幸子さんの背中

昨日、お風呂に入る時に、浴室まで歩く母の背中を「ピンとのばし!」と言う意味でさすったら、母が立ち止まって急に上体を後ろに反らしたので、慌てて支えた。
またどこか圧迫骨折でもされたら困る。

「背中が丸いの知ってる?」と聞くと、脱衣所の鏡に自分の横側の姿を写した。
「え?こんなに丸い?知らんかったあ。
よそのお年寄りを見て、あの人背中丸いなあて思ってたけど、他人事やないわ。」
そ、他人事やないのよ。
背中はすっかりおばあちゃんよ。

いつ頃からかな?母の背中が丸くなり始めたの。
今年の春、圧迫骨折してからはもっと丸くなったと思う。
もう元には戻らない。
自分も気をつけなきゃ。


お昼ご飯に幸子さんと二人で中華を食べに行って来ました。
幸子さんはエビチリ、私は酢豚のセット。
あれこれ食べたいけど、二人ではたくさんの種類が食べられない。
b0327247_13583505.jpg

これだけでお腹いっぱいになりました。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-12 14:00 | 母のこと | Comments(8)

怖い思い

お昼に母と三人で回転寿しに行って来ました。<
b0327247_14570499.jpg

その店は、昔、父の兄夫婦が住んでいた辺りで、母にも懐かしい小さな商店街の中にあります。
昔のような賑わいはなく寂れた感じでしたが、鰻を焼く店の前だけは長い行列ができていました。

ほんとはそこで鰻を買って帰るつもりでしたが、暑い中並ぶ気力がなく、商店街を少し散歩することにしました。

見覚えある金物屋の店先に、モノマネをする犬のおもちゃがあり、母と二人で少し遊んでいると、ふと後ろに気配を感じました。

振り返ると三、四十代の見た目普通の女の人が、こちらに携帯のカメラを向けていました。
私は咄嗟に私達を撮っている?と思いましたが、まさか、たぶんこの犬のおもちゃを撮ってるんだと思い、その場をその女の人に譲る感じで離れました。
その時、私は小さな声で(何を撮ってるんやろ?)と呟きました。

すれ違いざまに、その女の人が小さな声で
「すみません」と言いました。

私達はその先にあるスーパーの方向に歩き始めましたが、オットが
「さっきの女の人、ずっとこっちをガン見してるよ。」と言うのです。
私もその方向をチラッと見ると、まだ携帯のカメラを向けています。

私達は気付かぬふりをして、スーパーに入りました。
すると、その女もスーパーに入って来たのです。
母もおかしいと思い始めたようでしたが
「知らん顔してて。見たらあかんよ。」と言い、買い物してるふりをしましたが、実のところはそれどころではありません。
オットが私達の後ろに着いていました。

母を庇うように歩きながら、ふと気づくと、その女は私の真横にいて近付いて来たのです。
そして、私の耳元で「シネ」と言ったと思います。
そのように聞こえました。
そして、女はどこかに消えました。

オットは
「買い物カゴをわざと俺の足にぶつけようとしたけど、俺は引いたけどね。」と言いました。

私達だけならまだしも、母が居るので余計怖かった。
でも、私達何か悪いことしましたか?
せっかくお休みに出掛けて、こんな思いをしたことが一番悔しい。
そして、あの女の携帯に私達の写真か動画が残ってると思うだけで、気持ち悪いです。

もう、2度とあの辺りに行くのはやめようと思いました。

[PR]
by anatatoyu | 2017-07-30 15:00 | 暮らし | Comments(23)

焼肉食べた!

幸子さんがいつか食べたいと言っていた焼肉、お昼に食べて来ました。
同時に大阪に来て始めて梅田に出かけました。
グランフロントまでは、タクシーで1メーター。

オットの後を歩く幸子さんです。
右に映っているのは私ではありません。
b0327247_15333606.jpg

b0327247_15333954.jpg

お肉は三種類、モモ肉とロースとはらみ、どれも私たちと同じ量を食べました。
まだまだ長生きしそうです。

三連休最終日なので、幾分人出は少なそうですが、幸子さんから見たら物凄い人出。
ルクアの地下の食料品売り場で買い物をして帰る予定でしたが、しばらく梅田に出ない間に改装中になっていました。

もう少し人混みに慣れたら、デパ地下のお買い物もできるようになるかな?
怖いのは、幸子さんがキョロキョロしてて誰かとぶつかり転ぶこと。
ようやく良くなってきた圧迫骨折ですから。


[PR]
by anatatoyu | 2017-07-17 15:45 | 母のこと | Comments(8)

幸子さんビュー

母の日だからと言う訳ではありませんが、最寄り駅前にランチに行って来ました。
幸子さんの大好きな中華です。

あんまり食べられんから…と、どの口が言ったのか、でっかいエビチリやカキフライや餃子まで食べて、麺食いの幸子さんは最後に「ラーメンが食べたい」と。
もちろん全部シェアしてですよ。
写真は撮れませんでしたけどね。

帰りは商店街を通って、スーパーでお買い物。
往復2キロ弱の道のり。
マンションの前まで辿り着いたところを、後ろから。
b0327247_16253021.jpg


何だか、ストリートビューみたいに見えませんか?
幸子さんをタップしてみてください(笑)

すっかりお疲れの様子でお昼寝してる幸子さんを置いて、一人でイオンに行って来ました。
自分の洋服を2枚買って来ました。
これがけっこう息抜きになるのです。

今夜は久しぶりに三人で夕食です。

[PR]
by anatatoyu | 2017-05-14 16:25 | 母のこと | Comments(8)

嵐の前の…

昨日は、ブログの更新もできないほど、ゆっくりさせて貰いました。

母が来るための買い物はしましたが、日曜日を自分のペースで動けるのは久しぶり。
今後も、こんな日曜日は当分ないでしょう。

毎週日曜日の午後3時からあるテレビ番組が楽しみ。
それを一生懸命観てるかと言えばそうではなく、1時間番組の半分以上をうつらうつらと居眠りしながら観るのです。
それがほんとに気持ち良い。
昨日も気持ち良く居眠りしました(笑)

夕食は簡単なものを自宅でも良かったのだけど、もうこんなこともないかと、重い腰を上げて梅田に出ました。

お気に入りのビアホールでハッピーアワーを楽しんだあと、馬力を付けるため馬刺しの店に移動。
b0327247_09211144.jpg

b0327247_09211306.jpg

たっぷりにんにくをつけて食べたので、一晩中口の中がにんにくでした。

帰りは、グランフロント、空中庭園あたりを歩いて自宅に戻りました。
b0327247_09211540.jpg

母が元気に大阪に来れば、またこんな夜もあるかも知れませんが、今の所難しいです。


☆今日のまかない
かれいの煮付け
ハムとキャベツのコールスロー
b0327247_15394817.jpg





[PR]
by anatatoyu | 2017-04-24 15:40 | 暮らし | Comments(10)

「よく焼き」

スマホを替えた時、マイネオで貰った緑のティッシュが使いにくい。
b0327247_15404482.jpg


鼻をかむのも、口を拭くのも。
ティッシュはやっぱり白よねえ。


オットがいつも行く床屋さんの近くに回転寿司がある。

いつからか、オットが床屋に行く日曜日のお昼は、そこの回転寿司に行くのが恒例になった。

だいたい同じ時間に行くのに、日によって混んでいたりガラ空きだったりするが、おとといは月末の日曜ということもあってか、床屋も回転寿司もすでに結構なお客さんがいた。

それでもいつもと同じ辺りの席に座ることができた。
お寿司を握っている人の前。
そこで注文すると握りたてが貰えるからだ。
海苔巻きならパリパリッとした海苔を噛める。

私達の対面に女の人と5歳くらいの男の子が座った。
最初親子かと思ったが、男の子が女の人に「ばあば」と言ってる。
派手めな化粧と服装の女の人は四十代と思われるけど、四十代ならあれくらいの孫がいても不思議ではないわね。

男の子が食べるものはいつも決まっているようで、ばあばが大きな声で注文した。

「ゲソとタラコを『よく焼き』で〜。」と。

「はい!」と返事した目の前の店員さんがバーナーを取り出した。
ゲソとタラコを焼いている。
それも長い時間、芳ばしい匂いがしてくる。
やがてよく焼かれたタラコが見えた。
ほとんど黒い。

牛丼の「つゆだく」は聞いたことがあるが、回転寿司の「よく焼き」とは初耳。
おそらく男の子は生物が食べられないか、それともノロウィルスを心配してか。
でも、あのコゲたもののほうが、よほど体に悪そうだけど。
よその子だからいいけどね。



☆今日のまかない
小海老のフライ
おでん風煮物
b0327247_15404416.jpg




そそっかしい性格のせいか、年齢のせいで目が悪くなってるか、ボケて来たかわからないけど、最近読み間違いが多い。

また、耳の遠い母や叔母と電話で話すのが苦痛だ。
話がちんぷんかんぷんで、それも耳が遠いからかボケてるのかもわからない。

こちらから大事な話は電話ではできないのに、向こうからは言いたい放題で言われるのがむかつく。。
はあ、疲れるわあ。。





[PR]
by anatatoyu | 2017-01-31 15:40 | 暮らし | Comments(10)

都会の夕食事情

昨日訪れた六甲アイランドは人口島。
カラフルでお洒落に見えるマンションが林立する。

島の対岸のJRや阪神電車の駅からは無人運転の六甲ライナーで繋がれ、島の中心部にはホテルが二軒、専門学校や小さな美術館もある。

六甲ライナーに沿って人口の川が流れ、その両サイドに飲食や物販の入るお洒落な「リバーサイドモール」という建物がある。

私達が最初に訪れた20数年前は、この近辺もとても賑やかで、この都会的でお洒落な雰囲気に憧れて、ここで住んでみたいと思ったものだが、とても手の出る値段ではなかった。

そして震災後には液状化現象が問題になり、私達の選択肢からは外れた。
それがこの辺りが寂れた原因かどうかはわからないが、今回私達が目にした閑散ぶりは酷かった。


夕食の場所に困った。
ホテルの中には一揃いのレストランがあるが、私達にはお高いし、そんなに量も食べられない。

悩んだあげく、ホテルの一階の広場(屋内)にあるイタリアンにした。
イタリアンと言ってもファミレスのような店だが、お安いのもあってか、ここだけは繁盛していた。

私達の右隣りでは、初老の男性が一人。
左隣りは私くらいの年齢のおばさんが二人。

男性は一人で夕食らしく、生ビールやデキャンタのワインに、おつまみくらいの量のフライドチキンとボンゴレのスパゲティ。
酒のあては人間ウオッチングのようにも見えて、定年後の独り身かと思った。

おばさん二人は食事のあとのコーヒーのようで、二人は顔をくっつけては誰かの悪口(たぶん)を言い、二人で同時にのけぞっては身をよじって笑う。
陽はすっかり落ちているのに、家族の夕食の準備はどうなってるのかと心配になった。

やがておばさん二人は帰って行った。
入れ替わりに席に座ったのは親子三人。
夫婦は四十代、子供は小学一年生くらい。
遅い子供だなと思った。

父親は色白で太っていて頭頂部は気の毒なほど(私の斜め前なのでよく見える)。
カラフェのワインにほうれん草のソテーをつまみに、あと何か食べていたが忘れた。

母親も背が高いがこちらはスマートで美人なほうだと思う。
コーヒーしか頼まず、最後まで食べ物は口にしなかった。

子供は母親の隣りに座り、何かのスパゲティを食べ、食べ終わると外に出て行った。
やがて父親も食べ終わったが、二人は向かい合って座ったまま会話もなく、それぞれのスマホを見ている。

それを見ている私も私だが、
「不思議な光景やね。」とオットと目配せをしながらワインを飲んでいた。

やがて、独り身らしいおじさんが帰り、私達も食べて飲んで終わった。
長居をする習慣はないので、とっとと会計を済ませて外に出た。

その広場の真ん中には小高い山がある。
柵もなく誰でもその山に登れるようになっていて、一人の男の子が遊んでいた。

昔は広場を囲んでいろんな店があったが、今は薄暗い中に百均の店が一軒あるだけ。
そんなところで、一人で山を登ったり下りたりしてる男の子は、さっきの夫婦の子供だった。


六甲アイランドには、わざわざ県外から来て住んでる人は少ないだろうと思う。
だけど作った島だから、みんなよそから来た人の集まりだろう。
そこを都会と呼んでいいかどうかわからないが、休日の夕食にしては寂しい光景を見てしまった。


☆今日のまかない
カレー
ほうれん草とゆで卵のサラダ
b0327247_15380408.jpg




向かい合ってスマホをしてる会話のない夫婦を見てて、ある言葉を思い出した。
「一人で居るより、二人で居るほうが寂しい」
これは長渕剛と離婚する時の石野真子の言葉だったと思う。

あの夫婦が寂しいかどうか知ったこっちゃないが、子供はかわいそうだと思った。
これも大きなお世話かな。











[PR]
by anatatoyu | 2017-01-10 15:40 | 休日の夕飯 | Comments(12)

天麩羅はお好き?

今のマンションに越す前は、保健所に近いところに住んでいましたが、今は滅多に行かない場所になってしまいました。

健康診断が終わって、どこでお昼ご飯を食べようと決めていた訳でもなく、久しぶりの天満界隈を歩いていて、ああ、そうや、こんな店があったよね。
b0327247_19431904.jpg




午前10時10分頃に受け付けした健康診断が終わったのは、11時40分。
ちょうどランチで混み合う時間でしたが、さほど待つことなく入店。
一番安い天麩羅定食790円を注文しました。

カウンターの中で若い女の人が一つずつ揚げて、目の前のお皿に置いてくれます。
b0327247_19455152.jpg


最初はかき揚げ、これだけでまずビックリします。

続いて茄子、それから鶏肉、海老。
そして卵です。
b0327247_19455330.jpg


卵の天麩羅?と思いますよね。
ご飯に乗っけてタレと黒七味をかけてどうぞと、言われます。
b0327247_19455731.jpg




おいちい〜

鶏肉もイカも大きくて、私にはちょっと多い。
b0327247_19460127.jpg


満腹じゃ、苦しい~

このお店、皆さんご存知トリドールの経営。
あの丸亀製麺と同じです。
凄いです。 
チェーン店ながら、働いている方は老若男女、まるで個人経営みたい。
しかもうまく流れているのです。
機会があれば行ってみてください。

アツアツの天麩羅は美味しいですよ。
[PR]
by anatatoyu | 2016-11-13 20:00 | 暮らし | Comments(12)

こんな日曜日。

お暑うございます〜。

溶けそうなんで、自宅クーラー初稼働にて、ダラダラしております。

昨夜帰宅したら、旅行仲間の空さんからバースデーカードが届いていました。
このケーキなら太らなくていい(笑)
b0327247_16325016.jpg


店で売れ残ったフランスパンで、フレンチトーストの朝ごはん。
こうやるといくつでも食べられる。
太ります(笑)
b0327247_16325021.jpg



お昼に買い物に出たついでに、久しぶりの餃子。
これ、お誕生日の外食か??
b0327247_16325050.jpg


先月、岐阜に帰るときに黒目に染めた髪の毛。
もとのヤンキーに戻しました(笑)
b0327247_16325091.jpg


昨日の記事にたくさんのコメントありがとうございました。

59歳?も「おもろいおばちゃん」でやっていきたいと思います(笑)
よろしくお願いします。



[PR]
by anatatoyu | 2016-08-07 16:30 | 暮らし | Comments(14)

母お昼寝中〜zzz


いつもロコモコさんのブログで見ては、よだれを垂らしていた、宇多津イオンの向かいの「海鮮マリン」に行って来ました。
ようやく、です。

二年前に一度行ったことがあります。
父を最後の病院に入れた帰りのことでした。

いつもお昼はビールはコップ一杯でいいと言う母が、お代わりのコップを差し出すので、私の分が減りました(笑)
まあ、お支払いは母ですから。
二人で十一皿食べました。
オットと食べるより多い(笑)
b0327247_15165168.jpg

12時前に入店したので座れましたが、すぐにウエイティングがかかりました。
やっぱり美味しかった〜
人の奢りだからなお美味しい(笑)

そのあとイオンタウンへ行きソフトクリームを(笑)
バナナやピザや野菜を買って帰りました。
うちは車がないので、往復タクシーです。

母の後ろ姿を。
b0327247_15381532.jpg


ピザを食べたいと言ったのは母です。
夕飯にピザを食べてから帰ります。
雨は上がりました。

父のお供えにどん兵衛がありました(笑)
b0327247_15422704.jpg



[PR]
by anatatoyu | 2016-06-19 15:30 | 帰省 | Comments(6)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう