という建物がある。

私達が最初に訪れた20数年前は、この近辺もとても賑やかで、この都会的でお洒落な雰囲気に憧れて、ここで住んでみたいと思ったものだが、とても手の出る値段ではなかった。

そして震災後には液状化現象が問題になり、私達の選択肢からは外れた。
それがこの辺りが寂れた原因かどうかはわからないが、今回私達が目にした閑散ぶりは酷かった。


夕食の場所に困った。
ホテルの中には一揃いのレストランがあるが、私達にはお高いし、そんなに量も食べられない。

悩んだあげく、ホテルの一階の広場(屋内)にあるイタリアンにした。
イタリアンと言ってもファミレスのような店だが、お安いのもあってか、ここだけは繁盛していた。

私達の右隣りでは、初老の男性が一人。
左隣りは私くらいの年齢のおばさんが二人。

男性は一人で夕食らしく、生ビールやデキャンタのワインに、おつまみくらいの量のフライドチキンとボンゴレのスパゲティ。
酒のあては人間ウオッチングのようにも見えて、定年後の独り身かと思った。

おばさん二人は食事のあとのコーヒーのようで、二人は顔をくっつけては誰かの悪口(たぶん)を言い、二人で同時にのけぞっては身をよじって笑う。
陽はすっかり落ちているのに、家族の夕食の準備はどうなってるのかと心配になった。

やがておばさん二人は帰って行った。
入れ替わりに席に座ったのは親子三人。
夫婦は四十代、子供は小学一年生くらい。
遅い子供だなと思った。

父親は色白で太っていて頭頂部は気の毒なほど(私の斜め前なのでよく見える)。
カラフェのワインにほうれん草のソテーをつまみに、あと何か食べていたが忘れた。

母親も背が高いがこちらはスマートで美人なほうだと思う。
コーヒーしか頼まず、最後まで食べ物は口にしなかった。

子供は母親の隣りに座り、何かのスパゲティを食べ、食べ終わると外に出て行った。
やがて父親も食べ終わったが、二人は向かい合って座ったまま会話もなく、それぞれのスマホを見ている。

それを見ている私も私だが、
「不思議な光景やね。」とオットと目配せをしながらワインを飲んでいた。

やがて、独り身らしいおじさんが帰り、私達も食べて飲んで終わった。
長居をする習慣はないので、とっとと会計を済ませて外に出た。

その広場の真ん中には小高い山がある。
柵もなく誰でもその山に登れるようになっていて、一人の男の子が遊んでいた。

昔は広場を囲んでいろんな店があったが、今は薄暗い中に百均の店が一軒あるだけ。
そんなところで、一人で山を登ったり下りたりしてる男の子は、さっきの夫婦の子供だった。


六甲アイランドには、わざわざ県外から来て住んでる人は少ないだろうと思う。
だけど作った島だから、みんなよそから来た人の集まりだろう。
そこを都会と呼んでいいかどうかわからないが、休日の夕食にしては寂しい光景を見てしまった。


☆今日のまかない
カレー
ほうれん草とゆで卵のサラダ
b0327247_15380408.jpg




向かい合ってスマホをしてる会話のない夫婦を見てて、ある言葉を思い出した。
「一人で居るより、二人で居るほうが寂しい」
これは長渕剛と離婚する時の石野真子の言葉だったと思う。

あの夫婦が寂しいかどうか知ったこっちゃないが、子供はかわいそうだと思った。
これも大きなお世話かな。











[PR]
by anatatoyu | 2017-01-10 15:40 | 休日の夕飯 | Comments(12)

二日目

深夜、部屋からの眺め。
六甲ライナーの線路が通っています。
b0327247_09000188.jpg


ホテルの建物は経年劣化しているとは言え、さすがに腐ってもなんとかでアメニティは充実しています。
b0327247_09000228.jpg

そして温泉。
全く手ぶらでOK。
アプローチもお休み処も浴室もお洒落。
お湯も設備も凄く良かったです。
オットは過去最高だと言いました。
b0327247_09000389.jpg

朝ごはん前にも入って来ました。

朝食はガーデンカフェでビュッフェ形式。
写真は私の分。
全種類は食べられないし、デザートには行き着きません。
b0327247_09000352.jpg


予報では雨でしたが、良いお天気になりました。
b0327247_09591090.jpg


酒蔵がどうとか言ってたオットですが、行くのかと聞くと
「めんどくさくなった。」そうです。
朝ごはん食べ過ぎじゃない?

そういう私もお腹いっぱいで、動くのがたいそうになってきました。
でも帰らなきゃ(笑)



[PR]
by anatatoyu | 2017-01-09 10:00 | 暮らし | Comments(6)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう