春なのに…

今日は愚痴です。
人の愚痴など聞きとうない!って方は、どうぞスルーしてくださいませ。


気温も上がり、すっかり春らしくなって来ました。
ところが、うちの店ったらどうでしょう。
3月に入ってまだ12日(昨日で)、そのうち営業日は10日、それななのにボウズの日が3日もあるのです。
先週の火曜日と木曜日、そして昨日の月曜日。
さすがに週始めの月曜日からボウズでは、この私でも凹みますよ。

自慢じゃありませんが、これだけ不景気になると月一のボウズは当たり前。 
でも月に3日も、しかもこんなに続いてなんて、店史上初の出来事です。

いったい何が起きているの?
うちの数少ないお客さん。
どなたもお亡くなりになったとはお聞きしてません。


☆今日のお昼ご飯
焼き飯
あさりの味噌汁
コールスローサラダ
b0327247_15423338.jpg

今日の幸子さんのお弁当
卵焼き、切り干し大根、ミニ魚フライとおにぎり
b0327247_15433594.jpg

外は暖かいのに、店の中は凍てついています。
ボウズの記録を更新するのか。
そろそろやめどきかな。




[PR]
Commented by ukico32744 at 2018-03-13 16:54
う~む。。
今月は年金支給月ではないですからねぇ(関係ない?)
これから歓送迎会などの二次会で、ぼちぼち入るのではないかしら。
20日、25日は給料日だし。
日雇いの人もいらして~。

ゆうさん、じっと手を見て?待ちましょう。
Commented by anatatoyu at 2018-03-13 19:00
> ukico32744さん

まあ、こんなコメントしにくい記事に一番にコメントいただき、ありがとうございます(笑)
高齢者多いですからね、年金と関係あるかもですね(笑)
最近、二次会って減ってると聞きますよ。
その給料日をこえて月初めというのが、また暇な期間なのです。
ひ、日雇い?
うちのお客さんにいるかなあ??

そんなに手を見る時間あったら、寝ますわ〜(-.-;)y-~~~
Commented by syouhou36 at 2018-03-13 19:11
ゆうさんこんばんは(^-^)

私事ですが、そういえば昨年の冬から、いつも仕事帰りによく寄っていた駅前のパン屋の喫茶コーナーに全然寄らなくなってました。
この冬はインフルエンザも流行っていたし、寒すぎて皆さん早く帰りたい気持ちが優先して、寄らなくなってたかもしれませんね。。
大丈夫、暖かくなってきたから、夜桜も咲いて、夜間活動も盛んになりますよ。


Commented by anatatoyu at 2018-03-13 19:28
> syouhou36さん

こんばんは〜
私はいつもそちらのブログ読み逃げですのに、コメントありがとうございます。
そうですね、私も昔そんなことありました。
人って突然そうなることありますね。
うちはやっぱり高齢者が多いので天候は関係あるでしょね。
夜桜と言えば、今年は開花が早いそうですね。
桜が散ったら、またヒマになりますかねえ(-.-;)y-~~~
Commented by komiti15 at 2018-03-13 21:08
商売って色んな事に影響を受けるのですね
忙しいってことは幸せなんだなぁ・・・ なんて
つくづく思います
山あり谷ありを上手く乗り越えて頑張って
忙しくなりますように!
Commented by mahalo-lokomoko at 2018-03-14 06:10
幸子さんのお弁当、可愛い!
髪は綺麗に染まりましたか?

世の中。もっとお金が回らないとみんなが困る。

何だかんだ、政治家だけが得している気がする。
私らの税金なのに。
Commented by anatatoyu at 2018-03-14 07:28
> komiti15さん

忙しいと余計なことを考える時間がありませんものね。
それにヒマだとお腹も空くし、ロクなことありません(笑)
もうこんなこと20年以上もやってますので、たいていのことは慣れています。
毎日忙しくなくていいのです。
毎日誰かが来てくださると、店をやってて良かったなと思えるのです。
Commented by anatatoyu at 2018-03-14 14:48
> mahalo-lokomokoさん

少しでも痩せさせようと思って(笑)
それがね、明るい色で染めたがるので、すっかりヤンキーです(笑)

お金はあるところに集まるのでしょうね。
無いところはずっと無い。
最近の国会は同じことばっかりやってますね。 無駄な時間やわ。
by anatatoyu | 2018-03-13 15:45 | 店のこと | Comments(8)

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう