タグ:お客さん ( 147 ) タグの人気記事

まもなく

昨夜は後光が差したお客さんが二組も来てくださいました。
しかも、私の誕生日を覚えていて乾杯してくださったり、母の話を聞いてくださったり。
店をやってて良かったなと思うのは、こういう時です。

今年も店の周年の行事が近付いて来ました。
9月でまる21年になります。
長かったような短かったような21年ですが、私達が年老いたように、周りも確かに変化しています。

年に一度だけ妙な緊張感を感じる行事ですが、もうそろそろ終盤に入って来たので、できるだけ肩の力を抜いて22年目を迎えたいと思っています。


☆今日のお昼ごはん
冷麺
b0327247_15022435.jpg


残暑厳しいですね。
皆さん、体調を崩さないように気をつけて。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-17 15:00 | 店のこと | Comments(10)

ある父親

その人は50歳、4人の娘さんがいる。
奥さんはいない。
数年前に離婚した。

長女は高校を出てすぐに家を出て、交際していた男の子の家に住み着いた。
もちろん男の子の両親も同居。
やがて妊娠して入籍。
男の子を2人産んだが、子供を連れて実家に帰って来た。
長女はまだ26歳。
半年ほど前に親子で住む家が見つかり、やっと出て行ってくれたと、その人は言っていた。

次女は高校を卒業してからも、アルバイトをしながら家に居て、奥さんが居なくなったあとの家の用事をしてくれているそうだ。

三女と四女は双子。
来年春、高校を卒業。
親の放任主義で育った双子は、父親に相談もなく進路も勝手に決めていて、一人は専門学校、一人四年生大学。

親にお金が無いのも承知で、二人とも奨学金の申し込み用紙を貰って来ているそうだ。
とは言え、保証人は父親。
そうでなくてもローンを抱える父親は、このままいけば二人分の奨学金一千万も抱えることになるも知れないと、昨日、頭を抱えていた。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
冷麺
b0327247_16150550.jpg


子供の居ない私達は、そんな苦労も知らないまま年老いた。
でも娘さんが4人、お孫さんが2人、羨ましいわあ。

「賑やかでいいじゃないですか。
年取っても、絶対寂しい思いはしませんよ。」
ほかに慰めの言葉が見つからず…。


★明日の土曜日は臨時休業させていただきます。
淀川の花火を幸子さんに見せてやりたくて。
2年前までは通路から見えていたのですが、マンションが建って見える位置が極端に狭まったので、どこまで見えるかわかりません。
でも、来年はわかりませんからね。




[PR]
by anatatoyu | 2017-08-04 16:15 | 暮らし | Comments(6)

本日貸し切り

ほんとの貸し切りです(笑)

退職される方の、送別会の送別会みたいな(笑)
有志の方は退職される上司のために、今日はお昼から半休を取ってまで準備されます。
そんなに部下に慕われる上司はお幸せですね。
これからは奥様とお二人で仲睦まじく楽しい老後を送られることでしょう。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
かれいの煮付け
茄子と揚げの味噌にゅうめん
ひじきのおにぎり
b0327247_13571760.jpg



7月も終わりです。
この一週間も猛暑の予想の大阪。
栄養と睡眠を十分に取って、皆さん夏を乗り切りましょう!





[PR]
by anatatoyu | 2017-07-31 14:00 | 店のこと | Comments(2)

何処も同じ

土用の丑の日、うんと久しぶりに来られた方からの可愛いお土産。
b0327247_20124720.jpg

b0327247_20124761.jpg

お仕事で鎌倉に行って来られたそうで。
神戸風月堂のゴーフルみたいなお菓子かと思ったら、生地はあんなに軽いものではなく、しっかりとしたおせんべい。
幸子さん噛めるかな?
挟んであるのが小豆クリームというのは珍しい。

久しぶりの方が来られる日は、同じような方がダブるもの。
いくら私でも、同時に何人もの方とは喋れないのが残念。

もう一人は数年前まで単身赴任で大阪に約10年おられて、今は関東のご自宅に帰られた方。
ご両親の介護が始まり大変だとこぼしておられた。
私のブログをずっと読んでくださっていて
「ゆうさんの気持ちが良くわかるよ。」と。

こんな話を本音で話せる店があちらにはないらしい。
会社の人と帰りに寄る酒場では、こんな愚痴も話せないとおっしゃった。
そうですよね、男の人は大変です。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
鮭塩焼き
蒸し鶏と玉ねぎのサラダ
スーパーのコロッケ
b0327247_14183132.jpg




さて、先週申請した幸子さんの障害者手帳が交付されたと連絡あったので、貰って来ました。
b0327247_11135709.jpg

幸子さんが使えるメリットは、そんなにたくさんありません。
タクシーが一割引とか…。

昨日の深夜、ローソンに行きました。
もともとコンビニには縁遠い生活なんですか、噂には聞くこれを始めて買いました。
b0327247_11135789.jpg

からあげくんレッド、辛うまです。
なんと、この時期だけ一個オマケ♪
からあげと言えばビール!
もちろん缶ビールも買いました。
そうです、昨夜はボウズだったのです。
しかも、今月2度目!!
もう、こんな商売やっとれん!!!
二人でヤケ酒飲みました。。








[PR]
by anatatoyu | 2017-07-27 14:20 | 店のこと | Comments(6)
アナゴさんは、夏は忙しいのです。
伊勢やら和歌山やら、行くところがいっぱいあるそうです。
だから、うちにはあまり来ませんから、同じ話を何度も聞かずに済みます。


「土用の丑に鰻を持ってくるからね」と言った方がおられます。
それは半月以上も前のことですが、幸子さんにも伝えてありました。

でも、幸子さんは昨日が土用の丑とは知らなかったようで、毎週火曜日に行くスーパーで鰻がたくさん並んでいても、鰻が食べたいとは言わなかったので、私は内心ホッとしていました。

酔った上での話であることも、幸子さんには言ってありましたが、昨日はウナギどころかアナゴさえも来ませんでした。
世の中はそんなもんです。
人の言葉を鵜呑みにしてはいけませんね。

今年の土用の丑は2回あるそうで、幸か不幸か2回目は私の誕生日。
その日にでも、自分で買って食べましょう。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
高野豆腐
にんじんシリシリ
カニ棒の卵巻き
そうめん
b0327247_12584828.jpg



明け方に一雨降って、久しぶりに涼しい朝。
でも幸子さんは雨が降ったことを知りませんでした。



[PR]
by anatatoyu | 2017-07-26 13:00 | 暮らし | Comments(10)

血液型と相性

この暑いのと何の関係もないけど、ふと思い出したこと。

血液型ウンヌンが話題になるようになったのは、私が二十歳くらいの頃からだと思う。
その頃の週刊誌の「血液型と相性」なんか必死で読んだ記憶もある。
それはもちろん男女の相性だったけど(笑)

「だいたい人間を血液型で4つに分けることに無理がある、A型はみんな同じか?」なんて言う人も多かったが、A型にはこんな人が多いと10書いてあるとして、6か7くらい当てはまれば、ほ〜らやっぱりA型と盛り上がる。

私は「あなたの血液型は?」と聞かれて答えただけで、え?私、何かあなたにご迷惑をかけました?ぐらいに引かれる血液型。
と言えば、大方が正解となるのだから、なんだかんだ言いながら、血液型別性格を信じてる人が多いのは間違いないのだ。


もう何年前かも忘れてしまったが、同じ時期に私から離れて行った三人の女性がいた。
三人それぞれの付き合いはなかったが、三人ともよく似た年齢で、私より15歳ほど下だった。
そして三人は同じ血液型。

どの人ともプライベートでも付き合ったし、自宅に招いたこともある。
それほど好きな人だったので、後足で砂をかけられたような離れ方に、少なからずショックを受けた。

その原因は全部Facebookだと、私は思っている。
それも小さな事。
誰とも言い争いもしてないし、お互い言い訳もしなかった。
ある日突然、黙って離れて行った。

私の言動が気に障ったのかもしれないが、それは相手がそう思うなら、私も気に障ることがあったからだ。
物事には何でも理由がある。

私が一番年上だったから、誰も私に理由を聞かなかったのかも知れない。
その時もこれからも、来るものは拒まず、去る者は追わずの付き合い方は変わらない。
ただ、その血液型の人とは、少し気をつけて付き合おうと思っている。

何型か?
それは書けません。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
そばセット
b0327247_15082304.jpg


幸子さんはO型。
オットもO型、オットの家族も全員O型。
この人達が似てるかと言うと、う〜んと唸るしかない。
ただ、みんな押しが強い、悪く言えば我が強い…ように思う。






[PR]
by anatatoyu | 2017-07-22 15:10 | 友人 | Comments(16)

今月のお菓子♪

昨日帰宅したら…
エアコンは入ったまんまでした。
どうやらタイマーが設定されてなかったようです。

でも、朝起きて来た幸子さんに聞いたら
「切れてたやろ?」って。
それは私が10時に切れると言ったからでしょうが、クーラーが効いてるかどうかわからんのかいっ!!です。
スヤスヤおやすみになってたのですから、まあええか。。


「またお菓子くれたよ。」
b0327247_10321817.jpg

「え、誰がくれたん?」
「いつもくれる人!」
なかなかいっぺんで通じませんが、わかったようです。
b0327247_10321968.jpg

「そんなせんでもええのにて言うといて」
讃岐弁ですから通訳しますね。
「そんなお気遣い要りませんのにと、お伝えしてください。」
お伝えしますよ。

「まあ、可愛らしい容れ物。この容れ物捨てんといてな。」って、そこかい!
「こんなん買う人やから、よう気のつく人なんやろなあ。」と幸子さん。
ええ、まあ、女心をギュッと掴む術は心得ておられると思います(笑)


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
野菜の多い焼うどん
冷奴
ひじきのおにぎり
b0327247_15181337.jpg


そして、おやつはこちら。
b0327247_15181360.jpg

宮崎のマンゴー「太陽のタマゴ」一個三千円らしいです。
こちらも頂き物。
一番いいところをプロ(オット)の切り方で幸子さんに。
皮にくっついてる実の部分を、フォークで何度も刮げて食べていました(笑)

皆さん、ご馳走さまでした。


[PR]
by anatatoyu | 2017-07-12 15:20 | 母のこと | Comments(8)

天は二物を与えず?

ああ、もう幸子さんネタ、いい加減飽きましたわ。

↓できれば、関西弁でお読みください(笑)

台風さんは大阪があまりお好きじゃないようで、肩透かしのことが多いです。
嫌いでケッコー。

昨夜は早い時間に予約がありましたが、その後はもう誰も来ないだろうという予測に反して、男性の2人組。

扉を開けた方が、ものすごい人懐こい笑顔で入って来たので、え〜と、誰やったかいな〜、見たことあるようなないような〜と思っていたら、あちらからお名乗りになられて
「先週、◯◯と一緒に来た…」と言われたので、わかりました。

その人は結構酔っておられるようで、しどろもどろ。
先週の印象も薄いくらいですから、石を投げたら当たるタイプの方です。
たぶん次に来られても、わからへんかも。

私はお連れさんのお顔を見ないまま、厨房に引っ込んだのですが、これがまた「ええ声」の関東弁のお方。
滑舌も良く、お仕事は知りませんが、有能な営業マンって声でした。

どんなお顔か見たいですよね。
でも用もないのに出て行けません。
それで想像してみました。
でも、その声に良く似たお客さんが昔いらしたので、どうしてもそのイメージしか浮かばない。
その人も私の好みではありませんでしたが、がっしりした体格の自信家タイプでした。

あら、どうやらお帰りになられるようです。
私も「ありがとうございました。」くらいは言えるので、厨房から出て行きました。

残念、出遅れたようで、うしろ姿だけしか見られませんでした。
大柄な、一般的にはずんぐりむっくりと言う体型でした。
あの声で痩せ型は似合いませんから、それはそれでいいです。

でも、どうも関東弁ってキザっぽく聞こえますよね。
関東の方、ごめんなさいね。
ええ声で、すらっとして、男前で、優しくって、それに嫌味のないお金持ちで…
そんな人が私の好みですが、皆さんの声が聞こえて来ます。

そんなやつはおらんやろう〜

おったところで、どうにかなる訳じゃなし。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
きつねうどん
ほうれん草のおひたし
昨日の炊き込みご飯のおにぎり
b0327247_13270977.jpg




ここからは独り言です。
私の旧ブログをご存知の方もいらっしゃると思いますが、それは同級生が数人知っていました。

愚痴や泣き言の多いブログだったので、相手のことは何もわからないのに、自分の弱みばっかり同級生に知られているのが嫌で、こちらに引っ越しました。

今日、ある方のブログを見ていて、そこにコメントされてる方のところを訪ねたら、なんと関西にお住まいとわかり、嬉しくなって「イイネ」しようとしました。

でもちょっと考えて、その方のアクティビティを見たら、その方が「イイネ」をしてる人に、私の同級生のブログがあったのです。
私はそのブログの存在を知っていましたが、私とはかけ離れた生活の人だし、あちらも同級生に知られたくないかも知れないので見ないことにしていました。

おお、怖い、怖い。
人はどこで誰と繋がっているかわからない。
ブログの世界って、結構狭いのですね。









[PR]
by anatatoyu | 2017-07-05 13:30 | 店のこと | Comments(12)
梅雨らしいお天気が続きます。

昨日開店してほどなく電話が鳴り、マスターが出ました。
古いお客さんですが、今は年に一度くらいしか来られない方。
「マスター、店をやめるって聞いたけどほんと?」と言われたそうです。

いつとは決めていませんが、いつまでもこんな自転車操業の店をやる訳にはいかないと、夫婦で話し合ってはいます。
一つのきっかけとして、マスターが60歳の時とも思っています。

でもなぜその人の耳に入ったか?
思い当たるのは、少し前にその人のお友達がご夫婦で来られて、私達にビールを勧めてくださり、他にお客さんもいなかったので、4人で少しお話をしました。
内容はすっかり忘れてしまいましたが、話をしたとしたらその時。
電話の主の耳に入ったなら、その人からしかありません。

そんな電話があったことをマスターから聞いて、私は何だか腹が立ちました。
年に一度しか来ないお客さんに、そんなことを言われたくない、確かめたいなら店に来て聞けばいい。
電話で聞いて、その人はどうしてくれると言うのか。
もともと好きな人ではないので、余計にそう思ったのでしょう。

まあしかし、確定ではないことを誰彼に喋った私も悪いのです。
気をつけなくちゃ。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
豚薄切り肉のソテー
山芋とろろ
b0327247_12554695.jpg



ここで、ブログを読んでくださっている、うちの店のお客様にお願い申し上げます。
本日のブログの内容を店でお話されないでいただきたいです。
マスターが「何でも書くな!」と言うに決まってます。
夫婦仲を悪くさせない為にも、よろしくお願いいたします。



[PR]
by anatatoyu | 2017-06-30 13:00 | 店のこと | Comments(6)

理由

今月の店はめちゃくちゃ暇な毎日なんです。

ほんとに一握りのお客さんが来てくださってるだけ、他のお客さんに何が起きてるのかと思います。

暇な時は閻魔カレンダーを見る私ですが、昨年の6月はこんなに暇ではなかった。
おかしいなあ。
そんなことを言いながら、6月も終わろうとしています。

そんな中、変わらず足繁く通ってくださる数人のうちの一人は「アナゴさん」
お気持ちは有り難いのですが、なんせ話が長い、くどい。。

それでも、他に逃げ場がない(お客さんがいない)ので仕方なく、聞くのが2度目の話を聞いたりしています。

先週土曜日のアナゴさんの話

時々行くバーで、いつものように生ビールを頼んだ(アナゴさんはビール党)。
そこはハイネケンの生ビール。
いつも立て続けに2、3杯飲むそうな。

うちでも私達にビールを勧めてくださるように、そこのバーテンさんにもビールを勧める。

ところがその日、一口飲んだら「あれっ?」って思った。
ハイネケンってこんな味だったっけ?と思いながら、もう一口。
やっぱりおかしい、まずい、変な味がする。

ところが乾杯して同じビールを飲んだバーテンさんは何も言わない。
でもビールの味がおかしいのに気付かない訳がない。
アナゴさんはそんなことを思いながら居るものだから、バーテンさんとの話もぎごちなくなる。

何とかグラスの半分くらいまで飲んだが、もう飲めない。
バーテンさんのグラスを見たら、彼も半分で止まっていた。
料理も一品頼んだが、いつも2時間くらいは居る店を30分で出て来てしまった。

会計の時にバーテンさんが何か喋ったらしいが、よく聞き取れず、支払った金額は気のせいか安かったらしい。

「だからな、あの店は半年行かんとこって決めてん。」

おお、怖い、怖い。
お客さんは店を選べます。
嫌な店でお金を使う必要ないですもんね。

さて、私ならどうしましょ?
アナゴさんとその店は、どんな繋がりがあるかは知りません。
でもアナゴさんも長年飲食で働いた人です。
ビールの味がおかしいと思った時に、率直にバーテンさんに言えば良かった。
私ならそうします。
それがその店の為です。
商売敵なら言いませんけどね。

さてその「半年行かない」には、アナゴさんの古い思い出がありました。
長くなりますよ〜(笑)

もう40年以上も前の話だそうで、アナゴさんも飲食で働き始めた頃のこと。

その時のお店に、毎日開店と同時の午後5時に来られる初老のおじさまがいたそうです。

和食のお店だったのでしょう。
おじさまは熱燗と一品を頼んで、小一時間居て帰るのが、月曜から金曜までの毎日のことでした。

ある日、お会計の時に居合わせたアナゴさんにおじさまが言いました。
「今日のお酒は水くさかった。」

飲食で働いたことのある方にはお分かりと思いますが、ちょっと大きな居酒屋などには「酒燗器」があります。
一升瓶を逆さにして大きなタンクにお酒を入れ、スイッチを入れるとタンクごと熱くなり、蛇口に徳利をセットすると熱いお酒が出てくるやつです。

この熱燗器は、閉店後残りのお酒を抜いてスイッチを切り、お湯を入れて洗います。
その時にお湯をきっちり抜かないと、次に出てくるお酒が薄まってしまうのです。

その時、アナゴさんは「お酒が水くさかった」原因はそれだとわかりましたが、さほど深く考えず「すみませんね。」でお会計を終えました。
その翌日から、そのおじさまは6ヶ月間来なかったそうです。

ハイネケンがまずいお店で、アナゴさんはその昔のことを思い出したそうです。
今だからこそ、あの時もう少しきちんと謝っておけば良かったと思うけど、当時は雇われの身、大きなチェーン店でもあったので、そのおじさま一人の売り上げが減ったところで痛くも痒くも無かったそうで。

そして、アナゴさんもそのバーには6ヶ月行かないと決めました。
わかったようなわからないお話ですね。


ところで、足が遠のいているうちのお客さん。
しばらくお顔を見ないと一番に思うのは「仕事が忙しいかな?」次に思うのは「体調でも悪いかな?」
それから「家か会社に何かあったかな?」
最後は、私達に何か粗相があったか?
こちらは、あれこれ気を揉む訳です。
でもたいていは何事もなく、ただ他の店で機嫌良く飲んでるだけ。
お客さんはそんなもんです。

うちの場合、ビールがまずいことは絶対にありえません。
それはマスターが一番気を使っていることだから。

それなら、わたし?
なんか失敗したかなあ?
昨日のことも覚えちゃいないのに、6ヶ月前のことなんか言われても…。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
炒飯
冷奴
b0327247_12335551.jpg


長い文章を読んでくださり、ありがとうございました。




[PR]
by anatatoyu | 2017-06-27 15:30 | 店のこと | Comments(10)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう