人気ブログランキング |

ゆうさんちのご飯日記

anatatoyu.exblog.jp ブログトップ

タグ:片付け ( 69 ) タグの人気記事

片付け虫

衣替えと共に、家の中のあちこちがまた気になり始めました。

狭いマンションの一室が幸子さんの部屋になったので、そこの押し入れの物が私達の寝室に雑然と置いてあります。
それを何とか少なく見栄えよく片付けたい。
そうなると物を減らすしかない。

毎日少しずつ捨てています。
楽しいです(笑)

☆今日のお昼ご飯
鶏胸肉のパン粉焼き
じゃこおろし
b0327247_13025902.jpg

★今日のお弁当
b0327247_13031376.jpg


本日は営業です。



by anatatoyu | 2019-11-09 15:00 | 暮らし | Comments(2)

断捨離復活か?

いっぺんに夏が来たかのような大阪です。

慌てて夏物を引っ張り出していると、あちこちの片付けが気になり始めました。
平日は幸子さんのことで時間を取られるので、自分のことは後回し。 
片付けは休みの日にしかできません。

幸子さんに和室の押入れを占領されてしまったので、もともと押入れに入れてあった私達の普段使わない物とか布団類が、私達の寝室に雑然と置かれいます。
それを何とか片付けしたい。

まずは着ない服の断捨離からと、先日からボチボチと始めました。

このブログに幸子さんが来る前の寝室の写真があります。
ここにある木製の棚は今は幸子さんの部屋で使っています。


★日曜の夕飯
牛タン塩焼き
かぼちゃサラダ
焼きそら豆
海ぶどう
b0327247_21413048.jpg
ただいま、絶賛ピロリ菌除菌中の幸子さんですが、おおかたの期待?に反して、全く下痢もしません。
オット曰く、幸子菌はピロリ菌にも勝つのかと(笑)


by anatatoyu | 2019-05-12 21:30 | 暮らし | Comments(6)

関西人

日付けが変わる頃から雨の予報の大阪です。
そのせいか、昨日より暖かい夜です。

☆今日のお昼ご飯
お好み焼き定食
b0327247_21363169.jpg
お好み焼きとご飯を一緒に食べられるかと言う論議をしたことないですか?
焼きそばとならご飯を食べられれけど、お好み焼きとは食べられないと思っていましたが、食べたら食べられました(笑)
私達もすっかり関西人になれたということでしょうか。

★今日の夕飯
タコのサラダ
鶏胸肉とエリンギのバター醤油炒め
エビマカロニグラタン
b0327247_21404285.jpg

今日は新しい冷蔵庫が来るのに備えて、今の冷蔵庫を少し動かして掃除をしました。
今の冷蔵庫は11年になりますが、思えばその間動かしてないので、掃除もできていない訳です。
冷蔵庫の下は物凄い埃が溜まっていました。
大きな箪笥なども動かしていませんが、きっと同じように埃が溜まっているのでしょうねえ。
お〜こわっ。



by anatatoyu | 2018-11-18 21:45 | 暮らし | Comments(8)

7月1日 クーラー開き

お暑うございます。
関西を飛び越して関東が梅雨明け。
でもこちらも夏の空、近くの公園から今年始めて蝉の鳴き声も聞こえました。

幸子さんの部屋が午前中に32度を超えました。
これはもうクーラーの出番です。
慌ててフィルターを洗って乾かしてる間に、もう一つの緊急課題、網戸の張り替えです。

幸子監督の見守るなか(見てるだけ)オットと二人で3枚張り替え。
普段取らない姿勢で、まあ足腰の痛いこと。
この痛さは向こう3日くらいは続く予定。
b0327247_13095125.jpg
古い網をビニール袋に入れていたら
「捨てるん?置いといたら何かに使えるやろ。」と幸子さん。
何に使うねん!
20年から使ってた埃だらけの網をどうすんねん!
その考えがあのゴミ屋敷を作ったの、今更わかるわけないな。

ああ、疲れた〜〜。 

☆日曜の夕飯
本鮪の切り落とし
ズッキーニのオリーブオイル焼き
イカバター
たこのお造り
賀茂茄子の味噌チーズ焼きなど
b0327247_21350338.gif
夕方には玄関に開閉式の網戸も取り付けたオット。
「まあ、オットさんは器用やね。」
亡き父は家のことを何一つしなかった人なので、幸子さんは感心しきり。

「日当払わないかんな。」と私に言うので
「払っといてよ。」と幸子さんに言うと
「あんた、払っといてよ。」と返されました。

明日朝どこが痛むのかしら(笑)




by anatatoyu | 2018-07-01 21:40 | 暮らし | Comments(6)

ピンクのチョッキ

今日も今日とて買い物散歩。

幸子さんが自分の部屋で何やらゴソゴソしている。
「何探してんの?」と私。
「ここにピンクのチョッキがあったやろ?」と幸子さん。

ここに吊ってある服はまだ全部冬物。
急に「ピンクのチョッキ」とか言われても、私は何のことがわからんし。
しかも春夏物は押入れの段ボールの中。
昨日、衣替えせんといかんねと言ったばっかり。
今度の日曜でいいやんと思ってた。

そこまで言うなら探したろ。
私がギャアギャア言うもんで、オットまでやって来て「手伝うよ。」

幸子さんの狭い部屋の押入れを片付ける時は、まず幸子さんにそこに座っていられたのでは右の物も左にできない。
邪魔なんですけど!


ピンクのチョッキってこれかいな?
「ああ、これこれ。」
b0327247_16291057.jpg

ピンクのチョッキ着て、黄色いフリージアを買って、桜の下を歩くの図。


☆今日のお昼ご飯
木曜恒例コロッケ
新子ポン酢
b0327247_16305857.jpg

急に暖かくなったので春物着たい気持ちはわかる。
でも冬物ばかり吊ってある中に、こんな薄地のチョッキがあるわけない…とは、私の辞書。

そう言えば、うどん県の家では冬物も夏物もごちゃごちゃに掛けてあったわ。
だから幸子さんにしたら
「そこにあったピンクのチョッキ」となる訳で。
昨年の秋に一緒に衣替えしたのも忘れたのか。
急に何か一つを思い出されても困るのよ。

それにしても眠い毎日。。




by anatatoyu | 2018-03-29 16:40 | 母のこと | Comments(8)

凄い台所

★今日は長いです。


「凄いわあ、ここの台所は。」とオットが言う。
ここは我が家、小さなマンションの一室の、そのまた小さな台所。
岐阜から帰ったオットが、うちの台所は綺麗に片付いていて凄いと言うのだ。


岐阜の家は、義父が亡くなって一人になった義母が、今は同じ市内に住む上の姉のところに身を寄せているので、もう一年半ほど無人の状態。
なので、オットが岐阜で泊まるのは義母も居る上の姉の家である。

姉夫婦はその建物の1階、2階で長年飲食店を経営していた。
義理兄の両親と同居していたが、やがて年相応に亡くなり、それなりの遺産を手にしたからか、もう何年も前から予約しか営業しなくなった。

その住居である3階、4階に、私は2度ほどしか上がったことがないが、リビングとキッチンをチラッと見ただけで、他の部屋の散らかりようが想像できるほど凄かった。

もっと言えば、そこの1階でオットの両親の米寿の祝いをした時、私も厨房に入って手伝ったが、そこの厨房も掃除も片付けも全くできてなかったのだから住居も同じなんだと思った。


岐阜の両親が暮らしていた家は、古い家に古い物がたくさん置いてあって、私には勝手の違うことが多かったが、それは堅実な両親が節約して暮らして来た家であり、片付けができないのは高齢ゆえであることを理解できる範囲内だった。

古い台所には、すり減った菜箸や変形した調理器具、流しのスポンジは言うまでもなくペッチャンコ。
でも私はそれは嫌ではなかった。
元気な時の義母がしていたように、台所で黙々と料理をする時間が好きだった。

月に一度帰省していた頃は、冷蔵庫に作り置きのおかずを何種類か入れて、わかりやすいようにメモ書きを貼ったり、高齢の両親が作りやすいインスタント食品もいくつか買ってストックして帰った。

やがて義父が亡くなり、一人の義母を気遣って上の姉が実家に寝泊まりしていた時期があった。
でも、その姉が台所に入るようになってから岐阜の台所が一変した。

冷蔵庫内はいろんな食材でぐちゃぐちゃ、賞味期限も何もあったもんじゃない。
商売をしていたせいか、買い物の量も半端ない。
いったい何人の大家族かと思う量の食材が冷蔵庫に入りきらず溢れていた。

ここはもう、私が出入りできる場所では無くなったと痛感した時だった。
その頃、幸子さんが大阪に来ることが決まり、私の定期的な岐阜行きも終わった。
これを「世の中うまくできてる。」と言うのかどうか。

私の実家の片付けには、いろんな意味で四苦八苦したこと、ご存知の方は多いと思う。
私は幸子さんとは生活スタイルが違う。
いつか使うかも知れないなんて物は買わない。
買うものは今必要なものだけ。
買い置きは残り少なくなった物をもう一つだけ。

使わない物は捨てる。
新たな容れ物を買わない。
あれば便利と思う物は、無くても大丈夫なはず。
これを食べれば健康に良いなんてテレビ番組には惑わされないし、まず観ない。
それよりも自分が楽に扱えて、なおかつ美味しいと思う物が、自分の健康に役立つと思う。

うちの台所に来てみてください。
どれだけ物が少ないか(笑)
それをオットに褒められた。
狭い台所だけど、私は毎日快適に料理している。

☆今日のお昼ご飯
野菜たっぷりのうどん焼き
ほうれん草と卵の味噌汁
じゃこおにぎり
b0327247_14535625.jpg

今日の幸子さんのお弁当
b0327247_14543315.jpg

本日は営業です。



by anatatoyu | 2018-03-24 15:00 | 暮らし | Comments(4)

終活アドバイザー

「一日400円」のお方は、今月末の転勤を控えて忙しくしておられます。
仕事だけではなく、プライベートもです。

長年施設におられたお母様が昨年秋に亡くなり、実家の片付けをしなければいけなくなりました。
先日来られた時に
「ゆうさんのおかげで、実家のことは着々と進んでいます。」と言われました。


は、て、な?
私、何を申し上げましたかしら?

「思い出は胸の中に残して、形ある物はさっさと処分しなさいと言っていただき、私の背中を押してくださいました。」

私がTさんの背中を押したのですって。
良かった、プラットホームの上でなくって。

そう言えば、両親の思い出いっぱいの家をなかなか手がつけられないと言っておられましたね。
だけど、そこに誰も住まないなら残して置いても仕方ない。
ご自分が元気なうちに片付けないと…
処分できないからと言って、今の家に持ち帰るのですか?
奥様も子供たちも困りますよ。

思い出は胸にしまって、どうしてもと言うなら写真に撮って置いては?
なんて言いましたっけ。

☆今日のお昼ご飯
うどん定食
b0327247_14094646.jpg


お母様が亡くなられた時に、実家の隣りの方に報告に行くと、お悔やみの一言も無いどころか、いつまでも空き家にされると物騒だと言われたそうです。
ひどい隣近所もあるもんです。

そんなこともあり尚更、早めに実家を片付けることをお勧めしたのでした。
幸い良心的な不動産屋さんが見つかり、家の片付けも含めて土地を売却することで話が進んでいるそうです。

私、アドバイザーになれるかしら(笑)




by anatatoyu | 2018-03-09 14:10 | 暮らし | Comments(6)

片付け日和

昨日は七草粥の日でしたが、うちの夕飯はミニステーキでした(笑)
b0327247_10144919.jpg
幸子さんのビールはオールフリー。
サラダにのってるシーチキンみたいに見えるのは、頂き物のフォアグラです。
私は好きじゃないので、舐める程度。

このあとピザをワインで。
もちろん幸子さんもです。
「お肉、美味しいなあ。」
ようございました(笑)


今日は朝から雨が降ったり止んだり。
気温はそう低くないのに、外の風は冷たそう。
こんな日には家に居て、不要な物を片付けるに限ります。
幸子さんの部屋は不要なものだらけなんですが、そこは手はつけられません。





by anatatoyu | 2018-01-08 10:10 | 暮らし | Comments(6)

来客用タオル

もともとは誰かを家に招くのが好きなほうでしたが、年齢と共に億劫になった上に、幸子さんが来てからはあちこち片付けるのが難しくなり、そんなことも無くなりました。
幸子さんが居ることで、招かれた方も余計な気遣いをされるでしょうしね。

そんな訳で来客用タオルを廃止しました。
捨てませんよ、自分達が使います。
このフェイスタオルとハンドタオルの2セットは25年くらい前に買ったもの。
b0327247_14435560.jpg
また一つ、人生の節目を越えたような気がします。


☆今日のお昼ご飯
お好み焼き定食
b0327247_14453011.jpg

冷たい風が強くなって来ました。
今年もあと二十日です。



by anatatoyu | 2017-12-11 14:45 | 暮らし | Comments(6)

善し悪し

昨日、耳鼻科のあと整形外科に行きました。
途中の公園のイチョウの落葉が見事です。
b0327247_19512845.jpg
冬の公園って好きなのです。
誰も遊んでいない遊具がまた物悲しくてね。
この頃になると、決まって同じ歌を口ずさんでいます。

「枯れ葉散る夕暮れは〜 来る日の寒さを物語り〜
雨に壊れたベンチには 愛を囁く歌もない〜♪」

似合いませんか?(笑)


肩凝りを訴える幸子さんに先生がおっしゃいます。
「運動せなあかんで。体動かしてな。」
「何もしないのです。全部娘がやってくれるんで…」と幸子さん。
「それも善し悪しやな。」と先生は幸子さんの膝を叩いて笑っておられました。

耳鼻科の先生も整形の先生も、どちらも人情味のある方で良かったです。


☆今日のお昼ご飯
鳥ジャガ
じゃこおろし
きゅうり浅漬け
b0327247_15022280.jpg

幸子さんの仕事を何もかも取り上げている訳ではありません。
自分でやろうと思えば、いくらでも用事はあるはず。
でも幸子さんはやろうとしないのです。

病院から帰っても着ていたコートは椅子に掛けっぱなし。
乾いた洗濯物を渡してもベッドの上に置きっ放し。
私はそういうのを見るのも嫌なので、すぐに片付けてしまいます。

幸子さんが片付けできないのと同じくらい、私は片付けしないと気がすまない。
それだけのことです。





by anatatoyu | 2017-12-06 15:30 | 母のこと | Comments(8)
line

ふつうの暮らしのふつうのご飯、日々の出来事綴ります。


by ゆう
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite