人気ブログランキング |

ゆうさんちのご飯日記

anatatoyu.exblog.jp ブログトップ

たまたまだと思うけど

後で思えば…

義父が亡くなったのが、私達が沖縄でいる時でなくて良かった。

数日前に、オットは散髪してたし、私は毛染めもしていて良かった。

初冬とは言え、お通夜も告別式もお天気が良く暖かい日で良かった。

この夏には、義母と義父が一緒に米寿のお祝い会もやって貰って良かった。

そう思うことがたくさんある。

夕飯を食べてビールも飲んで、自分の家でお風呂に入って急性心筋梗塞。
瞬間のことだったらしい。
お湯も飲んでないらしく綺麗な顔だった。

義父らしいと言えば、義父らしい逝き方だったように思う。
そんな義父の爪の垢が欲しいとおっしゃるお客さんが何人かいるが、後の祭り。



☆今日のまかない
豚肉と野菜のXO醬炒め
ポテトサラダ
b0327247_15350684.jpg




もう何年も前から、私の気持ち(私の財布)で岐阜におせちを送って来た。
両親が元気な頃は年末年始に帰らないことが多かったからだ。

毎年31日に届くようにしてあったが、届くなり包みを開けて義父は食べていたらしい。

この年末年始も予定通り別々の帰省。
オットが今年はおせちはいらないと言った。
義父が亡くなる前の話。
あんなものに高いお金を払うのは勿体無いと言うのだ。

それならやめておこうかと注文しないでいたら、お正月に「おめでとう」と言えない状況になってしまった。


本日は営業です。





by anatatoyu | 2016-12-10 15:35 | 暮らし | Comments(6)
Commented by o-rudohime at 2016-12-10 16:47
出来る事なら私も義父さんの爪の垢が欲しかったですね。
神社仏閣の御願は「ころりと死ねます様に」です。
間違っても延命寺には御参りしません。
出来ることはやったのですからゆうさんも後悔する事は無いでしょうね。
Commented by aloha-lokomoko at 2016-12-10 19:08
偶然ですが、不幸中の幸いと言っていいかどうか。
私も、土曜でしたが、普段なら変わってはもらえない業務ですが、たまたま土日ともに変わってもらえる内容で、父が意識がなくなった時から変わってあげますよとみんなが言ってくださり、たまたまだとは思うのですが、ありがたかったです。
急なことでしたが、家族思いの死に方と思うしかありませんでした。
さみしいお正月になりますが、どうか心おだやかに皆様が過ごされますように。
Commented by anatatoyu at 2016-12-11 07:04
o-rudohimeさん

生きてる間に爪の垢取っておけば良かったですね(笑)
うどん県では「ぽっくりさん」にお参りすると言いましたが、関西では「ぴんぴんころり」と言います。

自分の父には後悔だらけですが、義父にはないです。
Commented by anatatoyu at 2016-12-11 07:09
ロコモコさん

やはりそんなことがあるのでしょうね。
ロコモコさんの会社の方は皆さん良い人ばかりですね。

義母は意外と寂しくないかもしれません。
たいてい義父と二人きりだったのが、入れ替わり立ち代り、娘や息子が出入りしますからね。
そのうち「一人にしてくれ!」と怒るかも(笑)
Commented by momoseke at 2016-12-11 07:32
それにしても不思議なものですね。
この度のことでゆうさんのご家族の
人間模様を覗かせていただいて私も
いろいろ考えることがありました。
自分の親、夫の親、、、
そう遠くない未来に起こりうること
として覚悟しとかないとなぁ
って改めて思った次第。
こんなこと言ってる自分だって
明日どうなるかわからないしね。
Commented by anatatoyu at 2016-12-11 16:09
モモセさん

そうですよね。
日本中だけでも、毎日どこかで事件や事故が起きてるでしょ。
それっていつも他人事だと見聞きしてますよね。
でもいつ自分の身に起きても不思議じゃない。
覚悟は必要ですよね。
line

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite