ゆうさんちのご飯日記


ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。
by ゆう
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:思い出 ( 65 ) タグの人気記事

一年半

店が暇なもんで(笑)
あちこちのブログを覗き見させていただいております。

興味あるのは高齢者と暮らす方のブログです。
うちの幸子さんは今のところ介護サービスは使っていませんが、6年前に交通事故に遭った時には、その後のことが不安で、認知症の母親を抱える方のブログをたくさん読んでいました。

あの時、退院=認知症と何故思ったのか、とにかく何かもっと恐ろしいことが起こるように思っていたのです。
2ヶ月の入院のあとリハビリ通院。
退院してからのち約4年の一人暮らしを経て、昨年満85歳になった時に大阪に来ました。

幸子さんの交通事故と同時に施設に入れた認知症の父は、1年と10ヶ月で逝きました。
認知症の父親と交通事故で入院している母親、私には2人を同時にみることができませんでした。

幸子さんが大阪に来て1年半が過ぎました。
最初の頃は情緒不安定な日もあり、友達も居ない大阪でいつ認知症を発症するか私も不安でしたが、それは幸子さんも不安だったと思います。

今はすっかり慣れて暮らしているようにも見えますが、それでも年々年老いて行く訳ですから、私の不安はゼロにはなりません。
いろんな方のブログは、私には実体験の教科書のようなもの。
なるほど〜と思うことがたくさんあります。
私などはまだまだ、です。

☆今日のお昼ご飯
鰤の照り焼き
小松菜と揚げの煮浸し
酢蓮根
b0327247_00400319.jpg

少し気温が下がって来ました。
皆さん、風邪に気をつけててお過ごしくださいね。



[PR]
by anatatoyu | 2018-11-12 23:50 | 暮らし | Comments(6)

左目手術

幸子さんの左目白内障手術が終わりました。
2週間前の右目の時は全く痛くなかったのですが、今回の左目は痛かったそうです。
疲れたのか、帰宅してすぐにまたコテンと横になっていました。

明日あさってと診察に通います。

今朝は早かったので、昨夜寝る前に今朝用のサンドイッチを作りました。
バタバタしてたので写真撮り忘れ。

お昼は前回より早く帰宅できましたが、レトルトのカレーで済ませました。
同じく写真撮り忘れ〜(笑)

写真が無いのは寂しいので、再掲になりますが、幸子さんの若かりし頃の写真を一枚。
b0327247_18070311.jpg
今は見る影もありませんが(笑)

[PR]
by anatatoyu | 2018-10-29 18:00 | 母のこと | Comments(8)

「あなたはだあれ?」

昔々のお話です。
うどん県の県庁所在地に住んでいた頃、夜遊びをしておりました(笑)

ある居酒屋によく来ていた女の子。
誰かれ捕まえては、その人を指差してこう言うのです。
「あなたはだあれ?私は◯◯◯◯ゆうこ。」
たまたま下の名前が同じでしたが、私ではありません。

何故こんなことを思い出したか。
ここ数日の私のブログの訪問者数が異常に多いのです。
「カボチャのお供え」の日から…

どこのどなたが訪問してくださるのか、公開していながら不思議なことで、それで「あなたはだあれ?」の彼女を思い出したのでした。

☆今日のお昼ご飯
ハンバーグ
b0327247_16534780.jpg
幸子さんのハンバーグは100グラムちょっと。
お箸で大きく切って、パクっと一口。
中が熱いだろうに。
ほんとに85歳か?
時々、そう思う。




[PR]
by anatatoyu | 2018-10-12 17:00 | Comments(6)

007じゃないけれど

昨日、まだ早い時間からやって来たお客さんとある方の話になりました。

ある方とはこちら。

2015年のことでした。

店も20年を越えるので、何人かのお客さんが亡くなられています。
そんな方の話になると、あれ?今日は命日?とか思いますが、昨日はその方の命日ではありませんでした。

思い出話をしているうちに、お葬式に参列させていただいたのに、まだどこかで生きておられるのではないかと錯覚してしまいます。

先に逝かれた方々はその時のまんま。
でもこちらにいる私達は年々年老いています。
あの世に行ったら、こちらはあちらを分かっても、あちらはこちらを分からないのではないかと心配…

幸子さんのように前世も来世も信じてはいませんが、なぜか「あの世」はどこかで信じています、私。
会いたい人がたくさんいるもの。


☆今日のお昼ご飯
ごまだれ冷麺
b0327247_12463768.jpg
今日のお弁当
b0327247_12465200.jpg



「人は二度死ぬ」とどこかで読んだことがあります。
一度目は肉体が滅びた時、お医者さんが「ご臨終です。」と言われた時。
二度目は、どこの話題にも上らなくなった時、人の記憶から居なくなった時。

死ぬことは怖くないけど、誰一人も自分のことを覚えていないなんて考えただけで怖くないですか?
死んでしまえばわからないのだけど、悪口でもいいから、あんな人が居たよねえ〜なんて言われたい。

本日は営業です。





[PR]
by anatatoyu | 2018-06-02 13:00 | 暮らし | Comments(4)

雨の朝に

明け方から雨の大阪です。
関西も梅雨入りでしょうか。

今日は資源ゴミの日。
いつもなら幸子さんと買い物に出るときに出すのですが、今日は行けないので一人でエレベーターに乗りました。

エレベーターを待っている時に、ふっと鼻を掠めた匂いに
「あ、幼稚園の本堂の匂い」と思いました。
仏教の幼稚園だったので、毎朝本堂の板の間に座って歌を歌ったものです。
雨の朝、古い木の湿ったような匂いで思い出したのかもしれません。

匂いとか音楽とか、ほんの少しのことが過去の記憶を呼び覚ますのですね。

幼稚園か…
スマホの中に写真がありました。
以前にも載せたものですが。
b0327247_10165702.jpg
舗装してない道路、素足に靴、時代背景と経済状況もわかりますね(笑)


☆今日のお昼ご飯
鮭の塩焼き
ゴーヤーのおひたし
かぼちゃサラダ
ごぼうぬか漬け
b0327247_13154246.jpg
今日のデザートはめちゃくちゃ甘いミニトマト、さくらんぼかと思うほど。
b0327247_13162992.jpg
そして、今日のお弁当
b0327247_13164999.jpg

「明日も雨?」
幸子さんが聞いてます。
さあ、どうだろ。




[PR]
by anatatoyu | 2018-05-30 13:20 | 暮らし | Comments(6)

まる一年

幸子さんが大阪に来てから、今日でまる一年になります。
長いような短いような一年でした。

今あらためて写真を見ると、いろんな思いで瀬戸大橋を渡っていたのだろうと思います。

以前にある人から、親に故郷を捨てさせるなんてみたいなことを言われたことがあります。
昨日来られた方にも、お母さんは嫌がらなかったかと聞かれましたが、私達が無理やりうどん県から連れ出した訳ではありません。

幸子さんが決断した一番の要因は自分の健康に不安があったからだと、私は思っています。
幸子さんに確かめた訳ではありません。
私なりに幸子さんの辛い気持ちも理解しているつもりです。
でもこうするしかなかったのです。

☆今日のお昼ご飯
肉じゃが
カニカマと胡瓜の酢の物
茄子のぬか漬け
b0327247_14422042.jpg

今日のお弁当
b0327247_14431123.jpg
一年経って、幸子さんはどう思っているのでしょう。
あらためて聞くつもりもありませんが、残りの人生を少しでも楽しく前向きに暮らして欲しいと私達が思っていること通じているかなあ。

連休後半の明日3日から5日までオットは岐阜です。
私と幸子さんは二人きり…
想像しただけで息が詰まりそう。
どこかで酸素を吸いながらなんとか乗り切りたいものです。

皆さんは良いお休みを🍀




[PR]
by anatatoyu | 2018-05-02 14:50 | 母のこと | Comments(14)

記憶はないが記録にあった

何で今頃?という話ですが、前回幸子さんが子供の頃暮らした辺りを訪れたのはいつだったろうかと考えました。

幸子さんには震災前だろうとおよそのことを言いましたが、実ははっきりとした記憶がないのです。
私が結婚してからの家計簿とか日記に、何かメモでも残ってないかと昨夜探してみました。
b0327247_17425316.jpg

ありました、ありました。
なんと震災(平成7年)前どころか平成2年の5月のこと。
今から28年も前のことでした。
b0327247_17440159.jpg

日記には両親とあの辺りを訪れて、家があった辺りの一軒の家で、祖父母の名前を尋ねてみたが知らないと言われたとだけ書いてありました。

そのあと中華街に行き、老祥記の豚まんを並んで買って食べた…
母は異人館辺りにも行きたそうだったが、父が足が痛いと言うので諦めた…
三人で小倉パフェを食べて、バスで四国に帰る両親と三宮で別れた。
と書いてありました。
前日には大阪で開催されていた花博にも行っています。

28年前と言えば、幸子さんはまだ57歳。
今の私より若い!
もともと健脚な人ですから、神戸を相当歩いたと思われます。
5月の神戸まつりが開催されている時とあるので、人出も多かったことでしょう。

日記の中でほんの数行しか私がそのことに触れていないのが、私と幸子さんとの温度差があるのがよくわかります。
実は1999年まで幸子さんが通った小学校はありました。
震災後に他の小学校と統合されて無くなり、その場所は消防署になったのです。

今のようにパソコンやスマホで色々なことが検索できた時代なら、あの時に小学校まで歩いたかもしれません。
そう思うと、せめて小学校くらい見せてやりたかったなと思いました。



☆昨日の夕食
自家製焼き豚とスーパーで買ったお造り
b0327247_21185177.gif
☆今日のお昼ご飯
お好み焼きと明太子おにぎり
b0327247_21195839.jpg
☆日曜日の夕飯
ステーキとサラダとスパゲティ
b0327247_21222956.gif
近所のスーパーで黒毛和牛のステーキが特売でした。
幸子さんはナイフとフォークで上手に切って食べてました。
まだまだ元気な84歳です。







[PR]
by anatatoyu | 2018-04-22 23:25 | 母のこと | Comments(8)

時は流れた

自宅から神戸へ電車で行くには、一度大阪駅で乗り換えなければなりません。
この大阪駅がいつも大変な人で混雑しているのですが、今日はまだ大混雑で無くて助かりました。

いつものシルバーカーを押してのことです。
幸子さんはキョロキョロするので横押しの車では危なくて、こちらの神経がまいってしまいます。
シルバーカーなら疲れたら座って休むこともできますから。

三宮に着いてから、まずは腹ごしらえ。
鰻を食べました。
私と幸子さんは上鰻丼、でも写真は撮り忘れ。
オットの白焼きだけパチリ。 
b0327247_15413937.jpg
お値段のわりに何だか貧相。
b0327247_15414001.jpg


幸子さんが子供の頃住んでいたと言う辺りへは、私達が店をする前に一度行ったことがありますが、もう20年以上前のこと。
私はその時どんな経路で行ったか、どんな建物があったかも全く覚えていません。
そりゃそうです。
元々は私の記憶ではありません、幸子さんの記憶です。

おまけに前回は阪神大震災の前ですから、建物はだいぶ変わってると思います。
でも道路は変わってないはずです。

まずは幸子さんが通っていた小学校まで歩きます。
今は消防署になっています。
小学校から家まで帰る道を辿ろうと思っていました。

小学校の前に広い道があり、自宅方向に行くには地下道を通ったと言いました。
地下道ありました。
エスカレーターもエレベーターもありません。
手摺りを持って歩いて降りて上がるしかありません。
70年以上ぶりに歩く気持ちはどうだったのかな。
b0327247_15460131.jpg
細い通路です。
壁の絵は何度も塗り替えられたことでしょう。

地下道を上がって、家までの道を思い出しながら歩きます。
家があった◯◯通り◯丁目までは残っていますが、そこからの番地表記は変わっています。

◯◯通り◯丁目はそんなに広い面積ではありません。
ぐるっと一回りしましたが、当然のごとく戦前の建物はありません。
前回には古い家がもっとあったと幸子さんは言いますが、その辺りも御多分に洩れずマンションがいっぱい。
震災後の建物と思われます。
三宮までは徒歩圏内です。

かわいそうですが、たぶんこの辺だったろうとしか言えません。
ふと思い出したのか「お地蔵さんがあった。」です。
近くの金物屋さんに聞いてみました。
すぐそこにお地蔵さんはありましたが、数年前に無くなったそうです。
その土台だけが残っていました。
でも幸子さんは家の近くの四つ辻にあったはずのお地蔵さんとは場所が違うと言うのです。

想像するに、おそらく幸子さんの記憶違いと思われますが、そこは追求しないでおきます。
その辺りから、もう疲れたと言い始めました。三宮方面に行ってくれと言い、膝をさすっていました。

結局、家の場所は特定できず。
元気ならもっとあちこち歩けたでしょうが、もう無理、想定内のことでした。
朝、大阪の自宅を10時前に出発して、帰宅したのは午後2時過ぎ。
三宮までの電車は混み合う新快速を避け普通電車に乗りました。
幸子さんは駅名を一つ一つ口にして、思い出を消化しているようでした。

さて、もう一度行きたいと言うのかな。



[PR]
by anatatoyu | 2018-04-21 20:40 | 母のこと | Comments(18)

神戸へ〜。

幸子さんが生まれた神戸へ行きたいという話から、はや二カ月が経ちました。
明日は第三土曜日で店はお休みなので、行ってこようと思っています。

暖かくなったら〜と言ってましたが、明日明後日は夏日の予想。
電車に乗って、人混みを掻き分けて、さて幸子さんは神戸に行って来られるでしょうか。
それは神のみぞ知る〜。

☆今日のお昼ご飯
ハンバーグ
シメジのマリネ
b0327247_15031589.jpg



ほんとはね、神戸で一泊するつもりで早くからホテルを予約してました。
幸子さんが生まれた辺りにあるホテル。

幸子さんがしんどくなったらホテルに帰ればいいし、一晩寝たら思い出すこともあるでしょう。
そしたら翌日にまた行けるからと、私は勝手に思っていたのです。
そうそう何度も行けませんからねえ。

でも先週それを話したら
「日帰りで良い。」と言うのです。
理由はたぶん、当日にしんどかったら行くのをやめるかも知れないからでしょう。
当日にホテルをキャンセルしたらキャンセル料がかかりますもんね。

どうなりますやら。。

今日の幸子さんのお弁当
b0327247_15040006.jpg
皆さんは良い週末を🍀

[PR]
by anatatoyu | 2018-04-20 15:05 | 母のこと | Comments(10)

ふるさとは遠きにありて

幸子さんが大阪に来て、五月で丸一年になろうとしています。

幸子さん関連の公の郵便物が届いていたのも、最初の半年ほど。
今だに届く通販のDMなどの転送も、この四月で終わります。
だんだんとうどん県が遠くなっていると感じるこの頃。

幸子さんの医療費などの還付金が振り込まれていたのは、うどん県ではよく見かける地方銀行でした。
そこにも、もう半年ほど入金はないので、通帳の記帳と残額の引き出しに行って来ました。

その銀行の大阪支店は御堂筋にあり、店から自転車なら5分ほど。
今日始めて行きましたが、立派なビルの4階。
綺麗で静かで広い店内には、私の前に先客一人。
窓口は一つ、カウンター嬢は若くて可愛らしい人でしたが、奥には金庫番のようなベテランの女性が一人居ました。

腰掛けて待っている間に聞こえるのは、声はすれども姿は見えない男性が電話で話をする声。
それがなんと丸々の讃岐弁。
家では幸子さんと私は讃岐弁で会話をしますが、あとは同級生でも来なければなかなか聞くことのないネイティヴな讃岐弁でした。

大阪でも一等地にあるオフィスビルで讃岐弁を聞くと、懐かしいと言うより不思議な感覚でした。


☆今日のお昼ご飯
カレーライス
コロッケ半分
舞茸と揚げの味噌汁
b0327247_13045711.jpg
そして、コロッケの半分は今日のお弁当に。
b0327247_13052407.jpg

讃岐の名物「醤油豆」も入っています。
店のメニューにもあるのですが、お客さんは滅多に注文されません。
「醤油豆」が店のメニューから消える日が来るかもしれません。

相変わらず、静かな夜が続いています。





[PR]
by anatatoyu | 2018-03-15 13:10 | 暮らし | Comments(10)

最新のコメント

ばら寿司、私も無意識に孫..
by komiti15 at 17:36
> chie2317さ..
by anatatoyu at 05:23
> cooe_s21さ..
by anatatoyu at 05:17
> setu2425さ..
by anatatoyu at 05:15
> u831203さん..
by anatatoyu at 05:13
> big-mahal..
by anatatoyu at 05:11
> ukico3274..
by anatatoyu at 05:10
> ei5184さん ..
by anatatoyu at 05:05
> sutekinak..
by anatatoyu at 05:03
> u831203さん..
by anatatoyu at 04:59

タグ

(514)
(380)
(338)

最新の記事

整形の日
at 2018-12-13 13:00
幸子さんの「かんこう」
at 2018-12-12 14:30
無限か?
at 2018-12-11 13:00
ペイペイ
at 2018-12-10 15:40
寒い夜
at 2018-12-09 21:45

ブログジャンル

おうちごはん

画像一覧