人気ブログランキング |

ゆうさんちのご飯日記

anatatoyu.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

実家は疲れる

昨日夕方、岐阜より帰阪。
家に着くなりオットの一言。

「四国のほうがよっぽど楽」

岐阜でのオットの悪戦苦闘ぶり。

古いコタツでの立ったり座ったりがしんどいとの、前回の帰省の時の義母の訴えを受けて(86歳の今になって(笑)オットが自宅のパソコンで長時間検討した。
リビング用高足コタツセットなら売ってるけど、安く上げようなんて考えるから少ない脳みそを悩ませる。

その結果、コタツの足を長いものに交換、そして何十年ものの古いヒーターも交換。
その買い物に義兄、姪っ子、義父まで付いて行ったものだから、現場で意見がまとまらず時間がかかったこともオットお疲れの原因。

そしていざヒーターを交換する時になり、微妙にサイズが合わずこれまた悪戦苦闘。
「買いかえたほうが良かったじゃん?」
の姪っ子の言葉も聞き流し、何とか完成。

ところがコタツ用にと考えていたソファの椅子とコタツの天板との高さが合わず、コタツの足を短くするか、それとも新しく椅子を買うかとまた一晩悩む。
それなら最初から高足コタツの三点セットを買えば良かったのに…。

朝になり、ふと縁側に目をやると、いつも義父が日向ぼっこする椅子二つ。
「この椅子は?」と私。
オットがコタツのソファと交換。
「お父さん、座ってみて!」

まあ、なんということでしょう。
コタツの天板と高さがドンピシャじゃありませんか。
義父「こりゃあ、ええ。」
これにて一件落着〜(笑)


オットは私の実家へ行くと自分一人で大工仕事をするので、自分が思うようにできる。
母はオットがすることを有り難く思ってる。
岐阜ではそうはいかないらしい。

私は岐阜へ行くとおとなしく(知らんぷりとも言う)料理を作るだけ。
両親は美味しいと言って食べてくれるし、私に優しい。

でも実家の母は気ままで、私は腹が立つことも多いし疲れる。
私は岐阜でいるほうが気楽なのだ。
責任がないからかなあ。

☆今日のまかない
鳥のから揚げ
大根と人参の酢の物
b0327247_1545672.jpg



★お客さんからの宿題
MISIAが大好きなお客さんは、この秋のライブに行ってこんなお土産を私にくださった。
b0327247_154556.jpg

その次に来たときに
「あのCDどうだった?」と聞かれたが、父のことなどあったので
「ごめん、まだ聞いてない。」と答えた。
それから半月ほどたつが、いまだに封も開けてない。
MISIA嫌いじゃないのだけど、二枚組みの感想は厳しい。
私天邪鬼か、人から本など勧められるのも好きじゃない。
自分が読みたいと思った本、聴きたいと思った音楽じゃないと…どうしよう。
by anatatoyu | 2014-11-17 15:44 | オット | Comments(6)

紅葉の中

岐阜まではローカル電車で帰ります。
新幹線を使うより、そのほうが安くて便利です。

米原を過ぎると、こんな風景を見ながら、ひたすら電車は走ります。
紅葉の山々が綺麗です。
b0327247_23212034.jpg

たいてい居眠りをしてますけど、なぜか今回は風景を眺めていました。

ふと見ると虹がかかっていました。
写真右の空、見にくいですが。
b0327247_23212115.jpg



今回は電車もバスもよく混んでいました。
秋の行楽シーズンだからでしょう。
そんな人達を横目で見ながら、私たちの帰省は続きます。
岐阜の両親は元気です。
by anatatoyu | 2014-11-15 23:09 | 暮らし | Comments(4)

寒い週末

昨日に続きマッサンネタ。

朝の連ドラのあと、同じチャンネルに連ドラの出演者が次々と出てくるので、そのままつい見入っていまう。
今日はマッサンの母親役、エリーにとっては鬼姑役の泉ピン子さんだった。

ドラマの中で新年早々に亡くなるそうで、その迫真の演技を乞うご期待とのこと。
広島弁には大変苦労されたそうだ。

ここからはオットの解説。
酒屋に嫁いだこの母親は実は大人しい人で良家のお嬢様だった。
マッサンの国際結婚に反対したのは父親のほうだったらしい。
スコットランドから広島に帰ったのではなく、直接大阪の摂津酒造に帰ったと何かに記録が残っているとか。


しかし、ドラマの中では来週は再びこの鬼姑の嫁いびりにあう。
マッサンの姉も嫁いびりに加わりエリーはいかに?
次々と事が起きなければドラマは面白く
ないのだから、そこは脚本家の腕の見せ所なのだろう。

さて、私たちは明日あさってとオットの実家岐阜。
ここ数日気温も下がり、岐阜は一段と寒かろう。
義父の介護保険も更新の時期のはずだが、どうもデイサービスには行ってないらしい。
でもケアマネさんと繋がってないと、何かの時には困るので、何とかデイサービスには行って欲しい。

皆さんには良い週末でありますように。


☆今日のまかない
中華丼
菊菜と卵のスープ
胡瓜のぬか漬け
b0327247_15511498.jpg

★近所のお店数軒で餌をもらってる地域猫。
通称シャム
ころころに太ってるし、眼つき悪いよ。
b0327247_15511569.jpg

by anatatoyu | 2014-11-14 15:50 | 暮らし | Comments(6)

五大力

朝の連続テレビ小説「マッサン」を見てる人にしかわからないけれど、今朝はエリーが「マッサンが庭にパン焼き窯を作ってるよ」と言うところで終わった。

あの時代で家に庭があるなんて大きな家だから家賃も高いだろうと思った。
それをオットに言うと、実際は帝塚山の立派な邸宅だったと言う。
オットはマッサンに詳しい(笑)

ドラマの中では玄関先に井戸があり、近所の世話焼きおばさんの社交場になっているが、帝塚山ならそんな場所はないだろう。
それにマッサンが居酒屋で皿洗いは脚本の中での話らしい(当たり前か(笑)

そんな話をしていたら、ドラマのあとの番組がマッサンにまつわる場所のお話で住吉大社が出てきた。
私達も大阪に来て間がないころに、チンチン電車に乗って一度訪れたことがある。

住吉大社と言えば、神社の奥で小石を拾ったよねえと言う話になり、キャビネットの中に置いてあるある。
b0327247_15593073.jpg

たくさんの小石の中から「五」「大」「力」の三つを見つけたら願いが叶うとか書いてあったので、一生懸命探したのだった。

ちなみに五大力とは、体力、智力、財力、福力、寿(命)力

その頃の願いは何だったのだろう。
奥に置いてある色の変わった写真は、店をオープンした頃のオットと私。
なぜかマッサンとエリーに重なって見えるわ(笑)

そして願いが叶ったら倍の数にして小石を返しに行かないといけないと今朝知った。
何も知らずにずっと置いてるだけだから、私達の人生は変わらないのかも。


朝見た不思議な空
橋が架かったような雲
早いもので父が逝ってひと月になる
b0327247_15593264.jpg



☆今日のまかない
鯛のあら炊き
揚げと水菜の味噌汁
茄子のぬか漬け
b0327247_15593326.jpg

by anatatoyu | 2014-11-13 15:59 | 暮らし | Comments(4)

私のおかげ

朝食のあと、パソコン前で二時間ほど過ごすオット。
ここしばらくは喪中葉書作りに専念していた。

毎年、両方の実家用、店用、我が家用、私専用を全部オットが作っていたが、今年は始めて喪中葉書も作った。

私の実家は母一人になったので、喪中に加えて「高齢につき今後の年賀状は失礼します」の文章を付け加えるため、あれこれ検索しては頭を悩ませてくれたおかげで、立派な葉書が出来上がった。
あとは月末に母に見せてからの投函になる。

今朝も古いパソコンをいじっていたオットが片付けながら、ポソっと一言。
「ゆうこさんのおかげや。」

はあ?

「あちこち行けたのは、ゆうこさんのおかげやわ。」

古いパソコンに残っていた写真を見ていたようだ。
父の遺影にする「良い写真」を探していたのだった。
父の足が悪くなる六年前までは、私達は私の両親を連れてあちこち出掛けたので、そんな写真も残ったままだった。

写真はある時期からアルバムではなくてディスクに入れてあるものもあるので、その中から探すのはかなり時間がかかる。
いちいち思い出に浸っていたのでは、片付け同様、全く仕事がはかどらない。

「いいよ、写真探さなくても。実家にある中からお母さんに探させるから。」

あちこち行けたのは…は、自分たちの旅行も含めてのことだと思う。
ほとんどは私が言い出して計画した旅行だから。
出不精のオットの言いなりだったら、こんなに写真もなかっただろう。

私はまだそんな写真を見る気にはならない。
いつかそんな日が来るだろうか。


☆今日のまかない
鰤の照り焼き
小松菜とゴボ天の煮浸し
人参の胡麻酢
b0327247_15482749.jpg


★縁起でもない話だが、母の遺影にする写真を探す日も必ずやってくる。
そしていつか私達のどちらかが相手の写真を探す日も…
せいぜい良い写真を残しておかねば…
by anatatoyu | 2014-11-12 15:48 | 暮らし | Comments(2)

父の遺影

昨日実家にお参りに来た人が、父の遺影が良くないと言ったと母から電話があった。

それは私のiPhoneに残っていた二年前の父の誕生日に写した一枚で、亡くなった時にすぐに間に合ったものだった。

誕生日祝いに軽くビールを飲んで頬が少し赤いが嬉しそうな顔で、私は自然な感じで良いと思った。
叔父も良い写真だと言ってくれていた。

実は母には最初から不評で、葬儀以来実家で居るときも気に入らないような口ぶりではあった。

私は母から電話で聞いた時に腹が立った。
お参りに行って、そこの遺影が良くないなんて言う人がいるだろうか。
もっと良い写真がなかったのかと思うほど悪い写真でも、そこのお宅でそう言うだろうか。
少なくとも私もオットも、そんな話は聞いたことがない。

おまけに昨日お参りに来た人は、父が病院や施設にいる間に一度も見舞いにも面会にも行ってくれてない人。
父とは二年以上会ってない人だ。
そんな人にとやかく言われたくないと私は思った。

でも月末にはまた帰省するので、その時もまだ母が変えたいと言うならそうしようと思う。
毎日その写真を見ているのは母なのだから。


☆今日のまかない
人参オムレツ
ハムとキャベツのコールスロー
オクラ納豆

b0327247_1551163.jpg


★なんと地味でヘルシーなメニューでしょう。
冷蔵庫に食材が乏しいとも言います(笑)
朝のテレビでニンジン料理やってました。
毎日メニュー考えるの大変なんですよ。
食べるだけの人はいいけど!
by anatatoyu | 2014-11-11 15:50 | 暮らし | Comments(4)

アラフィフの胃袋

土曜日はチャールズ会だった。

今回は五人。
料理は中華っぽく(笑)
白菜とベーコンのクリーム煮
春巻き
焼き豚
イカとセロリの炒め物
エビチリ
中華ちまき

いつもながらに食べるのが早い。
そして男組みはめちゃくちゃ飲む。

飲み会の度に誰かの誕生会もするので、持ち回りでデザートを用意する。

上の料理だけでも結構な量と思うが、今回も結構な量のデザートがあった。
チーズケーキとシュークリーム。

私たちにもお裾分けをいただいた。
でも同じ量をいっぺんには食べられない。
ましてや食事の後なら半分も食べられない。

甘い物大好きだったのに、気がつけば食べられなくなっている。
たまに美味しそうと思って買って来ても、うまい具合に食べるタイミングを見つけられなくて、何時迄も冷蔵庫で眠っていたりするので買わなくなった。

チャールズ会のみんなはいつまであんなに食べられるんだろうか。
来年は五十歳だよ。
大丈夫?

土曜日にいただいたシュークリームは今日まで冷蔵庫にあったので、お昼御飯のあと半分こした。
私は半分で十分。
b0327247_1551678.jpg

☆今日のまかない
舞茸炊き込みご飯
エビフリャア
卵とわかめの味噌汁
ぬか漬け
b0327247_1551616.jpg

食べる量が減ったからといって痩せてるわけではない。
不思議だ。。
by anatatoyu | 2014-11-10 15:50 | おやつ | Comments(6)

オット誕生日

今日はあの生真面目なオットの誕生日でした。

オットはここ数日喪中の葉書作りに専念しております。
商売上は喪中とはできませんが、夫婦連盟のものと私の名前だけのものなど。

毎年両方の実家の年賀状を作りますが、今年は私の実家の喪中葉書に「高齢につき今後年賀状を失礼します」を付け加えることがあり、文章に苦労しているようです。
結構時間がかかっていますが、その過程が楽しいそうで、まるでプロが作ったような出来上がりです。

誕生日なので外食をとか言ってましたが、あいにくのお天気なので家で地味な夕飯です。

豚肉と餃子の鍋にびん長マグロのお造り。
食べる量も飲む量も減りました。
それでも夫婦であれこれ喋りながら食べる食事は良いものです。

あと何年続けられるのかと、ぼんやり考えます。
b0327247_19395292.jpg

★昨日の宵の口、また黒猫ちゃんがやって来ました。
こうやって私たちをしばらく見ては帰っていきます。
いったい何の用でしょう?
b0327247_19395216.jpg

by anatatoyu | 2014-11-09 19:39 | 暮らし | Comments(10)

信じる者は騙される

年に一度、顔を忘れそうな頃にやって来る三十路の既婚女の子。
他の人から聞くところに寄れば不倫をしているらしいのに、うちでは優しいご主人の話をして仲睦まじい夫婦ぶりを仲間内では語っている。

お酒の飲みっぷりも豪快で、私と同じくらい言いたいことを言い(笑)、仕事も頑張っている…らしい。

その彼女が帰りがけに
「ママぁ、今度私一人で来ていい?
話したいことが山ほどあるの〜」と言うので
「どうぞ、どうぞ。いつでも来てね。」なんて、嬉しそうな顔をして答えた。

一瞬、あら、可愛いこと言うわ。
私に話があるなんて、私を慕ってくれているのかしら?うふっ。。
なんて思いかけたけど…

だが!
私は昔の私と違う!
この手の詐欺にはもう騙されない!

そんな言葉に騙されて、私は今日か明日かと首を長〜くして待ちくたびれて、一年先に来た時には、普通に「お久しぶり〜」なんて言われるのが関の山。

独身の可愛い女の子が
「ママぁ、誰かいい人いませんかあ?」なんて鼻声で言うもんだから、阿保なママはどんな人がいいかしら、どこかの会社にいい人はいないかしら?なんて、しばらく考えて
「また、来まぁす〜」なんて言うもんだから、また阿保なママは今日かしら明日かしらと待ちくたびれるんだ。

挙げ句の果てに、いや幸せになってしまったら、阿保なママのことなんか綺麗サッパリ忘れて、何の報告もないまま姿をくらますんだ。

もう騙されないぞ!
ママ、まま、なんて言われて、親でもなければ子供でもないのに、調子に乗ったりなんか絶対しない!
何回この手の詐欺に遭ったか、もうこりごりだわ。



あーー、すっきりした。
言いたいことを言ってやったわ。


ふん。
あの子の話したいことって何だろう?
気になるわ…


☆今日のまかない
今日はお料理の予約があるので
ラーメンです!
b0327247_15533189.jpg

by anatatoyu | 2014-11-08 15:54 | 店のこと | Comments(10)

男のおしゃべり

小さい頃、よく母親が言っていました。
「酒飲みとどんぐり目とシャベリの男は嫌い!」

ここで言うシャベリとは、よく喋る人のことです。


父の兄弟姉妹はみんなお酒をよく飲んで、お盆や正月に祖父母の家に集まっては喧嘩をしていました。
そうすると母は、まだ街灯の少なかった夜道を、私の手を引いてぷりぷり怒りながら帰るのが恒例でした。

そんな時にこの言葉を言うのでした。
どんぐり目のおしゃべりな父の弟が、たいていは喧嘩の発端だったからでしょう。

子供心にどんぐり目の男の人はよく喋ると思い込んでいましたが、それは一概に言えないと大人になってからわかりました。
でもそんな男の人を避けてきたのは間違いなく、母親の言葉が私の頭に刷り込まれていたのでしょう。


お酒を飲んで馬鹿話は面白いです。
みんなが楽しく笑いながら飲んでいるのは傍目にも楽しいものです。

でも何でも面白おかしく酒の肴にしてよいものではありません。
特に嫁の悪口や下ネタは感心しません。
ましてや嫁も子供もある人が、別の人との男女関係をあからさまに口にするのはいかがなものでしょうか。
相手に対して失礼ですし、何よりもそんな話をするのは男の値打ちを下げます。
墓場まで持って行く話だと思います。
女性の方、そう思いません?


結局、男のシャベリはあかんのです。
男は無口なほうがモテるのです。

なんでしたっけ?
昔のテレビドラマで居酒屋の場面になると、必ず隅っこで無口な男が一人で飲んでいたやつ。
あれですよ。
女は無口な男が気になり、ほっとけないのです。
美人の女将が惚れるわけです。

なに?
私は美人じゃないし、惚れていらん?
そんなことは百も承知!


☆今日のまかない
カレイの煮付け
ポークピカタ
ほうれん草のソテー
b0327247_15435997.jpg



★うちの父はどんぐり目ではありませんでしたが、たくさんのお酒を飲み、飲んではおしゃべりでした。
お酒ではずいぶん母を困らせました。
酒は飲んでも飲まれるな、深酒は認知症の原因にもなるそうです。
何でもほどほどが良いですね。
by anatatoyu | 2014-11-07 15:44 | 暮らし | Comments(6)
line

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite