人気ブログランキング |

ゆうさんちのご飯日記

anatatoyu.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:母のこと( 311 )

風邪引きさん

どうやら幸子さんは風邪を引いたらしい。
夜中に帰ったら喉が痛いと言いながら、のど飴を舐めていた、夜中に。

朝起きもしんどそうではあったけど、いつもの量の朝ご飯完食。
朝ご飯のあと「熱は?」と聞くと
「たぶんある。」と言うので体温計を出したら35、8℃。

しんどかったら横になっててと言うと、朝ご飯のあとそのまま2時間以上イビキをかいて爆睡。
風邪薬のせいかな。
もうすぐお昼ご飯だからと起こし、お昼ご飯も完食。
ミカンを出したら「今はいらん。」と言いながら、しばらくして見たら皮だけ。

ほんまに風邪かあ??


☆今日のお昼ご飯
b0327247_12561068.jpg

★今日のお弁当
b0327247_12562411.jpg


by anatatoyu | 2019-11-19 16:00 | 母のこと | Comments(4)

シャンプー嫌い

幸子さんは、私が言わないとシャンプーをしない。
たいていはお風呂の前に私に
「今日は頭洗ってよ」と言われ
「えっ?今日頭洗うん?」としぶしぶ洗う。

先週土曜日にパーマをかけて今日で五日目。
明日かあさってには内科と整形の受診があるので、木曜にはシャンプーしといてと言ってあった。

今日はお風呂前に念を押さなかったが、さすがに五日目ともなれば言わなくても洗うだろと思ってた。

幸子さんがお風呂の扉を閉めたあと、シャンプー後用のタオルを洗面所に持って行き、何気なく見ると幸子さんのシャワーキャップがない。
と言うことは本人が被ってお風呂に入ってる。
シャンプーするつもりがないってこと。

お風呂の扉を開けても補聴器を外してる幸子さんにはわからない。
幸子さんは向こうを向いて浴槽に座ってる。
幸子さんのシャワーキャップをした頭をつついた。
ギョッとした目で私を見上げる。
「あたま、洗って!」とジェスチャーを交えて喋ると
「頭洗う日?な~んや。」と幸子さん。

な~んやって、なんや!!
どんだけシャンプー嫌いなん!
子供か!!


☆今日のお昼ご飯
さんまの開き
かぶらの菜飯
b0327247_12594023.jpg

★今日のお弁当
b0327247_12595672.jpg


私がもしパーマやヘアカラーをしても、私は翌日にはシャンプーする。
毎日シャンプーしないと気持ち悪くて出掛ける気にもならない。

幸子さんはパーマやヘアカラーのあと数日はシャンプーをしたらいけないと思い込んでる。
パーマなら伸びるし、ヘアカラーなら色が剥げると言う。
でも五日も頭を洗わないなんて考えられない。

お風呂から上がった幸子さんは、自分の部屋の鏡で自分の髪の毛のクルクルを見て笑い転げていた。
長生きするなあ、困るわぁ。



by anatatoyu | 2019-10-24 17:45 | 母のこと | Comments(2)

ややこしい?

朝からテレビを見ては「関東は雨や」を繰り返す幸子さん。
でも「即位の礼 正殿の儀」が執り行われるころには雨が上がり虹がかかっていましたね。
ご覧になりましか?凄いですよね。

さて、この春に近所にできた小洒落たスーパーは阪急系列。
幸子さんを誘う時は「阪急に行く?」と聞きます。

先日いただいた立派な松茸は阪神百貨店で買って来られたもの。
その話は幸子さんにもしました。

今朝は幸子さんに「阪急に行く?」と聞くと「行く。」と返事。
ちょっと距離があるので、たいていは却下されるのに珍しいこと。

出がけにオットが幸子さんに聞きました。
「今日はどこへ行くの?」
「阪神」と幸子さん。
オットがっくり、私びっくり!
「阪急やろ!」と言うと「あんた阪神言うたやん。」
「阪神は歩いて行かれへん!」と私。
そのあと一人で大笑いする幸子さん。

聞こえてるようで聞こえてない、聞こえてないけど自分なりに解釈する、高齢者あるあるです。

☆今日のお昼ご飯
阪急で買ってきたお寿司
b0327247_17082681.jpg

★休日の夕飯
ローストビーフのサラダ
ポテトグラタン
b0327247_21071218.jpg

ありゃ、グラタンの写真がない!
グラタンはすでに消化済み。。。

by anatatoyu | 2019-10-22 21:00 | 母のこと | Comments(4)

義母と実母

昨日から一人で岐阜に帰ってるオットが、義母のビデオレターをLINEで送って来た。

昨日は朝から幸子さんと美容院へ行き、お昼過ぎに帰宅、私はそのまま一人買い物に出たので、オットからのLINEにはその時気付かなかった。

91歳になる義母はスマホを向けられてオットに何か喋ってと言われ、最初は少し困惑してたが、ゆっくりと喋り始めた。
「おかあさん、ゆうこさん、お元気ですか?私はおかげで元気にしております。
今日は息子を帰してくれてありがとう。
元気でいてください、さようなら。」
と書いたものを読む訳でもないのに、しっかりと喋ってくれた。

義母とは二年半ほど会えてないが、おっとりと優しい義母は変わらなかった。

それに比べて我が母。
毎日、昔の何かを悔やみ、また昔の誰かを思い出しては悔やむ。
人生が顔に出るとはまさにこのこと、娘から見て決して良い相の年寄りではない。

オットが美容院帰りの幸子さんの写真を送ってくれ、義母に見せるためだろうけど、私は気が進まなかった。
幸子さんに義母のビデオレターを見せても義母の言葉は聞こえない。
「私も何か喋らないかんな。」と言うが、私は作り笑いの幸子さんの写真だけ送った。

☆今日の私と幸子さんのお昼ご飯
ワンタン麺と冷凍してあった炊き込みご飯
b0327247_12594826.jpg

義母と暮らしていたら…と時々思う。
今よりは平らな気持ちで暮らしているだろう。

★おまけ
昨日の美容院での幸子さん
美容院でいる間は補聴器を外してる。
最初から最後まで同じ美容師さんではないので、変わるたびに幸子さんが耳が遠いことを伝える。
シャンプー台では腰が痛いことも。
b0327247_12564716.jpg
補聴器を外してるのに自分の言いたいことだけを喋る人。
たぶん耳が悪くなくても同じなんだと思う。



by anatatoyu | 2019-10-20 13:00 | 母のこと | Comments(2)

サバ好き

幸子さんは鯖アレルギーがある。
昔からずっとではなく、数年前にある日突然らしい。
でも元々は鯖好き、今も時々鯖を見ては「食べてみよか?」と言うが「どうなっても知らんよ」で毎回終わる。

☆今日のお昼ご飯
クリームシチュー
チキンライス
b0327247_13142533.jpg

★今日のお弁当
b0327247_13122387.jpg


今回ノーベル賞をもらった方が、朝から何度かテレビに出てる。
失礼ながら71歳にしては老けておられるなあと思う。
頭の良い人、たくさん頭を使う人は老けるのかもしれない。

「私と三つしか違わんのになあ」と幸子さん。
え?三つ?
幸子さん、いくつ?

「え?…っと68…」

はあ?私と○つしか違わんの?
わあ、いよいよボケてきたん?

「あ、86やったわ、ははは。」

危ない、危ない。。

こんなとこでサバ読んでるのか?




by anatatoyu | 2019-10-10 16:45 | 母のこと | Comments(6)

タンとセキ

十月というのにお昼はまだ暑い。
今日は台風の影響か雨が降ったりやんだりの大阪です。

☆今日のお昼ご飯
焼きそば
b0327247_12443122.jpg

★今日のお弁当
b0327247_12465890.jpg


幸子さんは喘息持ち。
大阪に来た時は喘息が酷くて、その咳のし過ぎで背中を圧迫骨折していたので、背中から腰の痛みもひどかったのです。

大阪に来た年はまだまだ咳が出ていたので、幸子さんの部屋のゴミ箱は毎日ティッシュでいっぱいになっていました。
咳と一緒に痰も出るので、どこに行くのもティッシュは手放せませんでした。

それが、この夏前くらいから痰も咳もほとんど出なくなったのです。
喘息のお薬は大阪に来てからずっと同じ。
先日の内科でもその話をしましたが、先生はそれは良かったと言われただけ。
いろんなお薬が功を奏したということかな。

幸子さんはなぜ痰と咳が治まったかを自分なりに考えたようです。
「あのな、今考えたら胆石の薬を飲み出してから喘息が出んようになった気がする。」

そんなわけない!

私は即座に答えました。

「そうかなぁ。」と幸子さん。

まさかと思うけど、胆石を痰咳やなんて思ってないよね。
怖くて確かめてないけれど。



by anatatoyu | 2019-10-03 17:00 | 母のこと | Comments(2)

どんな繋がり?

昼寝から起きて来た幸子さんが言いました。
「夢見とった。
出かけて行ったところにな、岐阜のお母さんやお姉さんやみんなが居てな、お蕎麦食べたわ。」

幸子さんが岐阜へ行ったのは一度だけ。
その時に義父母と一緒にお蕎麦を食べたのでした。
「お義父さんも居た?」と私が聞くと
「居た。」と行ってトイレに行きました。
義父は3年前に亡くなってますが。

夢の話を聞いた時、私はドキッとしたのです。
実は来月の始めに、岐阜から義理姉夫婦とその娘夫婦と孫、そして義母が白浜に行きます。
それに私達も一緒にどうかと義理姉からオットにお誘いがありました。

私は義母には会いたいのですが、押しの強い義理姉は苦手なんです。
そこに一番動き盛りのちびっ子が居て、足元の危ない91歳の義母、そして年寄りの自覚の無い我が母を連れて温泉?
これで温泉旅行が楽しめると思います?どう考えても、私が一番不利でしょう。

それに義理姉夫婦はもうリタイヤしたお金持ちですけど、私達には店があります。
その理由でオットには断って貰ったのでした。
それなのに、幸子さんはみんなで居た夢を見たというので、ドキッとした訳です。

★日曜の夕飯
かつおたたき
かれいの唐揚げ
オクラと鶏胸肉のサラダ
b0327247_21181868.jpg


トイレから帰って来た幸子さんが、また言いました。
「そこにな『おーい、お茶』も居たわ。」

『おーい、お茶』わかります?
幸子さんが言うのは海老蔵さんのことです。
岐阜の人達と海老蔵さん?
どんな繋がりやねん?!



by anatatoyu | 2019-09-29 21:15 | 母のこと | Comments(12)

出てきたうちわ

うちわがね、出てきたのですよ。
b0327247_10444785.jpg

幸子さんの枕元にある飾り棚の後ろの隙間からです。
朝、幸子さんがトイレに行った隙に、慌てて幸子さんの部屋に進入し、もしやと思っていた場所、飾り棚の後ろの隙間を確認したらあったのです。
その時の私の気持ち!
やった!!あった!!

でもね、この夏の始めにブログにも載せたのですが、幸子さんの今年のうちわはこれなんです。
b0327247_10480785.jpg

だから今朝出てきたうちわは去年のうちわということです。

オットはもう一回同じところをよく見てみろと言いますが、私は目視と手先で確認したので、もう一本あるはずがない。

そしてますます謎は深まるばかり。

☆今日のお昼ご飯
鮭塩焼き
切り干し大根
b0327247_12524359.jpg

★今日のお弁当
b0327247_13023975.jpg


こうなったら、今度は幸子さんのベッドのマットも全部ひっくり返して見てやろうと、幸子さんがお風呂に入ってる間に突入。
無い、無い。

そうだ、もう一度、飾り棚の裏…
飾り棚をもっと前に引っ張り出して…
なんと、あった、あったのです!
今年のうちわは柄が黒くて最初のときには見えなかったのです。

ここ数日気持ちの悪かったことが解決しました。
お風呂から出できた幸子さんにうちわを見せました。
「どこから出て来たん?」と聞くので、あった場所を教えました。

そしたら、なんとおぬかしになったと思います?
「探してたんはその黒いほうのうちわや。その白いのは知らんで。」ですと!
b0327247_13054351.jpg

二本ともあんたが落とし込んだんや!!

by anatatoyu | 2019-09-25 13:00 | 母のこと | Comments(10)

消えたうちわ

先週あたりから気温が少しずつ下がり、寝るときも扇風機が要らなくなった。

昨日、幸子さんの部屋を掃除してると、もう扇風機は要らないと言うので、とりあえず私達の寝室に持って来た。

ところが夕方の風呂上がりが少し暑くて、幸子さんがうちわが欲しいと言う。
幸子さんの部屋には一つうちわがあったはず。
そのうちわが無いと言うのだ。

昨日の朝には幸子さんの部屋を掃除機もかけたが、うちわなんて見ていない。
それからたった四畳半の幸子さんの部屋を、オットと二人で探してみたが、うちわは出てこなかった。

☆今日のお昼ご飯
カレーライス
b0327247_13411191.jpg

★今日のお弁当
b0327247_13392870.jpg


おかしい。
どう考えてもおかしい。

オットは私が捨てたんじゃないかと言う。
私が?なんでうちわを?
それをまた私が覚えてないってこと?
そんな怖い話?

私は母の夢によく出て来る父が持って行ったんじゃないかと思う。
そのくらいしか思い付かない。
そう言うとオットが「そのほうがよっぽど怖い!」と言った。

さて、うちわはどこへ行ったやら。


by anatatoyu | 2019-09-24 17:20 | 母のこと | Comments(6)

小噴火

今朝、洗濯物を干し終えたとき、幸子さんが言った。
「鶏胸肉を毎日食べんといかん。」
鶏胸肉?今日のお昼は魚の予定やけど?

「脳にいいんや。夜になったら(うどん県)の家のことや置いて来た物のことばっかり頭の中で考えて、もう頭のここらへんがジリジリする。」


今年になってこの手の話をしなくなったので、自分の中であきらめが付いたのかと思っていた。
うどん県の家は借家だった。
そこに60年以上も住んで勝手に改造して物を増やし、ゴミ屋敷状態にして住んでいた。

いつかは出なくてはいけない借家、どこに越すにしてもあれだけの物は持っていけない。
ましてや老人ホームに入るなら身の回りのものだけ。
そんなことがわからないのだろうか。

大阪に来て三年目、まだそんな執着心を持っていたとは。
自分だけがいろんなことを我慢して暮らしていると言いたげに聞こえる。
私こそ、口に出してはお終いと思うことは言わないように、どれだけ我慢しているか。

たぶん死ぬまで言い続けるんだろう。
大阪になんか呼ばなければ良かったと大きく後悔するとき。
それからしばらく、私は何をする気も起きなかった。

☆今日のお昼ご飯
鰆の西京焼き
牛すき煮
b0327247_12515175.jpg


by anatatoyu | 2019-09-11 17:50 | 母のこと | Comments(4)
line

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite