障害者手帳

父の右足が骨腫瘍で人工骨になった時、まだまだ気丈だった母は、父の車椅子を押して地元を歩くなんて絶対嫌だと言いました。
平成20年の年末のことでした。

父を好きだった私は、なんと薄情な母親かと思いました。
でも、若い時から父の酒癖の悪さで泣かされて来た母の反逆かも知れません。

先日の耳鼻咽喉科の聴力の検査で、あと少しで4級の障害者になるレベルと言われました。
もう一つ、言語の理解力の検査も受ければわかると言われましたが、それは次回という事にして帰って来ました。

障害者手帳を貰えば、補聴器を買う時に補助金が出るそうです。

さて、その話を母にどのように切り出そうかと考えました。
私の知ってる母の性格なら「私は障害者じゃない!そんなもん貰わんでも、補聴器くらい自分で買う!」と言いかねない。

耳鼻咽喉科での医師と私の会話は、もちろん母には聞こえてません。
帰宅してから、やんわりと話してみました。
「ふ〜ん。それなら今度検査するわ。
新しい補聴器も欲しいし。」と。
何のことはない、すんなりと受け入れました。

シルバーカーを押して歩くことを嫌がらない母も不思議でしたが、自分の老いを認めたか、回りはみんな知らない人ばかりだからか、私にしたら素直な母は気持ち悪いのです。

もう一つ、その障害者手帳の申請とやらが、どうもめんどくさそうなのです。
これから暑くなるのに、区役所と病院とを行ったり来たりするのかと思うと、できれば4級のラインに達しませんようにと、心の中で願う私です。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
牛丼
b0327247_16150057.jpg

朝ごはんのあと、母にメモ書きで
「お昼はカレーか牛丼、どっち?」と見せると
「牛丼」と言いました。
それからしばらくして
「カレーライスでもいいよ。」と。
もう牛丼の用意をした後でした。

今日の幸コレ

b0327247_16160650.jpg

しっかりした足取りになりました。
自分で「口と足は達者ですから。」と言うだけのことはあります(笑)



[PR]
by anatatoyu | 2017-06-08 16:17 | 母のこと | Comments(14)

母の居場所

店で居る間に、今頃母は何をしてるだろう?と思うことがある。
そう思う時の母は、大阪の自分の部屋に居る。

かと思えば、うどん県のあの家の物が溢れた自分の部屋の定位置で座っている母を思い出すこともある。

うどん県の母の部屋は、退院が早まった母の為に急拵えした部屋だった。
そこで母は、四年と少し一人暮らしをしたことになる。

考えたら、うどん県の部屋も大阪の部屋も、私が整えた部屋。
大阪に来てひと月ちょい、今はまだ両方の部屋に母が居るように思えて不思議。
母が私くらいの年齢の時は、まさか自分が大阪で暮らすようになるとは、夢にも思わなかっただろう。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
鶏団子甘酢あんかけ
ほうれん草胡麻和え
揚げとワカメの味噌汁
b0327247_13101623.jpg


ほうれん草が固かったのですって。
気をつけて、長めに茹でて短めに切るのだけど。

今日、幸子さんがお風呂から上がったとき、いつものように私が頭を拭こうとしたら
「自分でする。」と幸子さん。
頑張って足も拭き、自分の部屋に戻った。

そうそう、自分のことは自分でね。


[PR]
by anatatoyu | 2017-06-07 15:35 | 母のこと | Comments(10)

幸子さんの仕事

昨日の朝、私とオットとで母の部屋の掃除をした。
ふと気付くと、母がキッチンで洗い物をしようとしている。
何も手伝わず悪いとでも思ったか。

私はちょうど母が手に持っていた包丁を取り上げた。
「いいから、いいから。」
母は「いいの?」と言い、そのまま手を拭いて、キッチンから出て行った。

最近、洗濯物を干す時や取り込む時は手伝ってくれるようになった。
掃除機をかけていると、邪魔なものはどけてもくれる。
それはいいが、洗い物はして欲しくない。
なぜか?
二度洗いが必要になるから。

実家の食器がそうだった。
洗って水切りカゴに置いてあっても、お皿やコップは汚れが綺麗に落ちてないものが多かった。
ざっと洗うからか、目がよく見えてないかはわからない。
実家の食器棚から食器を出して使おうと思っても、汚れが残っていて洗い直すこともあった。

二度洗いするくらいなら自分で洗う。
それに、私に二度洗いされるくらいなら、母も最初から断られるほうが良いだろうと思った。
これが姑さんなら難しいだろうなあ。
今はとにかく、自分のことをして欲しい。


今朝は耳鼻咽喉科に8時半に到着。
初診なので問診に時間がかかったけれど、薬局でお薬を貰ったのは10時前。
まずまずでした。

火曜日なので、耳鼻咽喉科からも近いいつものシルバーエイジデーのスーパーでお買い物。
お昼はにぎり寿司を食べると幸子さん。

写真がないので、2度目の豆苗。
b0327247_16004677.jpg

お味噌汁に入れても、豆くささが気になります。
またしばらく買わないでしょう。





[PR]
by anatatoyu | 2017-06-06 16:00 | 母のこと | Comments(8)

病院巡り

カラッと爽やかな土曜日なのに、幸子さんの病院巡りです。

整形外科までは幸子さんの足で20分弱です。
最近は腰痛も楽なようで、歩くスピードも上がりました。

整形外科の先生は初対面からの印象が良いので、その先生の言うことは絶対の効き目があり、私もとても助かります。
カルシウムの注射はいつも看護師さんなのに、前回は先生でした。
先生のほうが痛くて、おまけに注射の跡が青くなってても、信頼してるお気に入りの先生なら許せるんですねえ。

内科と喘息のお薬が残り少なくなって来たので、2回目の内科にも行きました。

うどん県で貰った薬は同じ日にち分貰ってるのに、残りにバラつきがあるのは高齢者あるあるでしょうか。
本人はちゃんと飲んでる、薬局の人が数を読み間違えてるとまでおっしゃる強気の幸子さん。

内科の先生は前にも書きましたが、地味な顔立ちで声に抑揚がありません。
最初に幸子さんの耳が遠いので私が代わりにお話聞きますとは言いましたが、もうちょっとはきはきと喋れんか!と、この私でも言いたくなりますが言いませんけどね。

残りの薬の数に合わせて、新しいお薬を貰いました。
お薬は変わります。
これが幸子さんにどう作用するか、飲んでみてのお楽しみです。
高齢者はいつもと違うを嫌がります。
自分の何かが具合悪くなると「新しい薬のせい」って絶対言います。
間違いないです。

おまけに「あの先生、ちっちゃい声。なんも聞こえん。」と待合室で受付の人に聞こえる声で二度もおっしゃる。
よく効くお薬も効かなくなりそうです。

二つの病院はどちらも空いてて、早く帰宅できました。
帰りには例の如くスーパーに寄ってお買い物。
幸子さんが見つけたのはこれ。
b0327247_17450975.jpg

出前一丁のカップです。
今晩はこれを食べるそうです…

少し前に、確かカップ麺はもういらんと言ったはず…
お忘れでしょうか。




[PR]
by anatatoyu | 2017-06-03 17:45 | 母のこと | Comments(12)

バイバ〜イ。

幸子さんが大阪に来て1ヶ月になりました。

高齢者を住み慣れた土地から動かすと、認知症を発症しやすくなる。
または認知症が進行すると、よく言われます。

私の知り合いで、うちと同じように親を呼び寄せて、一緒に暮らす(暮らした)人を二人知っています。

二人とも、息子が母親を呼び寄せた形ですが、認知症ではないと聞いています。

私も母親を呼び寄せるにあたり、一番心配なことはそこでした。
気の強い人ですが、本人も不安なことは多かろうと思います。

最近は喘息と腰痛が少し良いようで、洗濯物を畳んだり、自分のことは自分でやってるので、そんな時は手伝いません。

毎日のことも「こうして」「ああして」となるべく言わずに、こうして欲しい形に収めて置くと、そのようにしてくれています。
夕食の時に自分が使った食器も、きちんと洗って水切りカゴに入れてあります。

毎日の暮らしの中の何でもない小さなことですが、その小さなことを見逃さずに注意したいと思います。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
焼きそば
しらす大根おろし
b0327247_16064350.jpg

おにぎりとお漬物は食べきれず、夜に食べるそうです。

私が家を出る時、昨日今日と玄関まで送りに出て来ました。
私は母の顔を見ながらドアを閉めて鍵をかけるのが、母を監禁するようで、本当は見送りに来て欲しくないのです。

おまけに、滅多にない笑顔で
「バイバ〜イ」なんて手を振られると、夜中に帰るのが怖い怖い。
そ〜っと母の部屋を覗いて「ぐあ〜」ってイビキをかいてると、生きてるわとホッとします。

明日は幸子さんの整形外科と内科&呼吸器科です。



[PR]
by anatatoyu | 2017-06-02 16:05 | 母のこと | Comments(10)

この差はなんだ?

平日、オットはお昼ご飯が終わったらシャワーを浴びて、私より先に家を出ます。

私はそのあと片付けてから、一日置きの母のシャワーかお風呂に付き合い、洗濯をしてから出掛けます。

オットが出掛ける用意を始める午後1時頃になると、母はオットを見送る為にお尻が浮きます。
オットが「お母さん、行って来ます。」と声をかけると、母は椅子から立って玄関まで見送りに行きます。
「気をつけて、行ってらっしゃあい。」と言います。

私が出掛ける午後3時前、幸子さんがシャワーを浴びた後なら起きていますが、そうでないと椅子に腰掛けてテレビを見ながら居眠りしてたり、ベッドで横になっていたりします。

私が暖簾を上げて
「行くからね。」と声をかけると
「もう行くの?気をつけて。」と微動だにせず言うだけ。
まあ、いいですけどね。

☆今日の幸子さんのお昼ご飯
鮭の塩焼き
肉じゃが
豆腐とワカメの味噌汁
b0327247_13103554.jpg


今日は一番近いスーパーに買い物に。
b0327247_15493326.jpg

圧迫骨折で一段と背中が丸くなりました。
[PR]
by anatatoyu | 2017-05-31 16:00 | 母のこと | Comments(6)

麺食い

神戸生まれで、うどん県育ちの幸子さんは麺類が大好き。
うどん県で住んでいた頃、近所に美味しいうどん屋さんがあったので、そこには一人でも食べに行っていた。
最後に二人で行った時には、店の方も名残りを惜しんでくださった。

大阪に来てからまだうどん屋さんには行ってない。
うちの近所には美味しいうどん屋さんはない。

外食に出ると必ず最後にはラーメンを食べたがる。
先日の中華ランチの時のラーメンは良かったが、昨日の焼き鳥屋さんのラーメンはお口に合わなかったらしく、少し食べて
「もう、いらん。」
おかげで私はお腹いっぱい。

お昼も素麺とかうどんとか言うけれど、お昼くらいしっかりおかずを食べて貰いたい。
今日のお昼は、炒飯とかき玉スープ、胡瓜とカニカマの酢の物。
写真は撮り忘れ。

一人の夕飯用に、素麺を冷麺風にしてみた。
素麺は茹でて水にさらしたあと、軽くごま油を和えて、麺がくっつかないようにした。
タレは薄い麺つゆにポン酢と砂糖を少し。
食べる時にかけてね、と言って出て来た。
b0327247_16014451.jpg


作るのが2時頃、食べるのは6時頃。
冷蔵庫の冷たいのを嫌がるので、キッチンに置いておく。
まだこの気温だから良いけど、真夏になると考えなくちゃ。


[PR]
by anatatoyu | 2017-05-29 16:00 | 母のこと | Comments(4)

夜デビュー

カラッとした爽やかな気候が続きます。

昨日は朝一番で、ちょっと遠いスーパーまで歩いてお買い物をして来た幸子さん。
だんだん歩くことにも自信が持てるようになったようです。
腰の痛みが減ってる証拠です。

夜は焼き鳥でも食べに行く?と聞いてみると、行くとおっしゃる。
昔から外食大好きな両親でしたが、父の足が不自由になってからは、それも叶わぬ生活になっていました。

最寄り駅前の焼き鳥屋さんを6時に予約。
幸子さん自身が杖で出掛けると言いました。
b0327247_05415366.jpg

焼き鳥は写ってませんが(笑)
幸子さんもグラス一杯のビールを飲みました。

帰りは商店街を通って帰りましたが、さすがに杖ではしんどかったようです。
でもシルバーカーで入れる飲食店を探すのも難しい。
次回はいつ、どんな所に行けるかな。




[PR]
by anatatoyu | 2017-05-29 05:40 | 母のこと | Comments(10)

筆談

何かのポイントがたまっているとかで、オットが幸子さんとの筆談のための「ブギーボード」を貰おうかと言います。

私はできれば肉声で会話したいと思うし、筆談では幸子さんの気分を害するのではないかと断りました。

幸子さんの耳がこんなに遠くなったのは、ここ最近のこと。
右耳にだけ補聴器を付けますが、それもあまり良く聞こえないらしいです。
自分の部屋では両耳にイヤホンでテレビを見てます。

私達が居る時はリビングに出てくるので、話しかけるといつも
「補聴器してないから聞こえない」と言います。
それを聞いて私は「なんでつけないの?」と怒ってしまいます。
一人暮らしの時は必要なかったのでしょうが、誰かとコミュニケーションを取ろうと思うなら補聴器は必要です。

たった一言「散歩行く?」と聞いても
「買い物?」と言います。
「さ、ん、ぽ」と言い直して「え〜っ??」と言われると、こちらは「もうっ!!」となるのです。

幸子さんも何度も聞き返すのが嫌で、理解できてないのに曖昧に返事をすることがあります。
それがたいしたことでないなら良いけど、大事なことなら困ります。

だから長文を理解して貰うのは至難の技です。
今日は、いつもより早めに家を出ることと、夕飯はおにぎりで良いか?ということを紙に書いて渡してみました。

幸子さんはしばらく読んで
「は〜い。」と言いました。
考えてみれば、筆談なら両方が何度も繰り返す必要がないのです。
私も「もう、いい!」と匙を投げることもない。
幸子さんも、私が言う事を理解できない自分を情けなく思わずに済みます。

昨日は出掛ける時に、リビングの幸子さんが座る場所に
「夜は冷える。窓開けたまま寝ない。」と書き置きをして来ました。


昔、両親が共働きだった頃、小学校から家に帰ると、勉強机の上に母の書き置きがよくあったことを思い出しました。
「学校からかへったら、宿題をすること。」と書いてあり、お小遣いの10円が乗せてありました。
「かへったら」は「帰ったら」のことで、昔の仮名遣いが年齢を物語りますね。

母は知らぬ間に、私の子供になっていたようです。

今日は幸子さんの整形外科の日。
週に一度、カルシウムの注射をします。
通院の日は、帰り道のスーパーで幸子さんの食べたいものを買うのが恒例になりつつあります。
おかげで私も楽ちんできます。
b0327247_17041067.jpg


[PR]
by anatatoyu | 2017-05-27 17:00 | 母のこと | Comments(4)

幸子さんとテレビ

幸子さんはおそらく、一日の半分くらいの時間、テレビをつけていると思われます。
でもその半分くらいは、自分の部屋でイヤホンをしたまま居眠りしてます。

好んで見るのは昔の時代劇や洋画。
再放送かどうか知りませんが、2時間ドラマもよく見てます。
最近では、うどん県で見られなかったBSを見る術も知りました。

私達が家に居るお昼前後はワイドショーみたいなのを見ています。
その時はリビングで補聴器を付けて見てますが、テレビの解説をする幸子さんに適当に相槌をうちながら、私達は用事をします。

一日の半分ほどを一人で居るので、幸子さんの話ももっと真面目に聞かなあかんかと思いますが、芸能ネタはどうでもいいし、昔話は耳にタコだし。

今日のお昼は親の介護をしている(していた)芸能人の話で、なかなか良い話だったのに、そんな時に限って全く関係のない昔話をする幸子さん。
明日は我が身だから、わざと話を逸らしているのかと思ったりしますが…。


☆今日の幸子さんのお昼ご飯
茄子と揚げの炊いたん
にゅうめん
幸子さんが買った練り物
b0327247_13491387.jpg


昨日のお昼ご飯について、幸子さんの一言。
「あんなにたくさんおかずいらんよ。」

毎日、好きなことおっしゃいます。



[PR]
by anatatoyu | 2017-05-25 16:10 | 母のこと | Comments(10)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう