3のつく日

3のつく日は餃子が半額と言う、関西ではよく見かけるお店にランチに行って来ました。
b0327247_17260337.gif
餃子好きは三人共通。
エビチリは幸子さんの好物ですが、一番値段が高い割に当たり外れが多いのです。

今日のお店は外れ。
餃子、エビチリ、鳥から、ラーメンとチャーハンのセットと、大衆中華の王道を頼んだのですが、どれもイマイチ。
もうリピはないだろうなあ。

でも、良いお天気でしたから、幸子さんの運動になったと思えば、これもまた良しとしましょうかね。

[PR]
by anatatoyu | 2017-12-03 22:20 | 暮らし | Comments(6)

菊菜しだいの夕食

三連休何をしたのか、あっという間に終わってしまった。
幸子さん中心の生活とこちらは思っているが、幸子さんは幸子さんで私達に合わせてると思ってるかもしれない。

昨日は元気にイオンまで。
幸子さんの冬物の下着と化粧品をお買い物。
お昼ご飯はいつも蕎麦屋で。
いつもは天ざるなのに、昨日は何故かカツ丼セット。
ここは蕎麦屋さんなので、何にでもお蕎麦が付いてくる。
私も同じセットを注文。
b0327247_10575744.jpg
幸子さんはカツの真ん中をオットに1つあげただけで、カツ丼は完食、お蕎麦を少し残しただけ。
私はカツ一切れとご飯をオットに食べてもらい、お蕎麦も完食できなかった。
そう言えば、蕎麦屋に入る前に時間があったので、二人でソフトクリームを食べたの忘れてた。

一旦家に帰ってから、私は一人であちこち買い物に出た。
三連休の最終日、ほんとはすき焼きでもしたかったけど、菊菜が異常に高い。
イオンでは298円、近所のスーパーでは498円。
誰が肉より高い菊菜を買うの?
私は菊菜が大好きなので、菊菜の入らない鍋物なんて考えられない。
泣く泣くすき焼きはあきらめて、お好み焼きにでもしようと、キャベツを洗い材料が家にあるのを確認した。

夕方に卵の特売があるイオン系のスーパーに行った。
何気なく目に付いたのが菊菜。
なんと158円!
しかも黒毛和牛の切り落としが特売になってる。
これはやっぱりすき焼きしかないわ。
ネギも白菜も家にある。

帰ってから幸子さんに報告。
「菊菜が安かったから、今晩はお好み焼きはやめてすき焼きにするよ。」
「え〜っ!お昼食べすぎて、すき焼き入らないわ。」
別にたくさん食べてとは言ってない。
自分のお腹と相談して食べれば良いこと。

綺麗な時の写真はいつも撮り忘れ、食べかけので失礼。
b0327247_11103089.jpg
美味しかった。

イオンで買ったもの。
b0327247_11112829.jpg
この鮪がまた美味しかったこと。
一度は行ってみたかったマルタ産。
オットの誕生日がこれで終われば安いもの(笑)

[PR]
by anatatoyu | 2017-11-06 11:10 | 休日の夕飯 | Comments(10)

台風の日に

ブログの更新を二日も休んでしまいました。

台風に備えて、出控えていた土曜日は、これと言ったネタもなく、夜はスーパーの蟹で鍋をしました。
b0327247_00322041.jpg

湯気で曇っています。

日曜日の夜は、市内の温泉のあるホテルを予約していました。
台風と睨めっこしながら、ギリギリまで悩みましたが強行突破。
ざあざあ降りの中、ホテル近くの繁華街までタクシーで行き、お昼は回転寿司(笑)

母が来るまで、回転寿司好きの私たちは月一は食べに行っていたのに、自宅近くの回転寿司は、どうも母には鬼門の方向のようで行けませんでした。
いつかの怖い思いをした辺りです。

あれが7月30日のことだったので、久しぶりの回転寿司、美味しかったですが、母が食べるのが早くて写真が間に合わず。
b0327247_00440009.jpg
ホテル近くのショッピングモールで、母は靴を買いましたが、自分の物は何一つ見ることもできませんでした。

ショッピングモールからホテルまでは傘要らずの連絡通路があります。
b0327247_00465962.jpg

ホテルにチェックインするなり、お昼寝する幸子さん。
b0327247_00460433.jpg
最初のショッピングモールとは反対方向に飲食店が入った建物があるので、幸子さんをホテルに残して、私たちは夕食のお店を下見に出掛けました。

台風の影響で、夜の営業を取り止める店もありましたが、焼き鳥好きの幸子さんの為に良さそうな店は開いていました。

ホテルに戻り、起こさなければずっと寝ていそうな幸子さんを起こして、少し早めの夕食に出掛けました。

ところが、ホテルを出てから幸子さんが不機嫌になりました。
幸子さんはホテルの中で夕食を食べると思っていたようです。
でも、そんな予定は数日前に話をしてあったのですが、やっぱり幸子さんには全部聞こえてなかったのですね。

その店に入ってからも、しばらくは不機嫌でしたが、店を出る頃には普通に戻っていました。
ホテルに戻り、しばらく休憩をしてから温泉に入り、選挙速報を少し見てから、何度も大あくびをして寝てしまいました。
やれやれです。

幸子さんの立場になれば、どこへ連れて行かれるやもわからないから、心積もりの仕様もないのかもわかりません。
でも私たちは私たちで、毎日家で退屈してるだろうと思い、外食好きな幸子さんを連れて行くのに、エスカレーターやエレベーターの場所を確認してあれこれ考えるのです。
やっぱり幸子さんは難しい人です。

おっと、幸子さんがトイレに起きます。
この続きはまた明日。


[PR]
by anatatoyu | 2017-10-23 01:10 | 暮らし | Comments(6)

ランチに

29度を超えた大阪。
お昼に、幸子さんが今回大阪に来て始めて、店に連れて行きました。
オットは朝から店の排水口などの掃除をしていたので、ついでに店の辺りでランチでもと思ったからです。

幸子さんが前回お店に来たのは、まだ父も元気だった十数年前。
幸子さんの記憶にある店とは少し違っていたようで、あれこれ聞いていました。

ランチをしようと目星をつけていた店はお休みだったので、開いていたアジアン料理のお店に行きました。
タイの焼きそばやガパオライスやフォーを三人で分けて食べました。
b0327247_14462568.jpg


何でも美味しい美味しいと言って食べる幸子さん。
お元気なことで(笑)




[PR]
by anatatoyu | 2017-10-09 14:45 | 暮らし | Comments(6)

幸子さんの背中

昨日、お風呂に入る時に、浴室まで歩く母の背中を「ピンとのばし!」と言う意味でさすったら、母が立ち止まって急に上体を後ろに反らしたので、慌てて支えた。
またどこか圧迫骨折でもされたら困る。

「背中が丸いの知ってる?」と聞くと、脱衣所の鏡に自分の横側の姿を写した。
「え?こんなに丸い?知らんかったあ。
よそのお年寄りを見て、あの人背中丸いなあて思ってたけど、他人事やないわ。」
そ、他人事やないのよ。
背中はすっかりおばあちゃんよ。

いつ頃からかな?母の背中が丸くなり始めたの。
今年の春、圧迫骨折してからはもっと丸くなったと思う。
もう元には戻らない。
自分も気をつけなきゃ。


お昼ご飯に幸子さんと二人で中華を食べに行って来ました。
幸子さんはエビチリ、私は酢豚のセット。
あれこれ食べたいけど、二人ではたくさんの種類が食べられない。
b0327247_13583505.jpg

これだけでお腹いっぱいになりました。



[PR]
by anatatoyu | 2017-08-12 14:00 | 母のこと | Comments(8)

怖い思い

お昼に母と三人で回転寿しに行って来ました。<
b0327247_14570499.jpg

その店は、昔、父の兄夫婦が住んでいた辺りで、母にも懐かしい小さな商店街の中にあります。
昔のような賑わいはなく寂れた感じでしたが、鰻を焼く店の前だけは長い行列ができていました。

ほんとはそこで鰻を買って帰るつもりでしたが、暑い中並ぶ気力がなく、商店街を少し散歩することにしました。

見覚えある金物屋の店先に、モノマネをする犬のおもちゃがあり、母と二人で少し遊んでいると、ふと後ろに気配を感じました。

振り返ると三、四十代の見た目普通の女の人が、こちらに携帯のカメラを向けていました。
私は咄嗟に私達を撮っている?と思いましたが、まさか、たぶんこの犬のおもちゃを撮ってるんだと思い、その場をその女の人に譲る感じで離れました。
その時、私は小さな声で(何を撮ってるんやろ?)と呟きました。

すれ違いざまに、その女の人が小さな声で
「すみません」と言いました。

私達はその先にあるスーパーの方向に歩き始めましたが、オットが
「さっきの女の人、ずっとこっちをガン見してるよ。」と言うのです。
私もその方向をチラッと見ると、まだ携帯のカメラを向けています。

私達は気付かぬふりをして、スーパーに入りました。
すると、その女もスーパーに入って来たのです。
母もおかしいと思い始めたようでしたが
「知らん顔してて。見たらあかんよ。」と言い、買い物してるふりをしましたが、実のところはそれどころではありません。
オットが私達の後ろに着いていました。

母を庇うように歩きながら、ふと気づくと、その女は私の真横にいて近付いて来たのです。
そして、私の耳元で「シネ」と言ったと思います。
そのように聞こえました。
そして、女はどこかに消えました。

オットは
「買い物カゴをわざと俺の足にぶつけようとしたけど、俺は引いたけどね。」と言いました。

私達だけならまだしも、母が居るので余計怖かった。
でも、私達何か悪いことしましたか?
せっかくお休みに出掛けて、こんな思いをしたことが一番悔しい。
そして、あの女の携帯に私達の写真か動画が残ってると思うだけで、気持ち悪いです。

もう、2度とあの辺りに行くのはやめようと思いました。

[PR]
by anatatoyu | 2017-07-30 15:00 | 暮らし | Comments(23)

焼肉食べた!

幸子さんがいつか食べたいと言っていた焼肉、お昼に食べて来ました。
同時に大阪に来て始めて梅田に出かけました。
グランフロントまでは、タクシーで1メーター。

オットの後を歩く幸子さんです。
右に映っているのは私ではありません。
b0327247_15333606.jpg

b0327247_15333954.jpg

お肉は三種類、モモ肉とロースとはらみ、どれも私たちと同じ量を食べました。
まだまだ長生きしそうです。

三連休最終日なので、幾分人出は少なそうですが、幸子さんから見たら物凄い人出。
ルクアの地下の食料品売り場で買い物をして帰る予定でしたが、しばらく梅田に出ない間に改装中になっていました。

もう少し人混みに慣れたら、デパ地下のお買い物もできるようになるかな?
怖いのは、幸子さんがキョロキョロしてて誰かとぶつかり転ぶこと。
ようやく良くなってきた圧迫骨折ですから。


[PR]
by anatatoyu | 2017-07-17 15:45 | 母のこと | Comments(8)

幸子さんビュー

母の日だからと言う訳ではありませんが、最寄り駅前にランチに行って来ました。
幸子さんの大好きな中華です。

あんまり食べられんから…と、どの口が言ったのか、でっかいエビチリやカキフライや餃子まで食べて、麺食いの幸子さんは最後に「ラーメンが食べたい」と。
もちろん全部シェアしてですよ。
写真は撮れませんでしたけどね。

帰りは商店街を通って、スーパーでお買い物。
往復2キロ弱の道のり。
マンションの前まで辿り着いたところを、後ろから。
b0327247_16253021.jpg


何だか、ストリートビューみたいに見えませんか?
幸子さんをタップしてみてください(笑)

すっかりお疲れの様子でお昼寝してる幸子さんを置いて、一人でイオンに行って来ました。
自分の洋服を2枚買って来ました。
これがけっこう息抜きになるのです。

今夜は久しぶりに三人で夕食です。

[PR]
by anatatoyu | 2017-05-14 16:25 | 母のこと | Comments(8)

嵐の前の…

昨日は、ブログの更新もできないほど、ゆっくりさせて貰いました。

母が来るための買い物はしましたが、日曜日を自分のペースで動けるのは久しぶり。
今後も、こんな日曜日は当分ないでしょう。

毎週日曜日の午後3時からあるテレビ番組が楽しみ。
それを一生懸命観てるかと言えばそうではなく、1時間番組の半分以上をうつらうつらと居眠りしながら観るのです。
それがほんとに気持ち良い。
昨日も気持ち良く居眠りしました(笑)

夕食は簡単なものを自宅でも良かったのだけど、もうこんなこともないかと、重い腰を上げて梅田に出ました。

お気に入りのビアホールでハッピーアワーを楽しんだあと、馬力を付けるため馬刺しの店に移動。
b0327247_09211144.jpg

b0327247_09211306.jpg

たっぷりにんにくをつけて食べたので、一晩中口の中がにんにくでした。

帰りは、グランフロント、空中庭園あたりを歩いて自宅に戻りました。
b0327247_09211540.jpg

母が元気に大阪に来れば、またこんな夜もあるかも知れませんが、今の所難しいです。


☆今日のまかない
かれいの煮付け
ハムとキャベツのコールスロー
b0327247_15394817.jpg





[PR]
by anatatoyu | 2017-04-24 15:40 | 暮らし | Comments(10)

「よく焼き」

スマホを替えた時、マイネオで貰った緑のティッシュが使いにくい。
b0327247_15404482.jpg


鼻をかむのも、口を拭くのも。
ティッシュはやっぱり白よねえ。


オットがいつも行く床屋さんの近くに回転寿司がある。

いつからか、オットが床屋に行く日曜日のお昼は、そこの回転寿司に行くのが恒例になった。

だいたい同じ時間に行くのに、日によって混んでいたりガラ空きだったりするが、おとといは月末の日曜ということもあってか、床屋も回転寿司もすでに結構なお客さんがいた。

それでもいつもと同じ辺りの席に座ることができた。
お寿司を握っている人の前。
そこで注文すると握りたてが貰えるからだ。
海苔巻きならパリパリッとした海苔を噛める。

私達の対面に女の人と5歳くらいの男の子が座った。
最初親子かと思ったが、男の子が女の人に「ばあば」と言ってる。
派手めな化粧と服装の女の人は四十代と思われるけど、四十代ならあれくらいの孫がいても不思議ではないわね。

男の子が食べるものはいつも決まっているようで、ばあばが大きな声で注文した。

「ゲソとタラコを『よく焼き』で〜。」と。

「はい!」と返事した目の前の店員さんがバーナーを取り出した。
ゲソとタラコを焼いている。
それも長い時間、芳ばしい匂いがしてくる。
やがてよく焼かれたタラコが見えた。
ほとんど黒い。

牛丼の「つゆだく」は聞いたことがあるが、回転寿司の「よく焼き」とは初耳。
おそらく男の子は生物が食べられないか、それともノロウィルスを心配してか。
でも、あのコゲたもののほうが、よほど体に悪そうだけど。
よその子だからいいけどね。



☆今日のまかない
小海老のフライ
おでん風煮物
b0327247_15404416.jpg




そそっかしい性格のせいか、年齢のせいで目が悪くなってるか、ボケて来たかわからないけど、最近読み間違いが多い。

また、耳の遠い母や叔母と電話で話すのが苦痛だ。
話がちんぷんかんぷんで、それも耳が遠いからかボケてるのかもわからない。

こちらから大事な話は電話ではできないのに、向こうからは言いたい放題で言われるのがむかつく。。
はあ、疲れるわあ。。





[PR]
by anatatoyu | 2017-01-31 15:40 | 暮らし | Comments(10)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう