タグ:オット ( 79 ) タグの人気記事

カッチーン続き

昨日、オットはお客さんのライブに行って来ました。
前回までは私も同行してたのですが、母が居るので行けなくなりました。
ライブ帰りの飲み会も楽しみだったのになあ。

☆今日のお昼ご飯
焼き餃子
高野豆腐の卵とじ
茄子と玉ねぎの味噌汁
b0327247_13104664.jpg
昨日の夜は、母と二人で牡蠣と豚肉の鍋にしました。

オットは少し飲んで帰って来るけど、そんなに食べては帰らないと言うので、一人用の小鍋でも用意しておこうか?と聞きました。
「鍋なんか、そんな好きじゃないし、いらない。」と言うのです。
カッチーン!
鍋好きじゃなかったの?
知らんかった〜。
30年近くもずっと好きだと思ってたから、私自身は好きじゃないのに我慢して食べてたのに〜。
そう言うと「そういう意味じゃなく、今日はいらないという意味や。」ってさ。

今日のお昼ご飯のあと。
幸子さんは一日置きにお風呂に入るので、今日は入浴日。
お湯を溜めるように浴槽の栓もして風呂蓋もして、幸子さん用の洗面器台もセットしてスタンバイ完了。
あとは給湯ボタンを押すのみ。

お風呂はオット、幸子さん、私の順番。いつもの時間になって浴室予備暖房のスイッチも押しました。
キッチンの洗い物が終わったらお湯を張ろうと思ってました。
あれ?浴室の扉を開ける音がして、給湯温度の設定が変わった。
浴室に見にいくと、まだお湯も入ってないのにオットが入ってる。
扉を開けたら風呂蓋も開けて、幸子さんの洗面器の台も横にのけて、オットがシャワーを浴びようとしてるのです。
「今日はお母さんも入る日よ!」と私が言うと、「早く言ってくれ」と言うのです。
カッチーン!!
自分は昨日シャワーを浴びて出掛けたのだから、今日はお湯を張る日に決まってるでしょうが!
それに浴室の状態を見たら、今日はお湯を張る日かと気付きそうなもの。
いちいち言わなあかんのかいな。
それとも私の虫の居所が悪いのか、無性に腹が立ちました。








[PR]
by anatatoyu | 2017-11-27 16:15 | オット | Comments(4)

マグロの日?

昨日はオットの誕生日でした。

朝食のあと、幸子さんがオットに
「オットさん、お誕生日おめでとう。」と言いましたが、ほんとは7日だと思っていたのを私に確認して、昨日と知ったのでした。

昨日、私が家を出る時に玄関まで送りに来た幸子さんが
「オットさんに、マグロを買ってあげないと。」と言うのです。
マグロなら前の日曜日の夜に食べたでしょ。
「あんな少し。」
あんな少しって、どれだけマグロ好きでも、そんなにたくさん食べれるものではないでしょう。
たまに少し食べるから美味しいのです。

☆今日のお昼ご飯
ポークピカタ
小松菜と竹輪の煮物
玉ねぎと揚げの味噌汁
b0327247_13384800.jpg


毎日、結構な野菜を食べてもらってるはずの幸子さん、でも自力では快便とならないようです。
三日に一度と自分で決めている便秘薬のおかげで何とか。

5月に大阪に来た時は喘息と腰痛の日々でしたが、今は便秘との戦いの毎日です。

今日のおまけ
幸子さんの食卓の椅子、冬仕様です。
クッションが落ちないように(笑)
b0327247_10434151.jpg


[PR]
by anatatoyu | 2017-11-10 14:30 | オット | Comments(10)

休日出勤

明後日の日曜日、うどん県の中学の私の同級生の依頼で営業します。
その人の高校の卒業生で「関西◯高会」と言うのが大阪であり、その二次会をうちでやるのです。

全体では170人ほど集まるそうですが、うちに来るのは同級生の同級生で20人です。
その中の同じ中学だった5人は、私も顔見知りということになります。

二次会は午後3時半から6時まで。
台風の行方が気になるところ、どうなりますやら。


☆今日のお昼ご飯
六宝菜
長芋とろろ
b0327247_16275264.jpg

日曜はいつも6時の夕食ですが、明後日はちょっと遅くなり、幸子さんにも待ってもらうことになります。

休日出勤なので、特別なお手当が出るのは当然だと思うのですが、今の所マスターは何も言いません。

夕食はスーパーで何か買って帰ることになるので、せめてその代金をくれないかしら。
直接言いにくいので、どなたかの口からマスターに伝わるやもと期待を込めて書いてみます(笑)
マスターは父親譲りのけちなのです。




[PR]
by anatatoyu | 2017-10-27 16:30 | 店のこと | Comments(10)

真似し〜

これは、ある日の幸子さんの朝ごはん。
b0327247_18310906.jpg

カップ一杯の牛乳を温めて、インスタントコーヒーを少し入れたもの。
レタス、トマトなどの野菜に、この日はゆで卵とソーセージ、日によってオムレツとかウインナーとかポテサラに変わります。

パンは食パンなら私と半分こ、幸子さんのパンにはスライスチーズをのせて焼きます。
ロールパンなら一個。
パンにかかっているのはシナモンパウダー、これは毎日。
バナナも毎日、一本を私と半分こ。

プラス、幸子さんは毎朝、このヨーグルトを一個、スプーン一杯くらいのオリーブオイルを入れて食べます。
b0327247_18311044.jpg

これ、ちょっと高いので私達は食べません。
育ち盛りの幸子さんだけ(笑)

オットはパンを食べる時、食パンでもロールパンでも、その日の野菜やハムなどを挟んで食べます。
それを最近幸子さんが真似するのです。

パンに具を挟むと当然分厚くなる訳ですから、食べる時に口を大きく開けなければいけません。
幸子さんを正面から見てると、そのパンを食べる時の顔が怖いのです。
眉間に皺を寄せてね、ぱ〜く〜。

それが、食べやすいのか食べにくいのかわかりませんが、私は心の中で
「アゴはずれるぞ〜」と思うのですが、言ったほうが良いでしょうか。

ご飯の写真にランチョンマットが写っていますね。
つい最近まで、幸子さんのマットは一日中敷きっぱなしでした。
それは、幸子さんがご飯が終わってもマットの上に薬を広げて飲むからです。
それに夜も使うだろうと思うので、そのままにしてました。

私達のマットは長年の習慣で、朝ごはんが終わったら、二人分のを重ねて持ち、流しの上でパンの粉などを振るいます。
それはたいていオットがやります。

つい先日、幸子さんが言いました。
「私のマットも振るってぇ。」
最近はオットがマットをオーバーに振るって見せるので、幸子さんは嬉しそうに笑います。
何でも同じようにして欲しがるのは、小さな子供と同じですね。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
鶏モモマヨポン焼き
高野豆腐と椎茸の含め煮
b0327247_15010458.jpg



毎食後にはいくつかのお薬を飲むのが日課の幸子さん。
大阪の病院に変わってから、だいぶお薬が減りました。
お昼は特に少なくて
「ほら、こんだけ。」と言うのも日課です。

まだ、うどん県で居る時、オットが母に
「お母さん、大阪に来たら喘息も良くなりますよ。」と言ったことを覚えていて
「オットさんが言うたように、ほんまに喘息も腰も良うなった。
ありがとうなあ。」とオットに言ってました。
はい、よくできました💮







[PR]
by anatatoyu | 2017-06-28 16:00 | 母のこと | Comments(8)

昆布とアルコール

火曜日は近くのスーパーのシルバーエイジデーです。
朝ご飯が終わったら、言わなくても出掛ける用意をしてる幸子さん。
行く気満々です。

ほんとは歩くことが目標ですが、せっかく歩くのだから、ご褒美と言うか何と言うか、幸子さんの好きな物を買ってあげたい、この優しい娘心です(笑)

少し前に昆布ばかり買って、どうも食べ過ぎの感じがしたので、昆布の食べ過ぎは甲状腺の機能低下と少し脅して(ほんとの話)、しばらく昆布は買わずにいました。
オットからもそう言われていました。

今日は味の付いていない昆布ならいいかと、久しぶりに一つ買いました。
オットに見つからないように、幸子さんに目配せしながら、そっと幸子さんの部屋に置きました。

でも幸子さんに目配せの意味がわからなかったらしく、すぐに袋を開けて食べ始めましたが、幸いオットにはバレなかったようです。

休みの夜に三人でご飯を食べる時、私達夫婦はそこそこのアルコールを飲みます。
ビールとワイン、おかずによってはオットは日本酒を飲みます。

この日曜日の夜、夕飯も終わり自分の部屋に引き上げた幸子さんが私を呼びました。
「オットさん、あれこれ飲むけど、体に悪いのと違う?」と言うのです。

その話を、今日の買い物に行く道すがらにも言うので
「他に趣味があるじゃなし、家で飲むんだからいいやないの。
それに毎月病院(高血圧)に行くし、定期的に血液検査もしてるし。」と、私が言うと
「うん。」と。

言わないけど、幸子さんが居ることのストレスもあると思うし、実際へべれけになるほど飲む訳じゃなし。

今日は昆布も桜餅もイカ煎餅も買ったのはオットに内緒にしといてあげるから、そんなことは言わないで…みたいな。。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
さんまのひらき
冷奴
ヒラタケとワカメの味噌汁
b0327247_13281548.jpg



幸子さんは昆布で、オットはアルコールか…
私は何で憂さ晴らしをするかなあ?


[PR]
by anatatoyu | 2017-06-20 16:00 | 暮らし | Comments(10)

矢切のワタシ

前の日曜日だったか…
夕方テレビで昔の歌が流れたらしい。
らしいと言うのは、幸子さんが自分の部屋でイヤホンをしてテレビを見ながら、美空ひばりの歌を口ずさみ始めたから、たぶんそうだろうなと思ったのだ。

美空ひばりの歌は、もう何十年も昔、うどん県でカラオケに行ったとき、幸子さんがけっこう上手に歌い、ヘェ〜と思ったことがある。
それから幸子さんの歌を聞いたことはなかった。

その日、美空ひばりの歌は一曲だけで、そのあと「矢切の渡し」を延々と歌う。
本人はイヤホンをしてベッドに横になったまま、壊れたテープレコーダー状態。
知らない人が見たら、認知症かと思うかも。

連れて逃げてよ〜
ついておいでよ〜
夕暮れの雨が降る〜矢切の〜渡し〜
親のこころにそむいてまでも
恋に生きたい二人で〜す〜

と、一番だけ。。

声はガラガラだし、音程はずれてるし、めちゃくちゃ下手くそになっていた。
耳が悪くなると歌も下手になるのかな。

近くに行って「へたくそ」と言うと、イヤホンをしててもわかったようで、ちょっと笑って
「喘息になって声がガラガラになったから、仕方ない。」と言った。

ちなみに、父と幸子さんは駆け落ちではない。
父を恋しがることも一切ない。
悲しい夫婦やわ。


今日は幸子さんの皮膚科でした。
私は帯状疱疹を心配していましたが、先生は症状が違うとおっしゃいました。
赤みの範囲も狭くなり、痛みも引いてるようなので、また飲み薬を頂き、一日一回の塗り薬で様子見です。

今回の湿疹は、やはり免疫力の低下と思われ、そんな話も幸子さんに少ししました。
八十を越えて当たり前と思うのですが、どうやらそれが気に入らなかったようで、お昼ご飯をボイコットしてフテ寝する幸子さん。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
寿司太郎の散らし寿司
鰹のたたき
ひらたけと卵の味噌汁
b0327247_15071166.jpg


おかげで私達は気分の悪いお昼ご飯になりました。

結局、一時間くらいあとに起きて来て完食されましたけどね。
幸子さんは昔からこういう人です。
気に入らないとプイッと横向くのです。
多少の遠慮があり、腹が立っても言い返せないのかも知れないと、情状酌量して甘やかすのは良くないです。
「そんな態度を取ると、オットさんに悪いでしょう。」と言ってやりました。

シャワーから出て来たオットに
「オットさん、ごめんな。」と言ったので、今日のところは許してやるか。

しかし、疲れますよ〜。
明日は第三土曜日なので店は土日連休になります。
嫌やわあ…、私の逃げ場所がない。






[PR]
by anatatoyu | 2017-06-16 15:05 | 母のこと | Comments(8)

ベッドの手摺り

昨日の整形外科の結果では、レントゲンで脊椎圧迫骨折が一箇所あることがわかりました。
うどん県の整形外科では、骨粗しょう症のお薬と母が訴えた腰の痛みの痛み止めを貰っていました。

自分で検索していて、おそらく腰椎の圧迫骨折だろうと思っていましたが脊椎だったのですね。
ネットでは、ひどい場合は入院と書いてありましたが、多くは1カ月ほどで自然治癒し、痛みも軽減されるそうです。
でも母の場合は高齢で骨粗しょう症もあり、治りが遅いのだと思います。

喘息があるので強い薬も使えず、昨日はカルシウムの注射を打ってもらい、これから一週間に一度注射に通い様子を見ることになりました。

いろんなことを母に説明したり納得させるのは至難の技です。
耳が遠い上に、生来の思い込みの激しい性格が邪魔をしています。
先が思いやられます。

昨日のお昼間の風景です。
b0327247_10561231.jpg

オットが母に添い寝している訳ではありません。
母か寝起きし易いように、ベッドに手摺りを取り付けています。
棒と継手を買って来てオット作です。
b0327247_10561223.jpg

下部がブサイクですが、取り敢えず完成。

幸子さんの昨日の朝ごはん
b0327247_11011285.jpg

今日の朝ごはん
b0327247_11011355.jpg


やっぱりりんごは食べにくいそうです。

今日は黄砂が多い予報の大阪、せっかく良いお天気なんだけど、散歩に行けるかなあ。


[PR]
by anatatoyu | 2017-05-07 11:00 | 母のこと | Comments(10)

可愛い手紙

親の家の片付けを始めると、あちこちから小銭が出て来ます。
それも古銭だったり百円札だったり、たまに記念硬貨だったり。

私の実家の場合は小銭ではなく、お札が多かったです。
それも現在のです。
母が使ってない鞄や財布からですから、母もその存在を覚えていません。

当時、入院中だった母に最初は報告していましたが、どうせ「あげるわ。」と言うので、そのうち報告せずにポケットに入れてました(笑)
総額でいくらか計算したことはありませんが、そこそこの額でした。

オットは岐阜の家の片付け中に、義父の古い鞄から10万円を見つけました。
義母に言うと「みんなに内緒で二人で山分け」となり、5万円貰いました。
そんな鞄なら、いくつでも片付けますよね(笑)

岐阜から持ち帰った古銭や、私達が海外から持ち帰った小銭を、お客さんのお孫さんに貰ってもらいました。
あちこちのコインを集めていると、お聞きしたことがあるからです。

先日、そのお客さんがお孫さんから預かったと、小さな封筒をオットに差し出されました。
中を開けると…
b0327247_13032242.jpg

こんな可愛らしい手紙が出て来ました。
上のモザイクはオットの苗字、下のはお孫さんのフルネームが平仮名で書かれてあります。

オットは大喜び。
「どこかであいましょう。」ってどこやろ?(笑)
きっと親御さんが文章を考えて書かせたのだと思いますが、それにしても可愛いですよね。
この春二年生になった男の子です。

その子がお酒を飲める頃には、店はないのが残念です。

☆今日のまかない
カキフライ
冷奴
セロリの酢漬け
b0327247_15132984.jpg



今日のまかないの時間は、私は歯医者の予約を入れています。
今頃、オットが一人で食べているはず。



[PR]
by anatatoyu | 2017-04-12 15:15 | 暮らし | Comments(10)

意見の違い

三月はヒマと言いながらも、珍しくボウズのなかった月だった。

この調子で新年度も…と思っていた矢先、昨日は早速のボウズとなった(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そんな夜は精神面にも影響するようで、オットの一言にもカチンと来る。

私がテレビドラマ「やすらぎの郷」の話をしたら
「姥捨山の話やな。」とオットが言う。
「違うよ!」と言うと
姥捨山は、老婆が家族の口減らしの為に、自分から山に入って行くのだから、自分で老人ホームに入るのと同じだと言うのだ。

ドラマの先々はわからないが、せっかくこれから楽しみに見ようと思っているのに、水を差されたようで気分が悪い。
それに「姥捨山」と「老人ホーム」は、同じであっては絶対いけない。

老人ホームは家族に厄介者扱いされた人が行くところではなく、天に召されて行くまでの静かな時間を過ごす場所であって欲しい。
でも現状ではそうでないことの方が多いかもしれない。

老人ホームは誰かに「入れられた」ではなく自分で「入る」ところにならなければ、いけないと思う。
これから老後を迎える私達の意識が変わらなければならない。
その為にも、国には安心して老後を暮らせる社会にして貰わなければ。


☆今日のまかない
鰯の梅煮
ほうれん草の白和え
大根のぬか漬け
b0327247_15403737.jpg



朝早くに母から電話があり、どうしても腰が痛いので、今日また病院へ行くと言う。先日、レイコップを持って帰った人が、車で連れて行ってくれるそうだ。
その人は前日にも来て、洗濯物を干してくれたとか。
遠い娘より、近くの他人。

もしかしたら入院とかになるのだろうか?
いろんな経験から、心配事は最悪の事態になることからしか考えられなくなっている私の思考回路。
また帰省の準備をして、母からの報告を待ちながら、まずい朝ごはんを食べた。

病院で痛み止めの点滴か注射をして欲しいと頼んだが、飲み薬で辛抱しろと言われたみたいで
「ぼつぼつするわ〜」と言う。
あまり悪ければ、また土曜日に帰るからと言って電話を切った。

そのレイコップを勝手にあげたオットが言う。
「ま、レイコップのぶん、その人にお世話になるんやな。」
それも、どうやろ。。

せっかく桜の時期と言うのに、むこう一週間のこの天気予報。
b0327247_15403757.jpg


残念やわあ。



[PR]
by anatatoyu | 2017-04-05 15:40 | 暮らし | Comments(8)

ひと悶着の元

先日の帰省の時に、母とひと悶着あったと書きました。
ひと悶着あったのは、オットと母。
そしてその元はこれです。
b0327247_13271182.jpg



私はこういう類いの道具には全く興味がありません。
我が家に全自動洗濯機が来たのも遅かったくらいです。

家電の機能は最低限で良いのです。
メカ音痴と言うか、説明書を読むのもめんどくさい。
おまけにどんな便利な道具を買っても、自分が継続して使える性格ではないのがわかっています。
だから買いません。

母は違います。
ショップチャンネルとかジャパネットたかたとか大好きです。
でも実家にたくさんあるこれらの道具は、あまり使ってる形跡がありません。
それをオットが怒るのです。

ひと悶着とは。
実家のレイコップは、母が交通事故で入院した時には、すでにありましたから、四年以上前の物です。

先日、引っ越しの荷物を仕分けして、誰かに貰ってもらえる物を置く場所にレイコップがありました。
誰が置いたかわかりませんが、私は興味がないのでそのままにして置きました。

昔、実家の斜め前に住んでいた人が、母の大阪行きを聞いて来られました。
その人にも何か貰ってもらえるかと母が聞いている時、オットがレイコップを持ち出しました。
私はちょっと「え?」と思いましたが…

その人は大喜び。
「いいの?こんな高いもの。欲しかったけど、なかなか安くならんから。」と。
そこにいた母は、レイコップの使い方まで説明しました。

数時間後。
母が現在使ってる敷布団を大阪に持って来ると言いました。
古い家で使ってる布団にはダニもいるだろうから、新しいのを買うと私が言うと、母は怒り出したのです。
「だから、レイコップが要るんやないの!
なんであげるんよ!」と。
(実はこの敷布団が捨てられない理由は他にあるのですが、それはまた後日。)

あげたのは私ではない、オットです。
オットが
「なら、どうしてあの時、それはあげられないって言わなかったんですか!」
とか
「それじゃ、あの人に電話して返してもらう。」とか
「お母さん、使ってなかったでしょ!」とか、大きな声。

始めてとも言える母と婿との争いですが、母のほうは相手が私じゃないし、オットの声があまり聞こえてないようで、割と冷静に見えました。
私から見るとムキになってるのはオットのほう。

今考えても、あの時なぜオットがレイコップを持ち出して「要りませんか?」と聞いたか、私も不思議でなりません。
私が母の物を勝手に捨てて、長い間責められて、あれくらい苦しんでいたのをオットは知ってるはずなのに。

私から見ると「魔がさした」としか言いようがないのです。

そして「僕が大阪で買います!」と言って帰って来たオット。

おととい、レイコップの公式サイトでアウトレット商品があったので、私が注文して今朝届きました。
もちろんオットからお金を貰いましたよ。


☆今日のまかない
青椒肉絲
マカロニサラダ
b0327247_15353390.jpg



オットは母が持って行きたいと言うものは、何でも持って来たら良いと最初は言っていたはずです。

私と母が「あれ要る」「いらん!」「これ要る」「いらん!」と言い合いしてると、私に「言うな」と言うのに、あの時のオットはどう考えてもおかしい。
男の更年期か?

さて、少し読んでおきますか。
b0327247_14405373.jpg

めんどくさ〜〜。。



[PR]
by anatatoyu | 2017-03-30 15:35 | 母のこと | Comments(16)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう